妊娠超初期下痢の原因と対処に関する記事

赤ちゃんに影響は!?妊娠超初期の下痢の原因と対処法を徹底解説

赤ちゃんに影響は!?妊娠超初期の下痢の原因と対処法を徹底解説

妊娠超初期の下痢について、正しい知識を持ってもらうためにその原因と対処法について解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  赤ちゃんに影響は!?妊娠超初期の下痢の原因と対処法を徹底解説

赤ちゃんへの影響は!?妊娠超初期の下痢の原因と対処

お腹を押さえる女性

女性の身体は妊娠すると劇的に変化し、妊娠直後はさまざまな症状が現れてきます。眠気や頭痛など、妊娠特有の症状ではないために気付きにくいのですが、さまざまな症状が現れてくるケースが多いです。

妊娠がわかる前の妊娠の「超」初期に、「風邪のような症状があった」「生理痛とは少し違う痛みが出た」…など、さまざまな症状を感じている人が多いです。「下痢に悩まされた」という人も少なくありません。(妊娠初期の症状には個人差があります。気になる症状がなかったという人もいます。)

下痢も妊娠に限らず起こる症状ですが、妊娠の可能性がある場合には適切な対処が必要になるでしょう。妊娠超初期の下痢の原因や対処方法を把握して、自分の身体の変化を見逃さず、しっかり体調を整えていくことが大切でしょう。

妊娠超初期の下痢の原因

妊娠による他の症状がなければ、妊娠超初期の症状だとしても、「ただの下痢」と認識してしまう人が多いでしょう。
下痢の症状は妊娠に限らず起こりますが、妊娠が原因の下痢は、主に次のようなことが原因で起こります。

自律神経の乱れ

不快そうに頭を押さえる女性

女性の体は妊娠すると、それまで分泌されていなかったhCGというホルモンが分泌され始めたり、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンも大量に分泌されるため、ホルモンバランスが急激に崩れてしまいます。
自律神経もその影響を受けて乱れやすく、様々な体調不良を引き起こす原因となることがあります。

中でも消化器官が正常に機能しなくなる場合は、下痢や便秘の症状を訴える人もいます。
この場合は、胃の痛みも同時に感じる人が多いようです。

そのため元々便秘気味の人が、軟便程度の下痢が続いたため医療機関を受診したところ、妊娠していたということもあるそうですよ。

また妊娠すると便秘になる人が増えるため下痢になると心配する人もいますが、元々下痢をしやすい体質の人は、妊娠すると下痢になりやすいと言われています。

食生活の変化

冷えて弱る胃

妊娠超初期には、つわりの症状がない人が無意識にさっぱりしたいものを好むようになったり、冷たいものをよく食べるようになったりして、胃腸を冷やしてしまうことがあります。
このような胃腸の冷えが原因で、下痢になる場合があります。

また妊娠により胃腸が弱っているのに、油もの傷んだもの生ものなどを食べたり、暴飲暴食が原因で下痢になる場合もあります。

ストレス

妊娠により胃腸が弱っている状態で、夜更かしなどの不規則な生活により体にストレスがかかったり、精神的ストレスがあると下痢症状を起こすことがあります。

風邪と区別がつかずに薬を飲む人がいますが、妊娠の可能性がある場合は、市販薬の服用は危険です!絶対にやめましょう

妊娠超初期の下痢の対処法

下痢になるとすぐに市販薬を飲むという人も少なくないと思います。しかし、妊娠しているならば、薬の服用は控える必要があります。市販薬には妊娠に影響を与える薬もあるためです。

初めての妊娠では、下痢を妊娠の症状と認識していない人も多いでしょう。妊娠の可能性がある場合には、下痢の対処も慎重であるべきと言えます。

水分補給をする

ジュースを飲む女性

下痢が続くと、脱水症状になることがあるので、水分をこまめに摂ることが大切です。
ポカリスエットやりんごジュースがおススメです。

冷たい水をガブガブ飲むとお腹を冷やしてしまうので良くありません。また下痢により血糖値が下がってしまいますので、糖分の摂取も必要です。
ポカリスエットなどの電解質を常温で摂取するのが良いでしょう。

また、リンゴジュースにはペクチンという整腸作用がある成分が入っていますし、糖分も同時に摂取できますので、常温のものを飲むとよいでしょう。

お茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲み物もNGです。カフェインの利尿作用で体内の水分をさらに出してしまうことになるのです。

消化の良いものを食べる

菜ものが入ったお粥

下痢が続くと、栄養面が心配になると思います。ましてや妊娠の可能性があるなら、赤ちゃんのためにもきちんと栄養を摂りたいところです。
うどんやお粥ニンジン、大根などの消化のよい野菜をたっぷり加えて煮込んだり、タンパク質は、消化の良い豆腐や、脂の少ない鶏肉、脂身の少ない白身魚などを食べたりすると良いでしょう。

海藻類やキノコ類、刺激物は下痢を悪化させますので控えましょう。

ひどいときは病院へ

下痢が不快なことに変わりはありませんが、妊娠超初期の下痢は一過性のもので、ずっと続くことはありません。あまり神経質にならなくても大丈夫です。

ただし水様性の下痢が続く場合は、病院で診てもらいましょう。その際、妊娠の可能性を告げると妊娠中でも服用できる薬を処方してくれるので安心です。

水様性の下痢は回数が多いと子宮に刺激を与ええてしまう場合があります。
お腹の張りを伴うときや、体力が落ちているとき、出血を伴うときは、速やかに産婦人科を受診しましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪