母乳にいいハーブティーに関する記事

母乳育児にハーブティー!おっぱいタイプ別おすすめハーブ

母乳育児にハーブティー!おっぱいタイプ別おすすめハーブ

母乳にいいハーブティーを、母乳不足・詰まり・母乳過多の3つのお悩み別に紹介!効果的なハーブの種類と、口コミで人気のおすすめ商品はどれ?分泌抑制ハーブは、断乳・卒乳時にも役立ちますよ。1年以上にわたる母乳育児は、ハーブティーで乗り切ろう!

マーミーTOP  >  出産  >  母乳育児にハーブティー!おっぱいタイプ別おすすめハーブ

母乳の悩みはハーブティーで解決!母乳不足・詰まり・過多に効くハーブの種類

「赤ちゃんがよく泣く。もしかして母乳不足?」「おっぱいが痛い。詰まりや乳腺炎が心配」「母乳が出過ぎて困る」など、母乳育児中のママには、色々な悩みや不安がありますよね。そんな悩みを解消し、赤ちゃんもママも快適な母乳育児を続けるために、生活にハーブティーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ハーブティー

母乳育児中は水分補給がとても大切ですが、カフェインが入っているコーヒーや、お茶は大量に摂取できないし、特に寒い冬には水分を摂るのも一苦労。そんな悩みを持つママに、ハーブティーはとってもおすすめです。ハーブティーは多くのものがノンカフェインで、授乳中のママも安心して飲むことができます。

さらに、たくさんの種類があるハーブの中には、母乳を出やすくしたり、乳腺炎の原因となる詰まりを予防したり、母乳の分泌を抑える効果があるものも。ハーブの爽やかな香りに、疲れた心も癒されますよ。

今回は、授乳中のママ必見!悩み別に効果のあるハーブの種類をご紹介します。さらに、おすすめの商品もまとめてみました。ハーブティーで、育児中のストレスを少しでも軽くして、心身ともにリラックスしましょう。

母乳が出るようになるハーブの種類

母乳が出ない、出が悪いなど、母乳育児で最も多い悩みが母乳不足ではないでしょうか?特に、育児が軌道に乗るまでの新米ママさんとっては、大きなストレスになります。そんなストレスも母乳には悪影響。母乳の出が良くなるハーブの種類をご紹介します。

フェンネル

フェンネル

もみ殻の付いたお米のような形状のハーブ。魚料理のスパイスなどにも使われ、ヨーロッパでは昔から産後のママにすすめられてきました。女性ホルモンに働きかけ、母乳の出をよくすると言われています。ただし、妊娠中の摂取は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるので、あくまで産後からの飲用にしましょうね。

ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフティー

ビタミン・ミネラル豊富で、別名を「安産のハーブ」と呼ばれるラズベリーリーフは、陣痛をやわらげる・母乳の出を良くする・産後の母体の回復を促すなど、産前産後のママに嬉しい効果があります。さらに、ストレスを和らげるリラックス作用もあるので、母乳育児をするママには最適です。

ルイボス

ノンカフェインの代表格、知名度も高いルイボスですが、実は南アフリカの限られた自然環境でしか育たない貴重なハーブ。カルシウムやマグネシウムなど、豊富なミネラルがバランス良く含まれており、母乳の質を高めることができます。

ダンデライオン(タンポポ)

タンポポ茶

たんぽぽの根はダンデライオンというハーブの一種。中国では、昔から漢方として利用されてきました。おなじみの「たんぽぽコーヒー」は、授乳中のママにも強い味方。コーヒーに近い味がしますが、たんぽぽの根を焙煎したものなのでノンカフェイン。さらに、ダンデライオンに含まれるタラキサシンという成分に、母乳を増やす効果があります。

鉄分やカリウムも同時に摂取できるので、母乳の質も高めてくれる飲み物です。また、血行を良くすることから、乳腺の詰まりを予防する効果もあります。

ジンジャー

生姜湯

体をあたためてくれる生姜湯として親しまれているジンジャーですが、もともとは熱帯アジア原産のハーブ。東南アジアでは、古くから伝統医療にも使われていました。体をあたため、血行を良くすることで産後の冷えを改善し、体のバランスを整えてくれます。

その他、母乳分泌を促すハーブには、以下のようなものがあります。

  • ネトル
  • レモングラス
  • ローズヒップ
  • マリアアザミ
  • フェヌグリーク

母乳の出が悪いママにおすすめのハーブティー

授乳中のママ向けと明記されたハーブティーにも、さまざまな種類があります。単品で飲むと癖が強いものが多いので、まずはブレンドティーからはじめるのがおすすめ。どんなハーブがブレンドされているかをチェックして、悩みに効果のあるハーブが入った商品を選べるようにしたいですね。

有機MHT ミルクハーブ

有機MHTミルクハーブ

生活の木

10個入り 648円(税込)

ハーブとアロマテラピー専門店の「生活の木」は創業60余年の歴史あるブランド。ママ向けのハーブティーを数多く手がけています。こちらは、母乳で赤ちゃんを育てるママにおすすめのオーガニックハーブティー。母乳の出を良くする、有機ゴーツルー、有機フェンネルの他、リラックス作用のある有機レモンバームがブレンドされています。

http://onlineshop.treeoflife.co.jp

ラズベリーリーフ

ルピシアのラズベリーリーフ

ルピシア

510円(税込)

世界のお茶専門店「ルピシア」は400種類以上のお茶を扱うブランド。女性の体をサポートするハーブティーもそろっています。甘い風味が飲みやすく、授乳中のママにおすすめのラズベリーリーフのハーブティーは、ビタミン・ミネラル豊富で母乳の出を良くしてくれる嬉しい商品。そのままでも、好みのお茶にブレンドしても美味しくいただけます。

http://www.lupicia.com

安くて種類豊富な無印良品もおすすめ!

「授乳中のママにおすすめ!」とあえて銘打った商品ではありませんが、無印良品には手ごろなハーブティーが豊富にそろっています。ハーブの種類をチェックして、色々な商品を試してみてはいかがでしょうか?

オーガニックハーブティーアップル&ルイボス

オーガニックハーブティーアップルルイボス

無印良品

350円(税込)

アップルビッツとローズヒップの甘さが飲み口の良い、爽やかなルイボス入りのハーブティー。フルーティーな甘味とほのかな酸味が人気の商品です。ティーバックなので気軽に飲めるのも嬉しいポイント。ルイボスはミネラルバランスが良く、母乳の質を高めてくれます。さらに、ローズヒップはビタミン豊富で美肌効果もあり、授乳中のママにはおすすめの商品です。

http://www.muji.net

母乳が詰まる予感…。乳腺炎を予防するハーブの種類

乳腺が詰まることにより、おっぱいに痛みを感じる乳腺炎。授乳中の女性の20%~30%が経験するといわれていて、詰まりやすい体質の人は、何度もマッサージに通ったり、ひどいときには高熱が出ることも!母乳の質が変わり、赤ちゃんにも影響を及ぼすことから、悩みを抱えるママも少なくありません。そんな悩みもハーブティーで軽減。乳腺炎を予防するハーブの種類をご紹介します。

カモミール

カモミール

香りのよいカモミールは、リラックス効果の高いハーブ。筋肉の緊張をほぐし、乳腺炎の原因となる乳腺の詰まりを予防する効果があります。さらに、母乳の分泌を促進する作用も。ただし、子宮の収縮を促す作用がありますので妊娠中の摂取には注意が必要です。

マリーゴールド


マリーゴールド

古代エジプトでは「若返りの薬」ともよばれていたマリーゴールドは、血中の老廃物を流すデトックス効果が期待できるハーブです。血液をサラサラにすることで、母乳の質を高め、乳腺炎などのトラブルを予防することができます。こちらも子宮の収縮を促す作用がありますので、妊娠中の摂取には注意が必要です。

母乳が詰まりやすいママにおすすめのハーブティー

乳腺炎対策ブレンドやミルクスルーなど、ズバリな商品名が多い、詰まりに悩むママ向けのハーブティー。詰まり予防のためのハーブディーは、母乳の出を良くし、質を高めてくれる効果も兼ねている場合が多いので、一石二鳥ですよ!

授乳・乳腺炎対策ブレンド ティーバックタイプ45個

マリエン薬局の授乳乳腺炎対策ブレンドティーバック

マリエン薬局

3,980円(税込)

その名も乳腺炎対策ブレンド。母乳不足にもおすすめ。ドイツ生まれのメディカルハーブティーです。女性ホルモンに働きかけ、母乳の分泌を促すフェンネルや、リラックス効果のあるカモミールがたっぷり配合されています。マリエン薬局のハーブは薬効が認められた医薬品品質。なんと利用者の98%が「満足」と回答する良品です。

http://www.marienremedy.com

ミルクスルーブレンド

ミルクスルーブレンド

AMOMA

1,758円+税

イギリスのハーブ専門家と授乳ケアの専門家が開発したハーブティー。マリーゴールドやクリーバーズなど、厳選された6種類のオーガニックハーブをブレンドしています。母乳の流れをスムーズにする働きがあり、つまりなどの授乳トラブルを解消します。口コミではカチカチのおっぱいがフワフワになると、多くのママに支持されるAMOMAの商品です。

https://www.amoma.jp

母乳の分泌を抑えるハーブの種類

母乳の悩みは出ないことだけではありませんよね。母乳不足に悩むママがいる一方で、おっぱいパッドから染み出そうなくらい、母乳過多で困っているママもいます。また、母乳の分泌を抑えるハーブは、断乳時や卒乳時にもおすすめです。

セージ

ヨーロッパでは古くから薬用に使われてきたセージは、料理用スパイスとしても親しまれる苦味と清涼感が特徴的なハーブです。女性のホルモンバランスを整えてくれるほか、母乳の分泌抑制をする作用があります。セージは、スパイスとして料理に使っても同じ効果があります。

ペパーミント

ペパーミントのハーブティー

アイスなどにも使われる、なじみの深いハーブの一つペパーミントには、母乳の分泌を抑える効果があります。さらに、体を冷やす作用があるため、ペパーミントのハーブティーをタオルに浸し、湿布として使うことで、おっぱいの熱を下げ、張りを抑えることができます。

レッドクローバー

大豆と同じイソフラボンを多く含むレッドクローバーは、母乳の分泌を抑えてくれるハーブ。女性ホルモンに似た働きをし、母乳を出すホルモンの働きを調整してくれます。

母乳過多のママにおすすめのハーブティー

母乳過多に悩むママはもちろん、断乳・卒乳時に使える分泌抑制ハーブティー。母乳過多に効くハーブは、ホルモンバランスを調整する働きがあるので、不安定な時期の身体を手助けしてくれます。

母乳分泌抑制ブレンド

母乳分泌抑制ブレンド

母乳育児支援ハーブ専門店ハーブガーデンショップ

1,994円(税込)

母乳過多のママをサポートするハーブティー。カモミールやセージ、エルダーフラワーがホルモンのバランスを整え、ネトルやルイボスが母乳の質を高めサラサラにしてくれます。愛飲されて16年のロングセラーで、多くのママに支持されている他、産婦人科からも注文が入る良品。ハーブガーデンショップでは、自分に合わせてカスタマイズも可能です。

http://www.e081.com

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!