陣痛の痛みはどんな痛み?に関する記事

陣痛の痛みはどんな痛み?お産の兆候と出産の痛みの体験談15

陣痛の痛みはどんな痛み?お産の兆候と出産の痛みの体験談15

陣痛の痛みはどんな痛みだったのか、出産の痛みについての先輩ママの体験談です。前駆陣痛から出産までの流れが分かります。

マーミーTOP  >  出産  >  陣痛の痛みはどんな痛み?お産の兆候と出産の痛みの体験談15

陣痛の痛みはどんな感じ?先輩ママ15人からプレママへのエール

出産で一番気になることといえば陣痛ですよね。「どれだけ痛いのか?」「前駆陣痛と本陣痛ってどう違うの?」など、陣痛についての不安を抱えている妊婦さんは多いはず。こればっかりは経験してみないと分かりません。ということで、出産を経験した先輩ママに、陣痛の痛みがどんなだったかを聞いてみました。

心配しすぎて逆に思っていたほど痛くなかったママもいれば、想像を超えた痛みに苦しめられたママも。陣痛には個人差があるので、いろいろな体験談を読んでおくと陣痛の予備知識になるはず。さらに、陣痛が不安でしょうがないというプレママには、先輩ママからの応援コメントもありますよ。

最高に痛い生理痛のような痛み

ミカコ
30歳

A生理痛の数十倍の痛み

陣痛は絶対に気が付くよと言われていましたが、私は分かりませんでした。正確にはあれは陣痛ではなかったのかもと思うほどで、10分間隔で張りがあったものの痛みはすごく軽い生理痛くらいだったので、全く気にしていなかったのですが、夜中に突然破水したのです。病院には破水から20分くらいで到着したのですが、その時には何と子宮口が全開でした。

本陣痛のピークは、今までに経験したことがないくらいすごく痛かったです。生理痛のひどい時の30倍くらいかな、と感じました。痛み以外には寒気を感じて、出産直後はガタガタと震えてしまいました。それでも、産まれた我が子を抱いた瞬間には、痛みもショックも何もなくなり、幸せで全てが吹き飛びました。

横になる妊婦

出産は確かに痛みが伴いますが、それを乗り越えれば人生最大の幸せな瞬間が待っています。ただ、私のように「陣痛か陣痛じゃないか分からないからまあいいか」と思わずに、おかしいなと感じたら、一度病院に連絡するのがベストだと思います。

なな
40代前半

A生まれて初めての陣痛

出産の前日から下腹部が痛みはじめ、起き上がることが難しい状態でした。その後、徐々に痛みが増してきたため、翌日夫に病院に連れて行ってもらいました。看護師さん曰く、「まだかな~」と。でも、確実に陣痛は強くなってきていて、2時間くらいすると、話をするのも苦痛になってきました。後で考えると、これが本陣痛の始まりだったと思います。

その後、まもなく陣痛のピークが来たのですが、「これまでで最も痛い生理痛」という感じでした。一番痛く感じたのは下腹部からお尻にかけての部分で、すごく痛かったです。この頃になると、痛みのほかに、肛門が赤ちゃんに押されているのか、便意まで感じるようになりました。助産師さんに伝えると肛門をグッと押さえてくれたので、多少楽になりました。

初産の場合は、特にいつ本陣痛が来るのか、どれが本陣痛なのか判断できないかもしれませんが、心配なときはすぐに病院に電話するか、行った方がいいと思います。助産師さんから「まだ」と言われてもいいので、ご自身の気持ちをできるだけ安定させておくためにも、自分で判断できず心配なときはすぐ病院です。実際、私も病院に行ってから「まだ」と言われましたが、その日のうちにそのままそこで出産しましたから。かわいい赤ちゃんに無事会うためにも、ご自身の気持ちを大事にされたらいいと思います。

たかねこ
23歳

Aソフロロジー呼吸法で安産!!

私の場合は前駆陣痛が長く、「いつになったら本陣痛がくるのだろう」と思っていました。15~20分間隔だったので、自分では本陣痛だと思い病院へ。しかし医師は、「子宮口も開いてないし、本陣痛はこんな程度の痛みじゃないよ。」と言われ、一時帰宅することになりました。さすがに5分間隔になり、生理痛がひどくなったときよりも激しい痛みになったので、これは本陣痛だと思い再度病院へ。そのまま入院となり、子宮口が全開になるまで陣痛との戦いです。

陣痛が1~2分間隔になるも関わらず、全く開かない私の子宮口。そんな辛い陣痛に耐えられたのは、ソフロロジー呼吸法のおかげでした。細く長く息を吐く呼吸法で、きちんと呼吸してあげることでおなかの赤ちゃんにも酸素が行き渡り、母子共にリラックスして出産できるというものです。本陣痛では、常に下っ腹が重くてひどく痛かったのですが、痛む場所に集中して呼吸することで痛みを少しは和らぐことができました。

集中して疲れるせいかとても喉が渇き、ストロー付きの飲み物に助けられました。子宮口が全開になった時に痛みはピークに達し、今までの人生で味わったことのない痛みに襲われましたが、この呼吸法のおかげで痛みにも耐え、落ち着いて出産に望むことができました。産まれてきた我が子に対面したとき、今までの痛みや疲れは吹っ飛ぶほどの感動です!プレママさん頑張ってください!!

ひどい下痢のような痛み

桜昊ママ
31歳

Aなんかおかしい…

今は2児のママなんですが、1人目の時は深夜1時に目が覚めて、少しお腹が痛いような気がすると思い、時間を図り始めると間隔がだんだん短くなったので、産院へ行きました。痛みはだんだん増していき、お尻とお腹がとにかく痛かったです。言ってしまえば、お腹を下したような痛みです。すんごく痛いのを通り越し、言葉にできない痛みに変わったらもう生まれる合図でした。

2人目の時も、深夜1時にお腹に激痛が走りました。トイレに行くとお通じがあったので、お腹を下したのだと思っていたら、定期的にお腹の痛みがきて産院へ。お腹の痛みの間隔が結構短くなってから行ったので、「もっと早く来ないとダメじゃない!」と言われてしまいました。産院に着いて間もなく痛みがピークに達し、1人目よりもするんと産まれました。痛みは1人目同様、お腹を下したような痛みでした。

分娩台で生まれたばかりの赤ちゃんを見る女性

分娩台では、陣痛が来る度に足が震えて思うように息むことができませんでした。たぶん足腰を鍛えてなかったからなのだと思います。これから赤ちゃんを産む方へ、足腰は鍛えておいた方がいいですよ。それと、私は疎い方ですが、陣痛は何となく女の勘でわかります。疎い私でもわかったので大丈夫。痛みは言葉にできないくらい痛いけど、赤ちゃんの泣き声を聞いたらすべて吹っ飛んで行ってしまうので、頑張ってください。

お尻が割れるような痛み

くるみ
30代前半

A痛みの間隔が短くて休めないのがつらかった

最初におしるしが来ていたので、もうすぐ陣痛が来るな!と心構えをして待っていたら、1時間程度で弱い生理痛くらいの痛みが始まりました。最初の段階では割と規則的だったのですが、弱すぎて気づかないのもあったのか、10分間隔だったり20分間隔だったり…。数時間たって7~8分間隔が3回連続で来たので、これは本陣痛だなと確信しました。

陣痛のピークの痛みは、お尻が張り裂けそうな痛さでした。お尻の骨がメリメリと割れそうな感じで、すごく痛かったです!痛みのほかには、なぜか陣痛がくるたびに吐き気がして、吐きたい上にお尻も痛くてダブルパンチでした。一番辛かったのは、陣痛間隔が短くなるにつれ、身体を休める時間がどんどん減っていくこと。でも、陣痛は絶対に終わりのある痛みです!それを思って耐えるしかないので、これから出産を迎える方は頑張ってください!

腰が砕けそうな激痛

ままん
30代半ば

Aとにかく早く終わって!と願いました。

陣痛かなと気づいたポイントは、生理痛のもっと酷い痛みが最初は1時間おきくらいに始まったことです。だんだん間隔が短くなっていったので、「いよいよ来たかな?」と思いました。15分間隔になったときには、これが陣痛だと確信していました。

本陣痛のピーク時の痛みは、勝手にうめき声が漏れるほどの、腰骨がかち割られるような痛みでした。具体的に一番痛かったのは下腹部です。本陣痛の痛みはすごく痛かったです。また、陣痛促進剤を使っていたからかもしれませんが、分娩台の上で強い吐き気を催し、洗面器を持ってきてもらいました。

陣痛は未知の経験ですので、不安だと思いますが、お母さんが不安だとそれがお腹の赤ちゃんにも伝わってしまうと思います。なるようにしかなりませんので、出来るだけリラックスして出産に挑んでください。赤ちゃんが生まれた瞬間、嘘みたいに陣痛は消えてなくなります!

さゆり
30代後半

Aハンマーで打たれるような痛みでした

軽い腹痛の症状から始まり、だんだんと痛みが強くなってきて一定間隔で痛みの波があったので、これは陣痛ではないかと気が付きました。本陣痛になるとお腹も痛かったですが、私は腰がもっとも痛く感じました。例えるなら、腰をガンガンとハンマーのようなもので打ちつけられているような感覚です。その時は、腰の骨が折れているのではないかと思えるような痛みでした。

世の中の多くの女性がしていることだと思って甘く考えていたのですが、痛みの程度は予想以上に「すごく痛かった」と言えます。痛み以外の症状としては、軽い吐き気がありましたが、実際に嘔吐してしまうほどではなかったです。

出産は決して楽なものではありませんが、無事に産んでしまえば痛みなどすぐに忘れてしまいます。「案ずるより産むがやすし」という言葉は本当にその通りですので、あまり不安には思わずにどっしり構えていれば大丈夫です。

ナナ
40歳

Aまだまだ痛くなる!と思っていたら生まれました

38週の妊婦検診で、赤ちゃんがかなり下がってきているので数日中に生まれると思う、と言われました。内診後になんとなくお腹が張るような感じがしましたが、そのまま帰宅すると、その張りが10分おきくらいに定期的に起きていることに気付きました。もしやと思い、入院の最終準備をしてお風呂にもゆっくり入ると、だんだんとその痛みが強くなっていよいよ陣痛だと確信しました。その日の夜にはおしるしがあったのでそのまま入院し、陣痛に耐えることになりました。

痛みはお腹より腰が痛くて、仰向けの状態が辛いので横向きにさせてもらっていました。腰が砕けるような痛みといった感じです。ピーク時には、髪の毛がお風呂上りのように汗でびしょびしょになりました。しかし、自分が今まで経験した最上の痛みであることには違いはないのですが、出産に関してもっともっと最悪な痛みを想像していたので、ピークの時にも「まだまだ大丈夫!」と思っているうちに、気がついたら生まれていました。

新生児と一緒にベッドに寝る女性

私の場合は、とにかく痛みに関する不安が強く最悪な痛みのイメージで挑んだので、それがかえって良かったのかもしれません。これから出産を控えている人には、いくら大丈夫!と言われても不安なものは不安なので、その不安な気持ちのままでも大丈夫と言いたいです。

みゆみ
30代後半

A腰が割れるかと思う位の痛みでした

陣痛は規則的な感覚で痛みがやってくると聞いていたので、お腹が張り出してから時計を見て陣痛の感覚を計っていたら、10分感覚だったので本陣痛だと思いました。本陣痛のピークの時は、腰が割れるかと思うくらい辛かったです。座っている姿勢が楽だったので、座りながらゆっくり呼吸していました。私の場合は腰痛が最もひどくて、すごく痛かったです。夜に陣痛が来たのですが、眠くてしょうがないのに、陣痛の痛みで朝まで全く眠れませんでした。

これから出産するママ達は、陣痛が来るのが怖いと思っているかもしれませんが、もうすぐ赤ちゃんと会えるということだけを考えていれば、絶対に乗り越えられる痛みなので大丈夫です。赤ちゃんも頑張って生まれてくるので、ママも赤ちゃんが苦しくないようにリラックスしてあげることが大切です。

みにゃん
27歳

A経験してみると意外と大丈夫!

私は出産がとても怖くて、毎日怯えていました。病院選びも無知だったので、無痛分娩ができない病院を選んでしまい、臨月に入ってからはいつ陣痛がくるのか心配で、眠れない日もあったほどです。臨月に入って、たまたま1日中歩いた日の夜中にお腹がギューと締め付けられるように痛くなって(結果これは前駆陣痛だったのですが…)、それで何となく陣痛の痛みの感覚を知ることができました。

本陣痛が始まった時は、なんとなくお腹がシクシクする感じが10分毎にやってきました。それから病院に行き、子宮口が8センチ開くまでは正直余裕でした。それから、子宮口が全開になるまでが1番つらくて、腰がドーンと重たく痛みました。同時に気持ち悪さがあり、吐き気をもよおしました。

陣痛には波があるので痛くない時もあったせいか、想像していたよりも思ったより痛くなかったです。心配性で痛みに凄く弱い私ですが、意外と大丈夫でした。「痛い!ダメだ!」と思うと逆に痛くなるので、「痛くない!大丈夫!」と前向きに思い続ければ、本当に大丈夫です!

えみりー
30代後半

A本陣痛はもちろん、前駆陣痛もしんどかったです・・・

本陣痛がはじまる2日前、いわゆる「前駆陣痛」が始まりました。最初は30分おきだった間隔がだんだん短くなり、10分おきになったところで「本陣痛」だと勘違いして、病院に行きました。その日は、まだ子宮口が開いていないということで家に帰されました。ひどい腹痛の時のように波があるのですが、まだ本陣痛でもないのに本当につらかったです。そして、2日後に破水して病院に行ってから「本陣痛」が始まったのです。

一番痛かったのはやはりお腹で、呼吸をするのもつらく、さらに腰の痛みもひどかったです。とにかく前駆陣痛とは比べものにならない位すごく痛かったです。また私の場合、痛みに加えて「息むこと」を我慢しなくてはいけないこともつらかったです。約2時間後、いよいよ我慢できなくなって分娩台に乗ってからはあっという間で、わずか20分で無事出産しました。

本陣痛が何日も続く方もいるので、私はまだ楽なほうだったかと思いますが、それでも家族のサポートなしでは耐えられませんでした。陣痛は不安でしょうけど、周りに頼りながら、「もうすぐ赤ちゃんに会えるんだ!」と強く念じて痛みに耐えてほしいと思います。

これまでに経験したことのない痛み

DCDC
34歳

A経験したことない痛みでしたが、振り変えればいい思い出

前駆陣痛のようなものが何回かありましたが、生理痛程度ものが一回きりでした。けれど、本番の生理痛はちょっと違いました。痛みの程度は同じくらいでしたが、何回も繰り返すのです。ひょっとして?と思い時計を見てみるとぴったり10分間隔。「これが噂の陣痛か!」と戦慄が走りました。

本陣痛の痛みは、これまで経験したことのない痛みでした。痛みのあまり頭がおかしくなって「女性ばかり犠牲になるなんて世の中間違ってる!」とずっと考えていました。陣痛のピークは生まれる1時間ほど前で、ゴールが見えない状態のときが一番辛かったのですが、生まれる直前が痛みが最高潮になり、その頃になるとゴールが見えていたのでハイ状態で頑張れました。

新生児室で赤ちゃんを見る女性

周りの友達に話を聞くと陣痛で吐いたりした子もいましたが、私は痛み以外の症状はありませんでした。ただ、眠気と痛みとの戦いが辛かったです。初めての出産が不安な方もいると思いますが、陣痛は必ずゴールがきます!そのときは辛いかもしれませんが、あとで振り返ってみると、学生時代に一生懸命頑張った部活のように「経験してよかったな」と思えますよ。

ルイージ
30代後半

A気が遠くなるほどの痛みでした

私は痛みに鈍感なようで、陣痛に気が付いた時はすでに5分間隔でした。ひどい生理痛の時のような痛みが繰り返され、間隔を測って確認して陣痛だと気が付きました。自宅から病院へ移動し、診察を受けてから陣痛室に入るところまでは、動きを止めていれば耐えられる痛みでした。次第に痛みは強くなり、分娩台に上がる直前には下腹部の痛みのほか、腰の痛みもひどく感じ、じっとしていても冷や汗が出ていると感じるほどの、気が遠くなるような痛みになっていました。

経験者や病院で聞いていた通り、今までに体験したことのないひどい痛みでしたが、案ずるより産むがやすしとはよく言ったもので、女性の身体は耐えることができるようにできていますし、産まれてしまえば痛みは引きます。産褥期にも痛みはありますが、それは病院で対処してもらえます。何より我が子の可愛さに、痛みなんて忘れてしまいます。

えいみ
32歳

A痛みの体がちぎれそうに

最初の妊娠の時、臨月に入って凄くドキドキしていました「陣痛ってどんな痛みだろう」「前駆陣痛とどう違うんだろう」と考えていたのですが、陣痛がきた時には、強めの痛みが繰り返しやって来たので「これは陣痛だ!」と気づくことができました。

陣痛のピークは歩けない程の痛みで、想像以上にものすごく痛かったです。よく腰が痛いとかお尻が痛いと言いますが、私はとにかく全身が雑巾絞りされるような痛みでした。どこが痛いと聞かれても全部!と言うしかなかったので、定番のお尻をテニスボールで押さえることなどはしませんでしたが、「今なら100㎏のダンベルも余裕で持ち上げられる!」と真剣に思えるほど、すごいパワーが体の内側で暴れていたのです。陣痛が始まると自然と足がガニ股になって持ち上がり、声は出なかったものの口が全開になり、ひたすら耐えました。すごく不細工だったと思います…。

陣痛の合間はひたすら眠くて寝ていました。でも基本的には安産だったので、ピークになってから7時間ぐらいで生まれました。過ぎてみると「痛い!」というより「凄い」という感じだったなと思います。人体の神秘を感じました。陣痛が怖いプレママさんも、貴重な体験ができると思って前向きに臨んでほしいと思います。

ごぢごぢ
20代後半

Aなんとも言えない痛み

陣痛がきた時は、定期的に間隔も短くなってきたので「これが陣痛なのかな?」という感じでした。後から考えると、痛みはまだ本陣痛より弱かったように思います。しかし、それからだんだん痛みも増し、間隔も定期的に短くなって、陣痛の痛みの波が来ると何かにつかまっていないと立っていられないほどになりました。

痛みのせいでどうしても力が入ってしまうので、息むのを我慢するのが大変でした。夜中から陣痛があり、眠気もありましたが、痛みでとても寝られる状態ではありませんでした。初めての出産だと陣痛が分かるのかどうか不安になるので、分からない時はすぐに病院に電話して聞き、不安を取り除いたらいいと思います。また、陣痛はすごく痛いですが、出産した後の喜びは何にも代えられないものになります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!