逆子の胎動の体験談に関する記事

逆子の胎動は激しい?痛い?出産経過や位置の体験談15

逆子の胎動は激しい?痛い?出産経過や位置の体験談15

逆子の胎動に不安を感じているママ、先輩ママの体験談を読んで、安心して妊婦期間を過ごしましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  逆子の胎動は激しい?痛い?出産経過や位置の体験談15

逆子の胎動は激しくて痛い?位置は違った?先輩ママの体験談15

赤ちゃんが逆子のため胎動に不安を感じているママや、逆子で胎動が痛いために破水を心配しているママは、ただでさえ妊娠中のカフェイン妊婦が食べてはいけない食品などの食事制限、体重管理など自己管理が大変なのに、尿漏れや便秘の辛さや不安も増し、心身共に辛いのではないでしょうか?

逆子の胎動の位置は、膀胱や脇腹が多く、激しい痛みの後に赤ちゃんの位置が元に戻ったというママも…。また、通常は胎動による破水は起こりませんが、胎動が痛いことと子宮の収縮を勘違いするケースもあり、妊婦の尿漏れとの注意です!妊娠中に逆子で破水する人もいますので、異常があるときは早めに病院を受診しましょうね。

Q逆子の胎動は痛い?位置は?破水しない?先輩ママ、教えて!

15人の逆子経験をした先輩ママが、妊娠中の胎動の強さ、痛み、位置、破水経験、無事出産できたかなどを教えてくれていますので、参考にしてマタニティライフを楽しみましょう。

みこたこ
40代

A私の逆子の胎動経験

私は、妊娠中ずっと逆子が治らない状態が続きましたので、妊娠後期に赤ちゃんが大きくなって、その時は特に胎動の激しさを感じました。逆子は、頭が上に位置しているため、特に胃の下の辺りに胎動を強く感じました。その強さは結構激しいことが多かったです。胎児の頭がお腹の中でグネグネと動く様子が、外側から見ても分かるような胎動の強さでした。

胃の下が特に激しく動くタイプでしたので、その時は少し胃もたれに似たような感覚に襲われることがありましたが、胎動によるお腹の痛みや膀胱への圧迫感などは特に感じることはありませんでした。胎動による破水もありませんでしたので、とくに胎動の強さを感じて心配になることはありませんでした

ムムママ
38歳

A臨月になってもよく動くお腹

『逆子ですね』と先生に言われたときはショックでした。『逆子』と言うだけで出産のリスクが高くなるという自分なりの思い込みから、ショックを感じていたのだと思います。先生は、『特になにもしなくても、今の段階だったら問題ありませんよ』と言われました。その時で6ヶ月だったと思います。そして次の診察ではきちんと頭は下を向いていました。でも、8ヶ月の終わり頃お腹の下辺りがポンポンと蹴られている感じがして、診察を受けるとやはりまた逆子になっていました。先生は、『赤ちゃん、元気ですね。まだ元に戻ることができる可能性があるので、様子を見て一週間したら来て下さい。』と言われました。

床に座り込む妊婦

一週間後、診察を受けるとまた元に戻っていました。9ヶ月に入ってまたお腹の下辺りが蹴られているので、『逆子になっているだろう』と感じました。病院で診察を受けると逆子でした。『もう37週に入ってしまっていたので、ここからは元には戻らないだろう』という判断で、私は帝王切開になりました。原因は、私の骨盤が開かずに赤ちゃんの頭が入っていくことができなかったらしいです。私の結果はこんな感じですが、『8ヶ月の終わり頃でも逆子はなおるんだなぁ』と体験して知りました。それと、逆子でも赤ちゃんは元気です。気分を落とさずに、ゆっくりとした心で妊婦生活を楽しんで下さい。

テディ
30代前半

Aしゃっくりの胎動が分かりやすいです

最初は全く逆子ではなかったのですが、29周の健診で逆子と判定されてしまいました。それまで強めの胎動(たぶん足で蹴られていたんだと思います)がお腹の上の方だったのが、お腹の下の方で強めの胎動を感じることが多くなった気がしました。ただ、手を伸ばしたりするときも同じような胎動があるので、逆子のときでも上の方で似たような胎動を感じることもあり、よく分からないなぁと思っていました。

強さそのものは、逆子でも変わらなかったです。ただ、しゃっくりのときのピクンピクンという胎動は、逆子のときは明らかにお腹の上の方で感じていて、逆子になる前は下腹部や膀胱のあたりで感じていました。破水などはありませんでした。結局32週の健診で逆子は直っていました。逆子体操は頑張ってはいたのですが、かなり時間はかかったので、その効果で直ったのかは少々疑問です。赤ちゃんの気分次第なので、言い聞かせの方が効いたかなという気がします

ぺんぎん
30代後半

A言われてみれば逆子でした

胎動を感じるようになって、うれしくて毎日過ごしていました。健診も問題なくクリアしていたのですが、ある時、妙にお腹の左下、脇腹の動きが激しいなぁ、トントンするなぁと思っていたのですが、健診日まで病院に行かずに過ごしていました。健診の日に病院で診てもらうと、逆子になっていますとのこと。左下が足になっているとのことだったので、お腹の左下あたりをずっとキックされていたのだと思います。特に痛みはありません。キックしているなぁと感じる程度でした。

逆子体操をするように言われて、毎日やって再び病院に行くと、赤ちゃんが寝返りを打っただけでした。おかげで、今度は右下をキックされることに。また逆子体操の日々が続き、自分で足にお灸も据えてみました。逆子のままだったら帝王切開になるんじゃないかと、とても心配しました。すると、ある晩、クルッと回転してくれて、どうにか元に戻ってくれました。自分ではすごく心配していたのですが、周囲の経験者の方は心配しなくても、そのうちクルッと回転すると言っており、その通りになりました

めりちゃん
30代後半

A2人目が逆子ちゃんでした

私の場合は2人目を妊娠した時、子どもが逆子でした。1人目は逆子ではありませんでした。2人の胎動の激しさを比べると、動きの大きさそのものはそれほど変わらないような気もしますが、逆子だとおなかの下の方やわき腹を足でグイグイされるので、痛みは少し強かったかもしれません。我慢できないほどではありません。

膀胱をグイグイされたこともあります。膀胱を赤ちゃんにグイッとされると、ちょっと尿意を催すような変な感覚になることがありました。特に強い痛みは感じませんでした。私は妊娠7か月頃から、羊水が原因不明で減っていき、9か月に入ると先生から「早めに赤ちゃんを出してあげることになるかもしれない」と言われました。羊水が少ないことや赤ちゃんの胎動と何か関係があるのか分かりませんが、臨月に入ってすぐに高位破水をしてしまったので、その後すぐに帝王切開にて出産しました

りーん
40代半ば

A2人目が逆子でした

2人目が逆子だったのですが、逆子ではなかった上の子と比べて、胎動の位置など特に気になることはなかったです。ただ、上の子よりも、やや胎動が少なかったかなあ、とは思いますが、極端に少ないと思うこともなかったですし、問題が起こるということもありませんでした。膀胱やわき腹が胎動によって痛む、というようなこともありませんでした。

出産少し前(産休に入るころ)までは、逆子だといって特に意識することもなく暮らしていました。私の場合、逆子体操などをしても治らず、帝王切開になりましたが、そのために何か問題が起こることもなかったですし、ほかの逆子の妊婦さんで逆子が治った方も何人かいましたので、あまり心配しすぎず、出産を迎えられるといいと思います

もりり
30歳

A赤ちゃんも戻りたがっていたみたい

胎動はお腹全体のいろんな位置で感じました。とても元気に動いていました。特に横向きに寝転がるとバタバタと手足を動かし、もがいているような感じがしました。元の頭を下にした状態に戻りたがっているようなきがしました。普段は膀胱あたりを蹴られることが多かったと思います。トイレが近くなって大変でした。動き過ぎて破水がしたというようなことはありませんでした。

出産後の女性の傍らに赤ちゃんが眠る

帝王切開になるギリギリで赤ちゃんの姿勢が戻り、普通分娩で出産しました。赤ちゃんは常に元気で動いていたので、逆子から頭を下にした正しい位置に戻った瞬間の胎動というのはよく分かりませんでした。お医者さんは、子宮に異常があるわけでもないのに、逆子になったり戻ったりする赤ちゃんは元気が良い証拠と言っていました

ゆみっこ
31歳

A深夜の痛みが凄かったです。

30週の時に病院で「逆子です」と診断されました。「次週(2週間後)までに治っていなければ体操を始めましょう」と言われ、どうなるかなぁと思っていた2日後、左の脇腹辺りにボコボコとした胎動がありました。特に痛みがあったわけでもなかったのですが、夜になると徐々に膀胱の方への痛みに変わりました。痛すぎて骨盤が痛いのか膀胱が痛いのか分からず、膀胱炎になっているのか…などと不安になるほどでした。病院では「左側を下にして寝るように」とのお話がありましたが、もうそれではどうしても寝れず、右側を下にして痛みに耐えていました。

寝る時はそれまで使ったことがなかった抱き枕を抱えて眠ろうとするのですが、痛みが治まったかなぁと思ったらトイレに行きたくなり、深夜12時くらいに眠りについても、早朝4時くらいまで膀胱の痛みと頻尿で眠れない日々が4日程続きました。昼間などは脇腹がぼこぼこしてましたが、膀胱はそんなに痛くなかったです。その後、急にお腹が「グルッ!」と動くような感覚が一度あり、逆子と言われてから2週間後の検診では逆子は治っていました

ゆうまま
30代後半

A逆子の胎動

胎動はお腹の下のほうで多かったです。時間によってはとても激しく動き、胎児の足の形がおなかの脇腹の外側につき出て見えました。その時は脇腹が少し痛く感じることもありました。胎児が動くたびに膀胱が押されているような感じがして、トイレが近くなりました。夜も時間に関係なくトイレに起きることも多かったです。妊娠中期に一度破水していたので、胎動がとても激しくて破水しないかとても心配でしたが、その後は破水することなく出産を迎えられました。

私が出産した病院では、逆子だと帝王切開になってしまうので、毎日逆子体操をがんばりましたが、なかなか治らず、治っても戻ってしまったりで大変不安でした。しかし、帝王切開の手術予定日の5日前にしゃがんで雑巾がけをしていたところ、突然治りました。赤ちゃんが小さかったこともありますが、とても運が良かったと思います。皆さんもあきらめず運を信じて頑張ってください

nana
40

A産むまでドタバタ

妊娠前期に前置胎盤ぎみだったせいか、妊娠中期頃からエコーを見るたびに横向き、7ヶ月頃からは体を丸めて座るような姿勢でした。お臍の辺りに胎児の頭があるので、頭でズリズリと押されるような胎動があり、たまに踵で股を蹴られるようなズキンという痛みもありました。胎動は結構激しかったですが、産まれてからもかなり活発な子供なので、胎児ながら性格の問題もあるのかも知れません。

胎児の成長も順調で母体も問題なかったので、逆子は経過観察になり、逆子体操も特に指示はなく、対策をしてもメリットデメリットは半々、帝王切開の技術も上がっていると説明を受けました。子供が無事に生まれてくることが優先だと考えていたので、どんな出産でも受け入れようと思っていました。出産予定1週間前の検査で逆子のままなので、翌日帝王切開のための入院手続きの検査をしたところ、逆子が治ってました。ひと晩の出来事でいつひっくり返ったのかも気が付きませんでしたが、神経質にならず自然にまかせるのが一番かなと思います

ゆみこりん
30代前半

A逆子の胎動は痛すぎる

私は2人子どもを出産しています。 1人目の時は1度も逆子にならず、2人目の時はずっと逆子でした。逆子の胎動は、胎児の足が舌にあるので自分の膀胱辺りを蹴られる感覚があります。まだ胎児も小さく胎動も弱いうちはそんなに気にならないのですが、胎児の力が強くなってくる妊娠30週以降は、膀胱付近を蹴られると「うっ」と声が出てしまうほどの痛みを感じました。トイレに行きたい状況でそんな胎動があると本当に大変で、尿モレ等につながります。ですので、トイレにはこまめに行って気をつけていました。

胎児の足の位置が少しズレると、自分の左右のわき腹が痛くなります。膀胱ほどではありませんが、柔らかい場所なのでグイグイと蹴られるとそれなりの痛みがありました。逆子で破水してしまうと危険なので、医師にはなるべくお腹が張らないようにと言われ私自身も安静を心がけ、破水することはありませんでした。1人目の時の胎動と比べて、逆子の胎動は辛いなと感じました

げんまいち
32歳

A下腹部がポコポコ

私の赤ちゃんはとてもよく動く胎児でした。胎動は多い方だったと思います。ただ、下腹部の、へその下あたりの胎動が多く、他のママさんこら聞いていた場所と違っていました。妊婦健診で案の定逆子と言われました。胎動が痛いことはなかったのですが、膀胱辺りを蹴ってしまっているのか蹴られるたびにトイレに行きたい衝動に駆られ尿漏れしそうになることも多くありました。

まあ、元気に動いていると安心できる場面でもあり、また、胎動が多すぎて破水しないかと心配にもなりましたが、問題ありませんでした。足で脇腹を蹴られることもしばしば。痛みはないけど、グニッと膨隆するので不思議な気分でした。「逆子」と言われればいろんな事や些細なことが気になりましたが、今となってはいい思い出です

有村聡子
29歳

A逆子と共にマタニティライフ

検診で赤ちゃんの様子が良く見えるようになってから、たまに「今日は逆さに向いてるねー」と先生に言われることがたびたびありました。妊娠中期にはそれほど気にしていませんでしたが、出産予定日が近づいてくると、助産師さんからは「時々逆子体操してね。」と言われました。自分自身、お腹の違和感などもなく、赤ちゃんもよく動いていたのでそれほど心配にはなりませんでした。

夜、寝る向きだけは言われたとおりに右半身を下にするように心がけました。ほとんどの場合、臨月までには勝手に治ってくれるようです。逆子でも正常の向きの赤ちゃんでも、良く動くときは膀胱が圧迫されるかんじは同じです。私自身、3回出産したうち2回は逆子を経験しましたが、ストレスをためず、のんびり生活していれば赤ちゃんもリラックスしてうまく動いてくれるんじゃないかなと思いました

さるママ
40代前半

A下腹部が結構突っ張りました

2人の男の子のママです。2人とも妊娠中期から後期にかけて逆子になりました。特に記憶に残っているのは上の子の時です。なぜなら結構胎動が激しかったからです。胎動の位置は下腹部や脇腹が多かったです。結構激しく、「中で突っ張ってるな」とすぐにわかりました(笑)。脇腹の時は結構痛かったです。下腹部の時はあまり下のほうを刺激されると破水とかしないのかなと心配になったりもしたのですが、結局は大丈夫でした。

看護師に横向きにされる妊婦

私の通っていた病院では、逆子の場合は帝王切開になると言われていました。普通分娩になるにはまず逆子を治さないといけません。そこで先生に薦められたのが逆子体操でした。ヨガの猫のポーズに似たものでした。私はお腹の張りもあったので無理をしない程度で実践しました。結構時間はかかりました。赤ちゃんが大きくなって胎内で回転できなくなるともう戻せないのでかなりあせりましたが、主治医のまだ大丈夫だからという言葉を励みに逆子体操を続けた結果、無事に頭が下になりました。でも、いつ戻ったのかは自分ではわかりませんでした。結果としては2人とも大きくなる前に逆子は治りました。逆子と言われて色々不安にもなりましが、主治医に胎動のことや改善方法を聞いて安心したのを今でも覚えています

華夜
30代前半

A逆子。

うちは3人の子供がいますが、3人とも逆子でした。 胎動は、お腹から下腹とか脇腹とかが激しく感じられ、特に下腹から膀胱は激しすぎると痛かったです。破水まではしませんでしたが、胎動が激しい時は「子宮が破れるんじゃない?」とドキドキしてました。逆子だと普通分娩が難しいらしく、3人とも帝王切開でした。

逆子体操をしてみたり動いてみたり色々しましたが、うちの子供たちは、みんな元気すぎるくらい動いてくれましたが、結局逆子は治らず、そのまま帝王切開になりましたが、運動すれば戻ってくれるベビーちゃんもいますので、無理しない程度に頑張ってみてくださいね。逆子でも元気に産まれてきてくれたら、それで大丈夫なんですよ。可愛いベビーちゃんに会えますよ。頑張ってくださいね

案ずるより産むが易し!

筆者も一人目の妊娠中は逆子、脇腹や膀胱へのキックが痛くて、「こんなに蹴られても破水しない?」「ああ…膀胱が…やめて…」と辛くて、無事出産できるか不安でたまりませんでした。逆子体操なども頑張りましたよ。妊娠中に体験談を読んでいれば、「他のママもなんだ」と自分だけが特別な状態ではないことに安心できたのだろうなと思います。

やることをきちんと行っていれば、あとは案ずるより産むが易し!ママはあまり心配し過ぎず、マタニティライフを「今しか味わえない貴重な体験」と楽しんでリラックスするのが、安産への一番の近道ですよ♪

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ