乳腺炎で熱が出たら?に関する記事

乳腺炎で熱が出たときの対処法/注意すべき7つのポイント

乳腺炎で熱が出たときの対処法/注意すべき7つのポイント

乳腺炎で熱が出たとき、どうすればよいかわからないママも多いもの。正しい対処法や注意したい7つのポイントをご紹介します!

マーミーTOP  >  出産  >  乳腺炎で熱が出たときの対処法/注意すべき7つのポイント

乳腺炎で熱が出たとき、やってはいけない/正しい対処法は?

授乳中のママトラブルとして、乳腺炎を発症する人は少なくありません。悪化するとおっぱいの激痛や発熱が起こるなど、育児にも影響が出るので心配ですね。もし、乳腺炎で熱が出ても、育児中はすぐに病院を受診することが難しいママも多いのではないでしょうか。

新米ママは初めてのことで、乳腺炎で熱が出た時でも対処法に戸惑うことが少なくありません。今回は、乳腺炎で熱が出たときの正しい対処法/注意点をご紹介していきますので、乳腺炎でお悩みの方はぜひ目を通してみてくださいね。

乳腺炎の原因・症状は?

乳房断面図と乳腺のつまり

乳腺炎は様々な要因から、母乳が乳腺内で詰まってしまう疾患です。乳腺が詰まって出口のなくなった母乳は塊となり、触るとしこりを感じるようになります。
乳腺炎の症状としては、おっぱいの痛み・発熱・寒気・頭痛・関節痛のほか、中には母乳の味が変わり、赤ちゃんの母乳の飲みが悪くなるという異変もあるようです。

乳腺炎が悪化すると、詰まった部分が細菌に感染して炎症を起こしているために、身体が防御するため発熱すると考えられています。適切なマッサージや対処で改善することが多いですが、詰まった箇所が細菌に感染し、悪化すると外科的処置を要することもあります。

患部を少し切開して塊を取る処置は、母乳育児が難しくなることがあります。乳房に異変を感じたら、早めに助産師さんや産科医に相談しましょう。

乳腺炎の主な要因

・授乳間隔の空け過ぎ
・赤ちゃんの母乳の飲み残し
・不適切な授乳時の姿勢
・サイズの合わない下着の着用
・偏った食生活(脂肪分の多い食事など)

乳腺炎で発熱した場合、注意すべき7つのこと

乳房に痛みやほてりがあって、発熱や頭痛を引き起こす場合は乳腺炎が考えられます。高熱になる場合もあるので、正しい対処を行って症状をやわらげましょう。

身体を温めない

シャワーを浴びる女性

母乳がママの血液から作られているので、身体を温めて血行を良くすると、母乳がどんどん作られるようになります。そうなると、詰まっている部分にますます母乳が溜まってしまうので、発熱時には身体を温めない方が良いでしょう。
入浴時には、湯船に浸からずシャワーで済ませることをおすすめします。その際、患部にあまりお湯を当てないようにしましょう。

また、身体の外からだけでなく、内側から温めるのも良くありません。温かい飲み物を飲んだり、お鍋を食べて身体がポカポカさせたりすることも、乳腺炎の発熱時には避けましょう。

ただし、冬に薄着で過ごしたり、冷水を浴びたり、無理なことをして風邪をひいてしまっては大変です。乳腺炎で発熱しているときは逆効果ですが、だからといって無理に身体に冷えを起こす行動はやめましょう。

水分を摂りすぎない

水分の摂り過ぎは母乳がたくさん作られる元となり、詰まった乳腺にますます母乳が溜まってしまいます。乳腺炎になりかけのときであれば、母乳の流れを良くするためにこまめな水分摂取は必要なのですが、炎症を起こし発熱しているときは適度に控えたほうがいいでしょう。

本来、発熱時の水分摂取は大切ですが、ガブガブ飲まずに適量を摂りましょう。熱すぎない白湯、ノンカフェインのお茶やたんぽぽ茶などがおすすめです。熱が高いときは、小さめの氷を口に含んでいると冷たさが持続するのでさっぱりしますよ。

また、授乳中は糖分の多いジュース類や血行を良くするゴボウ茶、コーヒーや紅茶はカフェインが含まれるので控えるようにしましょう。

食生活に注意する

小皿の焼き魚

食生活も乳腺が詰まる原因のひとつと考えられています。脂肪分が多い食べ物は血液をドロドロにし、そのうえ血液から作られる母乳にも影響が出てしまいます。高カロリーで高脂肪な食べ物を食べる習慣があると、乳腺炎を悪化させる可能性があるのですs。

赤ちゃんにとっても、脂肪と糖分が多い母乳は美味しくないですし、栄養面から考えても良くありません。ケーキ、チョコレート、ドーナツなどのお菓子類は脂質と糖分がたっぷり入っていますし、手軽に食べられるスナック菓子なども塩分の摂り過ぎに気を付けたいところです。カップ麺や市販のカレーやシチューは脂質だけでなく添加物も気になります。

できれば乳腺炎を発症する前から食生活に気を付けることが望ましいですが、熱が出てしまったときは、なおさら脂肪分、糖分の多い食べ物は控えた方がよいでしょう。

安静にして患部を冷やす

ベッドで横になる女性

乳腺炎で患部が炎症を起こしているときは、熱を持っているので冷やしましょう。よく、湿布剤で温感と冷感がありますが、炎症を起こしているときは冷やすことが大切です。乳腺炎の場合、しこりの部分を中心に乳房が熱を持っています。ただし、しこりが悪化するケースもあるため、冷やし過ぎないようにしましょう。

冷却シートや保冷剤をタオルにくるんだものを乳房に当てて冷しましょう。民間療法で「キャベツ湿布」という方法がありますが、キャベツを1枚剥がして乳房にかぶせる手軽な方法です。
キャベツ湿布は想像するとキャベツブラジャーのようで面白いですが、実際に使った人の中には「意外と熱を取ってくれる!」という声もあるようです。キャベツを被せたあとは乳房を除菌しておくと安心ですね。

こまめな授乳を心がける

母乳を飲む赤ちゃん

細菌感染していなければ、こまめな授乳をするだけ症状がやわらぐことがあります。熱が出ているときや、痛みがあるときの授乳は辛いですが、痛いからといって授乳をしないでいると、母乳が乳房内で溜まり続け、細菌感染する恐れがあります。そのため、母乳を出すことが一番の方法と言えます。

女性の乳腺は15~20個あると言われています。全ての乳腺から母乳が出せるように、授乳の姿勢を一定にしない方がよいでしょう。1日に2回ぐらい赤ちゃんの抱き方を変えて位置や角度を変えて授乳するようにしましょう。

熱が出ていても、悪い細菌が母乳に取りこまれることはないので、長い間隔を空けずに授乳することを心がけてください。赤ちゃんがおっぱいを欲しがらないときは、無理して飲ませずに、搾乳して出すようにしましょう。

締め付けない格好を選ぶ

身体を締め付けるような服や、乳房を圧迫するブラジャーなどは、乳腺にも悪影響を及ぼしてしまいます。自宅にいるときはゆったりとリラックスできる格好を心がけましょう。できればブラジャーを外しておくと、授乳の際に手間がかかりませんし、乳腺にも刺激のない状態で過ごせますね。

発熱時は乳房に熱を持っていたり、腫れてパンパンになっていたりすることもあります。乳腺の炎症をやわらげるためにも、乳房を圧迫しないように気を付けましょう。外出時は、授乳用のブラジャーであれば授乳しやすい仕様に作られているので便利ですよ。

便利なインナーとして、締め付けの少ないカップインキャミソールなどもおすすめです。ワイヤー入りのブラジャーなどは、乳腺炎を悪化させる原因にもなりますので、卒乳後に着けるようにしましょう。

むやみに薬を飲まない

乳腺炎の発熱時に、むやみに解熱剤を服用することはやめましょう。母乳に薬の成分が取りこまれる心配や、乳腺にどんな影響があるかわかりません。ただ、妊娠中や授乳中のママが風邪ひいたときに処方されるという、葛根湯が乳腺炎に効果があると言われています。

しかし、葛根湯は初期の乳腺炎には有効ですが、発熱の症状が出てしまった状態ではあまり効果を感じないそうです。葛根湯は風邪薬としても市販されていますが、初期症状に効果的ということなので、発熱に対する効能は薄いということでしょう。

いずれにしても、授乳中の時期は赤ちゃんに薬の影響があると大変ですし、熱には効果の薄い葛根湯を自分の判断で服用することは正しい治し方ではありません。熱が何日も続く場合は、家族や両親に赤ちゃんをお願いして、早めに病院を受診した上でお薬を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪