妊娠中のイライラいつから?に関する記事

妊娠中にイライラする!妊娠初期/中期/後期イライラ体験談

妊娠中にイライラする!妊娠初期/中期/後期イライラ体験談

妊娠によるイライラで一番多いのが旦那にイライラする人。やり場のないイライラを、先輩ママ達はどのように解消したのでしょう?

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中にイライラする!妊娠初期/中期/後期イライラ体験談

妊娠中のイライラはいつから?先輩ママに聞いたイライラ解消法

妊娠中のイライラは、妊娠初期・中期・後期と起こる時期はとバラバラ。原因はつわりやお腹が大きくなって思うように動けなくなるなど、妊婦さん特有のものに加えて、旦那様にイライラしたという妊婦さんも多いようです。

先輩ママたちは妊娠中、どんなことにイライラして、どのようのそのイライラを解消したのでしょう?イライラ全開で爆発しそう!という妊婦さんは、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠初期にイライラ

あやほ
30代前半

大好きなコーヒーやお酒が飲めなくて…

アイスコーヒー

一番イライラしたのは妊娠初期でした。仕事も辞めて一人で過ごす時間も長くなったので時間を持て余して一人でイライラしていました。

又、私はコーヒー、お酒、辛い物が好きなので、それらを我慢するのが辛かったです。

特にコーヒーが日中一人でいる時に飲みたくて、ノンカフェインのコーヒーやハーブコーヒーを飲んでもイマイチ満足出来ずに余計にイライラしたりしていました。

又それらの確かにどうしようも無い事、些細な事でイライラするのを、母や主人に相談と言うか話した所で「妊婦なんだから仕方ないじゃん」「我慢しなさい」と取り合ってもらえない事で余計にイライラしました。

なので、イライラが溜まる方が良く無いと思い、たまにコーヒーや辛い物を少しなら…と摂取したり、他の好きな物を食べて自分を甘やかしました。

中期になる頃にはその生活にも慣れ自然とイライラが減りました。

マロン
30歳

理由がよくわからない妊娠中のイライラ

妊娠中にイライラしていたのはごく初期の方です。妊娠にまだ気付いていない時で、なんでこんなにイライラするんだろうと思っていて病院に行ったら妊娠していました。

普段はなんともないのですが、旦那に肩を触られるだけでもイライラしたのを覚えています。

妊娠中にイライラを相談したのは母親です。同じ出産を経験した女性だから話しやすかったです。

つわりが来るまでは美味しいものを食べたりスイーツを食べたりしてイライラ解消していました。あと、よく寝ていました。

一番イライラが強かったのはごく初期でしたが、妊娠期間中ずっとイライラはありました。鉄欠乏性貧血になっていたりしたのでその他の栄養的にも足りないものがあったと思います。

チタン
40代前半

食べなくてはいけないのに食べられないイライラ

妊娠2か月ぐらいの時、悪阻がピークでした。何を食べても体が受け付けなくて、食欲も無く、本当に辛い毎日でした。

主人が友人との飲み会に出掛けると、「どうして自分だけ、このように辛い思いをしないといけないの?」と考えると無性に腹がたちました。

ある時、ふいにハンバーガーが食べたくなって、主人に買ってきてと頼みました。

照り焼きは苦手だったので、照り焼きではなく普通の物を買ってきてと頼んだのですが、主人は間違えてテリヤキバーガーを買ってきました。

その件で怒りがピークに達しました。言葉でですが、主人に6時間ぐらい不満や怒りをぶつけました。

当時ほとんどの時間を一人で過ごしていて、人に心配をかけたくなかったのでイライラも一人で抱えていました。

ただ、主人に話を聞いてもらったのがきっかけになったのか少しイライラがおさまりました。

その後は、イライラするとオンラインゲームをして、ストレス解消をしていました。

その後1か月くらいして少しずつ悪阻も改善され、自然にイライラすることは無くなりました。

プラム
20代後半

主人の理解のなさにイライラ

テレビのリモコンを持つ女性

妊娠初期に一番イライラしました。初期はつわりがひどく、あまり家事ができず家で寝ていることが多かったです。

主人には「掃除も料理も最近手抜きすぎ」と怒られました。

まだお腹が目立っていなかったため、主人はそこまでつらいとは思わなかったようですが、その理解のなさにとてもイライラしました。

出産経験のある友人に、妊娠中の悩みを聞いてもらい、共感してもらったことで精神的に大分楽になりました。

初期は本当に動くのがつらかったので、体調が良い時に大好きなアクション映画を見てストレスやイライラを解消しました。

中期になり、つわりがおさまりお腹が目立ってくるようになると主人も私が妊婦だという自覚が出てきたようで、家事を色々と手伝ってくれるようになりイライラが収まりました。

M氏
23歳

マタニティーブルーでイライラ

私はいわゆるでき婚だったので、子供が産まれるまで実家暮らしでした。

妊娠初期から中期にかけてが一番イライラしていて、先の不安もあったため情緒不安定になってしまい完全にマタニティーブルーでした。

何にイライラしたかと言われれば、もっぱら旦那です。

男性は子供が出来てもなかなか父親になったという自覚が持てないといいますが、そのせいか今のうちに!と夜に遊び歩いていました。

「これから遊べなくなるのは私も同じなのに…」と、自分だけが我慢していることに苛立ち、自覚を持たない旦那を見ていて、先行き不安になり毎日泣いていました。

私は自分の両親に旦那の事を相談していました。お前が我慢できなくなっても1人で育てる覚悟を持てば、俺達がいるんだから何も不安な事はないと言われ、少し楽になりました。

後期頃にはたまにイライラしていましたが、中期頃に比べたら落ち着いてきていたし、いざとなったら1人で育てるという覚悟があったのでそこまで悩んではいませんでした。

妊婦さんはストレスを溜めてはいけないし、周りにも溜めさせてはいけません。

相談出来る人をしだかり持つことが大事です。

妊娠中期にイライラ

めーたん
30代前半

旦那にとにかくイライラ

一番イライラしたのは妊娠7ヶ月を過ぎた頃でした。

安定期の終わりかけで安静にしていて、極端に思われるかもしれませんが、トイレとお風呂以外は基本的にベットで寝ていたので、何もストレス解消出来ずにイライラしていました。

しかも、旦那はそんな私を置いてスノボに仕事を休みなら行ってしまい、怒りは頂点に達していました。

そんな時には先輩ママである友達によく相談をしました。

その友達もお腹の張りが強く安静にしていたことがあったので、妊娠後期の過ごし方や産後の話などたくさん聞いたりしてました。

それもストレス解消になりましたし、後は赤ちゃんのスタイやおくるみなど、寝ていながらでも出来るグッズ作りをしてストレス解消しました。

妊娠8ヶ月頃になると体調もよくなり安静が解除になったので軽く散歩をしたり、赤ちゃん用品を揃えるなど、普通の生活に戻ったのでストレスから解放されました。

ねね
20代後半

些細なことでイライラが止まらない!

ソファの上に座る出産直前の妊婦

私は妊娠中期くらいからいつもは怒らないところでなんだかピリピリしてしまって、怒るようになりました。

理由は分からないけど、大したことない些細なことで本当にイラっとしてしまうのです。このせいで夫に何度も八つ当たりをしてしまいました。

夫がぐでーっとした姿を自分に見せるのにイライラしたし、夫の仕事の小さなグチにもイラっとしました。

最終的に夫が目の前を通るだけでイライラして、とにかく何にでもイライラしてしまっていました。

これが本当に自分でも嫌で、親に相談したのです。

そしたら親は「妊娠とはそんなもんよ」とケロッと返してきました。「心配しなくてもみんなそうだから」と言われてちょっと安心したのです。

その後イライラ発散に親にいろいろと愚痴りました。これが私の一番のストレス発散法です。

妊娠中のイライラは出産直前くらいになってピタッと止まりました。

それまでは不安だけあったけど、出産前になると覚悟を決めてイライラどころじゃなくなったんだと思います。

ひろ
41歳

ヨガ仲間とのランチでイライラ解消!

妊娠中期に入り、お腹がどんどん大きくなってくると、段々皮膚にかゆみが出てきました。

これは妊娠線が出来る前兆かもしれないと、保湿をしたりマッサージをしたり。しかし、なかなか治まる気配がありませんでした。

どうしようもなる腹部の皮膚のかゆみ、そして妊娠線が出来るかもしれないという不安、またお腹が大きくなってきて、息苦しさを感じるようにもなり、常にイライラしていました。

かゆみについては妊婦健診で医師に相談し、ステロイド剤を出してもらって、どうしてもかゆみが治まらないときには、使用していました。

妊娠線はひたすらできないことを願って、マッサージに励んでいました。呼吸についても誰にも相談することなく、自分で乗り切るしかないだろうと思い相談しませんでした。

そんなイライラを解消できたのは、妊娠6ヶ月に入ってから産婦人科のマタニティーヨガに参加して、ほかの妊婦さんと話をする機会を得てからです。

妊婦になってからの話って旦那には分からないし、全然親身になってくれないので、家ではずっとイライラしていました。

でも、同じような妊婦さんとは、何の話をしてもそうそうと頷くことが出来て、楽しかったのです。また、マタニティーヨガの後にみんなご飯もイライラ解消の方法でした。

イライラは妊娠9カ月に入り産休に入ったところで治まりました。仕事のストレスがなくなり精神的余裕が出来たのだと思います。

ぴのちゃん
39歳

夫の帰りが遅いことにイライラしました

妊娠中期あたりは、本当にイライラすることが多かったです。

まず、夫の仕事の帰りが遅くてイライラしました。特に、2人目の妊娠中は1人を見ながらだったので、妊娠と育児が大変でいつもイライラしていました。

夫の飲み会などの用事も、「私がこんなに大変な時にー」という感じでイライラしていて、夫も大変だったと思います。

でも、本当に自分が大変で、手伝ってほしいことがいっぱいで期待していたのに、手伝ってもらえないときに本当にイライラしました。

妊娠中や産後は、ホルモンのバランスが崩れてイライラしやすいと聞いていましたが、本当にストレスもたまるし、イライラしました。

イライラは、妊娠後期ぐらいまで続きました。当たる人が夫しかいなくて、イライラ解消のためとはいえ、夫には迷惑かけました。

ちょもみ
29歳

不思議なほど些細なことにイライラしました

妊婦に謝る女性のイラスト

妊娠中はホルモンバランスの変化のせいで、ちょっとしたことでイライラしていました。特に私は、妊娠中期から後半にかけてピークで、外出するたびにイライラしていました。

たとえばスーパーで買い物をしに行けば、レジのおばちゃんに勝手にお腹を触られ、「元気な子を産んでね」なんて言われたとき。

「は!?なに勝手に触ってんの?元気な子が産まれなかったらダメなの?それは私のせいなわけ?!」と心の中で叫んでいました。

また別の日、レジでの会計を済ませて、私がまだレジの前にいるときに、横からオバチャンが割り込んできてイラっとしました。

そのときは「すみません」と言ったのですが、「なんで私謝ってんだ?どくまで待ってられないのか?」とイライラメーターが急上昇!「すいませんね!!」と言い放ってしまいました。

とにかく、外に出るたびにイライラすることが多くて、家に引きこもりたかったです。

でも、会社の人に話すことでストレスは解消されました。同僚もみんな妊娠を経験している人達だったので、わかるわかる!と話が盛り上がりました。

同僚の1人は、お箸を落としただけで泣いたときがあったらしく、思わず笑ってしまいましたが、妊娠中って情緒不安定になるから仕方ありません。

なんでこんなことで泣くの?普段ならこんなことでイライラしないのに!という事ばかりなんですよね。

妊娠9か月くらいになってくると、イライラは自然に落ち着いてきました。

妊娠後期にイライラ

うりたん
30代前半

暇すぎてイライラ

一番イライラした時期は、妊娠後期です。それは出産前に長年勤めた仕事を退職し、毎日自宅にいるようになってからでした。

軽いウォーキングをする以外は、自宅でベビー服をチクチク手縫いする日々……。

仕事と違い、手縫いには納期などがなかったためついダラダラとしてしまうことが多く、また、夫以外とは誰とも話すことなく一日が過ぎるため、そんな世界が狭い自分に非常にイライラしました。

かといっていつ陣痛がくるか分からず不安なため、どこかへ遠出することは恐くてできず……本当にウツウツとした気分でした。

そんな気持ちを、仕事で忙しい夫に相談しても全く理解されず、さらにイライラ……という悪循環。解消法はなく、結局出産するまでこの状況は続きました。

出産したら、もう目の前の赤ちゃんのお世話で忙しく、イライラはどこかへ吹き飛んでしまいました。今思い返しても、暇すぎるというのは問題なのだなぁと思います。

らいおん
30代後半

不安と寝不足、自由が利かない体にイライラ

私が一番イライラした時期は、妊娠後期に入ってからです。

妊娠中期から気になっていたのですが、夜、頻繁にトイレへ起きることで睡眠時間が削られ寝不足が酷くなっていきました。

夜中のトイレに加えて、妊娠後期からは切迫早産の危険があり、自宅安静を医師から言い渡され、ベッドから1日中動けない状態で益々イライラ。

切迫早産の危険性の不安と自由が利かない自分の体、そして毎日の寝不足などで私の心は不安定になっていきました。

そのイライラや不安定な気持ちを、子育ての先輩でもある私の母に相談しました。

母は「切迫早産の危険性は、おなかの赤ちゃんがママにちょっと休んで欲しいって訴えてるのよ」とか「夜中のトイレは、赤ちゃんが生まれてからの夜中の授乳の予行練習」などと言ってくれました。

おなかの赤ちゃんのためだと思うと、不思議なことに頑張れる気がして、イライラが徐々に減っていきました。

それからはイライラしそうになると見方を変えて「赤ちゃんのための不自由」だと考えるとイライラが軽減しました。

出産間近になってくると、そういったイライラは消えてしまい、早く赤ちゃんの顔が見たいと言う気持ちで心は一杯になりました。

ゆりママ
36歳

毎日同じ時間になるとやってくる吐き気がイライラ

コンビニの店内

臨月まで、毎日バスと電車を使って片道1時間の通勤をしていました。

電車は20分乗るのですが、立っているとつらいけれども座ることもできず、満員電車の隅っこにお腹をかばいながら立っていました。

5分置きに駅に止まるのですが、吐き気がしてくると、次の駅で降りて吐くか、もう一つ先の駅まで我慢できるか、いつもそればかり考えていました。

というのも、駅のトイレがきれいなところ、和式しかないところ、混んでいるところ、とどの駅でも良かったわけではないのです。

キレイなトイレで吐けるように時間配分するのがけっこう大変でした。また、会社につくと、始業30分後の9時半に毎朝吐きたくなるという現象が…。

すでに駅で一回吐いてしまっているので、吐くものがないのは吐き気が続くだけでこれもつらいのです。

何か胃にないと吐けないので、毎朝会社近くのコンビニでおにぎりを買って、ロッカーで食べて、9時半になったらそれを吐く、の繰り返し。

コンビニで「吐くためのおにぎり」を選んでいるときが一番むなしくなるのでした。

今日は明太子にしようかな。鮭にしようかな。でもただ吐くだけだしなー。と日々思っていました。

NANA
40歳

出産の不安と旦那の能天気さにイライラ

妊娠後期、9ヶ月を超えいよいよ出産が目の前に迫るころ、陣痛の痛みの恐怖や、無事に元気な子供を生むことができるのか、などで出産に対する不安が大きくなっていました。

それとは反対に、旦那はもうすぐ出産ということでテンションMAX。

自分の親に頻繁に電話をしては、「来月親孝行できるよ~」「もう3000超で大きな子が生まれそうだよ~」「子供用品をどんどん送って~」など勝手に盛り上がっていました。

私は子どもが大きめで出産が余計に不安になっているというのに!とその電話の声を聞くだけでイライラMAX。

「親孝行といっても、自分が痛い思いをするわけでもないのに!」と心の中は怒りでいっぱいで、チクチク嫌味を言いました。

しかし、盛り上がっている旦那にはなにも通じず逆に「もっと楽しめばいいのに」などといわれ閉口。もう何も言わないほうがマシだとさえ思いました。

子どもは無事に生まれ、子育てに追われてからは、旦那のことなんて気にしていられない目まぐるしい日々でした。
そのため、出産と同時にそのイライラは治まりましたが、今でも出産前の旦那の能天気さを思い出すと嫌な気分になります。

さくらんぼ
33歳

寝るときの体勢でイライラ

お腹がかなり大きくなってきた妊娠後期、寝る時にお腹の重さでなかなかしっくりくる体勢になれなかったことにイライラしました。

仰向けになると苦しいので横を向くのですが、それに伴って妊娠前と同じように足の位置も変えると、お腹に圧迫感があったり、足の付け根が痛くなったり。

とにかくお腹の重さが気になって、夜中も寝返りを打つにも目が覚めたりもしました。

マタニティ本で横向きで足の間にクッションなどを挟むと楽だということを知り、枕やバスタオルなどで試してみて、自分にしっくりきたのは大きめのタオルケットでした。

面積があるので畳み方で厚さを微調整することができ、太ももから膝の間あたりに挟むと、横向きで寝ても足の重さが負担にならないので、体が無理にねじれずに楽に寝ることができました。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪