子宮口のグリグリ体験談に関する記事

子宮口グリグリ体験談!先輩ママの卵膜剥離の痛み/効果とは

子宮口グリグリ体験談!先輩ママの卵膜剥離の痛み/効果とは

子宮口をグリグリされる卵膜剥離の処置は、痛いことで知られているので、恐怖心をいただいている妊婦さんもいるはず。そこで、実際にグリグリされた妊婦さんに、具体的な痛みについて聞きました。予定日に子宮口が開かない時は、あなたもグリグリされるかも!

マーミーTOP  >  出産  >  子宮口グリグリ体験談!先輩ママの卵膜剥離の痛み/効果とは

子宮口のグリグリ体験談!グリグリマッサージの効果とは

子宮口のグリグリは、正式名称を「卵膜剥離」という、れっきとした医療行為なんです。

出産の時期になっても、子宮頚管が柔らかくなる「頚管熟化」が起こらない場合、赤ちゃんが下がってこないため、子宮口が開きません。そこで、子宮口の周辺で円を描くように、赤ちゃんを包んでいる卵膜を剥がして刺激を与えます。

それによって、プロスタグランジンという伝達物質が分泌さると、頚管熟化が進んで、陣痛が促進されるのです。

ネットで「内診グリグリ」という名称で知られるこの処置は、かなり痛いと評判のため、いつやられるか戦々恐々としている妊婦さんは多いのでは?そこで、どれほど痛いのかを実際に体験した先輩ママに聞きました。

その結果は、ものすごく痛かったという人もいれば、それほど痛くなかったという人もいるため、個人差が大きいことが分かりますね。さらに、その効果も同様で、すぐに陣痛がきたという人がいる一方、結局は陣痛促進剤を使った人も。

子宮口のグリグリは前触れもなく、ある日突然やってきます。その時になって慌てないためにも、妊婦さんは事前に子宮口のグリグリについての基礎知識を身につけておきましょう。

子宮口のグリグリはどんな痛みでしたか?

ひかる
20代後半

思ったよりも痛くありませんでした

ベテラン医師のイラスト

38週の時にいわゆる内診グリグリをされました。私の場合、妊娠後期を過ぎたあたりから赤ちゃんが少し大き目だったので、以前から「予定日よりも早めに産みましょう」と言われていたためです。

内診グリグリは友人らからの話で聞いていたので、先生に「今日は子宮口刺激しますね」と言われた時はパニックになりかけました。

しかし、私の担当医はベテランさんだったからか、思ったよりは痛くありませんでした。それから、しばらくはお腹が張る感じが続き、次の日の夜中に破水し、出産となりました。

予定日よりも10日ほど早い出産となりましたが、3500グラムと大きい赤ちゃんだったので、内診グリグリで刺激を与えてくれてよかったと、今では思っています。

みつばち
36歳

いきなりグリグリされてビックリ!!

陣痛の痛みでお腹をおさえる妊婦さんのイラスト

私は39週の最後の健診の時にグリグリされました。普通に健診を受けていたのですが、いきなりグリグリされて、その痛さにビックリしました。

後から先生に「子宮口があまり開いてないから、ちょっとおまじないしといたよ」と言われました。グリグリする前に一言くらい言って欲しかったです。

本当に血の気が一気に引くくらいの痛みでした(もちろん、陣痛の方が痛かったです)。その後、普通に過ごしていましたが、40週ちょうどで出産することができました。

グリグリしてからは、けっこう赤ちゃんが下に下がってきていたようで、しかも子宮口も開いていたらしく、初産ながら8時間で出産できました。

かなりの安産だったようで、グリグリしてもらってよかったなぁと感じました。

いっちょ
30代後半

痛かった内診グリグリ

懐かしき妊婦時代。私はつわりがひどかったり色々なトラブルが伴う、妊娠、出産だったので、当時を思い返すと、大変だったなと改めて思います。

その中でも、痛くて大変だったのがグリグリするやつ。私の場合は、長女の妊娠39週頃に内診グリグリをされました。

予定日が近いのにもかかわらず、子宮口の開きがイマイチだったため、内診グリグリになったと主治医から聞いたような気がします。

想像していた以上に、内診グリグリは痛くて、顔はしかめっ面に。きっと、ひどい顔をしていたと思います。

内診グリグリのおかげか、その後間もなく陣痛がきて、無事に長女の出産をすることができました。内診グリグリ、痛かったけど今では良い思い出です。

まーみん
30代後半

グリグリって何だ?!

病棟の廊下

内診でグリグリされた時、40週でした。予定日が超過しても、全く生まれる気配がありませんでした。私の場合痩せ型で、骨盤が人より狭いと医師に言われていました。

それで、少しでも赤ちゃんが大きくなる前に、なるべく早めに生まれて欲しいと言われていました。

しかし、赤ちゃんは早く産まれる様子がなく、仕方がないので予定日に入院しました。グリグリして刺激を与えると言われました。

実はネットや本で調べていなかったので、グリグリを知りませんでした。そして、想像以上に痛かったです。

陣痛が来る前に泣きそうでした。しかし、その甲斐あっておしるしが来ました。しかし、陣痛はこなかったので、結局促進剤を使いました。

レゴちゃん
30代前半

痛みに強いことが判明

お腹の赤ちゃんが小さめだったので、予定日を過ぎた40週と2日目にされました。ずっと赤ちゃんが小さく、出産は予定日を過ぎるくらいがちょうどいいかも、と言われていました。

ところが、私の体重ばかり増えてしまうので、41週になる前に出てきてくれるといいねと。少し痛いかもしれないけど、赤ちゃんに刺激を与えるからね、と言われてからグリグリされました。

グリグリは、正直思ったよりも痛くありませんでした。もっともっと痛いのを想像していたのですが、案外平気でした。

翌日にはおしるしがあり、その日の夜に本格的な陣痛が来て出産しました。お陰さまでスピード安産でした。

出産するまで安心できませんが、無事に生まれてきてくれることだけを願って、出産に挑んで下さい。

ロココ
30代前半

2回もグリグリされました

妊婦さんとパパさんのイラスト

初めてされたのは38週の検診の時でした。出産にむかっての兆候がなく、お産の進み具合のチェックの為に38週39週と続けてグリグリとされました。

寡黙というか余計なことは多くは語らない先生なので、「力抜いて」くらいのことしか言われず、初めての妊娠ということもあり、これから何が起きるのか全く分かりませんでした。

さらに、グリグリのこと自体何かも知らなかったので、いきなりグリグリとされた時はびっくりしたと同時に、物凄く痛く感じてしまいました。

それを知っていた39週目の時は、グリグリされる前からもう嫌という気持ちになってしまいました。でも、2回目のグリグリをされ日の夜に陣痛が始まりました。

嫌だと思ってしまったグリグリでしたが、刺激になって陣痛がきたのだと思います。

なつみかん
20代前半

涙が出そうなほどの痛み

妊娠38週のときの健診でグリグリを経験しました。初産にしてはお腹の赤ちゃんがすくすく成長しているため、出産が大変にならないように一度内診しておきましょうと言われました。

最初は内診といっても、実際に何をされるのか全く分からなかったので、何も考えずに受けました。そしたらいきなりのグリグリで、涙が出そうなくらいの痛みを感じました。

同時に、なぜ出産前にこんな思いをしなきゃいけないのかと驚きました。すると、その日の夕方におしるしがあり、さらに夜中に定期的な腹痛を感じ、間隔を確かめると既に5分間隔でした。

グリグリをすると初産でもこんなに早く陣痛が来ることにビックリしました。

3800gの赤ちゃんが産まれましたが、あの時にグリグリがなかったら出産がかなり大変になっていた気がします。

ひちさん
32歳

痛いと聞いていましたが耐えられました。

生まれたばかりの赤ちゃん

妊娠41週の検診の時に内診がありグリグリされました。検診行く日の朝におしるしがありました。

先生が「そろそろだね。子宮口開いてないから、刺激与えるためにグリグリしとくね」と、こちらが返事する間もなくグリグリされました。

グリグリはかなり痛いと聞いていましたが、耐えれました。あたたたっとゆう感じで、特に叫ぶ程ではなかったです。

おしるしはあったものの、子宮口はあんまり開いてなくて、グリグリされましたが、その後も陣痛はきませんでした。

実際産まれたのは予定日の4日後でした。陣痛間隔が短くなり病院に行き、まだまだ子宮口開いてないからまだまだだよと言われ、再び返事する間もなくグリグリ。

その後もなかなか子宮口開かず、結果三度ほどグリグリされましたが、効果はあまりなかったです。

ぴのこ
30代後半

グリグリの効果はすごい

第二子を妊娠していた時のことです。上の子は39週0日に生まれた為、次はそれより早いに違いないと思っていました。

ところが、待てど暮らせず生まれず、とうとう予定日を過ぎてしまいました。予定日の次の日が、妊婦健診の日でした。

ちなみに、一人目の時は、ネットの情報でグリグリについて知っていて、38週の健診でされたときは、「ん?これか?」という程度でした。

たいして痛くもなく拍子抜けし、グリグリだったのか、触っただけなのかも分からないくらいでした。しかし、その2日後に出産したので、やはりグリグリだったのかもしれません。

二人目の時は、明らかに何の処置もしないまま、38週の健診も過ぎました。そして、予定日の翌日の40週の健診でのことです。

先生に、今週中に生まれなければ、促進剤を使って産むということを言われました。それと同時に「はがれやすくする為の処置をしておくね」と言われました。

何がはがれやすくなるのか定かではなかったのですが、要するに生まれやすくするという事なのでしょう。「あぁ、グリグリのことだな…」と直感で分かりました。

前回のことがあるので、タカをくくっていましたが、今回は本当に痛かったです。なんか、つっこまれて、かき回されているような、本当にグリグリという表現が正しい処置でした。

しかし、効果は抜群で、健診の直後からすでにベビーが落ちそうな感覚で、直後のトイレでおしるしがあり、その夜、30分の超スピード出産で無事に生まれました。

suu
30代前半

すごく痛かった

保育園の送迎をしている妊婦さんのイラスト

私が内診でグリグリされたのは妊娠36週の時の事です。出産3人目であったので、上2人の子供達の面倒や保育園の送迎でたくさん動いてるはずなので、

もう少し子宮口が開いていてもいいはずなのに、週数からすると開きがまだ小さいので、もっとたくさん体を動かして赤ちゃんのために産道を柔らかくしてあげてください。とお医者さまから伝えられました。

次の妊婦検診までに子宮口の開きがよくなるようにとグリグリと刺激された時は3人目という事もあり、構えていたので思ったよりは痛くなかったです。

グリグリされた後ぐらいから、前駆陣痛が始まっておしるしもありました。前駆陣痛が何日間か続いて、そのまま本陣痛に繋がり出産に至りました。

ミィちゃん
30代前半

思わず声が出てしまった

前駆陣痛が始まってる妊婦さんのイラスト

私は計画出産で、ちょうど入院予定日におしるしがありました(39週)。出産予定日前日、入院の日の検診の際に子宮口の開きをチェックされます。

あまり開いていないとミニメトロというものを入れられるのですが、私は入れない代わりにグリグリをされました。

内診でグリグリがかなり痛いと聞いていたので、はじめは余裕だったので「グリグリってこんなものか」と思っていましたが、甘かったみたいです。

グリグリがかなり痛かったため、台が揺れるくらいビクッとなって、声が出てしまい恥ずかしかったです。

その効果かは分かりませんが、その晩から前駆陣痛のような、お腹を壊したような痛みが定期的に朝まで続きました。

ぷーこ
30代後半

グリグリして陣痛がくるなんて半信半疑でした

確か40週で子宮口4センチ開いた時でした。もう促進剤かなという話も出ていて、先生が「最後に刺激してみましょう」と、ご存知のあれですよ的な感じで言いました。

2人目の出産でしたが、グリグリは初めてだった私に、「ちょっと痛いですよ?」と知ってるでしょうけど的な先生。

「いや!ホント初めてなんですよ!」って言うか言わないかでグリっグリグルっ!それは、想像より少し痛くて。

えっ、これって医療行為?こんな原始的な方法で子宮口って開くの?と、私の中では疑問符がいくつか浮かんでは消えました。しかも、結構な力に恐怖すら感じました。

半信半疑の中、付き添ってくれた主人と帰宅してしばらくすると下腹部の痛み。これはグリグリのせいなのか?このまま本当に開いていくのか?とドキドキしているうちに、おしるしが…。

あんな方法で(すみませんm(_ _)m今なられっきとした医療行為だと言えます)と思いましたが、そのまま順調に陣痛へと発展。

そして再び病院に戻って、1時間半後に無事赤ちゃんが産まれました!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ