手根管症候群は妊娠が原因?に関する記事

手根管症候群~妊娠中の手や指先のしびれ・痛みの原因は?

手根管症候群~妊娠中の手や指先のしびれ・痛みの原因は?

妊娠中に手のしびれは単なるマイナートラブルと片付けてはいけません。もしかしたら、手根管症候群が原因の恐れがあります。今回は、なぜ妊婦に手根管症候群が多いのか、また、具体的な症状や治療法について詳しく解説。自分でできる予防方法もご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  手根管症候群~妊娠中の手や指先のしびれ・痛みの原因は?

手根管症候群~妊娠中の妊婦を悩ませる手のしびれの原因とは

わざわざ病院にいくほどではないけれど、何となく気になる…そんな妊娠中のマイナートラブルの一つに「手のしびれ」があります。

そのしびれの原因は、もしかして「手根管症候群」とかもしれません。この病気はあまり知られていないことから、人知れず悩んでいる妊婦さんは多いのではないでしょうか。

今回は、手根管症候群の症状や原因を中心に、治療法や自分でできる予防法など、「手のしびれ」についての妊婦さんに役立つ情報をお伝えします。

手根管症候群(CTS)とは?

自分の手首を気にして触っている女性

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、「手根管」と呼ばれる手のひらの付け根にある管の中を通る正中神経が圧迫されることによって、知覚障害や運動障害が起こることをいいます。

一般的に手のしびれは、手に関係する神経が締め付けられて起こる神経絞扼障害(こうやくしょうがい)の場合が多いといわれています。

圧迫された神経は指先につながっているので、指に自覚症状が現れることによって気づく場合もあります。

手根管症候群の症状

OKサインイラスト

手根管症候群の場合、小指以外の指で突発的に症状が現れるのが特徴だといわれています。この病気の原因となる正中神経は、親指・人差し指・中指のほか薬指の半分に働くため、小指には症状が現れないのです。

手根管症候群になると、人差し指や中指のしびれや痛みから始まり、徐々に親指や薬指にしびれや痛みが広がっていきます。

指先のしびれや痛みは、朝目覚めた時に起こりやすく、指の曲げ伸ばしや手首を振ることで改善することも。

症状が進むと、親指の付け根にある膨らんだ部分(母指球)が徐々に痩せていき、細かい物をつまんだり、人差し指と親指でOKサインを作ることができなくなったりします。

妊娠中に手根管症候群が起こりやすい原因

手根管症候群は、妊娠中の妊婦さんや出産を迎えた女性のほか、更年期の女性にも起こりやすいことから、女性ホルモンの変化が関係していると考えらえています。

また、過去に手首を骨折したことのある人も、神経の圧迫により手根管症候群にかかる場合があります。

特に、妊婦はむくみやすいため、むくみによって手根管の内部の圧力が上がってしまうと、比較的柔らかい正中神経がつぶされて神経の麻痺が起こりやすい状態となります。

また、妊娠後の急激な体重の増加によって、神経の圧迫を招いているケースも考えられます。

手根管症候群の診断

手根管症候群の診断方法説明イラスト

手がしびれる原因には、手根管症候群のほかにも、脳卒中や糖尿病などといった命に関わる病気もあります。これらの病気と見分けるためにも、手のしびれが気になる場合はきちんと検査を受けた方がいいでしょう。

手根管症候群は、主に次のような検査によって診断されます。

1ティネル徴候

手根管症候群を診断するためには、まずティネル徴候が見られるかのテストを行います。脚気の検査でひざを叩くように、検査用のハンマーで手首を叩いた場合に、しびれや痛みが指先にまで伝わるかどうかを確認します。

この検査で指先にしびれを感じた場合、「ティネル様サイン陽性」と診断され、手根管症候群の可能性が高くなります。

2ファレンテスト

ファレンテストでは、指先を下に向けた状態で、胸の前あたりで左右の手の甲をピッタリとくっつけた姿勢を1分間続けます。

もし、1分以内に痛みやしびれがひどくなった場合は、手根管症候群が疑われます。自分でも簡単にチェックできるので、手のしびれが気になる場合はぜひお試しください。

3知覚神経伝達速度検査(SCV)

手根管症候群の症状がひどい場合、知覚神経伝達速度検査をして確かめる場合があります。知覚神経伝達速度検査とは、電気刺激を与えることによって、神経に伝わる電位を測定する方法です。

手根管症候群の場合は、他の部分に比べて伝導速度が遅いのが特徴で、検査結果により手術をした方がいいのか判断されます。

4X線やMRI検査

手のしびれの原因が、手根管症候群なのか別の病気なのかを調べるために、X線やMRI検査を行う場合があります。手根管症候群の場合は、X線やMRIでは異常は確認されません。

正中神経の周囲にできた腫瘤が原因で、しびれなどの知覚障害が起きている場合は、X線やMRIで確認することができるため、他の原因が疑われる場合は念のために検査を行うこともあります。

手根管症候群の治療方法

妊娠中に手根管症候群といわれたら、どのような治療を行うのでしょうか。ここからは、手根管症候群の治療方法についてみていきましょう。

安静に過ごす

仰向けになって寝ている若い妊婦さん

神経の圧迫によるしびれや痛みを改善するには、安静にするのが一番効果的と言われています。重い物を持ったり、無理に曲げたりしないように心がけましょう。

ビタミンB12の服用

ビタミンb12を多く含む食材

ビタミンB12には末梢神経を修復する働きがあるので、一般的なしびれや痛みをともなう末梢性神経障害の治療によく使われます。

ビタミンBは水溶性で尿として排出されるので、妊娠への影響はほとんどないと言われていますが、妊娠中は医師の指示に従って服用しましょう。

装具で手首を固定する

家事や育児などで、どうしても安静にしていることができない場合は、装具で手首を固定して治療を行います。骨折などの治療に使われる、シーネ固定と呼ばれる添え木が用いられる場合もあります。

装具をつけているからといって無理はせずに、しびれるほうの手はできるだけ安静にするよう心がけましょう。

痛み止めの薬

薬

手根管内の炎症を和らげるため、消炎剤の内服薬や痛み止めの張り薬、塗り薬が処方されることもあります。どうしても痛みが治まらない場合は、局所麻酔やステロイド剤の注射によって痛みを抑えることが可能です。

妊娠中の薬の服用は不安がつきものですが、妊婦でも飲める薬があるため、かかりつけ医に相談の上、正しい飲み方をしていれば安心です。

外科手術

手術・医療系の服装

薬物治療や装具の装着によって症状が改善しない場合や、麻痺や母指球の委縮などの進行が見られる場合は、外科手術が行われることがあります。

手術では、手のひらを切開して正中神経の圧迫や腫瘤などを取り除きます。表面を小さく切開する小皮節(しょうひせつ)や、切開した部分から内視鏡を挿入して行う方法は、日帰り手術が可能です。

手根管症候群を予防するには?

妊娠中の手根管症候群は、生活に気をつけることで予防できる病気です。予防のポイントは次のとおりです。

1妊娠中の体重管理を心がける

ご飯を食べている女性のイラスト

妊娠中の体重管理により、手根管症候群を予防することができます。急激な体重増加は正中神経の圧迫につながるため、太りすぎには要注意!日頃から、栄養バランスの取れた食事や適度な運動を心がけましょう。

2塩分の摂取量を抑える

キウイフルーツのイラスト

塩分の摂りすぎるとむくみやすくなり、正中神経の圧迫につながるので気をつけましょう。特に、妊娠中は血液量が増えることで妊娠高血圧症候群になりやすいため、妊娠中のトラブルを予防するためにも塩分摂取には注意が必要です。

バナナやキウイなどカリウムを含む食品には、余分な塩分を排出する効果があるので、積極的に摂るようにしましょう。

3手首を冷やさない

妊娠中は冷えによる血行不良が手足のむくみにつながり、手のしびれを引き起こす原因となります。お風呂にゆっくり入って体を温めるなどして、血行を促す習慣をつけましょう。

また、寒い季節や冷房が効いている部屋では、暖かい格好をして体を冷やさないことも大切です。

4スマホの使いすぎに注意する

スマホを持つ女性の手

手首を使いすぎないようにするためにも、スマホの使いすぎには注意しましょう。最近、SNSやゲームなどでのスマホ使用によって、手首を痛める「スマホ腱鞘炎」が増えています。

スマホの長時間の使用は手首への負担が大きいので、知らず知らずの間にダメージを受けてしまうのです。もし、手のしびれが気になる場合は、スマホを持つのはしばらくお休みして安静にしましょう。

5手首に負担をかけない

買い物のカート(イラスト)

妊娠中は、とにかく手首に負担をかけないことが大切です。買い物の際の重い荷物を持ったり、料理や掃除などの家事をしたりすることで、手首に負担がかかり手根管症候群を発病する恐れがあるのです。

手のしびれや痛みがひどいと感じたら、無理をしないで安静にして様子を見ましょう。

手根管症候群は自然治癒することも

妊娠や出産が原因の手根管症候群は、気づかないうちに自然治癒していることもあります。

この病気による手のしびれは、女性ホルモンの変化が原因のため、出産を終えてホルモンバランスが元に戻れば、妊娠中に感じていた手のしびれが消えてしまうこともあるのです。

しかし、出産後は赤ちゃんの抱っこなどで手首を酷使することが増えて、腱鞘炎に悩まされることも。手のしびれや痛みがなかなか消えないという場合は、念のために整形外科を受診した方がよいでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪