ガルガル期を乗り越えるコツに関する記事

ガルガル期とは?産後クライシスによる離婚の乗り越え方

ガルガル期とは?産後クライシスによる離婚の乗り越え方

ガルガル期について、原因や特徴、ガルガル期を乗り越えるためのコツ、パパがやってはいけないNG行動を詳しくみていきましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  ガルガル期とは?産後クライシスによる離婚の乗り越え方

ガルガル期って何?産後離婚の危機を乗り越える方法

旦那さんに怒っている奥さん

出産後の女性は情緒不安定になりやすく、少しのことでイライラしたり落ち込んだり…。出産後に女性が精神的に不安定になることは、ホルモンバランスの影響であると科学的にも証明されています。「ガルガル期」は正式な医学用語ではありませんが、産後の女性の精神状態を的確に表現している言葉と言えます。

ガルガル期のママの精神状態は、パートナーには理解しがたいもので、正しい知識がなければ誤解を生んだり夫婦の間に溝が出来たりと、産後クライシスの原因にもなりかねません。ガルガル期を夫婦で理解し、上手に乗り越えていけるように、ここではガルガル期について詳しくみていきましょう。

ガルガル期とは?

ガルガル期とは、産後のホルモンバランスの変化によって起こる赤ちゃんを守るための本能的行動で、「赤ちゃんを他の人に取られるのでは?」と、警戒心が強くなり情緒不安定になることです。まるで、他の動物から子供を守ろうと唸っているライオンのように見えることから、「ガルガル期」と呼ばれるようになりました。

ガルガル期のママの特徴

赤ちゃんが生まれてから、「自分が自分じゃないみたい」「感情のコントロールができない」というママ。ガルガル期のママの特徴を知れば、「私の行動はガルガル期からきているんだ!」と納得できるかも。なぜ、自分がこんな行動を取ってしまうのか、理由が分かれば悩んで自己嫌悪に陥ることもなくなりますよ。

赤ちゃんを人に触らせたくない

赤ちゃんと遊んでいるお母さん

ガルガル期では、「赤ちゃんを自分以外の人に取られるかもしれない」と不安になって、赤ちゃんを周囲の人に触らせたくないという感情が芽生えます。パパや実父母でさえ、赤ちゃんを抱っこされると嫌悪感を覚え、善意でお世話を申し出られてもそれを善意と受け取れずに、イライラしてしまうのです。

周囲の人に攻撃的になる

赤ちゃんを守ろうとする本能から警戒心が強くなり、周囲の人に攻撃的になることがあります。特に、子育てに協力的でない人に対しての攻撃性が強いため、パパが対象になることも例外ではありません。実母の子育てに関するアドバイスを、素直に聞き入れることができないというママも多いですね。

夫へのイライラが止まらない

妊娠・出産による身体の変化や、赤ちゃんにつきっきりの生活という、それまでと違う生活環境の大きな変化など、女性の方が男性よりも、赤ちゃんが生まれてからの負担が大きいことは否定できません。「どうして私ばっかり!」と、イライラの矛先が旦那さんへ向いてしまうことが少なくないのです。

急に不安になったり涙が出たりする

泣いている女性

赤ちゃんを守らなくてはという気持ちの反面、「この子を守れるのは自分しかいない」と思いつめることで孤独を感じ、不安になったり涙が出たりすることがあります。この時期は、感情のコントロールが上手くできないため、ついさっきまで笑っていたのに、急に泣き出してしまうということも少なくないのです。この感情の起伏の激しさは、ママ自身でもどうしようもありません。

ガルガル期の原因は愛情ホルモン?!

ガルガル期の原因は、別名「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンというホルモンが、出産時や授乳時に分泌されるからだと言われています。オキトシンは、出産時に筋肉が収縮して陣痛を引き起こす作用や、産後に母乳の分泌を良くする作用など、ママの身体にとって重要な役割を果たすホルモンです。

さらに、授乳や抱っこなどのスキンシップによって分泌が促進され、赤ちゃんとの絆を深めるために、精神面にも働きかけます。しかし、オキシトシンによって赤ちゃんが愛おしいという気持ちが強まる反面、赤ちゃんを守ろうとする気持ちが強すぎて、赤ちゃん以外の存在を敵とみなして攻撃的になってしまうという行動が、ガルガル期として現れるのです。

ガルガル期はいつまで続くの?

ガルガル期は、産後のホルモンバランスが原因であるので、産後しばらく経つと、ホルモンバランスの回復とともに徐々に治まってきます。個人差もあり一年ほど続くママもいますが、ピークは産後数ヶ月までです。いつまでもこのような状態が続くわけではなく、いつかは終わることなので、今だけの感情と思って開き直りましょう。

ガルガル期にパパが注意すべきこと

出産を経験しない男性には、ガルガル期になる女性の気持ちは到底理解できません。しかし、パパの理解しようとする気持ちや、ママを気遣う気持ちがママにきちんと伝われば、産後クライシスも回避できるのではないでしょうか。そこで、ガルガル期のママへの対応で注意すべきことをみていきましょう。

自分のことは自分でする

家のリビング

赤ちゃんのお世話で手いっぱいのママに、「靴下どこ」「ご飯まだ」なんて言っていませんか。パパが自分のことを自分でしてくれるだけでも、ママは大助かりなのです。パパに手がかかりママの手を煩わせる状態であれば、パパは育児をするママの邪魔者となり、敵だと見なされ、攻撃的になられても文句は言えませんよ。

「手伝うよ」「疲れた」は禁句

「手伝うよ」は、一見ママを気遣っている言葉のように思いますが、育児を「手伝う」という感覚でいること自体が問題なのです。育児は夫婦が共同ですべきことであり、パパは手伝うばかりではいけません。さらに「疲れた」もNG。ママだって、寝不足や慣れない子育てで疲れているので、自分だけがつらいように感じてはいけません。

義実家とのパイプ役に徹する

可愛い孫のことなので、ママの子育てに義父母は口出ししてしまうことがあります。しかし、ガルガル期のママは、義父母に赤ちゃんを抱っこされるだけで嫌悪感を抱くことがあり、あれこれ口出しされるのを、受け止める余裕がありません。後々しこりが残らないように、パパがママと義父母の間を取り持つようにしましょう。

ガルガル期について理解する

ガルガル期のママの言動は、ママ自身でも理解できないことなので、パパがいちいち目くじら立てていては、夫婦関係が悪くなってしまいます。ガルガル期は悪いことではなく、ママの赤ちゃんへの愛情表現であり、産後の短い期間だけで、いつまでも続かないということを理解していれば、ママの言動も軽く受け流すことができますよ。

ママの気持ちにしっかりと寄り添う

ガルガル期のママの言動は、パパをないがしろにしているように思えるかもしれませんが、ママだって、自分で自分の言動が許せないのです。パパへの愛情がなくなったわけではなく、赤ちゃんへの愛情でいっぱいで余裕がないだけなのです。パパは、ママの気持ちにしっかりと寄り添い、理解を示してあげましょう。

ガルガル期を乗り越えるには

仲良く料理をしている夫婦

ガルガル期は、産後特有のものだと知っていても、産後は身体の回復もままならない状態です。また、寝不足やストレスが、ガルガル期を助長させることになりかねません。ガルガル期の乗り越え方によっては、夫婦間に溝ができてしまうことがあるので、ここでは、ガルガル期を上手に乗り越えるコツについてみていきましょう。

ガルガル期は誰にでも訪れるものとあきらめる

ガルガル期のママの言動は、赤ちゃんへの愛情が強い証拠であり、決して悪いことではありません。誰にでも起こりうることなので、自分を責めて自己嫌悪に陥らないようにしましょう。自分の精神状態を素直に受け止め、「私、今ガルガル期だから!」と、夫に宣言するのも良いですね。

しっかりと休息をとる

ガルガル期は、産後のホルモンバランスの乱れが主な原因であるので、ホルモンバランスを整えるためにも、しっかりと休息をとりましょう。昼夜関係ない赤ちゃんのお世話と家事で、休息の時間もままならないですが、赤ちゃんが寝ているときや、パパに赤ちゃんをみてもらえるときには、横になるなどして意識して休むようにしましょう。

夫婦の時間を大切にする

ガルガル期のママは、イライラをパパにぶつけてしまうことがあり、夫婦の間に不信感が生まれることがあるかもしれません。ガルガル期だから仕方ないという自分の状態を分かってもらうためにも、夫婦でゆっくり話し、お互いを見つめ直す時間が大切です。ママにとって一番信頼できるパパとのコミュニケーションの時間は、やすらぎの時間になりますよ。

さらに、お互いを思いやり、感謝する気持ちを持ちましょう。ママも子育てに追われて大変ですが、パパだって家族のために日中は仕事をして、帰ってきてから赤ちゃんのお世話をしてくれているのです。産後クライシスにならないためにも、お互いの努力や頑張りに感謝する気持ちを忘れないようにしましょう。

一人で悩まずに周囲に頼る

核家族化により、周囲に気軽に頼ることができない環境は、ガルガル期の状態をさらに悪化させてしまうことにもなりかねません。悩みを聞いてもらうだけでも心が楽になるし、赤ちゃんを誰かに預けて、赤ちゃんのいない時間を過ごすことで気分転換することもできます。子育ては大仕事。一人でやろうとせずに、周囲の人をどんどん頼りましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。