耳管開放症が妊婦に多い理由に関する記事

耳管開放症で妊婦の耳が詰まる原因は?耳管狭窄症との違い

耳管開放症で妊婦の耳が詰まる原因は?耳管狭窄症との違い

耳管開放症は、妊婦さんが不快な症状に悩まされることも…。耳管で開きっぱなしになることで起こる症状がストレスにつながり、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れもあることから、耳管開放症の正しい対処法を知って、症状を悪化させないことが大切です。

マーミーTOP  >  出産  >  耳管開放症で妊婦の耳が詰まる原因は?耳管狭窄症との違い

耳管開放症~妊婦の「耳が詰まる」感覚の正体とは?

耳管開放症とは、耳と鼻をつなぐ耳管という管が開きっぱなしなることで、さまざまな症状が起こることを言います。

この病気は、歌手の中島美嘉さんが治療に専念するために歌手活動を休止したことで、広く知られるようになりましたが、その症状や原因、対処法までは、あまり広く認知されていません。

しかし、妊娠による身体の変化が耳管開放症の引き金になり、さらに二次的な症状につながる恐れもあることから、耳管開放症について詳しく知っておくことが大切です。

そこで今回は、耳管開放症の主な症状や原因、対処法について解説してきます。

耳管が開きっぱなしになるとどうなるの?

耳の構造のイラスト

耳を構成する外耳・中耳・内耳のうち、中耳腔の内側につながっているのが耳管で、正常な状態では耳管がピッタリと閉じていることで、中耳は鼓膜と耳管によって密閉されています。

耳管には主に次のような働きがあります。

  • 中耳と外界の圧力の調整する
  • 鼻から中耳への細菌の侵入を防ぐ
  • 声が直接耳の届くのを防ぐ
  • 中耳腔の分泌物を鼻に排出する

耳管としての働きが機能しなくなると、耳の中に雑菌が入りやすくなるほか、排出が上手くいかないことで、分泌物が中耳内にたまりやすくなるなどのトラブルが起こります。

耳管開放症の代表的な3つの症状

通常、ピッタリと閉じているはずの耳管が開きっぱなしになることで、どのような症状が現れるのでしょう。主な症状には、次の3つがあります。

1耳が詰まったような感じがする

水が入っているペットボトル

中耳と外界の圧力の調整がうまくいかなくなることで、耳の中に水がたまっているように音がこもって聞こえる「耳閉感」という症状があらわれます。

耳閉感の症状が続くことで、頭痛やめまい、肩こりなどを引き起こします。

2自分の声が響いて聞こえる

耳管が開いていることで、声が耳にダダ漏れの状態になるため、自分の声が響いて聞こえる「自声強調」という症状が現れます。

自分の声が邪魔をして、会話をする際に相手の声が聞き取りにくくなったり、自分の声がうまくコントロールできなくなったりして、コミュニケーションに支障をきたすことがあります。

3呼吸する音が響く

呼吸音が響く解説イラスト

耳管の開放によって普段は聞こえないような、呼吸するたびに音が耳に響いてくる「呼吸音聴取」という症状が現れます。唾を飲み込むだけでも音がはっきりと聞こえるようになります。

常に何かの音が聞こえている不快な状態のため、非常にストレスがたまりやすくなります。

妊婦さんに耳管開放症が起こりやすい原因

耳管開放症の直接の原因は分かっていないのですが、妊婦さんに起こりやすいことで知られています。それは、妊娠による身体の変化が、症状を引き起こす要因となっているのです。

妊婦さんに耳管開放症が起こりやすい原因として、次のようなことが考えられます。

ホルモンバランスの変化

お腹を触る妊婦さん

耳管開放症は、自律神経の乱れや血行不良によって起こりやすいと考えられています。

妊娠中は、ホルモンバランスが変化することによって、自律神経がうまく働かなくなったり、血行不良が起こりやすくなったりするため、妊婦さんに耳管開放症が起こりやすい要因となるのです。

つわりによる体重の減少

つわりの妊婦さん

妊娠初期は、つわりによって十分に食事を摂ることができないことが多く、急激に体重が減ってしまうことがあります。

耳管の周辺は脂肪組織が多く、痩せることによって耳管周辺の組織が減ってしまうと、耳管がゆるんでしまい、うまく閉じることができなくなるのです。

脱水症状

耳管開放症は、激しい運動の後に起こりやすいため、脱水症状に関係しているとも考えられています。

妊婦さんの体には、妊娠すると赤ちゃんのために水分を溜め込もうとする働きがあることから、水分不足になりがちだからです。そのため、妊婦さんは水分補給が大切だと言われています。

耳管開放症の対処法

耳管開放症はその不快症状が長く続くことで、別の病気を併発するほか、ストレスがたまりやすくなるため、症状を緩和させるための対処法を知っておくと安心です。

次に、妊娠中でも自宅で気軽にできる対処法を紹介しましょう。

横になる

横になっている妊婦さん

耳管開放症の症状は、頭を下に向けたり横向きにしたりすることで改善されます。日中横になって休むだけでも随分楽になるので実践してみてください。

特に、妊娠中は疲れやすいため、意識して横になるようにするといいですよ。

お風呂でゆっくり温まる

お風呂にお湯を入れている女性

入浴すると鼻づまりが改善されるように、入浴によって血行が良くなると耳の不快感がなくなることもあります。さらに、お風呂でゆっくり温まることでリラックスでき、ストレス解消にもなります。

耳管開放症の不快症状や、日常生活に支障をきたすことによるストレスをためないためにも、湯船にゆっくり浸かりましょう。

漢方薬の服用

耳管開放症と診断された場合、加味帰脾湯(かみきひとう)や補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などの医療用の漢方薬が処方されることもあります。

漢方薬には即効性はありませんが、お腹の赤ちゃんにもやさしく安心して服用できます。症状が気になる場合は、かかりつけ医に相談して処方してもらうといいですよ。

耳管開放症の治療法

耳管開放症は自然に治癒することもあるため、軽症の場合は治療が行われないことが多いのですが、深刻な症状が続く場合は、次のような治療が行われます。

ルゴール液の注入

妊婦さんの耳

中等症の場合は、ヨード・グリセリンとも呼ばれるルゴール液を水で薄めたものを耳管に注入し、耳管の腫れを引き起こすことで症状が改善されます。

耳管の腫れは一時的なため、症状が改善されない場合は、定期的に処置を受ける必要があります。

耳管ピンの挿入

耳管ピンというシリコン製のピンを耳管に入れることで、耳管の隙間を埋める方法です。ほとんどの場合、重症の人が対象になる治療法で、麻酔を使った30分から1時間程度の手術が行われます。

人によっては、耳管ピンを入れることによって逆に、耳管が開きにくくなるというデメリットがあります。

脂肪注入の外科手術

女性医師のイラスト

耳管周辺の脂肪組織の減少によって起こった場合に有効なのが、痩せてしまった耳管に脂肪を注入する方法です。注入する脂肪は、人工脂肪のほかに自家脂肪の注入も可能です。

また、脂肪以外にも、コラーゲンを注入する方法があります。

症状が似ている「耳管狭窄症」との違い

耳管が開きっぱなしになる耳管開放症に対して、耳管狭窄症とは、風邪や鼻炎などにより耳管の粘膜が腫れることで、耳管が閉じた状態になる病気です。

飛行機の離着陸時に起こりやすい航空性中耳炎は、この耳管狭窄症の軽いケースです。

「音が聞こえにくい」「耳がつまった感じがする」「自分の声が大きく聞こえる」など、耳管狭窄症の症状は、耳管開放症と大変似ていますが、治療方法が全く異なるため、混同しないよう注意が必要です。

耳管狭窄症の治療を行う際は、耳管の粘膜が腫れをチェックして、風邪や鼻炎など腫れの原因になっている場合は、それぞれの症状を抑える治療が行われます。

耳管開放症の妊婦さんが注意すべきこと

水を飲んでいる妊婦さん

耳管開放症は、自分で正しい対処をすることで症状の緩和や自然治癒が期待できます。しかし、普段の生活の中で症状を悪化させないために、注意すべきことがあります。

健康なマタニティライフを送るためにも、次のようなことには注意しましょう。

鼻をすする

鼻をすすることによって、内耳の圧力が下がって耳管が閉じるので、耳管開放症の症状が改善すると勘違いして、耳管開放症患者の中には鼻すすりが癖になっている人がいます。

鼻すすりを繰り返していると、鼓膜がへこんで内耳の壁にくっ付く「癒着性中耳炎」や、中耳の中に水がたまる「滲出性中耳炎」を起こしやすくなります。

妊娠中はなるべく薬の服用を避けるためにも、耳の病気につながるような鼻すすり行為はしないようにしましょう。

めまいによる転倒

耳管開放症は、その症状がお腹の赤ちゃんに直接影響を及ぼすことはありません。ただし、耳管開放症によりめまいやふらつきを起こして、妊娠中に転んでしまうとお腹の赤ちゃんを危険にさらしてしまいます。

特に、お腹が大きくなるにつれて、足元が見えにくくなるため注意が必要です。体調が悪いときは無理をせずに、横になって過ごすようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。