妊娠超初期の頭痛の対処法に関する記事

妊娠超初期の頭痛の原因と薬を使わない対処法5!その頭痛もしかして…

妊娠超初期の頭痛の原因と薬を使わない対処法5!その頭痛もしかして…

妊娠検査薬でも判明しない妊娠超初期におこる、妊娠の兆候のうちの1つが頭痛。その原因と薬を使わない対処法をご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠超初期の頭痛の原因と薬を使わない対処法5!その頭痛もしかして…

えっ妊娠してたの!?妊娠超初期の頭痛の原因と対処法5つ

妊娠初期は妊娠確認後15週までとされていますが、その時期よりも早い段階で頭痛や眠気、微熱、便秘、下痢、腹痛、吐き気などといった症状を感じることがあるようです。また、 おりものに変化があったという人もいます。

しかも、女性は普段から月経と関連した偏頭痛、肩こりなどからくる緊張型頭痛などに悩まされる人も多いですよね。そのため、妊娠超初期症状の頭痛に対して、うっかり薬を服用したり、逆に頭が痛くて仕方がないのに、薬の服用に悩んで我慢したりする女性も多いようです。妊娠の可能性がある女性は、薬を飲まずに頭痛を対処できる方法を知っておくことが大切です。

妊娠超初期に頭痛になるのはなぜ?

妊娠超初期に頭痛が起こる原因は、妊娠によるホルモンバランスや自律神経の乱れ、血行不良、ストレスの4つと考えられています。

ホルモンバランスの乱れ

手でこめかみを押さえて痛がる女性

妊娠すると、女性の身体はhCGというホルモンの分泌が始まります。さらに、女性ホルモンのうちの一つで妊娠の継続を促すプロゲステロンが多量に分泌されます。
そのようなホルモン分泌量の変化により、体内のホルモンのバランスが乱れて頭痛を引き起こすことがあります。

自律神経の乱れ

妊娠すると女性の体はホルモンバランスが乱れますが、それが自律神経に影響を及ぼし、さまざまな妊娠兆候を引き起こします
頭痛もその一つで、他にも下痢、むかつき、微熱、便秘、腹痛、耳鳴り、倦怠感などの風邪の諸症状によく似た症状も現れます。

妊娠による身を守る動作

妊娠すると、女性は無意識に身体を守ろうとして、一つ一つの動作をこなそうとしてしまうそうです。
例えば、立ったりしゃがんだりという動作でも、無意識にお腹を守ろうとするため、余分な箇所に力が入ってしまうことがあるとか。
そのことが血行不良を招き、頭痛が起こることも考えられます。

ストレス

仕事しながら顔をしかめる女性

妊娠の超初期段階でも、妊娠特有の身体のだるさや眠気、つわりによる吐き気などで、ストレスを感じる人もいるようです。
また、普段からの不規則な生活によるストレスや精神的なストレス、妊娠への不安などが原因で、自律神経が正常に機能しなくなり、血管が収縮するために頭痛なることがあります。

最近、ふっと気づいた時に、奥歯を噛みしめて体に力を入れていませんか?

妊娠の可能性がある場合は、頭痛や風邪の症状があっても市販薬を飲まないようにしましょう

妊娠超初期の薬を使わない頭痛の対処法

頭痛がひどいと家事や育児もままなりません。かといって、妊娠の可能性があるから頭痛薬は飲めない…。では、妊娠の可能性がある場合に頭痛が起こったら、どのように対処すれば良いのでしょうか。

頭を冷やして横になる

横になって安らかな表情の女性

妊娠超初期の頭痛は、ズキンズキンと痛む感じである場合が多いようです。保冷剤にハンカチを巻いて痛い箇所を冷やすと気持ちが良くなります。
また、痛いときに動くと、血圧が上がり傷みが悪化する可能性があるので、家事や仕事は最小限にして、横になって休む時間を作りましょう。

お風呂にゆっくり浸かる

ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。血行不良の改善はもちろん、お風呂にゆっくり浸かることによるリラックス効果やストレスも軽減効果もあります。

休養をとる

鉢植えの植物を触る女性

気分がリラックスできることで、薬を服用するよりも頭痛が治まることもあります。日頃から1人でのんびりできる時間を積極的に作ったり、休日には気分転換に外出したりなど、ストレスを溜めこんで体が緊張しないように心掛けましょう。

深呼吸して全身の力を抜く

妊娠への不安を抱えている人も、妊娠超初期の段階で頭が痛くなりやすいです。不安になったり、あれこれと考えたりしても、何も変わらないどころか頭痛が悪化するだけです。まずは頭痛が治るように、深呼吸して気持ちをリラックスさせるように心掛けましょう。

早寝早起きの習慣をつけまよう

背伸びする女性

頭痛の原因の1つである自律神経の乱れは、睡眠の質を向上させることにより改善することがあります。質のよい睡眠をとるためには、夜22時~2時にしっかり寝ていることが大切です。また、寝る前のスマホやパソコンの光は、睡眠の質を低下させることが分かっています。

頭痛改善のためにも、美容と健康のためにも、早寝早起きを心がけ、スマホやパソコンは早朝使うようにしてみてはいかがですか?

頭痛がヒドイときは医療機関を受診

ただし、以下のような場合には、早期に医療機関を受診することをおすすめします。

脳出血などの重大な病気

眉間を指で押さえる女性

めまいがする、立って歩けない、吐き気や嘔吐がある、片側だけがおかしな感覚がするなどの症状がある場合は、脳出血などの重大な病気の可能性もあります。
このような場合には、直ちに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザなどの感染症

家族や会社、街中で風邪やインフルエンザなどが流行っている時期に、発熱などの症状がある場合には、感染している可能性もあるので、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

頭痛で妊娠が分かるの?

妊娠した場合、排卵期になると基礎体温は高くなり、月経予定日以降もそのまま体温が高い状態が続きます。
さらに早い時期からつわりの症状が出る人もいるので、妊娠超初期の頭痛がつわりによって引き起こされている可能性があります。

だたし、妊娠超初期にこれらの症状のみで「妊娠している」と考えるのは早すぎます

また、結果が気になり、妊娠検査薬が使える月経予定日の1週間後に検査をしても、個人差もありますので、フライングしてしまうこともあるでしょう。きちんとした結果を知りたいのであれば、「月経予定日のおよそ1週間後~」と大まかな基準で検査したり、医療機関を受診したりすると良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪