鉗子分娩はどんな時に行う?に関する記事

鉗子分娩~保険は適用?傷や痛みや後遺症などのリスクは?

鉗子分娩~保険は適用?傷や痛みや後遺症などのリスクは?

「鉗子分娩(かんしぶんべん)」という言葉をご存知ですか?鉗子という医療器具を用いて行う特別な分娩方法です。普通のお産ではなかなか選択されない鉗子分娩。今回は、そんな鉗子分娩を行う条件、方法、そのリスク、費用、体験談などを紹介。

マーミーTOP  >  出産  >  鉗子分娩~保険は適用?傷や痛みや後遺症などのリスクは?

鉗子分娩の疑問点~痛みや分娩費用や保険は適用できるのか傷は残らないのかなどにお答えします!

鉗子分娩という分娩法は聞いたことがありますか?鉗子分娩(かんしぶんべん)とは、鉗子と呼ばれる焼肉屋さんでよくお世話になるトングのような、医療器具を用いて行われる特別な分娩法のことを指します。その器具を用いて、赤ちゃんの頭にはさむように取り付けて、そのままママの外まで引っ張りだすという医療行為を行います。力任せなこの分娩方法には、さまざまなリスクや条件が伴うようです。

今回は、疑問点やどうしても不安がつきまとってしまう鉗子分娩についてご紹介いたします。痛みはあるのかどうか、分娩費用はどのくらいなのか、保険は適用できるのか、傷は残らないのかなどについても詳しくご紹介いたします。

鉗子分娩ってどんな分娩法?

生まれたばかりの赤ちゃん

鉗子分娩とは、産科医が専門の金属製の医療器具を、赤ちゃんの頭につけてひっぱりだす分娩法です。分娩のさいに、ママや産まれてくる赤ちゃんに、いくつかの問題が生じているときに用いられます。

鉗子分娩はやみくもに選択できるわけではなく、いくつかの条件を満たしている時にのみ選択されます。また、その医療器具の扱いに慣れている医師でなければ、ママの体に激しい痛みがともなったり、産まれてくるお子さんの頭の形がいびつになってしまったりするなど、障害や後遺症を残してしまうリスクもある分娩方法ともいえます。

そのため、鉗子分娩の経験や自信が乏しい医師は、医療訴訟のリスクを嫌って、鉗子分娩が出来る条件が整っていたとしても、選択はしないというケースもあったりします。

鉗子分娩が行う際の判断基準とは

鉗子分娩には、リスクがともないます。リスクがある医療行為をするのですから、そこにはきちんとした理由があったり、やらざるを得ない事情もあったりします。そこで、鉗子分娩が行えるための判断基準を、ママ側と赤ちゃん側の事情とに分けて紹介していきます。

ママ側の特別な事情

子宮口が開ききっているのにお産が進まない
お腹を触る妊婦さん

子宮が開ききっているにもかかわらずお産がなかなか進まない場合に、無理をして長く続けていては、ママさんの体力の消耗が激しく危険であると判断された時には、鉗子分娩を行って、引っ張る力でサポートすることで、出産につなげようとする狙いがあります。

ママに心疾患などの病状があり強くいきめない

ママさんの持病などが原因で、強くいきむことができない場合には、出産の時に強くいきんでしまうことで、ママの体にはリスクが生じてしまいますよね。そんな時にも、鉗子分娩が用いられる場合があります。

ママが疲れきっている

お産が長引くなどしてママが疲れきってしまった場合にも、鉗子分娩が用いられることがあります。ママ自身に赤ちゃんを体の外へ押し出す力が残っていないと、赤ちゃんが長く産道の中で、締め付けられている状態が続いてしまって危険である状態も判断基準の一つです。

陣痛が弱い

陣痛が弱く自力でのお産に不安がともなってしまう場合も重要な判断材料です。陣痛が弱くて、赤ちゃんが長く産道にとどまっていると、うまく赤ちゃんに酸素が送られず、心肺機能が低下してしまうと、危険な状態を招きかねません。

産道が固くて出にくい
苦しんでいる妊婦さんのイラスト

普通お産の時には産道が柔らかくなり、伸びやすくなってくれると、赤ちゃんがそこをスムーズに通っていけます。しかし、産道が固いままだと赤ちゃんがなかなか通れなくなってしまって、産道内で止まってしまい苦しい状態が続いてしまうこともあります。そのリスクを回避し、素早く赤ちゃんを体外へ引っ張るために鉗子分娩が用いられる事もあります。

産まれてくる赤ちゃんの特別な事情

赤ちゃんがうまく回旋できない

赤ちゃんはうまく産道をすり抜けるためには、通常少しずつ体をくねらせながら下ってきます。しかしそれが何かしらの事情があってうまくいかない場合には、赤ちゃんへの身体的ストレスを考えて鉗子分娩が選択させることもあります。

赤ちゃんが危険な状態にある

分娩の際に、赤ちゃんの身に危険が及んでいる場合には、素早くママの体から、取り出して応急処置をより早く行うため、鉗子分娩が選択されることもあります。

鉗子分娩までの流れ

逆子のイラスト

鉗子分娩を選択する前には、吸引分娩が出来ないかどうかが判断されます。吸引分娩とは、吸着力のある医療器具で、赤ちゃんの頭をすっぽりと包みこんで、外からも力を加えて赤ちゃんを産ませようとする分娩方法です。鉗子分娩よりは、赤ちゃんの頭に加わる力をセーブできるため、より後遺症などのリスクが少ない方法です。

赤ちゃんが逆子ではない場合、先にあげた事情があったりした時には、吸引分娩で出産できればよいのですが、その方法でもうまくいかない時には、鉗子分娩が選択されます。ただ、鉗子分娩にはよりリスクが伴うため、万が一に備えて帝王切開もできる準備をしてから行います。

鉗子分娩にはどんなリスクがあるの?

鉗子分娩は、自然分娩ではなくて、医療器具を赤ちゃんの頭にはめて、外からの力も加えて、分娩をうながそうとする措置であるためリスクが伴ってしまいます。どんな、リスクがあるのかについて、ママと赤ちゃんとに分けて紹介していきます。

ママにとってのリスク

赤ちゃんを抱っこする産後のママのイラスト

外側からも無理やり力を加えて、赤ちゃんを産ませようするため、ママのデリケートな産道が傷ついてしまうが多くあります。他にも、会陰に深い傷が残ってしまったり、勁官などの赤ちゃんが産まれてくるときに通過する周辺部位が影響を受けてしまったりして、多量の出血を伴ってしまうこともあります。自然分娩の時にも、傷はできたりしますが、より深い傷ができてしまうため、出産後の傷の回復が遅くなってしまいます。

赤ちゃんにとってのリスク

鉗子分娩によって、赤ちゃんの頭の形がいびつになってしまったり、傷ついてしまったりします。また、場合によっては、内側の脳にも影響を与えてしまって、障害が残ってしまうことも、発達障害や自閉症などの原因となってしまうこともあります。

鉗子分娩には健康保険や医療保険は適用されるの?費用はどのくらい!?

健康保険証のイラスト

鉗子分娩が行われた際に、ママや赤ちゃんに危険がともなっているやむをえないケースであれば、正当な医療行為であると、認められ保険が適用されることがあります。ただ、全ての鉗子分娩が保険適用される訳ではなくて、担当医師だけの判断だけではなく、外部の人達から客観的に見て、鉗子分娩をしなければいけないやむを得ない状況ではないと判断されてしまえば、保険が適用されないというケースもあったりします。

仮に、保険が適用された場合には、鉗子分娩の難易度によっては、点数計算は違ってきますが、1万円の前後が相場のようです。

鉗子分娩の私の体験談

ひかり
35歳

鉗子分娩までの恐怖

点滴

鉗子分娩までには相当の時間がかかったと記憶しています。いつまで経っても赤ちゃんが出てこなくて、私は体力の限界でした。もうろうとする意識の中で、点滴を打たれながらお腹を押されたり、吸引されたりしました。それでも全く出てこなくて、ついに先生が「鉗子分娩にします」と。そのあとはあっという間でしたが、無理やり引っ張り出したので膣が避けまくっていて、応急処置として、傷口を縫うのに時間が余計にかかっていました。治るまでは、トイレに行くのが怖いほど痛かったです。

けれど、産まれてきた子どもには、何も問題がなかったので、感謝しております。

はきゃ
28才

赤ちゃんが一番大事

38週のとき、妊婦健診で「お子さんの心音が低下している」と担当医に言われました。すでに、正産期に入っていたので、そのまま即入院です。陣痛促進剤などを使って、子宮口が開くのを待ちました。

子宮口が全開になってからいきみはじめたのですが、赤ちゃんの首にへその緒が絡み付いて心音がさらに低下しているとのこと。このままでは、赤ちゃんの命が危険だということで、鉗子分娩の運びになったのです。膣内は尋常でないほどに避けましたが、赤ちゃんの命が助かって本当に良かったです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!