授乳中に妊娠したら断乳すべき?に関する記事

授乳中の妊娠は断乳すべき?継続できる?つわりへの注意点

授乳中の妊娠は断乳すべき?継続できる?つわりへの注意点

「授乳中に妊娠したら断乳すべき?」「排卵や生理再開の目安は?」など、授乳中の妊娠ならではの情報が満載です。

マーミーTOP  >  出産  >  授乳中の妊娠は断乳すべき?継続できる?つわりへの注意点

授乳中に妊娠したら断乳すべき?妊娠の可能性とつわり時の注意点

最近は、昔に比べ卒乳の時期が遅くなる傾向にあるので、授乳中に妊娠するケースも珍しくありません。「まだ、上の子がおっぱいを飲んでいるのに妊娠したの?」と心の準備ができていなくて驚くママもいれば、「年子育児がいい!」とあえて授乳中の妊娠を望むママもいますよね。

そこで、授乳中に妊娠したママは断乳すべきか、授乳中の妊娠の可能性、授乳中の妊娠とつわりへの注意点など、授乳中の妊娠に関する様々な情報をまとめました。大変なことも沢山あると思いますが、上の子も含めて家族みんなで赤ちゃんの誕生を楽しみに待てるとよいですね。

授乳中に妊娠したら断乳すべき?

授乳中に妊娠した時に、断乳すべきか否かについては、妊婦さんの状況により異なります。自己判断で、授乳を続けると危険ですので、必ずかかりつけの産婦人科医に授乳を続けてよいか確認するようにしましょう。産婦人科医から断乳の指示が出た場合、上のお子さんには可哀想ですが断乳を進めて、下の赤ちゃんの命を守る必要がありますよ。

断乳すべき医学的根とは?

女性のお医者さん

ママの体から母乳を出すことに関係する「オキシトシン」というホルモンは、陣痛促進剤にも使われていて、子宮の収縮を促す作用があります。そのため、昔は妊娠が発覚すると、すぐに授乳を止めるように医師から指示がでていました。

ただし、「妊娠初期の子宮の場合、オキシトシンの子宮収縮効果は働かない」とする専門家もいますし、授乳中に妊娠しても出産まで断乳せず、出産後は2人の子を同時に授乳するタンデム授乳を行うママもいます。現在のところ、妊娠したら授乳を止めなければならないという医学的根拠はありません。

授乳中妊娠に気づいたら…

妊婦さん一人一人の体調により状況はことなりますので、授乳中に妊娠した場合は、必ずかかりつけの産婦人科医に授乳中であることを伝え、断乳するべきかを医師に相談することが大切です!

また、医師が「授乳してもよい」と言った場合でも、次のような症状が出た場合はすぐに病院を受診しましょう。妊娠の状態が変化し、妊娠継続が困難になるため医師から断乳の指示がでる可能性があります。

  • 授乳時に下腹部が張る(子宮が収縮する感じがある)
  • 出血がある

授乳中は妊娠しないの!?排卵再開の目安

授乳中は、プロラクチンやオキシトシンというホルモンが積極的に分泌されます。これらのホルモンは、排卵を抑制する働きをしますので、授乳中はホルモンが正常に分泌されて排卵が行われず、基本的には無排卵無月経の状態、つまり妊娠はしません。ただし、たとえ授乳中でも、ホルモンのバランスが狂うと排卵が始まる可能性があります。

授乳間隔が長い

授乳間隔が開くとホルモンの分泌が減少するので、排卵が始まる可能性があります。産後、早いママで1ヶ月、母乳育児を続けているママの場合は6~10ヶ月で生理が再開しますが、赤ちゃんによっては寝ている時間が長くて授乳間隔が長かったり、ママのお仕事の都合でミルクと混合育児だったりして、ママが授乳する回数が少ないこともありますよね。

母乳の分泌を促進するプロラクチンの分泌は、赤ちゃんが吸う刺激により行われますが、吸う回数が減るとプロラクチンの分泌量が減るため、月経や排卵が早くなる可能性があるのです。

おっぱいトラブルがある

おっぱいトラブルがあると、ケアするために暫く授乳が行えないことがありますよね。すると、やはり次の授乳までの間隔が空いてしまうため、排卵が早まり月経が再開してしまうことがあります。中には、月経が再開していないのに排卵だけが行われたというママもいますよ。

ストレスによりホルモンのバランスが崩れる

イライラする女性

産後は様々なストレスを抱えがちですよね。ストレスによりホルモンのバランスが崩れると、排卵に対するブレーキ作用が効かなくなることがあります。すると、突然生理が再開することがあります。また、逆にストレスで生理の再開が遅れるママもいます。気持ちがストレスを感じていなくても、身体がストレスを感じていることもありますので、産後は自分の体も充分に労わりましょうね。

授乳中は基礎体温や生理周期が狂う!?

妊娠出産を経験することによって、女性のホルモンバランスは大きく変化します。そのため、授乳中に基礎体温が狂う女性が多く、基礎体温や生理周期が狂っているので、中には妊娠に気づくのが遅れるというケースもあります。

基礎体温が狂うのはなぜ?

人の体温は、就寝後3~4時間経過した時が一番低くなり、その後上昇します。夜中も授乳している場合は、まとまった睡眠が確保できないことも多くなるなど、授乳中は通常期のような基礎体温の変動が見られない可能性が高くなります。また、無排卵月経の場合は、通常、排卵期にみられる基礎体温の変化は見られません。断乳後しばらくしても基礎体温が正常に変動しないようでしたら、一度、産婦人科を受診してみるとよいでしょう。

生理周期が狂うのはなぜ?

授乳中に生理が再開された場合も、生理周期が狂う女性が多いです。授乳中には、母乳を生成するプロラクチンというホルモンが多く分泌されるので、排卵が抑制され、生理再開してもしばらくは無排卵月経となることが多くなります。

生理周期が整わないと気になるという方もいるかと思いますが、過度に気にし過ぎると逆にストレスが溜まり母乳の分泌が減るなど悪影響を及ぼしかねませんので、授乳中はそれほど気にしないようにしましょう。断乳してしばらくしても生理周期が乱れるようなら、一度産婦人科を受診してみるとよいでしょう。

授乳中の妊娠と検査薬の反応

かわいい笑顔の赤ちゃん

授乳中は、通常期よりは可能性が低いとはいえ、妊娠する可能性がありますが、ママの中には「妊娠検査薬の判定はできないのでは?」と思っている人も少なくありませんよね。授乳中は、特有のホルモンが分泌されますが、妊娠判定に関わるホルモンとは異なるため、授乳中でも妊娠していれば、検査薬は正常に反応しますよ。

授乳中の妊娠によるつわり中の注意点

授乳中に妊娠した場合、授乳していない時よりつわりの症状が重く感じるママが多いようです。授乳中につわりの症状があらわれた際は、次の点に注意しましょう。

授乳前には食べ物の補給をする

授乳中は「赤ちゃんに吸われるとフラフラしてくる」「授乳の後はお腹が空く」というママがいる程、体力を使いますよね。ところが授乳中に妊娠したママがつわりになって空腹を感じると、つわりの際の吐き気などの症状をさらに強く感じやすくなることが多いのです。授乳すると空腹感を強く感じるというママは、授乳前に少しでもよいので食べてから授乳するように心掛けましょう。

体を休めて

つわりの症状がひどい場合は、体を休めることが第一です。授乳中の妊娠は、上の子が動き回ったり、一緒に遊んだり、お世話をしたりと何かと大変なのですが、授乳する際にソファーで楽な姿勢でおこなうなど、できるだけ体への負担が少なくなるように工夫し、身体を休めるように心掛けましょう。

乳の分泌量に注意

赤ちゃんがミルクを飲んでいる

つわりで食べられない時期は、母乳の分泌が減少してしまう可能性があります。ところがそのままにしておくと、赤ちゃんは十分な栄養を摂れなくなってしまいます。赤ちゃんが母乳の量に満足していないような様子を感じたら、ミルクを足したり、生後5~6ヶ月頃には上の子の離乳食も始まりますので、離乳食を増やしたりして対応しましょう。

乳頭痛に気を付けて

妊娠すると、授乳時に乳頭に痛みを感じる乳腺炎や乳口炎など、乳頭痛になるママが多いです。乳糖痛になると、おっぱいを休ませてケアする必要がでてくるため十分に注意しましょう。また、授乳の際の抱き方を変えることで、痛みが和らぐこともありますので、色々な抱き方を試してみましょう。

授乳中の妊娠で断乳する際の注意点

妊娠したことにより断乳や卒乳をする場合は、子供の様子を注意深く観察しながら、徐々に進めていくのが望ましいです。突然の断乳は、子供への精神的なダメージも大きく、ママも乳腺炎になる場合があります。できるだけ、ママと上の子に負担がかからない、スムーズな断乳を心がけましょうね。

<断乳の際の注意点>

  • 子供とのスキンシップの時間を多くとる
  • 子供が栄養面で不足することが無いように、離乳食やフォローアップミルクで補う
  • 乳腺炎にならないように、少しずつおっぱいを絞るようにして徐々に分泌量を減らす

授乳中の妊娠症状!?断乳は?先輩ママの体験談

授乳中に妊娠すると、予定外の断乳をする必要があるなど、大変な思いをされる妊婦さんが多いようです。授乳中の妊娠を経験された先輩ママの体験談をご紹介します。

マイボール
28歳

断乳とトイレトレーニング頑張りました!

長男が1歳8ヶ月でまだ授乳している時に2人目を妊娠しました。ちょうど長男の断乳を考えていて、昼間の授乳回数を減らし始めた時期だったので、排卵が再開していたようです。妊娠が発覚したのは、毎年行っている健康診断の時でした。
その後、産婦人科を受診して授乳中であることを医師に伝えると、「特に腹部の痛みなど症状が無いようなら様子を見ましょう」ということになりました。ところが、妊娠を敏感に感じたのか長男の授乳回数が次第に増えてしまいました。回数が増えると、授乳の際に下腹部に痛みを感じるようになり、その後医師からも断乳を進められました。

長男に断乳の必要性を話してから、断乳を進めていきました。家にいると長男もおっぱいを飲みたくなるようなので、昼間は出来るだけ公園で過ごしていました。夜は、しばらくは、泣く長男を抱きしめて添い寝して寝かしていました。授乳中だからなのか、とにかく眠たくて、長男の相手が大変でした。オムツが2人分になるのが嫌で妊娠後期には、トイレトレーニングも行いました。長男は、本当に頑張ってくれたと思います。

サンセット
36歳

乳頭痛と乳腺炎がダブルで・・・

上の子が10ヶ月の時に2人目の妊娠に気づきました。気づいたのは、まだ妊娠5週目でした。上の子の時と同じつわりの症状があり気づいたのですが、長男の時よりつわりの症状が表れるのが早かったので、もしかしたら授乳しているせいかなと思いました。

授乳した後の空腹感がつよく気分が悪くなるので、徐々に授乳回数を減らしていくと、母乳の分泌量と飲む量のバランスが狂い乳腺炎になってしまいました。その後、授乳中の妊娠でよくみられる乳頭痛の症状も現れ、ダブルパンチ。ただ、年齢や体力面から、出産後タンデム授乳をする自信がなかったので、上の子は、1歳を区切りに断乳してもらいました。比較的断乳は、スムーズにいったのですが、下の子を出産後授乳していると、上の子が「おっぱい飲みたい」と近づいてきて大変でした。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!