内診グリグリの体験談に関する記事

【内診グリグリ】体験者が語るどれほど痛いかその効果も!

【内診グリグリ】体験者が語るどれほど痛いかその効果も!

内診グリグリの体験談のリアルな声を紹介していきます。「すごく痛い」「出血がある」などのイメージとは違った、体験談もあったりしますよ!

マーミーTOP  >  出産  >  【内診グリグリ】体験者が語るどれほど痛いかその効果も!

内診グリグリの痛みや効果にも個人差が体験談を先輩ママに聴いてみよう!

臨月の時期になって、いよいよもうしばらくすると、お腹の中にいるわが子との対面という時には、隔週であった妊婦健診が毎週行われるようになりますよね。その時に、医師などが行う内診(専門器具などを用いて、膣の状態や子宮などの内側の状態を診察する)の結果、陣痛や、出産の時期が遅れそうだと判断された場合に、行わるのが内診グリグリです。

お腹の赤ちゃんを想像する妊婦のイラスト

内診グリグリは、医療用語としては「卵膜剥離」とも呼ばれ、子宮の口から医師の指や医療器具を入れて、お腹の中にいる胎児を包んでいる卵膜と、子宮壁を引きはがすことで、自然分娩を誘発しようとする目的をもった医療行為です。

その際に、医師の手などで、引きはがす時には指などを用いてグリグリと回転させることから、経験された女性達の間では、内診グリグリと表現される事が多くなりました。

そんな、内診グリグリですが、その刺激によって、激しい痛みや、出血を伴うことも多くて、内診グリグリ=激しい痛みというイメージが定着している感もあります。

内診グリグリの効果や痛みなどには個人差があって、体験した女性だけにしか解らない事も多いので、体験された先輩ママの多くの声を紹介していきます。これから、内診グリグリを経験される妊婦さんの不安を和らげてくれるようなメッセージもあったりもしますよ。

また、体験談の中には、痛みはあるけど、お腹の中にいるわが子と元気に対面できるための、大切な痛みだから、耐えられたという女性も多くおりました。これから、そういった思いを感じるのは、皆さんかもしれませんね!

「痛い?」「痛いよ!」体験したから分かる内診グリグリの痛み

mAnA
26歳

神の手!激痛内診グリグリから即スピード出産

初めてのお産の時、臨月の時期に差し掛かった出産予定日の1週間前に初めて内診を経験しました。その時の痛みといったら、体が反り返るぐらいの衝撃で先生はいったい何てことをするのだという気持ちでした。

しばらくは痛みで放心状態でした。内診を受けてから2時間ほどして出血をしましたが、出血量はほんの少しでした。その後、痛みで多少歩きにくかった事も覚えています。痛みは自体は意外と早く治まって、1時間ほどで治まりました。初めはぎゅーっとした痛みですが、その後はジンジンと痛む感じでした。実は、その痛みが治まるやいなや、内診を受けてから24時間も経過しないうちに、スピード出産をしてしまいましいた。なんだか即効性がありすぎて、神の手かも!って驚いてしまいましたよ!

2人目の子供の出産に際しては、2回の内診を受けましたが、1回目より2回目の方が慣れもあって痛みは少なかったです。どちらにしても内診回数は少ない方がいいと思いました。

あい
30才

息を吐いて力を抜けば痛みは和らぎました

お腹が違和感を感じる妊婦のイラスト

38週ころに内診でグリグリされました。グリグリされている間には、やっぱり違和感はありますが、皆さんが言う程の痛みはありませんでした。内診後には多少の出血がありましたが、歩けない程の痛みではありませんでした。

家に帰る間の40分程で痛みは落ちついてしまいました。次の検診で、初回よりも強めにグリグリされましたが、激痛という程の痛みではなく大丈夫でしたが、その時には、出血もあり帰宅までに痛みが増していきました。だんだんと腰も痛くなって歩行困難な程になったので、休み休みゆっくりと家に帰りました。

今にして思えば、軽い微弱陣痛だったのかもしれません、初めての経験なので分かりませんでした。家で横になって休んでいたら、痛みが遠のいていきました。あのまま、運動などしていたら、もしかしたら、本陣痛に繋がったのだと思います。早く出産したい方は内診グリグリされた後はよく動く事をオススメします。

ともか
25歳

恐怖の内診グリグリ

インターネットなどでよく、内診グリグリが痛かったなどと目にしていました。痛すぎて毎回の検診が怖いなどという意見を見て、私はいつ内診グリグリが来るのだろうと毎回の検診でビクビクしていました。いよいよ私にも、内診グリグリを経験する機会がやってきてしまいました。やっぱり、痛みはありましたが、最初にかなり痛いものだと想像していたのか、思っていたよりは痛くありませんでした。

出血なども特になく歩くことに支障もありませんでした。痛みは、検診が終わって家に帰る頃にはおさまっていました。出産するまでに内診グリグリは臨月の間に2.3回ありました。私の場合だと、出産予定日に近づけば近づくほど、内診グリグリが痛かったです。結果的に受ける前には、恐怖の内診でしたが、受ける前にかなりの激痛だと覚悟していれば、思っているほど痛くなかったと思えました。

あきまま
31歳

内診グリグリ、痛みの感じ方はそれぞれ

いよいよ正産期というあたりに、何の前触れもなく、いきなりグリグリやられ「刺激しておいたからー」と先生に言われました。痛いのは痛かったですが、それほど辛いわけでもありませんでした。

奥の方まで手を入れて子宮口の開きを確認し、そのままグリグリ刺激されました。痛みは本当にグリグリと押される痛みです。その後、歩きにくかったり痛みが続いたりという事はありませんでしたが、少量の出血がありました。茶色い血ではなく赤い血でした。

37週から検診の度に、あまりお子さんが下がってこないからと、刺激されたので二、三回経験しました。痛みは慣れるという事もなく、毎回痛かったですが出産の方がもっと痛いんだからと乗り切りました。出血はしない時もありました。

けんた
30代前半

一回だけの内診グリグリ

手袋を穿いてる医師

妊娠10ヶ月目に入り、予定日まであと一週間という時に検診がありました。妊娠後期には内診があったので、その時もいつものように内診台に上がりました。

「子宮口が数センチ開いている」と、医師に言われました。ただその言葉を何気なく聞いていたのですが、突然医師がグリグリしてきました。何の前触れもなく突然の出来事だったので、非常にびっくりしました。それがまた痛かったです。驚きと痛みでしばらく放心状態でした。あの痛みはどのように表現したらよいか分かりませんが、何かをはがされるような感じでした。

その後、痛みが3時間ほど続き歩くのも少し困難でした。そのグリグリによるものなのか分かりませんが、少し出血があり、予定日より前におしるしがきて出産となりました。

さくらママ
29歳

めちゃくちゃ痛い!

上二人は予定日4日前には産まれていたので、3人目で初めて出産予定日を迎えてしまいました。私自身も3人目はもっと早くなるだろうと思っていたので、少し焦っていました。

出産の兆候も全くないまま予定日を迎えて、かかりつけの病院に検診に行きました。子宮口の確認後、先生から「あまり兆候がないので、少し刺激しとくね」との言葉。そして先生が手で刺激をした瞬間に今まで経験した事ないぐらいの痛みが!ただの内診でも痛いのに、それ以上の痛みに思わず「痛い!」と声を上げてしまいました。激しい痛みを感じたのは、時間にしたら2分くらいで、とても短いですが、終わった後もジンジン痛み、少し出血もありました。

でも、その3日後に無事出産し、一度だけの経験でしたが、もしスムーズに産まれてなかったらまた受けることになっていたと思います。もう二度と受けたくないですね。

かなや
30代

もうすぐ赤ちゃんに会えると思って・・・ガマン!

40週目の検診でまったく子宮口に変化がないということで、「刺激を与えてみます」との先生の言葉。噂にきく「グリグリ」のことかと身構えしていると触診が始まり、ググッと!!押し付けられるような強い痛みが走りました。強い痛みを、始めて味わう体の部分に感じてしまいました。例えようのない痛みの種類でもあって、あまりの痛みに顔がゆがんでしまいました。

その後の処置をしてくれた看護師には、しばらくゆっくりしてから起き上がるようにと告げていきました。出血もなく、歩行も違和感なく帰宅しましたが、ジンジンとした痛みが、その後3時間ほど続きました。予定日を3日ほど過ぎてから再び内診し、その時も「グリグリ」を「強めに」されました。

どうやら予定日を超過してしまうと、胎盤の機能が徐々に弱まり赤ちゃんにも母体にもお産が辛くなってしまうので、どうにかして自然な陣痛を起こすために、少し頑張ろうとの説明を受け、もうすぐ赤ちゃんに会えるのだから、と自分に言い聞かせて臨みました。その時の「グリグリ」は強めという割には初回ほど痛さを感じませんでしたが違和感が残り、その日の夜に本格的な陣痛が始まり、出産に至りました。

まみむめも
20代後半

恐怖の内診グリグリ

呼吸でリラックスする女性のイラスト

内診グリグリは37週から始まりました。私の場合は初産だったため赤ちゃんが下がってくるのがとても早く、ただ子宮口がまったく開いていない状態が35週から続いていました。

内診グリグリは噂には聞いており、かなりビビっていたためなのか、体の力をうまく抜くことができず、初回は、「ぎゃー!!痛い?!」と叫び、先生や看護師の皆さまから内診でこんなに騒ぐなんて…みたいなことを言われてしまいました。

検診の最後に先生から「リラックスする練習をしておいてね」と言われ、息を吐いて力を抜く練習をして2回目の内診グリグリに臨みました。が、しかし、あの椅子に座るとどうしても緊張し体が強張ってしまい…結局毎回内診グリグリでは大騒ぎをしました。出血もなく、終わった後もケロッと歩いていたので、痛かったというよりは恥ずかしかったのかなと自分でも思います。

きよママ
30歳

怖がらなくても大丈夫。

内診グリグリ…半年前に初めて経験しました。内診グリグリという言葉からも、痛そうで怖いイメージを持ってしまいますよね。そうでなくても、初産の私は、出産に至る全ての事に対して、不安でいっぱいでした。不安を取り除くため、そして出産への心の準備も兼ねて、実際のママ達の声などを参考にしようと、妊婦に関するアプリで情報を得ようとしました。

しかし、余計不安になる体験談も多く、内診グリグリも、とても痛いものだと思ってました。ですか、実際に内診グリグリを経験した時は、先生が男性のため、恥ずかしいということ以外は特に痛みは感じませんでした。

違和感があったけれども、幸い痛みはありませんでした。出血等の変わった症状もなく、内診後も通常どおり生活していました。母子ともに健康だった為、病院に行くことも少く、出産までの内診は、一度しかしませんでした。

内診グリグリだけでなく、出産までにたくさんの不安がありますが、怖がらなくても大丈夫です
不安ばかりを抱いていても、体にも良くないですし…元気な赤ちゃんを産むためには、ママの心と体が一番大切なので、過度に不安がらないで下さいね。

カエデ
33歳

噂の内診グリグリを経験!

長男の出産予定日を3日程過ぎた検診の日に、内診グリグリの処置がありました。
噂には聞いていたのですが、まさか本当にやられるとは思わなかったので、驚きましたが臨月に入ってからの内診自体が痛かったので、それにプラスしてグリグリされた時は思わず「いたっ!」と声が出てしまい、内診台から飛び上がりたくなりました。

先生からは、これで少しは赤ちゃんが下がって子宮口が開くから心配しないでいいと言われました。
処置が終わった後、少しだけ出血はありましたが1時間くらいで止まりました。

ただ、その日1日中痛みがありず~っと軽い生理痛のような下腹部痛が続き、歩く時は痛みが響くので、家で横になるか座るかして過ごしました。

幸いなことにその1回の内診グリグリで翌日陣痛がきて、スピード出産・安産でしたがもうこの内診グリグリは経験したくないなぁと思いました。

ゆうゆママ
30代後半

痛すぎる…内診グリグリ

生まれたばかりの赤ちゃん

出産した病院での内診グリグリは3回ありました。初めの2回は、軽く子宮をグイっとされた感じで、少し違和感はありましたが、あまり痛みは感じませんでした。臨月期に入り38週目くらいに入った時には、少し痛いけど我慢してねと言われて、先生の指でいきなりグリグリされました。

子宮を握られているような感じで何とも言えない痛みで、本当に本当に激痛で…思わず痛い!と声をあげてしまうくらいでした。でも激痛だったのは、10秒くらいだったかと思います。その後はずっとお腹が重い感じで違和感は続き、少し出血もしました。でも歩きにくいとかは無かったし、普段通りではありました。

3回目の内診グリグリの処置を受けた日の夜中、破水して朝方に出産する事ができました。先生は、赤ちゃん産まれやすくするためと言っていましたが、まさか次の日に産まれるとは思いませんでした。痛かったけど無事に産まれたので、グリグリされて良かったのかなと今は思います。

ちこちゃん
37歳

内診グリグリ

初めての内診グリグリを医師にされた時には、ネットで検索したりしていて知ってはいましたが、実際に自分が当事者になってみると、ビックリしましたし、緊張して力が入っていたせいもありまして結構痛かったです。

早く出産して、お腹の中にいるわが子と対面したかったので、痛みなどにも耐えることが出来ました。
痛みの時間は1時間もすればなくなりました。けれど、その後に待ち望んでいた陣痛がくるかと思い期待しましたが陣痛はこなかったです・・・。

その後は、少しピンク色の出血が出ましたが、そんなに長くは続かなかったです。多少痛さも残りましたが、今まで通り普通に歩けました。

出産するまでに4回、グリグリしました。基本的に陣痛促進剤を使わないという方針の病院でしたので、内診グリグリの痛みは、覚悟していました。回数を重ねるたびに痛さも増していきましたし、赤褐色の出血に変わっていきました。出血も一時的にはなく、続くようになっていきました。

4回目のグリグリをしたから、半日もたたないうちにようやく陣痛が始まり、無事出産することができました。

マロン
30歳

内診グリグリ、耐えられる痛み

皆さん口を揃えたように、内診グリグリは結構痛いとおっしゃられていますが、私の場合には内診グリグリは言うほど痛くはなく、十分に耐えられました。陣痛の時の方が痛かった記憶があります。内診グリグリの痛みは、経験した本人しか解らなくて、伝わりにくいかもしれませんが、子宮の奥がズーンと痛くなるような生理痛に似たような痛みでした。

「痛っ?」と叫んでしまいましたが、すぐに終わりました。出血はありました。生理の時の鮮血のような感じです。次の日まで続いたのでおしるしと勘違いしましたが、出血することは聞いていたので、間違えませんでした。

痛みはグリグリされている間だけなので終わったら別になんともありませんでした。出産するまでにその一回しかしていませんので、ネットとかで皆さんが痛い痛いというほどのものではありませんでした。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!