乳腺炎での病院受診の体験談に関する記事

【乳腺炎で病院受診】処置の内容/何科に行く?体験談15

【乳腺炎で病院受診】処置の内容/何科に行く?体験談15

乳腺炎で病院を受診したママの体験談15をご紹介します。何科に行けばいいのかわからない、処置の内容が気になるママは参考に!

マーミーTOP  >  出産  >  【乳腺炎で病院受診】処置の内容/何科に行く?体験談15

乳腺炎での病院は何科を受診する?処置の内容は?体験談15

産後の授乳が始まるあたりから、ママの悩みの種となるのが乳腺炎。おっぱいは張って熱も出てくるし、ぐったりしてしまうママは多いですよね。
赤ちゃんがいるとなかなか自分の時間を取れず、病院に行けないという方も多く、軽度の症状であれば、自宅で様子を見ながら対処する方も少なくありませんが、やはり乳腺炎になったら病院で適切な処置を受けるのが回復への近道です。

とはいえ、中には「乳腺炎で病院に行く場合、何科を受診すればいいんだろう…」「病院ではどんな処置をしてもらえるのかな?」といった疑問を持つママも多いのではないでしょうか。

今回は「乳腺炎で病院受診したときの体験談」を15人のママに伺いました。乳腺炎でお困りの方は参考意見のひとつとして役立ててみてくださいね。

Q 乳腺炎で病院受診したときの体験談を教えて!

乳腺炎に悩まされる母親

くまこ
20代後半

A私の乳腺炎対処法

おっぱいがカチカチになって火照った感じが一日中続き、「乳腺炎かな?」と思った翌日、子供に授乳する際に激しい痛みを感じるようになり、38度程度の熱も出ました。
「これはまずい!」と思い、その翌日に子供を出産した産婦人科に行ったところ、やはり乳腺炎との診断結果が…。

できるだけこまめに母乳を出すようにすること、おっぱいをアイスノンなどで冷やすこと、無理をせず体を休めることをアドバイスされ、解熱剤鎮痛剤と抗生物質、それにおっぱいに直に塗るワセリンを処方されました。

tookk
30代前半

Aおっぱいマッサージをしてもらいました

第二子が生後6ヶ月くらいのときに、突然体がガタガタ震えるような高熱が出て、たまらず一番近くの小児科に行きました。
おっぱいも張っていて痛かったので、自分でも乳腺炎だと思うと症状を言ったところ、小児科なので、仕方ないのですが、あまり診察することもなく、授乳中でも服用できる抗生剤と解熱剤を処方されました。

それだけでは不安だったので、出産した産婦人科のおっぱい外来をする予約して翌日に受診しました。そこでは先ず、医師による診察をしていただき(やはり乳腺炎とのこと)、その後、おっぱいマッサージをしてもらいました。
優しくマッサージをしてもらって、もちろん張っている部分はかなり痛いのですが、だいぶほぐれて、楽になりました。

たまちゃん
32歳

Aとにかくマッサージ!

出産してから子供が小さめだったのもあり、おっぱいは出るのに赤ちゃんがうまく吸うことができず、しばらく何日か経ったあとにおっぱいがカチカチに張ってしまいました。
経験がなかったので「ほっとけば良くなる」と思い、特に何もしていませんでしたが、そのうち痛くてたまらなくなっておっぱいが熱を持ってしまい、高熱がでてしまったので、痛くて眠れず病院にいきました。

出産した病院で母乳外来があったので、行ったら乳腺炎でした。とにかく硬くなったおっぱいをほぐさないことにはよくならない、とひたすらマッサージされました。その痛さと言ったら痛くて涙が出るほど…。乳製品や、パン、お菓子などは禁止され、とにかく和食を食べるよう言われました。

乳腺炎の痛みに耐える育児中の母親

さらさ
37歳

Aつらかった乳腺炎

産後20日に発熱、頭痛がしてその日の夜に38、39℃の熱が出ました。
熱でフラフラしている中、赤ちゃんに母乳をあげ、里帰り中だったので母に同じ部屋にいてもらい、育児していました。次の日、すぐに産院に電話をした所「葛根湯があれば飲んで、午後にすぐに来てくださいね」と言われ、母と赤ちゃんと一緒に産院へ行きました。

母に赤ちゃんを預け、私は助産師さんにおっぱいマッサージをしてもらったところ、右胸につまった乳腺があり濃い母乳が出てきました。助産師さんいわく、このつまりが乳腺炎の原因だったと教えてもらいました。
おっぱいマッサージは結構痛くて、タオルをあてながらしてもらいましたが、結構な量の母乳が出ました。その後、乳腺のつまりもとれスッキリとしました。

抗生物質を処方され、「1日はおっぱいをお休みしてください。乳腺炎になった場合、葛根湯を飲むように」と言われました。また、赤ちゃんの母乳の吸い方をいろいろな角度からするよう詳細にアドバイスもいただけました(^^)

カフェママ
28歳

Aマッサージと搾乳で解消

体重がやや軽めに生まれた娘はおっぱいを飲むのがあまり上手ではなく、よくおっぱいがガチガチになっていました。生後3ヵ月の頃、私が39℃の高熱を出してしまいました。インフルエンザが流行っている時期だったのでまずは近所の内科へ。

しかし、発熱から24時間経って検査してもインフルエンザは陰性。おっぱいが痛かったので乳腺炎かもしれないということになり、出産した病院の産婦人科に電話して駆け込むことに。医師の診察でやはり乳腺炎と診断されました。その時点で40℃の発熱。待合室で娘を抱っこして待つ間、めまいと悪寒と胸の痛みでつらかったです…。

ようやく助産師さんに呼ばれて母乳を絞るマッサージを受けました。マッサージはやはり痛いです。絞り始めの母乳は黄緑色でドロッとしていて膿のようでした。
痛みがおさまってきて、母乳が乳白色に戻りおっぱいのシコリもだいぶマシになったところで終了。

助産師さんに「とにかく赤ちゃんに吸ってもらって、自分でもマッサージしてください」と言われ、漢方薬を処方されました。それからは頻回授乳を心掛けることに。飲み切ってくれないときはなるべく自分で搾乳することにしました。
特に入浴中に搾乳すると楽になり、母乳の出口も開くためか娘も飲みやすくなるようでした。

たなかさん
30代前半

A病院にいきました

初めての子供で、出産時に黄疸が少しあり、出産した病院でとにかく沢山母乳を飲ませてくださいとのことだったので、とにかく、泣いたら飲ませることを繰り返していました。

黄疸の兆候も消えて子供が2ヶ月ごろになったとき、子供がそのくらいになると自分の飲める量が赤ちゃん自身でわかってくるらしく、少しずつ量が減ってきました。
飲んで寝てしまう生活が増え、そのときに私自身微熱が続き、胸もパンパンに張ってきて、飲ませてはいましたが追いつかなくなってきました。

手動で搾乳もしていましたが追いつかなくなり、意を決し病院に行きました。出産した小児科に電話をしたところ、そこの系列の乳腺科を受診するように指示されました。

母乳マッサージをしてもらい、そのときに作られていた母乳をすべて出してもらったところ、すぐに痛みがとれました。そして、まだ子供が小さいのでできるだけ飲ませること、又自分で搾乳してもどうしようもなかったら又受診するように言われました。

乳腺炎の患者を担当する産婦人科の看護師

はな
27歳

A直母ができず、ガチガチに腫れました

私が乳腺炎になったのは、産後の入院中です。おっぱいの出は初めから多いほうだったのですが、帝王切開で出産して子どもはNICUに収容されてしまったため、直接母乳をあげられませんでした。
入院していた病院は、手でしか搾乳させてもらえない病院だったので、母乳はどんどんつくられるのに搾乳がうまくいかず、乳汁うっ滞からあっという間に乳腺炎になってしまいました。

症状は、おっぱい全体が赤く腫れて、副乳、リンパ腺まで張ってきて、38℃以上の熱が続きました。
入院中だったので、すぐに抗生剤を処方してもらいましたが、退院後の方はおっぱいがガチガチに張ってきたら、早めに産婦人科を受診したほうがいいです。

私の場合は母乳が溜まってしまったことが原因だったので、できるだけ多くの乳管を開くようにマッサージして、とにかく搾って出すように言われました。

もっちゃん
26歳

A内科では「風邪」、乳腺科では「乳腺炎」

生後3カ月頃になったあたりで、深夜突然私が発熱。ふらふらしながら体温を測ると、40度越え。風邪かと思い内科を受診すると、想像通り「風邪」の診断を受けました。
ですが、2日経っても熱が下がらず、おまけに、どうも胸が痛いのです。重い荷物を長時間持っていたとき日に感じる筋肉痛に似ています。

母に相談したところ、「乳腺炎ではないか?」ということで内科と乳腺科が併設されている病院へ。血液検査をし、炎症を示すCRPを測定しましたが、測定器で計れる限界を超えていましたが「乳腺炎」と診断を受けました。

その場で点滴を30分ほど打ってもらい、後日、乳腺科のある大学病院へ紹介状を書いていただきました。そのころは38度くらいまで熱は下がっていましたが、念のため一週間ほど通院し、点滴を打ってもらっているうちに改善しました。このころは、胸の痛みもなくなっていました。

お医者様いわく、乳首にあった傷が化膿しそこから雑菌が乳腺に入ったのが原因のようなので、とにかく清潔にすること。あまり蒸れないよう下着も綿などにすると良いとのアドバイスをいただきました。

のんまま
30代後半

A風邪で受診したら乳腺炎でした

ほぼ母乳で育てていた娘が生後半年ぐらいの時に乳腺炎になりました。
胸が張り、硬いところやしこりがあったのですが、「みんなこんなものだろう」と、自分で絞ったりマッサージしてやり過ごしていました。

ところが、頭痛や微熱(37.5度ぐらい)、肩や胸あたりの痛みや倦怠感が数日続きました。風邪かなと思い、母乳で育てていたので市販薬が不安で出産した産婦人科を受診したら、乳腺炎が原因だったようです。
微熱はあるものの症状は軽かったようで、葛根湯を処方されました。数日飲んだら、微熱もなくなり、頭痛や肩の痛みもなくなりました。

胸にしこりや痛みがあったら、患部を冷やすこと(冷やしすぎるとよくないらしいですが)、マッサージをすることを勧められました。あとは、高脂質の食べ物は控えること、半身浴など血行を良くすること、赤ちゃんに吸ってもらうことを勧められました。
困ったら、自分で何とかしようとせず、婦人科や助産師に相談することも大切だということでした。

健康的なオクラがメインの温野菜サラダ

くまりん
30代前半

A高熱が出た乳腺炎

現在1才8ヶ月の娘がいますが、娘が2ヶ月くらいの時に乳腺炎になりました。
なんとなく左胸が痛いなぁと思っていて、触ってみるとしこりが出来ていて赤くなっていました。するとその日のうちに38度をこえる高熱が出てしまい、次の日に娘を出産した産婦人科を受診しました。

助産師さんからマッサージをしてもらい、しこりは小さくなって痛みも和らいだのですが、熱は二日間くらい高く、処方してもらった葛根湯を飲んでいました。

原因は、おっぱいの飲み癖があったみたいで、いろんな角度から飲ませるようにし、赤ちゃんにたくさんおっぱいを吸ってもらうようアドバイスをもらいました。
あとは、できるだけ油っこい食事を控えるように気を付けました。三日目くらいからは熱も下がり元気になりました。

たんぽぽ
29歳

Aマッサージをしてもらいました。

子供が、6ヶ月の時に突発性発疹にかかりました。その時に、おっぱいの飲みが悪くなってしまい、左右両方のおっぱいが乳腺炎になってしまいました。横になるのも、とても痛くて何もできませんでした。なので、出産した産婦人科を受診しました。

助産師さんからおっぱいマッサージをしてもらうと、とてもすっきりしました。そして、赤ちゃんがあまり飲まなかった時は、自分で軽く搾乳したほうがいいと言われて実践していました。それ以来、乳腺炎になることはなくなりました。

ぽんきち
36歳

Aどか食いは危険です

一人目の子が8ヶ月の時に乳腺炎になりました。コストコのマフィンがとても美味しくて(笑)2つ食べて3時間位たった頃に、乳房がジンジンしてきて固くなってきて、そのうち、頭痛と発熱と肩凝りになりました。

母乳を飲ませても乳房の張りは治らず、すぐに掛かり付けの産婦人科の母乳外来に電話して、すぐに診てもらいに病院へ行きました。
処置は乳房のマッサージで、固くなった乳房をほぐすとともにたまった母乳を出してくれました。マフィンはバターが多く含まれていたので、一気に食べた事で乳腺が詰まったそうです。カロリーの高い乳製品は特に気を付けるように言われました。

健康的な食事を心がける育児中の女性

そーママ
37歳

Aおやつで乳腺炎

長男を出産後、里帰りして実家でなれない授乳に奮闘しているときでした。産後2週間くらいで夜中にすごく乳房が痛くなり、見ると乳首に白いぶつぶつが出来ていたのです。

長男は産後すぐにNICUに入院してしまったので、今で言うカンガルーケアをしておらず、産後すぐに授乳ができない状況でした。そのためおっぱいの吸いも悪く、私の乳首も詰まってしまったようでした。
痛くてたまらないし、乳房も熱を持ってきたので、長男は母に見てもらってタクシーで病院へ行きました。

出産したのは総合病院の産科で事前に電話で連絡もしてあったので、到着後すぐに処置をしてもらえました。助産師さんは「あー、乳腺炎だね、まだ軽いけど」といい、後はひたすら乳房マッサージでした。
めちゃくちゃ痛かったのですが、マッサージを始めてすぐに乳首からぴゅーっとおっぱいが出てきて、幾分痛みも和らいだような気がしました。

処置後に産後の食生活について尋ねられたのですが、産後で疲れている私に母がよかれと思って出してくれていた、生クリーム入りのおやつが乳腺炎の原因だったようです。
野菜を中心にした和食メニューを食べていれば、おっぱいもでるし乳腺炎にはならないよ~とのことでした。


36歳

A専門のマッサージがおすすめ

4年前に長女を出産し、生後3か月の時に乳腺炎にかかりました。朝、授乳中に乳首に刺すような痛みを感じ、お昼には乳房が張ってカチカチになり、抱っこをするだけで痛むようになりました。そして、午後には寒気がしてきて、熱を測ると38.7℃もありました。

すぐに近くの個人でやっている産婦人科に電話をして診てもらったところ、助産師さんが二人がかりでおっぱいを絞ってくれて、少し症状はおさまりました。

しかし、数日間違和感が残ったままだったので、その後桶谷式の母乳外来でも診てもらいました。その時はもう詰まりは取れている状態でしたが、疲れからも乳腺炎になることがあるそうで、栄養をしっかりとってなるべく休むよう言われました。

みかん
40歳後半

Aおっぱいマッサージは悶絶の痛み…でも1回で完治しました

出産した5日間の入院期間は、毎日病院の看護婦さんに1日1回、おっぱいマッサージをしてもらっていたのですが、自宅に戻ったあとすぐに乳房の一部がかちかちになり、乳腺炎になりました。
赤ちゃんに吸わせたり、搾乳器も使いましたが効果はなく、出産した病院の産婦人科でおっぱいマッサージをしてもらいました。

方法は熱いタオルで乳房を温め、その後脇から乳房に向けて、また乳房斜め下から乳房に向けてと色々な角度から親指付け根の部分を使って乳房全体を動かす。その後、乳頭をしごくようにすると、乳頭の白いつまりが取れ乳腺炎が治りました。
ただし、マッサージしてもらう時は飛び上がる程痛いです。脂肪分のある食事は良くないそうなので注意が必要とのことでした。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ