誘発分娩の方法やメリットに関する記事

誘発分娩の費用やリスクとバルーンを使った治療の流れ

誘発分娩の費用やリスクとバルーンを使った治療の流れ

誘発分娩はお産を安全でスムーズに進行するためにおこなう医療行為ですが、そのメリットやリスクについて前もって知っておけば、安心できますよね。

マーミーTOP  >  出産  >  誘発分娩の費用やリスクとバルーンを使った治療の流れ

誘発分娩(計画分娩)による出産のメリット&流れ

出産は思いがけないときに起こってしまう事もあって、出産予定日が近づくにつれ落ち着かなくなってしまう妊婦さんも多いと思います。お産には「自然分娩」「帝王切開」「誘発分娩」「無痛分娩」などのさまざまな種類の方法があり、その中でも、誘発分娩もしくは計画分娩という言葉は耳にした機会はあまりないのかもしれませんね。

誘発分娩は計画分娩とも呼ばれていて、誘発分娩でのお産を希望するママや、母子の健康状態から誘発分娩を選択するケースもあったりするので、詳しく知っておきたいですね。ここでは、誘発分娩による出産のメリットやそのリスク、出産の流れについて詳しくみていきましょう。

誘発分娩とは

陣痛が始まってる妊婦さん

誘発分娩とは、医療行為をおこなわずに陣痛が起こり、子宮口が開いてくるのを待つ自然分娩とは違い、医師の管理下のもとで、人工的に陣痛を起こし計画的に出産させるという方法です。人工的に陣痛を起こすためには、陣痛促進剤という薬を投与したり、バルーンと呼ばれる器具を使用したりして、分娩を誘発させます。

誘発分娩のメリット

誘発分娩のメリットとしては、計画的に出産をうながすため、予想外の「破水」や「陣痛」を回避できるという安心面の他にも、ご家族のスケジュールの都合にあわせて、出産予定日を調整しやすいということです。さらに、子宮口が開きにくく陣痛が長引きやすい初産婦さんにとっては、陣痛促進剤などを使って、妊娠の流れを誘発することでお産をスムーズに進めることができます。

お産が長引いてしまうと、妊婦さんの体力が奪われやすくなってしまって、母子共に危険な状態になってしまうこともあります。誘発分娩を選択することによって、お産がスムーズに進みます。お産が短時間で済めば、自然分娩よりも母体と胎児への負担も軽くなるし、母体の出血量も最小限に抑えることができるというメリットがあったりします。

誘発分娩のメリットとは?

  • 思いがけない破水や陣痛が起こるリスクを回避できる。
  • 計画的に出産でき、予定が立てやすい。
  • お産がスムーズに進み、自然分娩よりも時間がかからない。
  • 母体と胎児の体力的な負担を軽減できる。

誘発分娩のデメリット

一方で、陣痛促進剤やバルーンを使用することが全ての妊婦さんにとって、有効な方法というわけではありません。産道が開く準備もままならない状態であるのに、陣痛促進剤を使用してしまうと、無理が生じてしまって激しい痛みばかりが体に発生するだけで、お産がスムーズに進まないというデメリットもあったりします。

さらに、陣痛促進剤が効かない妊婦さんもいるし、陣痛促進剤による副作用による悪影響を受けて、母体や胎児への事故例も報告されていて、その使用には賛否が問われるため、かかりつけの産科医とよく話し合ってから、誘発分娩を選択するようにしましょう。

誘発分娩になるケース

妊婦さん

「お産とは本来、母体に備わっている自然な体のメカニズムによって引き起こる現象」であるという意識が働いてか、できるだけ医療行為に頼りたくないと考える女性も少なくはありません。ですが、母体と胎児の安全を最優先としたときに、どうしても誘発分娩を選択せざるを得ないケースもあったりします。

そういったケースを紹介すると共に、なぜ誘発分娩が必要となるかについても紹介していきます。

1 前期破水

陣痛が始まるよりも先に破水してしまうと、母体や胎児が感染症にかかりやすくなってしまいます。妊娠37週を過ぎていれば、ほとんどのケースでは前期破水が起きてから24時間以内に本格的な陣痛が始まりますが、その陣痛が始まらない場合には、医師の判断のもと誘発分娩をおこなうこともあります。

2 計画無痛分娩を希望

無痛分娩をおこなうための体制が24時間整えられている医療機関は少なく、自然に陣痛が起こるのを待ってから無痛分娩をおこなうという選択肢は難しいようです。ですから、無痛分娩を希望する妊婦さんのほとんどの場合は、計画的に分娩をおこなう計画無痛分娩という形をとることが多いようです。

3 胎児が巨大児

赤ちゃんが巨大児の場合、通常の経膣分娩ではお産がスムーズにいかないことが多いため、誘発分娩をすることもあります。成長が活発な赤ちゃんの場合だと、そのまま成長を続けてしまうと、子宮口などから出づらくなってしまうため、よりスムーズに分娩しやすいように、誘発分娩を選択します。

子宮口を柔らかくしたり開きやすくしたりすることで、お産にかかる時間を減らし、肩甲難産などのリスクを減らすためにも、誘発分娩が選択されます。

4 出産予定日の超過

カレンダーに出産予定日をチェックしてる妊婦

出産予定日を大幅に過ぎてしまうと、胎盤機能が低下したり羊水が減少したりするため、胎児が危険に晒されることもあります。出産予定日をゆうにすぎてしまっていたら、母体や胎児の体調面を考慮した上で、医師が誘発分娩を選択することもあります。その目安となる期日は、出産予定日から2週間も過ぎているような場合です。

5 微弱陣痛

せっかく陣痛が起こっていて出産に備えて入院していても、微弱陣痛のためお産がなかなか進行しないままだと、母体や胎児の体力も低下してしまいます。体力が低下すると自力で出産することも難しくなってしまうため、人工的に陣痛を起こして誘発分娩に切り替えることが多いようです。

誘発分娩の流れ

計画的に誘発分娩をおこなう妊婦さんもいれば、母体や胎児への健康状態やリスクを考慮の上で、そのリスクを回避するために誘発分娩を選択する妊婦さんもいます。

それでは、誘発分娩とは一体どのような手順でおこなわれるのでしょうか?ここでは、誘発分娩の流れについてみていきましょう。

1 陣痛促進剤を投与する

陣痛促進剤を飲もうとしてる妊婦のイラスト

陣痛促進剤は飲み薬と点滴によって投与されます。飲み薬の場合だと、1時間に1錠を陣痛が始まるまで合計6錠飲み続けます。点滴の場合では、最初は少量から始めていく、時間がたつにつれてその量を増やしていくようにします。薬の効き方や、効き始めるまでの時間には個人差もあるため、投与される量も慎重になります。

2 バルーンを使用する

陣痛促進剤を投与しても陣痛が誘発されない場合には、バルーン使用の処置が取られます。バルーンは正式には「メトロイリンテル」と呼ばれ、子宮口にその医療器具をセットし、その中に減菌水を入れ少しずつ風船のように膨らませていきます。バルーンが膨らむことで子宮口が押し上げられ、その刺激のために陣痛が促進されることを狙って行われます。

3 出産へと進む

陣痛促進剤やバルーンによって陣痛が誘発され、2~3分置きの規則的な陣痛がおこって、子宮口が開いてきたら、いよいよ出産へのカウントダウンが間際というような状態になります。陣痛が誘発されたということ以外は、自然分娩と変わらないのですが、万が一何らかのトラブルが起こってしまった場合には、帝王切開などの医療処置がおこなわれるため、そのようなリスクもあるという事も、事前に確認しておきましょう。

誘発分娩のリスク

産婦人科の女医

誘発分娩は、必ずしも100%安全な訳ではなくて、計画通りにお産がスムーズに進んでいかない事もあります。また、陣痛促進剤やバルーンを使うことには、副作用やリスクなどの心配なこともあります。

そこで万が一の事態があったとしても、必要以上に慌てないために、誘発分娩には次のようなリスクがある事も知っておきましょう。

陣痛促進剤の使用

陣痛促進剤を使用して人工的に陣痛を起こすことにより、急激な子宮収縮が起こってしまい母体や胎児に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。これは、産道の開きが充分でないのに、無理に薬の力だけに頼ろうとしてしまったり、体質的に薬の効き方が過剰である妊婦さんにとっては、陣痛促進剤の使用が原因となって、その影響が出てしまうことがあったりします。

陣痛促進剤を体内に入れて、急激な子宮収縮が引き起こり、無理な腹圧がかかってしまうと、母体では子宮破裂のリスクが高まったり、最悪のケースでは子宮を全摘出しなければならないというケースもあったりします。妊婦さんだけではなくて、ママのお腹の中にいる胎児とっても、その影響を受けてしまって、酸欠状態となってしまったり、脳性麻痺を引き起こしてしまうケースもあったりします。

バルーンによる子宮の圧迫

子宮口からバルーンを挿入することにより子宮が押し上げられ、赤ちゃんの胎位や胎勢が通常とは変わってしまい、お産が困難になってしまうというケースもあります。外から加えられたバルーンによる力が加わり、想定した以上の子宮収縮が引き起こってしまって、強い腹圧のため子宮破裂のリスクが高まってしまう事があります。

さらに、バルーンを挿入するときには母子共に細菌感染をしてしまう可能性もあったりします。そういったリスクに対しては、挿入前に抗生剤を投与することなどによって、細菌感染を防ぐ対策をとるという医療体制が整っている病院がほとんどなので、細菌感染によるリスクは減少しています。

もしも、バルーンについて不安であれば、かかりつけの産科医に確認するようにしましょう。

帝王切開

陣痛促進剤やバルーンの効き方にも個人差があり、それらの方法を選択したとしても、分娩を誘発ができなければ、お産がスムーズに進行せず母子共に危険な状態になってしまう事も考えられるため、経膣分娩ではなく帝王切開を選択することもあります。

誘発分娩は保険適用されない?

出産は通常保険適用外なので、誘発分娩も例外ではなく保険適用はされません。自然分娩での出産費用の相場は30~50万円で、誘発分娩のケースだと、「陣痛促進剤」や「バルーンの使用」などの医療行為も加わるため、自然分娩よりさらに5~30万円がプラスされ、合計するとかなり高額になってしまいます。

どのくらいの額が自然分娩と比べて加算されるのかを、前もって知っておくと安心なので、事前にかかりつけの産科医などに確認しておきましょう。きちんと申請をすれば出産育児一時金が42万円支給されることや、誘発分娩の方法によっては高額療養費の対象になることもあるので、もしも誘発分娩を選んだとしても、自己負担額は少額ですむこともありますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。