妊婦に腹巻きが必要な理由に関する記事

妊婦さんに腹巻きが必要な理由とは?冷えを防ぐおすすめ5選

妊婦さんに腹巻きが必要な理由とは?冷えを防ぐおすすめ5選

妊婦が腹巻きをするのは、もはや常識になりつつあります。意外と知られていない腹巻きと腹帯の違いを知って、腹巻きの正しい知識を身につけましょう!腹巻についてよく分からないという妊婦さんのために、腹巻きQ&Aやおすすめ商品もご紹介しています。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦さんに腹巻きが必要な理由とは?冷えを防ぐおすすめ5選

妊婦に腹巻きは必需品?腹巻きで妊婦生活を乗り切ろう!

ソファーに座る妊婦さん

妊婦さんに身体の冷えは大敵!それなのに冬はもちろん、夏でも冷房の部屋にいると、身体が冷えてしまいますよ。

そんなときの秘密兵器といえるのが腹巻きです。腹帯は買ったけど、腹巻きは持っていないという妊婦さんには、腹巻きは体全体が温まり、冷え性対策にはもってこい。

腹巻きといえば、夏場の子供の寝冷えを防ぐアイテムとして思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

大人がする場合、マタニティウエアの下にこっそり着用するものと思われがちですが、最近はおしゃれに進化して、いろいろな種類の腹巻を洋服からチラ見せするなど、今までにない着こなしも一般的になりつつあります。

そこで、今回は腹巻きについて、妊婦に必要な理由や使い方、おすすめ品などみていきましょう。

妊婦の身体が冷えやすい3つの理由

妊婦の身体が冷えやすい3つの理由

冷え性の女性は多いですが、それまで冷え性ではなかった女性でも、妊娠することで身体が冷えやすくなってしまうのです。それには、妊娠による身体の変化が関係しています。主に次のようなことが、身体が冷えの原因として考えられます。

まずは、身体が冷えやすい理由を知ることで、腹巻きの必要性を探っていきましょう。

1筋肉量の減少

妊娠中は、むやみに体を動かすことに不安を感じたり、大きなお腹で動くのが億劫だったりして、どうしても運動不足になりがち。体を動かさない運動不足の状態が続くと、徐々に筋肉の量が減っていきます。

筋肉量が減少すると、体を発熱させたり体に熱をためこんだりする力が低下するので、どうしても身体が冷えやすくなってしまうのです。

2ホルモンバランスの変化

妊娠すると身体のさまざまな部分で変化が起こります。その中でも、ホルモンバランスが変化することで、妊婦さんの体調が大きく変化するのです。

特に、妊娠の維持に必要なプロゲステロン(黄体ホルモン)には、水分を体にため込む水分貯留作用があることから、妊娠週数が進むにつれて分泌量が増えると、妊婦さんは冷えを感じやすくなります。

3むくみによる血行不良

妊娠中は、胎盤を通して赤ちゃんに酸素や栄養を供給するために、血液の量が増えます。大量の血液が循環することによって、血液から漏れた水分がたまってむくみやすくなるのです。

さらに、体を動かす機会が減ることで血行が悪くなることも。むくみや血行不良によって、体の末端まで血液が行き届かないと体が冷えやすくなるほか、肩こりや頭痛などを引き起こすことになります。

体の冷えが妊娠に与える影響とは?

体の冷えが妊娠に与える5つの影響

たかが冷えと侮るなかれ。身体の冷えが妊娠に与える影響は、想像以上に大きいのです。

妊婦さんの体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことも。ここでは具体的にどのようなことが起こるのかについてみていきましょう。

子宮の収縮

身体が冷えると、流れる血液の量が減ることで得られる酸素量が減るため、筋肉は縮んで熱を作ろうとすることで硬くなってしまいます。

子宮の筋肉も同様に、身体が冷えると子宮が収縮しやすくなるのです。子宮の収縮によってお腹が張りやすくなるので、妊婦さんのメンタルに与える影響は大きいといえます。

便秘になりやすい

妊娠後期になると、いきむと赤ちゃんが出てきそうな気がして、便意を感じてもスムーズに出せないことで、便秘になりやすい妊婦さんは多いと言われています。

それ以外にも、冷えによって胃腸の働きが弱まることも便秘の原因になります。特に、妊婦さんは血行不良から痔になりやすく、出産によって悪化する可能性が高いため、便秘には十分に注意しましょう。

母乳の出が悪くなる

妊娠中に身体を冷やしてしまうと、出産後の授乳にも影響を及ぼします。母乳は血液から作られるため、身体が冷えて血流が悪くなることで、母乳の量が少なかったり母乳が出にくくなったりするからなのです。

冷えは慢性化しやすいので、おっぱいのためにも妊娠中から身体を冷やさないことが大切ですね。

低出生体重児

お腹の赤ちゃんのためにと、妊娠中は食生活にも気をつけていることでしょう。ところが、せっかくの栄養を赤ちゃんに送ろうとしても、身体が冷えていると赤ちゃんに酸素や栄養分が行き渡りにくい状態になります。

酸素や栄養が十分に行き渡らないと、赤ちゃんの成長が進まないため低出生体重児になりやすいのです。

切迫早産

冷えによって血管が収縮すると、お腹が張りやすくなります。特に、子宮頚管が短い妊婦さんや、長時間立ちっぱなしの妊婦さんは切迫早産のリスクが高くなるため注意が必要です。

切迫早産と診断された場合は安静が必要なほか、最悪の場合は早産を防ぐために緊急入院となります。

腹巻きと腹帯(ふくたい)の違い

ピンクと黒の妊婦帯

腹巻きとは、基本的にお腹を温めるための衣類の一つ。同じ妊婦さんがお腹に巻くものに腹帯がありますが、意外と使い道について勘違いしている妊婦さんは多いようです。

もともと妊婦が腹帯を巻くということは、妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願のために行われる日本独特の習慣。その腹帯には、お腹が支える効果があると言われていますが、実は医学的な根拠はないのです。

それどころかお腹を下げないために、腹帯でお腹を締めすぎると子宮が圧迫されて、お腹の赤ちゃんに血液や酸素が行き渡りにくくなることもあるため、使用には注意が必要だといえます。

大切なお腹を守るために、腹巻きや腹帯の購入を検討している妊婦さんは、季節や用途などに合わせて使い分けするようにしてもいいですね。

妊婦さんの腹巻きQ&A

腹巻には、お腹を温める効果があるのは分かっていても、どうやって使用するのか、今更人に訊けないという妊婦さんは多いことでしょう。

ここでは、そんな腹巻きについての素朴な疑問についてお答えしていきます。

Q 腹巻きはいつからするの?

A 腹巻きなどはお腹が大きくなってからすればいいと思われがちですが、妊娠したら時期に関係なく冷え対策が必要になります。

特に、冷えが心配な妊婦さんは、妊娠が判明したらすぐにでも腹巻きをすると安心ですよ。お腹をあたためることでママになった自覚も芽生えて、一石二鳥です。

Q 腹巻きはどんな時にすればいいの?

A 日中のお出かけや家事の際などに、冷えるなと感じたら、冬でも夏でもいつでも、季節を問わずするといいですよ。

腹巻きは寒い時だけ着用するイメージがありますが、特に、夏に冷房をつけたまま寝る場合はお腹が冷えやすいため、妊婦さんにとって腹巻きは欠かせません。

Q 腹巻きは何枚くらいあるといいの?

A 冬用・夏用など、季節によって異なる素材の腹巻きを用意したほうが便利です。外出用と就寝用に分けたり、洗い替えも必要になったりすることから、3~4枚あると安心ですね。

出産後も使えるものが多いし、女性は妊娠中でなくても冷えやすいので、数枚持っていても損はしません。

Q 腹巻きでお腹がかゆくなったりしませんか?

A 腹巻きは種類も豊富なので、汗もができてかゆくなりやすい人やアトピーなどの敏感肌に人は、綿やシルクなどの天然素材の腹巻きを選ぶといいですよ。

さらに、肌に優しいガーゼ素材や締め付けない伸縮性の高いタイプがおすすめです。敏感肌の妊婦さんは、肌に直接当たらないように服の上から着用するようにしてもいいですね。

Q 腹巻きってどうやってつけるの?

A 基本的には、上からつけても下からつけてもOKです。妊婦用は伸縮性のあるものが多いので、どちらでも難なくつけることができますよ。

妊婦さんはお腹が大きくなると足元が見えず不安定なので、転倒を避けるために、上からつける方が安心という人は多いですね。

妊婦さんにおすすめの種類別の腹巻き5つ

腹巻きに関する疑問が解決したところで、次に妊婦さんにおすすめの腹巻きを種類別にご紹介します。腹巻きと一言で言っても、さまざまな種類の腹巻きがあるので、自分のライフスタイルや体質に合わせて選びましょう。

どんな種類の腹巻を選ぶのかは、ここで紹介する5つのタイプを参考にしてください。

ママのための腹巻レース柄

ママのための腹巻ピンクレース柄

犬印本舗

999円 + 税

薄い素材なので、お腹をすっぽりと包んでくれるのに夏場でも暑くありません。かさばらないので服の下に着用でき、レース柄をチラ見せしてもおしゃれ。

妊娠中だけでなく産後も使用できるのでお得感があります。

トイザらス

ワコールマタニティ腹巻き

ワコールマタニティブラック腹巻き

ワコール

2500円 + 税

ワコール派というママにおすすめの、寒さ対策に効果があるのがワコールのニット腹巻きです。

汗を吸収すると発熱する繊維を採用。マイクロアクリル素材が、さらにそのあたたかさをキープしてくれるので冬でもあたたかく過ごせます。

洗濯機で手軽に洗えるのも嬉しいですね。

Wacoal WebStore

やわらかガーゼ 妊婦帯 ピンク

ピンクやわらかガーゼ妊婦帯

犬印本舗

2362円 + 税

薄手で、肌にもやさしいやわらかなガーゼ素材でできています。

素材にも気をつかっている他、レースの部分や縫い目が直接肌に当たらないようにできているので、デリケートな肌の妊婦さんでも安心。

かわいいピンクが女子のテンションを上げてくれますね。

INUJIRUSHI onlineshop

腹巻付き毛糸パンツ(ピーチМ~L)

ピーチ腹巻付き毛糸パンツ

たまひよSHOP

1463円 + 税

腹巻きと毛糸のパンツが一体化した腹巻きパンツは、お手軽にサッと履けるのも魅力。

それだけでなくお腹から、実は冷えやすいお尻まであたためてくれるので、冬でも快適に過ごせます。

夏場には、キャミソールとこのパンツだけというスタイルが部屋着として人気です。

Benesse SHOP

<マタニティ>魔法のママ腹巻

魔法のママ腹巻を着る著性

株式会社ミルクティー

917円 + 税

色柄も豊富で、伸縮性も高いので、服の上から重ね着するのにおすすめです。妊娠前に着ていた短めのトップスに合わせるとおしゃれですよ。

お値段もお手頃なので、色違いや柄違いで購入して、おしゃれを楽しみましょう。

Milk tea

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。