妊婦の足つぼマッサージはOK?に関する記事

妊婦の足つぼ、施術の注意点は?むくみ・便秘に利くつぼ

妊婦の足つぼ、施術の注意点は?むくみ・便秘に利くつぼ

妊婦さんは足つぼを押してはダメ?でも、マッサージを受けたい。そんな悩める妊婦さんのために、足つぼマッサージの影響や避けるべき禁忌の足つぼ、施術前の注意点をまとめました。妊娠中の辛い便秘やむくみの解消に役立つといいですね!

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦の足つぼ、施術の注意点は?むくみ・便秘に利くつぼ

妊婦の足つぼマッサージはダメ?禁忌はある?むくみや便秘に効果的なつぼ

妊娠中の行動は、何かにつけて心配と不安が伴います。いつもは何の心配もなく行っていても、赤ちゃんのためにはやめておいたほうが良いこともたくさんありますよね。

女性が大好きなマッサージやリフレも、判断に迷うもののひとつ。お店によっては、「妊娠中の方はご遠慮ください」とはっきり明記していることもあり、「妊娠中のマッサージは赤ちゃんに影響があるのかな?」と色々考えちゃいますよね。

特に足つぼマッサージは、自分でも簡単にできるので、むくみや冷えのセルフケアとして日頃から取り入れている女性も多いはず。しかし、足裏は全身の反射区と呼ばれており、「つぼ押しは思わぬ影響を及ぼすこともあるから危険・ダメ」という意見もあります。本当のところは、どうなのでしょうか?

足つぼを刺激・マッサージをすると赤ちゃんに影響する?

まずは、単純な疑問から解決していきましょう。妊娠中にマッサージを受けてもいいのでしょうか?妊娠中の敏感な時期に、つぼを刺激することには問題がないのか、考えていきましょう。

妊婦さんに禁忌のつぼがあるのは事実

鍼灸師のイラスト

妊婦さんが最も心配するのは、つぼへの刺激で、赤ちゃんに何か悪い影響を及ぼすのでは、という点です。ですが、マタニティ整体やプレママ向けのマッサージケアがあるように、マッサージ自体がダメというわけではありません。お腹への直接の刺激や、無理な体勢でのマッサージ、強い刺激などを避ければ、問題ないと考えられています。

一方で、足つぼは、自律神経の乱れの正常化や、ホルモンバランスの改善に使われるため、マッサージとは区別して、妊娠中は控えるべきという意見もあります。そして、足裏には確かに、「妊婦さんにとっての禁忌のつぼ」も存在します。それは、子宮収縮を促す効果のあるつぼです。鍼灸師によると、「この二つのつぼは、安易に妊婦さんが刺激するべきではない」とのことです。

妊婦さんに禁忌のつぼ1:太衝(たいしょう)

足の親指と人差し指の間、指の付け根から少し上の最もくぼんでいるところにあります。冷えや足の疲れ、気持ちを落ち着かせるつぼとして知られていますが、陣痛を早めるつぼとも言われます。
生産期に入っていない時期のつぼ押しは控えた方がよいでしょう。

妊婦さんに禁忌のつぼ2:三陰交(さんいんこう)

くるぶしの頂点から指4本分、骨に沿って上がったところ、骨の後ろ側にあります。ここも子宮収縮を促すつぼと言われます。出産予定日を過ぎ、陣痛がなかなか来ないママたちが収縮を促すために押すつぼとしても知られていますが、生産期前は、特に避けるべきつぼです。

特に、三陰交は、刺激の強いつぼだと言われているので、臨月になってどうしても陣痛が来ない時以外は触らないに越したことはありません。

これらを避け、妊婦さんへの配慮がなされたマッサージや足つぼへの刺激なら、施術は可能との考えが一般的です。

むくみや便秘が続く方が悪影響?改善の一つの方法

お腹を触る妊婦さん

妊娠中はむくみや便秘などのマイナートラブルが絶えず、辛い症状に悩んでいる方は多いでしょう。足つぼの刺激より、こうした長期間続く症状による体への負担やストレスの方がママの生活や赤ちゃんに悪影響の場合もあり得ます。

足つぼを押すことで、便秘やむくみなどの症状の改善につながる可能性はあります。もちろん禁忌の足つぼは押さないのが大前提です。妊娠中は薬の服用も控えないといけない場合が多いので、足つぼはマイナートラブルの救世主ともなりえます。

とはいえ、心身ともにデリケートな時期には間違いないので、最終的に足つぼをするかどうかは、妊婦さん自身の判断によるところが大きいでしょう。
次項からは、本人が安心してマッサージを受けたり、自分で足つぼを刺激する際の注意事項を説明します。

妊婦さんが足つぼのマッサージの施術を受ける時の注意点

次の点に注意して、安心して施術を受けられる準備をしましょう。何かとデリケートな時期ですので、専門家にアドバイスをもらいましょう!

担当の産科医師に相談する

産科医師と相談する妊婦さんのイラスト

人によって妊娠中の経過は違いますので、まずはかかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。初期はつわりなどで体調が変動しやすいので避けた方が無難です。

東洋医学に強い産科医なら、効果的なつぼや避けるべきつぼを教えてくれるかもしれません。助産師さんは、妊娠中のケアに詳しいので、相談してみても良いでしょう。

妊婦さんに施術経験のあるお店や施術者に頼む

マッサージをしているスタッフ

足つぼに興味があるなら、信頼できる治療院で、知識の豊富な施術者にお願いするのがベストです。妊娠中のケアに詳しい、もしくは妊婦さんへの施術経験があるお店やスタッフを選びましょう。一般のマッサージ店には、国家資格を持たないスタッフも多く在籍しています。口コミ等で事前に情報収集し、予約時には妊娠週数をしっかり伝えておきましょう。

妊婦さんが自分で足のつぼを刺激する際の注意点

セルフケアとして足つぼマッサージをするならば、以下の点に注意をしましょう。

強く押さない、長時間の刺激はさける

自分で足つぼを押している妊婦さん

足つぼと言えば、強刺激!痛いくらいのマッサージが大好きという方も中にはいらっしゃいます。でも、今は妊娠中。何事もほどほどにしておくのが無難です。つぼへの刺激は、心地よいくらいで十分です。時間も、5分くらいにしておきましょう。

効果のわからないつぼは刺激しない

妊娠中のつぼ刺激の効果や影響については、様々な意見があります。鍼灸師の先生によっても、流派や考え方で、刺激してはならないつぼが違うのだとか。
だからこそ、素人の私たちは、やみくもに知らないつぼを刺激しない方がいいかもしれません。ママ自身が余計な不安を抱えないためにも、安心できるつぼの刺激のみにとどめておくのが上手なセルフケア方法です。

食後すぐの刺激はさける

食事をしている妊婦さん

食後は、消化のために、胃腸に血液が集まるようにできています。消化不良を起こさないためにも食後1時間の刺激は避けた方が良さそうです。妊婦さんの体はデリケート。つわりが終わっていても、子宮からの圧迫で胃腸のトラブルは起きやすい状態にあります。

便秘に効果のある足つぼ

便秘の妊婦さんのイラスト

妊娠中のマイナートラブルの上位に挙がる症状が、便秘です。妊娠中は、ホルモンバランスが変化する影響で、どうしても便秘がちになります。また子宮が大きくなり、胃腸の働きが弱くなっています。
妊娠中でも飲める便秘薬を処方してもらうこともできますが、セルフケアで緩和されればラクですよね。妊婦さんでも安心して押せるつぼはどこでしょうか?

胃腸の反射区 : 土踏まずの周辺

土踏まずのあたりは胃腸の反射区と呼ばれ、胃腸関係のつぼが集まります。排便を促すには、腸の蠕動運動を活発化させなければなりません。土踏まずを心地よい刺激でさすってあげると、蠕動運動が盛んになる効果が期待できます。

足三里 : 膝の外側下

足三里のつぼのイラスト

冷えやむくみにも効果のあるつぼです。膝の下の外側にある骨の出っ張っているところから、指3本分下に下がったところにあります。夏バテで胃腸が弱っている時に効果てきめんとの噂!

あの「奥の細道」で有名な松尾芭蕉も、ここにお灸を据えて旅をしていたという逸話があるくらい、有名なつぼですよ。

むくみ解消に効果のある足つぼ

妊娠中のむくみは本当に辛いですよね。妊娠後期、特に臨月は、お腹もこれ以上ないくらい重いのに、脚がむくむと歩くのも嫌になります。効果的に血流を促せる足つぼはどこにあるのでしょう?

委中: 膝の裏の真ん中にあるつぼ

委中のつぼのイラスト

膝の裏と、かかとからまっすぐ上がったラインを結ぶところに委中があります。つまり、膝の裏側の中央です。このつぼは、腰痛にも効果があるとのことです。かかとと委中を結ぶライン上に、「承金」「承間」「承山」と呼ばれるむくみのつぼが並んでいます。

無名穴 : 太ももの内側の中央付近にあるつぼ

太ももの内側中央部、足の付け根と膝の真ん中に「無名穴」はあります。むくみに利くつぼ、脚やせのつぼとして知られています。

信頼できる治療院で施術を受けること&心配のない足つぼを選ぶこと

鍼灸整骨院

妊娠中の足つぼは禁止されているわけではありません。しかし、つぼの中には、子宮を収縮させる効果があるものが存在するため、施術は慎重に行う必要があります。体調が変動しやすい妊娠初期は避け、安定期に入ってから、妊婦への施術経験のある治療院や施術者を選びましょう。自分でセルフケアする場合は、弱めに、短時間が基本ですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!