産後蕁麻疹の原因と対処法に関する記事

産後の蕁麻疹~ダニなどの原因や家庭での対策と薬での治療

産後の蕁麻疹~ダニなどの原因や家庭での対策と薬での治療

産後の蕁麻疹は、その症状や原因の種類によって、その対処法も変わります。原因や症状、ご家庭でもできる簡単な対処法などを詳しく解説いたします。

マーミーTOP  >  出産  >  産後の蕁麻疹~ダニなどの原因や家庭での対策と薬での治療

産後に蕁麻疹になりやすい原因や、授乳するさいの対処法

産後は体が出産前の「体」に戻ろうとする中で、ホルモンバランスが変化したり、骨盤が閉じたりするなどの変化が見られる時期で、その期間において様々な症状が現れてしまいます。例えば、出産後に高血圧になってしまうママさん達もいらっしゃいます。

蕁麻疹(じんましん)も、そんな産後の体質が変わってしまうことで、多くの女性がかかりやすくなってしまう病気の一つです。肌荒れなどの肌トラブルは、女性にとっては大きな悩みの種ですよね。姿見などで、自分の体に出来てしまった蕁麻疹を見るたびに、ふ~と溜息ついて、心の中では「早く治らないかな~…」と思っているママさんはいらっしゃるはずですよね。

そんなママ達の不安を少しでも和らげようという思いで、産後に蕁麻疹になりやすい原因や、家庭でも出来る対処法を紹介します。

蕁麻疹って何?…どうして、産後にその症状が出やすいのかな?

悩む女性

蕁麻疹という名前は聞いたことがあるけれど、実際にどんな症状かどうかを知っている女性は、意外と少ないかもしれません。蕁麻疹の症状に、悩まされたことのない女性に限っていえば恐らくそうかもしれません。

今、蕁麻疹の症状に悩まされている女性にとっては、復習になるかもしれませんが、蕁麻疹の「原因」や「症状」について紹介していきます。

また、産後に蕁麻疹が発症しやすい原因や、その対処法も解説していきますね。

蕁麻疹を引き起こす原因って何?

では蕁麻疹を引き起こす原因にはどんな種類のものがありそうですか?

「もしかしたら、あれだろう…」という色んな候補が、頭の中に浮かんでいると思いますが、恐らくそのほとんどが、正解かもしれません。

蕁麻疹を引き起こす原因には、物理的な刺激などの外部環境が関わっていたり、体調不良などの自分の体の内部環境や、ソバ粉などの、食品などが関わっていたりします。

1ソバ粉などの食品類や抗生物質などの薬剤によるアレルギー反応によるもの

何かを食べたり薬を服用した場合には、その食品や薬剤に含まれている成分によって、アレルギー反応が起こってしまい蕁麻疹が発症してしまうこともあります。そんな、ある人にとっては、アレルギー反応を引き起こしやすい食品などは、次のようなものなどです。

  • そば粉
  • 小麦
  • 抗生物質
  • 咳止め

これらの「食品」を食べたり、「薬剤」を服用した後に、蕁麻疹が発症した場合には、アレルギー反応がその原因であることを、疑う必要があります。妊娠以前には、そういった食品に対して、アレルギー体質ではなかった女性でも、産後には、体質が変わってしまって、一時的にアレルギー反応をしめしてしまうこともあって、注意が必要です。

2ストレスや疲労などの体調不良によるもの
キッチンを掃除する奥さん

「食品」や「抗生物質」にそれといって心当たりがない場合には、蕁麻疹の原因にはストレスや疲労も考えられます。

産後はホルモンバランスが急激に乱れるため、免疫力が低下してしまいます。そんな時には、お肌の抵抗力も弱まってしまいます。産後はそういった免疫レベルなのに、さらにストレスや疲労などの体調不良による影響も受けてしまうと、より免疫力は落ちてしまいます。

そういった、ただでさえ免疫力が落ちている時期に、さらにストレスなどを抱えてしまうと、蕁麻疹によりなりやすくなってしまいます。

3ダニなどの害虫や金属や植物と接触による物理的刺激によるもの

また服の素材や金属、ダニなどの害虫、植物などとの接触によりアレルギー反応が引きおこってしまって、蕁麻疹となってしまうケースもあります。出産後には、それまでには問題のなかった素材でも、体質が変化してしまって、同じ下着でも痒くなってしまったり、貴金属にも反応してしまって、以前からつけていた時計やアクセサリーがつけられなくなってしまうこともあります。

産後に蕁麻疹が起こりやすい理由

元々アレルギー体質でない女性でも、産後には体質が変化してしまって、特定に物質に対してアレルギー反応が起こってしまって、蕁麻疹が起こることがあります。

それは、これから始まる子育てへの不安やストレス、またホルモンバランスの乱れなどが大きく関係しています。それでは、産後に蕁麻疹が起こりやすい理由を解説していきます。

1妊娠~出産という経験の中で、ホルモンバランスが乱れてしまった

女性は妊娠から出産にかけての期間の中で、体の中で様々な変化が起こります。例えば、出産の準備のために骨盤が開いていったりします。ミクロなレベルで考えると、そういった現象には、女性ホルモンなどの分泌量の変化が関わっています。これまで、多くは分泌されていなかった、ホルモンが急に多く分泌されてしまうと、その他のホルモンとのバランスが乱れてしまって、その乱れが体調不良の原因となってしまう事もあります。

産後には、妊娠以前の体に戻ろうとして、ミクロなレベルでは、特定の種類にホルモンが多量に分泌されることで、心身ともに重大なストレスを受けてしまいます。そういったことが、影響してしまって蕁麻疹に妊娠以前よりもなりやすい体質となってしまう女性が多くいます。

2育児でのストレスや疲労から、免疫力が落ちたり肌のバリア機能が低下しているから
赤ちゃんを抱っこしているお母さん

特に初めて子育てを経験するような、産後のママさんの場合には、育児のストレスや、その疲労が免疫機能に影響を与えてしまって、免疫力が低下してしまうことがあります。

そのため出産後には、肌の自浄機能が低下してしまって、肌のバリア機能が弱まり、肌トラブルを引き起こしやすい肌の状態となります。ですから、出産後には蕁麻疹の症状も出やすくて、他にも肌荒れや乾燥肌などの肌トラブルを抱えやすいため、産後の肌ケアはママさんにとっては、大きな課題となります。

3肌の乾燥にも関わっている肝機能が低下しているから

また産後に蕁麻疹の症状になりやすい原因には、肝機能の低下も大きく関わっています。出産前後には、女性を女性たらしめる「エストロゲン」というホルモンが急激に増減します。そのホルモンには、肝臓の機能を低下させてしまう働きがあります。

肝臓の機能には、肌を乾燥から守るという意外な機能もあって、女性ホルモンの影響を受けて、肝臓の機能が低下してしまうことで、肌が乾燥しやすくなってしまいます。肌が乾燥してしまうと、…。

産後に起こりやすい蕁麻疹の種類や症状

ひとくちに蕁麻疹と言ってもその種類や症状は様々です。産後の蕁麻疹は比較的短期間に出来て治るのも早いと言われています。では産後に起こりやすい蕁麻疹について、その種類や症状を詳しくご紹介します。

1発症するのが早くて、治るのも早い急性的な蕁麻疹

産後に肌バリアなどの異物などに対する抵抗力が弱まっている際に、「金属」や「植物」などの自分の体にとって、苦手な物質に対し、反応してしまって急性的に蕁麻疹の症状があらわれてしまうことがあります。

そういった、急性的に発症してしまった、蕁麻疹は発症から数分〜数時間という短時間で治っていくのも特徴の一つです。また、繰り返し発症する場合もあるので注意が必要です。

2症状が長引いてしまう慢性的な蕁麻疹

急性的な蕁麻疹とは異なり、蕁麻疹が慢性的に続いてしまう場合もあります。症状が長引いてしまう原因には、慢性的なストレスや、産後の体調の変化による免疫力の低下など、様々の要因が関わっていることが考えられるため、皮膚科などでの治療が必要となってしまうこともあります。

3冷たいものに触れた時にあらわれしまう蕁麻疹
蛇口

体温よりも冷たいものに触れると、その温度差の刺激などが影響してしまって、痒くなってしまうなどの蕁麻疹の症状が表れてしまうのが、寒冷蕁麻疹です。

冬などの、寒い日が続いてしまう季節になってしまうと、その周りの気温と体温との温度差の刺激を受け、慢性的に痒くなることもあるので、寒い時期に肌が痒くなるママさんは注意が必要です。

温かいものに触れた時にあらわれしまう蕁麻疹

逆に、温かいものに触れると痒くなってしまって生じてしまう蕁麻疹もあります。お風呂に入ると痒くなったり、ストーブやエアコンの熱で、蕁麻疹が起こったりすることもあります。ストーブなどの体温よりも、温かい高温の熱源から発せられる熱で、肌が乾燥してしまうことで、肌の保湿性が失われて、蕁麻疹などの肌トラブルを抱えこみやすい、肌状態となります。

蕁麻疹の原因が、温かいものに触れていることが原因であった場合には、ぬる目のお湯につかったり、ストーブやエアコンの直風を避けることで、蕁麻疹の症状が和らいでいく事もありますよ。

蕁麻疹への家庭でできる対策や病院での治療法

産後に発症した蕁麻疹で、かつ症状が軽い場合には、ご家庭でうまくケアすることでその症状の改善が可能です。しかしその症状が、なかなか快復に向かわなかったり、その症状が重い場合には、病院での治療が必要になります。ご自身の蕁麻疹の症状が、もしかしたら重いかもしれない…と思われている場合には、病院での診断をおススメします。

産後蕁麻疹への家庭でできる対策

蕁麻疹が出ている箇所を、タオルで冷やしてあげよう!

蕁麻疹が出ていたら、その部分を気にして、ひっかいて膿をとろうとするのは逆効果です。まずは、患部に冷たいタオルを当てて冷やしましょう

けれど、その原因が寒冷蕁麻疹の場合には、冷やしてはいけませんので、そういったケースもあるという事を認識しておきましょう。

体への負担をかけずに、安静にして過ごす
部屋で安静にしている女性

産後蕁麻疹の多くは、体調が回復するにつれて、その症状も次第に治まっていきます。ですから、出来るだけ体への負担をかけずに、安静にして過ごすことが大切となります。

育児への不安やストレス、また睡眠不足などによる疲労でママさんの心身はボロボロな時もありますよね。そういった時には、あまり無理をしすぎず、パパなどの身近な人達に助けを求めて、子育てのサポートをしてもらいましよう。

蕁麻疹を引き起こす原因となっている物質を取り除こう!

産後は免疫力が弱まって、感染症などに対する抵抗力が落ちているため、妊娠以前には反応しなかったアレルギー物質に対しても、蕁麻疹の反応が起こってしまうこともあります。蕁麻疹の症状を抑えるには、その人にとって蕁麻疹を引き起こしている物質を把握し、それらを取り除くようにすることが大切です。

その他の対策としては、肌の乾燥を取り除くために肌ケアと保湿はしっかりしましょう。また、心のストレスも、蕁麻疹を引き起こしてしまう原因の一つとなりますので、ストレスがたまってきたと思ったら、うまく解消しましょう!

産後すぐには、自分の事よりもわが子の事を考えがちですが、蕁麻疹などの症状が表れたら、ほんの少しでも気を休めて、自分の健康の事を考えていきましょう。

そういう「心」と「時間」の余裕が少しでも出来てくると、産後に蕁麻疹になってしまった原因を特定させることができて、蕁麻疹からの快復が早まっていきます。

病院での治療 ~ 蕁麻疹の症状が重度の場合

蕁麻疹の症状が重い場合には、ご家庭でのケアだけでは対処しきれないので、専門的な治療が必要になるため、できるだけ早く皮膚科を受診するのが良いでしょう。

蕁麻疹には飲み薬や塗り薬が処方されるのが一般的です。受診の際にはきちんと「子どもを出産してからそれほど月日が経過していないこと」「授乳中であること」を医師に伝えましょう!

蕁麻疹の症状によっては、塗り薬の治療の処方ではなくて内服薬を選択されることがあります。その内服薬の種類によっては、母乳の成分に影響を及ぼすため、授乳育児を中断しなければいけないケースもありますので、その時には医師に相談して、アドバイスを求めましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!