陣痛がこない原因と対処法に関する記事

陣痛がこない原因とは?早く陣痛が来るための促進方法6つ

陣痛がこない原因とは?早く陣痛が来るための促進方法6つ

陣痛がこない場合の原因とは?予定日が近づいたのに陣痛がこないと気持ばかりが焦りますよね。陣痛を促すセルフケア方法を紹介しつつ、病院で行う処置、出産予定日を超過した時の心構えをまとめました。陣痛促進剤や妊婦検診の費用の情報も!

マーミーTOP  >  出産  >  陣痛がこない原因とは?早く陣痛が来るための促進方法6つ

陣痛がこないのはなぜ?陣痛促進の方法&予定日超過後の過ごし方

臨月に入ると、「いつ陣痛が起こるのかな?」とソワソワしますよね。しかし、「出産予定日が近づいたのに、陣痛がこない…」と悩む妊婦さんは意外と多いのです。陣痛がこない原因や、正しい対処法を知っておくと安心ですよ。今回は、陣痛がこない原因や陣痛促進の方法、出産予定日を超過した後の過ごし方についてご紹介します。

陣痛がこない原因とは

陣痛がきてる妊婦さんのイラスト

陣痛が起こるメカニズムは、はっきりと分かっていませんが、次のような、ホルモンバランスの変化が関係していると考えられています。

  • 子宮収縮を抑制するプロゲステロンの減少
  • オキシトシンの増加による子宮収縮の促進
  • プロスタグランジンの増加による子宮収縮の促進

これらのホルモンの働きにより、陣痛が起こり出産へとつながります。しかし、陣痛の痛みに個人差があるように、人によって、ホルモンが分泌されるタイミングや量が異なります。そのため、出産予定日前に陣痛が来る人もいれば、予定日が過ぎても陣痛がこない人もいるのです。

陣痛はいつまで待てばいいの?

陣痛がこない場合、このまま待っていていいのか不安になりますよね。基本的には、妊娠予定日から2週間以内に陣痛が来れば問題ないとされています。これは、医師に告げられた出産予定日と、赤ちゃんの出産に適した時期である、「正産期」に違いがあるためです。

お腹を触る妊婦さんのイラスト

赤ちゃんの成長などから推測される出産予定日は、妊娠40週0日に設定されています。それに対し、正産期は妊娠37週0日から妊娠41週6日です。そのため、出産予定日ぴったりに陣痛が来ない場合でも、すぐ赤ちゃんに影響が出るわけではないのです。

しかし、あまり超過しすぎるのも問題です。妊娠42週0日以降の「過期産」になると、母体や赤ちゃんに様々なトラブルが発生しやすくなるためです。

例えば、お腹の中にいる赤ちゃんが大きくなりすぎて巨大児となったり、胎盤機能の低下により赤ちゃんが酸素不足や栄養不足となったりすることも。その他、羊水減少・胎便吸引症候群(MAS)などの問題が起こりやすくなってしまうのです。

陣痛を促進する6つの方法

陣痛がなかなかこない時、陣痛を起こす方法を試してみましょう。誰でも簡単にできる、陣痛を促進する方法を6つご紹介します。

ウォーキング

出産予定日が近づいても陣痛が来ない場合は、毎日ウォーキングしてみましょう。軽い運動をすることで、子宮の収縮が促され、陣痛が起きやすくなります。出産後は、新生児育児で外に出るのも難しいですから、今のうちにパパとのデートを楽しむのもいいですね。

ウォーキングの注意点

出産間近のウォーキングは、近所のみにするか、誰かと一緒に出掛けるようにしましょう。いつお産が来てもおかしくない時期なので、1人で歩くときは、万が一に備え、携帯や母子手帳を持っていくと安心ですよ。

スクワット

スクワットをする妊婦さんのイラスト

下半身を鍛えるスクワットは、陣痛促進や、骨盤が広がる時に感じる腰痛を楽にする効果が期待できます。よく、「お産には階段の上り下りがいい」とも言われますが、お腹が大きく足元が見えない状態では、ちょっと怖いですよね。スクワットは、階段登りと似た効果があり、より安全にできるのでおすすめです。

安全なスクワットのやり方

妊娠中は重心が変わるため、普通にスクワットをやろうとすると、ふらつく恐れがあるため、無理は禁物です。不安な方は、椅子の背もたれや手すりなどにつかまると、安全に行うことができます。

家族とのスキンシップ

陣痛を促進するためには、家族とのスキンシップが有効と考えられています。「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンには、子宮の収縮を促す働きがあります。パパに頭や背中をなでてもらう、兄姉がいればたくさん抱きしめるなどのスキンシップを取ると、オキシトシンが分泌されやすくなるので、陣痛が起きやすくなるのです。

ツボ押し

三陰交の位置のイラスト

陣痛が来ない時は、陣痛促進に効果のあるツボ、「三陰交(さんいんこう)」を押してみましょう。このツボは、「安産のツボ」として有名で、出産に携わる助産師さんの間でよく使われてきました。三陰交の場所は、足の内くるぶしの指4本分くらい上の部分にあります。陣痛がくるようイメージしながら、押してみてはいかがでしょうか。

ツボ押しのポイント

三陰交を押す時は、足を温めるとさらに効果的です。出産予定日が近くなったら、お風呂の中でツボ押しするとよいでしょう。

バランスボールに座る

バランスボール

バランスボールに座ると、陣痛を促すと言われています。スクワットと似た効果があるので、バランスボールを持っている方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

バランスボールの注意点

バランスボールはとても不安定です。バランスボールが転がってしりもちをつかないように、十分に気を付けましょう。

あぐらで揺ら揺らする

あぐらをかいてゆらゆら揺れるのも、陣痛促進に効果的です。マタニティヨガにもこのようなポーズがあるので、リラックスした気分で取り組んでみましょう。

陣痛がこないときの処置

運動などを行っても陣痛がこないときは、母体と赤ちゃんのことを考え、入院して陣痛を起こす処置を行います。陣痛を促進するために、病院で行う方法についてまとめました。

子宮頸管熟化剤

病院の看護婦のイラスト

子宮口があまり開いていないような場合は、子宮頸管熟化剤を使うことがあります。子宮頸管熟化剤とは、赤ちゃんを通りやすくするために子宮頚管を柔らかくする薬です。この薬により、子宮口が開きやすくなり、赤ちゃんが下りてきて陣痛が起こりやすくなるのです。

バルーン

子宮口が固い場合には、子宮口を広げるバルーンを入れて、お産が早く進むようにすることがあります。子宮口付近に置いたバルーンに、注射器で滅菌水を入れ、子宮口を広げていきます

陣痛誘発剤

陣痛誘発剤とは、陣痛がこない時に陣痛をおこすための薬です。出産予定日を過ぎても子宮口があまり開かないなど、お産につながる気配がない時に使われます。

陣痛促進剤

陣痛が弱く、出産につながる本陣痛がなかなか起きない時などに、よく使われるのが陣痛促進剤です。陣痛促進剤とは、弱い陣痛を強くするための薬で、お産を進めるホルモンであるプロスタグランジンとオキシトシンを含んでいます。陣痛が弱い時には、陣痛促進剤の点滴を行うことで、子宮収縮が起こり強い陣痛が起こりやすくなるのです。

陣痛促進剤の効果には個人差がある

陣痛促進剤を使った後、すぐにお産が進む人と、出産までに時間がかかる人がいます。焦らずにかかりつけ医の指示に従いましょう。

帝王切開

生まれたばかりの赤ちゃん

色々な処置をしても陣痛が来ない場合や、早く出産しないと危険な場合には、帝王切開を行います。帝王切開は、安全な出産方法として、古くから行われてきた方法です。自然分娩にこだわる人もいるでしょうが、お腹の赤ちゃんを早く出した方がよい場合も。医師の判断に従って、赤ちゃんにとって一番良い方法でお産を行いましょう。

予定日が超過しても陣痛がこないときは

予定日を過ぎても陣痛がこない場合は、病院で処置をすることになりますが、入院するまで少し待つことがあります。いつ生まれてもおかしくない状態なので、陣痛を待ちわびつつもドキドキしますよね。予定日超過から出産までの期間は、どのように過ごしたらよいのでしょうか。

妊婦健診を受ける

予定日が過ぎても陣痛が来ない場合は、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。妊娠40週を過ぎると、週に2回健診を受けることになります。その時に、子宮口の開き具合などをチェックし、陣痛促進剤の使用や帝王切開にした方が良いかなどを決めます。

妊婦健診の費用に注意

今までの妊婦健診は、自治体の補助券(助成券)により、費用の助成を受けていました。しかし、出産予定日を超過し補助券がなくなると、健診は自費負担となるので、念のため、2~3万円ほど持って行ったほうがいいでしょう。

リラックスして陣痛を待つ

パパと出かける妊婦さん

陣痛が来ないと焦らず、できるたけリラックスして、ゆったり過ごしながら陣痛を待ちましょう。いつ陣痛が来るのか不安でイライラする気持ちも分かりますが、ストレスは、ホルモンバランスに影響するのでお産に悪影響です。「赤ちゃんは必ず出てくる」と気楽に構え、パパと外食を楽しむなど、リラックスして過ごしてくださいね。

家の近所を散歩

陣痛が来ない時は、家の近所を散歩して気分転換しましょう。家にこもってばかりでは、気分もすっきりしませんよね。散歩をすることで気分がすっきりし、陣痛を促す効果も期待できるので一石二鳥です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪