産後の骨盤矯正はいつから?に関する記事

産後の骨盤矯正はいつから始める?ゆがむ原因/対処法

産後の骨盤矯正はいつから始める?ゆがむ原因/対処法

産後の骨盤矯正はいつから始めるのがベスト?骨盤がゆがむ理由や対処法について詳しくご紹介していきます。

マーミーTOP  >  出産  >  産後の骨盤矯正はいつから始める?ゆがむ原因/対処法

産後の骨盤矯正はいつから始める?/効果的な時期/骨盤矯正の効果

妊娠を機に、ママの身体は赤ちゃんを守るためのふっくらとした体型に変化していきますが、産後の体型がなかなか妊娠前に戻らず悩む女性はやはり少なくありませんね。
昔ながらのおばちゃん体型も貫禄があって素敵なのですが、やはり「ママになっても綺麗な体型でいたい!」と思う女性が大半ではないでしょうか。
また、骨盤のゆがみは体型に影響が出るだけではなく、むくみや冷え性、肩凝りや腰痛の悪化などにもつながる可能性があります。

産後の骨盤矯正はいつから始めるのが効果的なのか?帝王切開の場合は?産後のママが骨盤矯正を行うベストな時期について詳しくご紹介していきます。産後ダイエットを検討されている方はぜひチェックしてみてくださいね。

産後の骨盤矯正はいつから始めればいいの?

横になって目を閉じている女性

産後の骨盤矯正はいつから行えばよいのかというと、一般的に推奨される時期は産後2ヶ月目からとされています。
出産直後から産後1ヶ月まではママの体も疲労がたまり傷ついた状態ですので、無理に骨盤を締めると悪露が出る期間が長引き、子宮や体力の回復が遅れる可能性があります。無事に出産が終わり、早く妊娠前の体型に戻りたいと焦る気持ちがあっても、産後1ヶ月は赤ちゃんのお世話とママの体力の回復に専念して安静にするようにしましょう。

病院によっては、出産直後に産後すぐから使用できる骨盤ベルトを締めてくれる所もあるようです。詳しい巻き方などについて、医師や助産師の指導を受けましょう。

帝王切開の場合、産後の骨盤矯正はいつから?

帝王切開で出産した場合でも、順調に子宮状態やママの体が回復している場合は、産後1ヶ月で普通の生活に戻ってよいと医師は判断します。
しかし、子宮の戻り具合や体力の回復度合いは帝王切開の方が普通分娩よりも個人差が大きいため、産後の骨盤矯正をいつから始めるのが適切なのかは明確になっていません

無理に骨盤ベルトを締めると帝王切開の傷が痛むこともあります。骨盤矯正を始めたい場合は、産後1ヶ月検診の時などに、出産した病院で骨盤ベルトの使用許可を担当の医師から得ておくと安心できますね。

産後の骨盤矯正で効果的な時期はいつまで?

骨盤体操

産後の骨盤矯正が最も効果的な時期は、産後2ヶ月~産後6ヶ月と言われています。
産後の骨盤のじん帯はとても柔らかくなっており、骨盤矯正をして正しい位置に戻すのによいタイミングです。逆に、産後6ヶ月を過ぎると骨盤は閉じた状態になり、ゆがんだ状態で安定してしまうと矯正するのに時間がかかります。骨盤矯正は特に効果的な産後6ヶ月までに始めるのがよいでしょう。

ただし、たとえ産後6ヶ月以降であっても全く骨盤が戻らないというわけではありません。産後6ヶ月といえば赤ちゃんのお世話で忙しく、自分のことは後回しになってしまうママも少なくない時期です。産後6ヶ月を過ぎてしまっていても、諦めないでくださいね。

産後の骨盤矯正によってどんな効果が得られるの?

骨盤がゆがんでいると、体型が崩れてぽっこりお腹になるというだけではなく、腰痛や尿漏れ、肩こりや便秘、むくみといった体全体のトラブルにつながります。
出産を機に広がりがちな骨盤を矯正することで、骨盤や内臓が本来の正しい位置に戻り血流が良くなるため、痩せやすくなったり、冷え性などのトラブルが改善されたりといった効果が期待できます。

骨盤矯正のメリット

・新陳代謝が上がってダイエットの効果がアップする
・お腹がくびれてバストアップ、スタイルがよくなる
・冷え性やむくみなど女性に多いトラブルが改善される
・産後に多い肩こりや腰痛の予防・改善につながる
・O脚改善につながる
・内臓機能が向上する

出産によって骨盤が歪む理由

ベッドで横になる妊婦

そもそも、なぜ骨盤は出産すると歪んでしまうのでしょうか。

妊娠中、ママの骨盤は出産にむけて少しずつ広がっていきます。産後、本来ならば3~4ヶ月かけて自然に骨盤は元の状態に戻っていくのですが、妊娠前からもともと骨盤がゆがんでいたり、妊娠中に体のバランスが崩れていたりすると元に戻りづらい状態になってしまいます

さらに、産後の骨盤のじん帯は柔らかく動きやすくなっているため、産後3ヶ月頃に横すわりやイスに座った状態で足を組む習慣、片足重心や猫背など骨盤をゆがめるような姿勢をしていると、骨盤が正しい位置に戻りにくくなる原因につながります。

骨盤矯正の方法は?

産後のママも手軽に始められる骨盤矯正の方法をご紹介していきます。自分に合う方法を探して、負担がかからない程度に併用して行うのも効果的ですね。

骨盤ベルトや矯正下着をつける

骨盤ベルトやガードルといった骨盤矯正用の下着が、出産時の入院準備品のリストに入っている病院もあるようです。中には出産後すぐからでも使用できるものもあります。産後の骨盤ベルトには、身に付けることで産後にぐらぐらになった骨盤を支え、綺麗な体のラインに戻りやすくしてくれる効果が期待できます

しかし、産後すぐに体を締め付けすぎると体の回復が遅れる可能性もあり、反対にゆるく締めすぎてしまうとベルトの位置のずれや、骨盤矯正の効果が薄れる場合があります。使用の際には説明書や医師、助産師の指示に従い、体に合ったものを適度に使用するようにしましょう。着用方法や巻き方なども、このときに詳しく相談しておくと安心ですね。

骨盤体操やエクササイズをする

床に座って脚を伸ばす女性

骨盤矯正の方法として、正しい位置に骨盤を戻すエクササイズ、体操、骨盤スクワットなどを行う方法が挙げられます。産後2ヶ月目から産後6ヶ月頃までに行うと骨盤が戻りやすいようです。
腰を回すだけでも骨盤の筋肉を動かして骨盤を整える効果があるようです。産後数ヶ月は慣れない赤ちゃんのお世話で大変な時期ですが、まとまった時間がとれなくても、少しずつ意識しておまめに体を動かすようにしましょう。
ただし、行う場合には、くれぐれも身体に無理がかからないように注意してくださいね。

整体や接骨院でマッサージを受ける

産後1ヶ月を過ぎて体調が安定していれば、整体や接骨院などでマッサージを受けてもよいでしょう。男性も同伴して施術してもらえるところや、産後のママ向けに託児つきで骨盤矯正コースをすすめている整体などもあるようです。定期的に通って、骨盤の位置を整えてもらいましょう。

正しい姿勢を意識する

両手に物を持って直立姿勢の女性

赤ちゃんのお世話をしていると前かがみの体勢になることが多いのですが、これも骨盤をゆがめる原因につながってしまいます。基本的なことではありますが、普段から正しい姿勢を意識して生活することも大切です。
授乳の前後に肩を回すなど、ストレッチをして体をほぐしたり、ゆがんだ姿勢になっていないか意識するようにしましょう。

適切な時期を見計らって効果的に骨盤矯正を

産後の骨盤矯正をいつから行うか、いつまでに行うかなどによって矯正の効果は大きく左右されます。適切な時期、正しい方法で矯正を行わないと、却って身体に悪影響を及ぼしてしまうことも少なくありません。

体型を整えるほか、代謝を良くする、肩凝りや冷え性の改善など正しく骨盤矯正を行うことで得られるメリットはたくさんあるのですが、産後のママの身体は妊娠中と同様、大変デリケートな状態です。
「早く体型を元に戻したい!」と焦る気持ちはありますが、やはり優先すべきは自分の身体。産後の骨盤矯正を行う際は、医師からの指示を仰ぎつつ、自分のペースで、無理のない範囲で行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪