妊娠超初期の腹痛に関する記事

【妊娠超初期の腹痛】生理痛とは違うチクチクとした痛みの原因は何?

【妊娠超初期の腹痛】生理痛とは違うチクチクとした痛みの原因は何?

この腹痛はもしかしたら妊娠かも?妊娠超初期にある腹痛はどんなものかご説明します!

マーミーTOP  >  出産  >  【妊娠超初期の腹痛】生理痛とは違うチクチクとした痛みの原因は何?

いつもと違う!?妊娠超初期にある腹痛とは

両手でお腹を押さえる女性

妊娠超初期に見られる症状に、腹痛があります。

生理予定日当たりに腹痛があるのは珍しいことではないかもしれません。腹痛があると「そろそろかな」などと思う人も少なくないでしょう。
しかし、基礎体温の高温期が続いていて、同様な症状が現れている場合、妊娠の可能性があると言えるでしょう。
妊娠の可能性がある人は、生理前の腹痛での薬の服用は慎重でなければいけません。

妊娠超初期に感じた腹痛の体験談

胸を両手で押さえる女性

実際、妊娠超初期で腹痛があった人は、どのように感じたのでしょか。

「生理痛は子宮に鈍い痛みを感じていたのですが、この時は子宮の左右がチクチクするような痛みでした」

「いつものように生理痛かなと思っていたのですが、同時にいつもはない胸の張りと痛みがありました」

「風邪かなと思うくらい体温が高い日が続いてお腹も痛かった」

「生理予定日あたりで、足の付け根が痛みました。生理痛とは少し違うことが分かりました」

妊娠超初期の症状は個人差が大変大きいですが、高温期が続いていて腹痛がある場合には、妊娠している可能性を視野に入れて生活することが必要でしょう。

妊娠するとなぜ腹痛が起こる?何が原因?

妊娠すると、ホルモンバランスが変化するために腹痛が起こりやすいと言われています

妊娠によって今までは体内に全くなかったhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが作られます。妊娠検査薬は、このhCGが尿中にあるかないかで判断していますが、それはhCGが妊娠すると産生されるホルモンだからです。

また、エストロゲンやプロゲステロンというホルモンも、妊娠によって大きく変化します。このホルモンバランスの変化が胃腸に影響を及ぼして腹痛や便秘、下痢などの症状としてあらわれることがあります。

妊娠すると子宮が徐々に大きくなっていきますから、生理痛のような下腹部の痛みや、子宮がチクチクすると感じる場合もあります。

生理痛との違いはどう見極めればいいの?

女医

痛みの感じ方は個人差がありますが、腹痛が起こる時期も同じくらいなので生理痛に似ていると感じる人も多いようです。
では、妊娠超初期の症状なのか生理痛なのか、どのように区別すればいいのでしょうか。

妊娠の場合、以下のような症状も腹痛とあわせて出ることがあります。

  • 高温期がいつもより長く続いている
  • おりものがいつもと違う
  • おっぱいに痛みがある
  • おっぱいの形や大きさが変わった
  • 足の付け根がつる
  • 下腹部がつる

生理痛も妊娠超初期の症状も個人差が大きい

ここでは、主な症状を紹介しましたが、生理痛や妊娠超初期の症状には個人差があります。妊娠初期に全く症状が現れなかった人もいれば、生理予定日(妊娠4週)頃につわりが始まる人もいます。

妊娠初期の症状が腹痛のみの人もいれば、上記の症状と一緒に現れる人、全く症状がない人…さまざまなケースがあるということも覚えておかなければならないでしょう。
「腹痛がないから妊娠していない」などと安易に判断してはいけないのです。

痛みが強い場合や出血があった場合には要注意
激痛や生理とは異なる出血があった場合には、早めの受診が必要です。「妊娠かな」と思っていたら、違う病気が隠れている可能性も否定できないのです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪