授乳中の飲酒間隔/量と影響に関する記事

【授乳中の飲酒】何時間あければOK?赤ちゃんへの影響

【授乳中の飲酒】何時間あければOK?赤ちゃんへの影響

授乳中の飲酒が赤ちゃんに与える影響と、お酒を飲んでしまった場合の注意点について紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  【授乳中の飲酒】何時間あければOK?赤ちゃんへの影響

授乳中の飲酒解禁はいつから?赤ちゃんへの悪影響と再開の注意点

赤ちゃんを無事に出産し終え、祝杯をあげたいのに、母乳育児だからと禁酒続行。禁酒と分かっていても、毎日の子育てはストレスが溜まるものですから、たまには一杯飲みたい時もありますよね。「ごく少量の飲酒なら問題はない」とも言われていますが、実はまだ詳しいことは分かっていないため、「一口であれば大丈夫」とは断言できません。

ただし、授乳中の飲酒が赤ちゃんに悪影響を与えることは分かっています。何かあって困る前に、お酒を飲む場合の注意点について知っておきましょう。

授乳中の飲酒による赤ちゃんとママへの悪影響

授乳中の飲酒は、赤ちゃんはもちろんママの育児にも影響を及ぼします。そして、その悪影響は赤ちゃんの人生を狂わせてしまうこともあります。まずは、飲酒が影響を及ぼす理由と、どのような悪影響があるのかを考えてみましょう。

飲酒後の母乳が悪影響を及ぼす理由

母乳を飲む赤ちゃん

授乳中にアルコールを摂取すると、血液中のアルコール濃度が上がります。母乳は血液から作られるため、飲酒後すぐに授乳をすると、高いアルコール濃度の母乳を赤ちゃんが飲むことになってしまいます。

飲酒1時間後にママの母乳に含まれるアルコールの濃度を調べると、血液中のアルコール濃度の90%~95%が検出されます。つまり、1時間経ってもほとんどのアルコールが、血液から母乳に移行してしまうのです。

アルコールは肝臓で分解されますが、赤ちゃんは肝臓の働きが未熟なため、うまくアルコールを分解できません。そのため、アルコールが含まれた母乳を飲んだ場合、赤ちゃんの体内にアルコールが残ってしまいます。

授乳中の飲酒による赤ちゃんへの影響

妊娠中にママがアルコールを摂取することで、胎児が先天性の疾患を起こすことを胎児性アルコール症候群といいますが、授乳中もまた、母乳を通して体内に入ったアルコールにより、赤ちゃんの発達が阻害される可能性があります。

アルコールが含まれた母乳を飲んだ赤ちゃんは、脳や身体に発達の遅れ、障害を引き起こす恐れがあります。具体的には、低身長や低体重、記憶障害、学習障害などの悪影響を引き起こす可能性があるそうです。

胎児への影響の強い妊娠中でも、「缶ビール1缶くらいなら大丈夫」と言う助産師さんなどもいるようですが、欧米で危険がないとされる飲酒量でもビール250ml程度です。つまり、缶ビール1缶は危険なのです。さらに、日本人の場合は欧米人と比べて体格が小柄なため、この基準を適用するのですら危険です。

厚生労働省では…

妊娠及び授乳中の飲酒の安全性は避けるべきだと呼び掛けています

母乳が出にくくなることも!?ママへの影響

母乳は「プロラクチン」と「プロラクチン」というホルモンの働きで作られています。アルコールを摂取することで、「プロラクチン」の分泌が抑えられ、いずれ母乳自体の分泌量が減ってしまいます。また、「オキシトシン」の分泌も抑えられるので、赤ちゃんがおっぱいを吸っても、母乳が出にくくなります。母乳育児をしているママにとって、アルコールは大敵なのです。

「アルコールを摂取することで、血流がよくなって母乳の出がよくなった」という話もありますが、飲酒後の母乳にはアルコールが含まれています。いくら出がよくても、赤ちゃんに飲ませることはできません。

授乳中にお酒を飲む際の注意点

授乳中は禁酒が原則です。しかし、どうしてもお酒を飲まなければならないときは、これらのことに注意しましょう。

飲酒後の授乳は何時間後から?

血中のアルコール濃度は、飲酒後1時間でピークになり、さらに30分~1時間かけて半減、消失していくとされています。そのためアメリカの研究では、大量にアルコールを摂取したり、飲酒の習慣があり継続して飲酒していたりするケースを除けば、飲酒後の授乳は2時間後を目安に再開してよいと言われています。

しかし、これもあくまでアメリカ人に対してであり、日本人に適用できる基準かどうかは分かりません。また、個人の体質によってもアルコールの耐性は違い、アルコールを分解できる速度も違います。そのため、何時間後の授乳ならば赤ちゃんに影響が出ない、というはっきりとしたデータはありません。

授乳中に飲酒してしまったら!?

飲酒後の母乳は搾乳して破棄しましょう!飲酒後丸一日は間隔をあけ、二日酔いなどがなく、完全にアルコールが抜けたとママが確信できるような状態になってから授乳を再開しましょう

適正量は?授乳中の飲酒

グラスでビールを飲む女性

時間をあければどれだけ飲酒してもよい、ということではありません。毎日大量のアルコールを摂取する場合は、赤ちゃんのために授乳を控えなければならないと言われています。

授乳中の適正飲酒量は、体重50kgの女性で、1日に350mlのビール1缶、ワインならグラス1杯が目安です。ただし、これはあくまで時々飲む場合の目安で、アルコール耐性は人によって違いますので、安全とは言いきれません

また、酔った状態で赤ちゃんのお世話をすることにも注意が必要です。久しぶりに飲酒する場合はアルコールに弱くなっていることもありますよね。2015年4月には、東京でママが飲酒後に赤ちゃんと入浴し、寝てしまっている間に赤ちゃんが浴槽で亡くなっていたという事故もありました。授乳中に飲酒する場合は、体質や体調と相談しながら飲むようにしましょう。

ノンアルコールに気をつけよう

授乳中でもアルコール気分を味わえるノンアルコール飲料が手軽に入手できるようになりました。ノンアルコールといっても、1%未満のアルコールが含まれているものもあるため、たくさん飲んで気付いたら酔っ払っていた、ということもありえます。内容をしっかり確認してから飲むようにしましょう。

授乳スケジュールを考えて飲酒しよう

3~4時間間隔の授乳をしている間は、まだまだ赤ちゃんは母乳による栄養が不可欠な月齢です。飲酒した後、アルコールが抜けるまで搾乳して粉ミルクなどで代用するのも大変なので、まだ禁酒した方がよい時期でしょう。夜間の卒乳ができている、日中も離乳食がすすみ、1~2回授乳のタイミングを飛ばすことができるようになった、など授乳の間隔があくようになってから飲酒解禁を考えましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
りんりん

りんりん

40代、趣味は付箋集め、晩酌が欠かせないのんべえですw