ラマーズ法の効果・呼吸法に関する記事

ラマーズ法はトイレで練習!いきなりヒッヒッフーはNG?

ラマーズ法はトイレで練習!いきなりヒッヒッフーはNG?

ラマーズ法の「ヒッヒッフー」はあまりにも有名ですが、本当は出産の進み具合に従って呼吸法は変えていきます。ラマーズ法とは、どのような出産方法なのか、ラマーズ法の特徴や正しい呼吸の手順、練習するときのポイントを解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  ラマーズ法はトイレで練習!いきなりヒッヒッフーはNG?

ラマーズ法で出産を乗り越える!正しいやり方、いきなりヒッヒッフーは間違い?

お産を控えた妊婦さん、陣痛やお産のイメージはついていますか?初産の方なら、きっとそれはテレビの中の世界の話で、実際に自分がその当事者になるなんて、想像もつかないかもしれませんね。「鼻からスイカが出てくるほど痛い」と言われても、いまいち理解できないでしょう。

激しい痛みに襲われる出産を、どのようにすれば乗り越えられるでしょうか?
その手がかりの一つに、「ラマーズ法」があります。おそらく誰でもなんとなくは知っているこの方法、出産においては、とてもメジャーな乗り越え方ですので、出産準備の第一歩として、ぜひ勉強してみましょう。

今回は、ラマーズ法とは何か、という基本的なところから、正しいやり方、ソフロロジーとの違いや練習方法まで、ラマーズ法の基礎知識をお伝えします!

ラマーズ法とはどのような呼吸法?効果は本当にあるの?

「ヒッヒッフー」

テレビの出産シーンでもよく見かける呼吸法です。出産といえばラマーズ法だと感じておられる方も多いでしょう。
ラマーズ法とは、フランス人医師のラマーズ氏が編み出した方法で、人間本来が持つお産の力によって、自然で自立的なお産ができるようにと考えられました。

ラマーズ法の目的&特徴

妊娠してるママとパパのイラスト

ラマーズ法は、できるだけ自然で自立的なお産ができるようにと考えられた分娩方法です。もはや言うまでもありませんが、呼吸法に特徴があり、お産の進行に合わせてた呼吸法でママの身体を楽にします。

そしてその呼吸法をリードするために、パパの立ち会いが勧められることも特徴の一つだと言えます。出産はママと赤ちゃんだけのものではなく、もう一人の親であるパパのものでもあるのです。

人は痛みに襲われると、自然と呼吸が浅くなってしまいます。呼吸が浅くなると、身体に取り込む酸素の量も少なくなり、赤ちゃんに行き渡る酸素量も減ってしまいます。ラマーズ法の特徴的な呼吸法は、それを防ぐためにあるのですね。

メリット:筋肉を弛緩させ、出産の痛みを和らげる効果がある

出産準備をしている妊婦さん

ラマーズ法では、痛いお産への恐怖心をなくし、できるだけリラックスした状態で出産を行えるのが理想だと考えています。呼吸法にばかり注目がされますが、実は大元にはこういう大きな考えがあるのです。

つまり、痛みによる身体のこわばりを緩和させる手立てが、呼吸法だと考えていただければ解りやすいでしょう。誰しも身体のどこかに痛みを感じると、身体がこわばってしまいます。しかし、赤ちゃんが狭い産道をラクに通るためには、筋肉が緩んでいなければならないのです。

深呼吸や深い呼吸は、身体の緊張やこわばりを緩め、リラックスさせる効果があります。お産の時に筋肉が緩んでいると、赤ちゃんもママも不必要な痛みを感じずに済むのです。また、ママがリラックス状態にあるほど、安全なお産ができるとも指摘されています。
痛みによって力んでしまうママの身体を緩めてくれるのが、ラマーズの呼吸法なんですね。

デメリット:ラマーズ法はもう古い?

医者さんと看護婦さん

実は、最近の産院では、ラマーズ法を行わないところも増えているんです!
理由は二つ。一つは、実際のお産では、そんなことを考えている余裕もない妊婦さんも多いこと。そしてもう一つは、いろいろな出産方法が選択できるようになり、妊婦さん自身がバースプランに積極的になってきたことが挙げられます。

今のプレママ世代が産まれた頃、出産というと、まだ分娩台に上がって行うのが主流でした。もちろん今も、医療的な安全性から考えると、分娩台に乗って行うお産がオーソドックスではありますが、産院によっては、それ以外のお産方法も選択できるところが増えています。フリースタイル和室出産、無痛分娩水中出産などがそれに当たります。陣痛から回復までを一つの場所で行える LDRも増えてきていますよね。

そのような、出産の多様化により、必ずしもラマーズ法で行う必要がなくなってきているのです。
「ソフロロジー法」という言葉をご存知でしょうか?このソフロロジー法も、出産の痛みを緩和する方法の一つで、ラマーズ法とともにオーソドックスになってきている出産方法の一つです。

ラマーズ法の手順~「ヒッヒッフー」に込められた意味

実際に、行わないところも増えてきているラマーズ法ですが、知っておいて損はありません!ラマーズ法の最大の特徴は、その呼吸法にあります。母親学級などでもお勉強したかもしれませんが、出産への準備として、もう一度おさらいしておきましょう!

手順1.陣痛のはじまり

陣痛が始まった妊婦さんのイラスト

陣痛の始まりから、呼吸を意識していきましょう。前駆陣痛の段階から、痛みを呼吸法で乗り越えるようにしておくと、早くにコツがつかめます。

陣痛が始まったばかりの頃は、まだまだ痛みもそんなに強くなく、会話ができる程度の痛みです。痛みがきたらゆっくりと深い呼吸をします。鼻からゆっくりと息を吸い、口から静かに長く吐きましょう。この頃の陣痛は、呼吸法だけで十分落ち着きを維持することができます。

手順2.陣痛が強くなったら

陣痛が強くなりだしたら、呼吸法を変えます。長くて深い呼吸から、「ヒッフー」という呼吸に変えていきましょう。呼吸は、吐くより吸う方が簡単ですので、吐く方に意識をむけます。深い呼吸のためにも、フーとしっかり吐きましょう。

手順3.いよいよ分娩台へ

分娩室の分娩台

いよいよ陣痛が1から2分間隔に狭くなってくると、ママは痛みにひたすら耐えるような状態になります。痛みのせいで呼吸が乱れ、だんだん浅くなりますので、このあたりからは「ヒッヒッフー」と二回細かく吸って深く吐く呼吸法に変えていきましょう。複数回吸って吐く方法は、長距離ランナーも行っている方法です。こうすると、効率的に酸素を取り込むことができます。

おそらくママは汗をたくさんかいてツライ状況です。立ち会いの旦那さんは、ママの手を握ったり汗を拭いてあげたりしながら、呼吸をリードしてあげましょう。

いきみたい間隔が強くなってきたら、「フー」の後に「ウッ」と止めると、いきみ逃しになります。

ラマーズ法は便秘にも効果あり?トイレで練習して安産を目指そう!

これは医学的な知見というわけではありませんが、便秘の解消がてら、ラマーズ法の練習ができます。

みなさんは、「いきむ」と「りきむ」の違いがわかりますか?
出産の時に行うのが「いきむ」で、便を出す時に行うのが「りきむ」ですね。お産の時にいきむのが下手な方の中には、この両者の区別がついていない方がおられます。

例えて言うならば、「りきむ」は息を詰めて、身体中に力を入れること。反対に「いきむ」というのは、身体から全ての空気を吐き出して押し出すことです。どうですか?全く違う感覚であることがお分かりいただけるでしょうか。
便秘でうんちを出す時に、力みすぎると痔になります。出産では、力むと身体が強張り、痛みも強くなりますから、「いきむ」ことを意識し、お腹の中の赤ちゃんを、身体の空気を抜いて押し出すのです。

わかりづらい方は、排便する時にイメージしながら練習をしてみましょう。もちろん、力みすぎ、いきみすぎは絶対にNGです。あくまでも感覚を掴むための練習です。そうしているうちに、ついでに便秘も解消されたら、ちょっとお得ですね。

ラマーズ法とソフロロジー法との違い

ラマーズ法もソフロロジー法も、ともに自然分娩の痛みを緩和する方法として有名です。ではこの両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

わかりやすい違いは、出産時の呼吸の方法と、分娩の体勢に現れています。

呼吸の方法

ヨガをしている妊婦さん

ラマーズ法もソフロロジー法も、陣痛時のいきみを逃したり、ママ自身が少しでもリラックスしたりできるように、呼吸の仕方を大切にしています。また、お産の時に、母体が酸素をたっぷり取り込むと、赤ちゃんにもしっかりと酸素が送られることから見ても、呼吸の大切さがわかると思います。

ラマーズ法では、お産の進行に合わせて、呼吸法を変えていきます。あの「ヒッヒッフー」は、陣痛がだんだん強くなってきて、子宮口が全開になるまでの呼吸の仕方です。

対してソフロロジー法では、細く長く吸って吐く、ヨガのような呼吸法で痛みを逃します。体の内外で酸素が行き渡り、呼吸のたびに交換されるイメージで呼吸を行っていきます。

赤ちゃんを産む体勢

ソフロロジー法では、赤ちゃんが重力に乗って下に降りてきやすいように、そしてママ自身がリラックス状態を保てるように、座位が基本となっています。腹痛の時にあぐらをかいて座って耐えるなんて、ちょっと考えられないかもしれませんが、実際体験されたママたちによると、イメージよりもずっとラクな体勢なのだそうです。

一方、ラマーズ法では、これといって分娩の姿勢に指摘はありません。ラマーズ法が、お産の時の呼吸を重視した方法だからでしょうか。おそらく、分娩スタイルは、スタンダードな分娩台を想定しているものだと思われます。陣痛は、それぞれの妊婦さんの楽な体勢をとります。従来の医療的に安全性の高いお産に、簡単にプラスできるのが、ラマーズ法なのかもしれませんね。

大切なのはリラックス!出産に備えて練習してみよう

出産を終えたママと新生児

どの出産方法にも言えることですが、出産の際にもっとも大切なのは、ママが少しでもリラックスをすることです。陣痛や分娩の時には、想像しているよりもたくさんの体力を消耗します。身体の力をできるだけ抜くことで、赤ちゃんはラクに下へ進めますし、ママも余計な痛みを受けずに済みます。

しかし、そうは言ってもいざお産となると、全く余裕がなくなるのも自然なことです。練習やイメージを全て忘れるほど、悶え苦しむかもしれません。
それでも、事前に出産をイメージしたり、出産を乗り切る方法を勉強したりしておくことは、無駄ではありません!未知の経験を全く下準備なしに受け止めるのと、ある程度知識やイメージを持って挑むのでは、ママの精神状態が全く違います。パニックにならずに、お産を主体的に進めること。これがママと赤ちゃんのためには大切です。今回は、ラマーズ法の解説でしたが、他の出産方法や陣痛緩和方法などを知って、出産準備をしておきましょう!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!