妊娠中の脱毛は大丈夫?に関する記事

妊娠中の脱毛は母体や胎児に悪影響?レーザーの安全性は?

妊娠中の脱毛は母体や胎児に悪影響?レーザーの安全性は?

妊娠中は脱毛しても大丈夫?サロンでの施術は可能?母体や胎児への影響とそれぞれのムダ毛処理方法の安全性に触れていきます。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中の脱毛は母体や胎児に悪影響?レーザーの安全性は?

妊娠中の脱毛は母体や胎児に影響する?それぞれの安全性

妊娠中は赤ちゃんへの影響を考え、様々なことに気を付けて生活しなければなりませんね。でも、妊婦だからといって、女性としての肌ケアは怠りたくないものです。

中でも気になるのは、妊娠中に脱毛を行っても大丈夫なのかということ。脇や手足などのパーツを中心とした脱毛は今や主流となっており、レーザー光脱毛、ワックス脱毛など脱毛方法の種類も様々です。
サロンの施術で使用されるレーザーの脱毛方法は、母体や胎児に影響するのでしょうか?今回は、妊娠中の脱毛・除毛の安全性や可否について、脱毛方法別に解説していきます。

サロンでの脱毛を行っている中、妊娠が発覚した場合

自分で処理するよりも効率良くきれいに脱毛でき、利用者数も多い脱毛サロン。妊娠前からサロンやエステで脱毛施術を受けていたという方も多いですよね。
もし脱毛サロンに通っていた場合、妊娠が発覚したあとはどのように対応すべきなのでしょうか。

妊娠が発覚し次第、脱毛期間の延長を

サロンで脱毛

中には「自己責任」という形で妊娠中の脱毛を可能としているお店もありますが、基本的に、サロンやエステでは妊娠中の脱毛施術は受けることができないとされています。
理由としては、妊娠中は体調が悪くなりやすく、ホルモンバランスの変化により肌がデリケートな時期ということもあり、サロン側の配慮だといえます。

妊娠がわかった時点で、サロンに一時脱毛の休止を申し出ましょう。施術期間中に妊娠がわかった場合、多くの店舗で期間の延長を行ってくれるシステムがあります。それぞれのサロンによって規定は異なりますので、サロンスタッフに詳しく相談してみるとよいでしょう。

産後の脱毛施術再開はいつから可能?

産後、サロンでの脱毛施術を再開できる時期は、店舗によっても異なります。例として大手サロン2社の規定を挙げてみます。

・TBC…産後2ヶ月から再開できるが、授乳中の場合は授乳期間終了後から
・ミュゼプラチナム…授乳終了後、生理が2回以上順調に来ていれば可能

上記のように、サロンによって脱毛再開の規定は異なるのですが、やはり各サロンで、妊娠中から授乳中の脱毛施術に対しては、とても慎重に考えていることがうかがえます。

サロンによっては「生理が来ていれば脱毛可能」というところも多いのですが、授乳中でも生理が来ることは珍しくありません。この場合、「授乳中だけど生理が来たから、脱毛施術を再開してもいいよね」と独断で施術を受けるのではなく、産後に脱毛を再開する場合には、事前にサロンスタッフに確認をとるようにしましょう。

それぞれの脱毛方法の安全性は?

様々な脱毛・除毛方法がありますが、それぞれ妊娠中に行う上での影響が気になりますよね。
レーザー脱毛、ワックス脱毛、カミソリによる除毛、脱毛クリームの4つの方法に分類し、それぞれの安全性について解説します。

レーザーによる脱毛

レーザー脱毛する女性

レーザー脱毛はサロンで主流となっている脱毛方法で、その効果や手軽さから利用する方も多い方法です。
気になるのはレーザーによる母体や赤ちゃんへの影響ですが、サロンで仕様するレーザーはレントゲンなどと違い、体内まで光が通る仕組みではなく、肌の表面までしか届かず毛根に作用するものであるため、母体や胎児に直接的な影響は心配ないようです。

しかし、妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいため、体調が悪くなったり、普段以上に肌がデリケートになったりしてしまいがちです。
脱毛で使用するクリームやレーザーに肌が敏感に反応し、肌トラブルを起こしてしまうことのないよう、サロン側の配慮から妊娠中のレーザー脱毛は行わない方針となっているようです。

ワックス脱毛

ワックス脱毛は、ワックスを肌に直接塗り、上からシートを密着させてしばらく時間を置いてから毛を抜く方法です。
市販のキットを使って自己処理で行う方はもちろん、ワックス脱毛はサロンでも取り入れられており、安全に行えば2~3週間はツルツルの肌が継続するとされています。

しかし、ワックスを剥がし取った勢いにより、かゆみが出たり毛根から出血したりすることがあり、妊娠中の敏感肌にはダメージや刺激が大きいためおすすめはできません。

カミソリによるムダ毛処理

電気カミソリで脇を剃る女性

カミソリでのムダ毛処理は簡単で手軽なのですが、脱毛ではないので処理をする回数も多く、そのたびに生えてくる毛が太く濃くなっているように見えますよね。
特に妊娠中は体毛が濃くなりやすい上、女性ホルモンが増えるために、ほくろやシミの元となるメラノサイトを刺激しやすい状態です。1本1本が濃くなって、どんどん毛深く見えてしまうというのは、女性として気が重くなってしまうでしょう。

しかし、カミソリでの処理は肌表面も削ってしまい、妊娠中のデリケートな肌には刺激が強いため、除毛処理の際にはくれぐれも慎重に、肌を傷つけないように行う必要があります。
また、妊娠後期のお腹が大きい状態で行うと、扱いを誤って肌を傷つける恐れもあるので注意しましょう。

脱毛クリームの使用

脱毛クリームを脚に塗る女性

脱毛クリームは、体毛に化学反応を起こして溶かして処理する方法です。“体毛を溶かす”という時点で、なんらかの刺激が作用していることがわかりますよね。これは、主成分のチオグリコール酸カルシウムという物質が毛のタンパク質に作用して溶かす仕組みになっています。

肌に負担の少ない「低刺激性」と記載されているクリームであっても、妊娠中は肌が敏感になりやすく、かゆみやかぶれなどの炎症を起こす可能性があります。
また、脱毛クリームは毛根から除去できるものではないので、毛根に残った毛が毛穴を目立たせてしまうことも考えられます。

脱毛クリームの使用法は、クリームを脱毛したい部分に塗って時間をおいて拭き取るだけ。とても手軽にできますし、胎児への影響はありませんが、つわり時期の場合、クリームの臭いによってつわりが悪化する恐れもあるため、妊婦さんの使用はなるべく控えたほうがよいでしょう。

濃くなった体毛は産後に元に戻ることがほとんど

自分で腕を触る女性

妊娠中に体毛が濃くなる理由は、ホルモンバランスの急激な変化によるものです。妊娠により女性ホルモンの分泌が活発になることで、メラニン色素にも作用し、色素沈着や体毛を濃くさせると言われています。
体毛が濃くなるといっても、毛の本数が増えるというわけではなく、毛根の数は変わりません。しかし、1本1本が黒く太くなってしまうために体毛が目立ち、毛深くなったような気がするのです。

体毛の変化は、腹部を中心に見られることが多く、お腹がまだ膨らんでいない頃から自覚する人もいますし、お腹が大きくなった頃に気付く人など個人差があります。

いずれにしても、毛が濃くなると気になって仕方なくなってしまうものですが、妊娠中に体毛が濃くなったとしても、産後は徐々に元の状態に戻ることがほとんどなので、ママも心配し過ぎないようにしてくださいね。

肌が敏感な妊婦さんは脱毛を避けるのが安心

妊娠中の脱毛は肌トラブルを引き起こすのはもちろん、自力で脱毛する場合の姿勢が、大きいお腹に負担をかける可能性もあります。赤ちゃんへの深刻な影響がないとしても、万が一の場合、自分の身体に関わるあらゆるリスクを考えると、妊娠中の脱毛は避け、そのままにしておくことが無難と言えるでしょう。

何が起こるかわからないのが妊娠中の身体。我慢のし過ぎは禁物ですが、自分の身体とお腹の赤ちゃんのためにも、安全には十分すぎるほどに注意しておきたいものです。
妊婦さんは、敏感になっている肌の保湿やお腹の妊娠線予防など、別の方法で妊娠中のお肌を労わってあげてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
りんりん

りんりん

40代、趣味は付箋集め、晩酌が欠かせないのんべえですw