妊婦のアイスはOK?に関する記事

妊婦さんのアイス事情~食事の後に抹茶はクリームはOK?

妊婦さんのアイス事情~食事の後に抹茶はクリームはOK?

妊婦さんはアイスを食べてもいいの?どういうアイスを選ぶのが正解?制限が多い食生活だからこそ、きちんと知って上手におつきあいしましょう。安心して食べられるアイスの食べ方、おすすめのアイスを紹介していきます♪

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦さんのアイス事情~食事の後に抹茶はクリームはOK?

妊婦とアイスの向き合い方 ~ 食後のデザートは妊娠期間中でも食べられるの?

妊娠中の食事は、いろいろなものに制限がかかって食べられなくなったり、好みが変わってしまったりして、何かと不自由に感じることも多くなります。

生ものやチーズを控えるように言われますが、ではアイスはどうなのでしょう?冷たいものですので、季節によっては、身体を冷やしてしまうイメージがありますね…。果たして、妊婦さんはアイスを食べてもいいのか、良いのだとしたらどのようなものを選ぶべきなのか、アイス好きの妊婦さんはしっかりと確認しておきましょう!

アイスには色んな種類があるって知っていましたか!?

おいしそうなアイス

「アイス大好き!」「夏もアイス!冬もこたつでアイス」そんな方は少なくないはず。甘くて、冷たくて、食べ終わった後には、ちょっぴり幸せな気分になれるアイスは、ついついスーパーやコンビニで買ってしまうスイーツです。

実は、一口に「アイス」といっても、ミルクの含有量によって大きく3種類に分けられます。アイスの種類に紹介した後に、妊娠中に安心して食べられるアイスの条件を解説しますので、まずは、アイスにはいくつかの種類があることを押さえておきましょう!

一般社団法人 日本アイスクリーム協会によると、一見同じように見えても、アイスは、乳成分の量などによって、細かく分類されており、それぞれの定義や成分規格は、「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって定められています。

引用元:一般社団法人 日本アイスクリーム協会

アイスクリーム

牛乳から水分と乳脂肪分はぶいた状態であるのものの事を、無脂乳固形分といいます。乳脂肪分は、牛乳から、水分と
無脂乳固形分をはぶいたものの事をいいます。

アイスクリームは、成分中に無脂乳固形分が15%以上 うち乳脂肪分8.%以上が含まれている牛乳を成分とした冷たい食べ物で、ミルクの風味がとにかく濃厚です。

アイスミルク

アイスミルクは、乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上が成分中に含まれている冷たい食べ物のことをいい、アイスクリームに比べると、牛乳の風味やまろやかさは劣ってしまいます。

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上と定義されており、植物性脂肪分が使われることもあります。カロリー自体は、他の二つよりも低めですが、これこれを入れるべきとの制限がゆるいため、味をよくしようとして、食品添加物が混じっていることもある商品です。

氷菓

ミルクの成分がほとんどふくまれていない種類のもので、果物の成分を凍らせたアイスキャンデーやかき氷、ジェラートなどがこの分類に入ります。

妊娠期間中には注意をすればアイスを食べられます!

アイスを食べる妊婦さん

妊娠中のアイスは、生魚や生肉のように、食べるのを禁止されているわけではありません。つわりがひどい時には、なるべく口当たりの良いものが食べやすくなりますよね。そんな時には、冷たくて口当たりの良いアイスクリームはうってつけ食べ物ですよね、食べた後にスッキリできる爽快感も抜群だし。

また、妊娠中は時には高体温でのぼせがちなので、アイスでのぼせ覚ましをしている人もいるとのことですよ。

でも、アイスはやはり冷たい食べ物ですから、身体を冷やしすぎないようにするなど注意しておくべき点もあります。
ポイントを押さえて、上手にアイスと付き合いましょう。

抹茶アイスなどのカフェインを含む種類のアイスには注意しよう

抹茶アイス

妊娠中のカフェイン過剰摂取の影響については、あちこちで言われており、授乳中も含め、赤ちゃんとママが繋がっている間は、制限すべき品目の一つとなっています。妊娠中のカフェイン摂取は、特にママの方に影響があります!

カフェインを過剰摂取してしまうと、カルシウムを体の外に過剰に出してしまったり、鉄分の吸収を邪魔してしまったりもします。妊娠中は、お腹の中にいる赤ちゃんの発育のため、カルシウムや鉄分がいつも以上に必要な時期です。カフェインは身体を守るためにも、制限したい食品の一つです。

抹茶アイスは、女子の大好きな食べ物の一つですが、妊娠する以前からの習慣が続いてしまって、ついうっかりカフェインの存在を忘れてしまわないように注意しましょう!

カフェインといえば、コーヒーや紅茶をまずイメージするでしょうが、実は、日本茶や抹茶の方が同じ量に対する含有量は高くなっています。少量、たまに食べるくらいなら体でうまく処理できるので、問題はありませんが、毎日のように摂取するのは少し考えものです。コーヒー、紅茶だけでなく、抹茶にもカフェインが含まれていることを覚えておきましょうね。

体を冷やさない工夫をする

女性のイラスト

美味しくて、食べるとすっきりするアイスですが、同時に身体を冷やす食べ物でもあります。
妊婦さんは身体が冷えてしまうと、子宮が張りやすくなってしまいます。子宮の張りは、赤ちゃんのお家が狭くなってしまって、窮屈で苦しくなるようなものですから、むやみやたらに張るのは避けたいものですよね。

それだけではなく、冷えによる下痢も心配です。腸と子宮は近い位置にあって、お互いに影響しあっていて、腸の動きが活発になることも、子宮が張る原因の一つです。トイレで力いっぱい「いきむ」のも、妊娠さんとっては、あまり良いこととは言えませんので、アイスを食べてお腹がゆるくなる人は気をつけましょう。

また、慢性的な体の冷えは、風邪などの体調不良にも繋がる恐れがあります。妊娠中はただでさえ、免疫力が落ちていますから、より注意が必要です。妊娠中はなるべく身体を冷やしすぎないようにしましょうね。
その意味で、アイスの食べ過ぎには注意です!

体を冷やさないために、妊婦さんは寒い季節には腹巻などを身に着けて、寒さ対策をしましょう。

ラクトアイスは成分表を見て、たくさん添加物が含まれていないかもチェック

ラクトアイスのイラスト

実は、ラクトアイスには、他のアイスよりも添加物がいっぱい。ラクトアイスは、値段もお手ごろ価格で、量も多く、重たくないのでサクッと食べられますよね。それは、ラクトアイスが他の種類のアイスよりも、乳成分が少ないという事が関わっております。乳成分が少ないと、低カロリーのアイスを作ることができますが、固まりがイマイチだったり、ミルクっぽさがなかったりと、満足感のないアイスになってしまいます。

それを改善しているのが、ラクトアイスに含まれている植物性脂肪分と、食品添加物です。妊娠していない時であれば、普段そんなに気にならない成分でも、妊娠中となると、添加物などが含まれている食材は遠慮してしまうママもおられるはずです。

添加物が気になるママは、ラクトアイスよりもちょっと高価な「アイスクリーム」を選びましょう!少し高くて量は少ないのですが、ラクトアイスよりもかなり濃厚なので、少量でも満足感が得られます。身体を冷やしすぎないためにも、小さめサイズのアイスクリームはぴったりかもしれません。

食べ過ぎには注意‼妊娠期間中でも安心して食べられるアイス

妊婦さんでも安心して食べられるアイスを選んでみました!つわり中、少しでも身体に優しいアイスを食べたい方、妊娠中でもアイスが楽しみ!という方は、ぜひチェックしてくださいね。

MOW(モウ)バニラ

MOW(モウ)バニラ

森永乳業

130 円 + 税 (メーカー希望小売価格)

モウとういうと、何だか牛さんの鳴き声を連想してしまいますよね。こちらの商品には牛乳の成分がたっぷりと詰まった「アイスクリーム」です。唯一の添加物である香料も、天然のバニラ香料を使っているので、妊婦さんにも優しいですよね。コンビニやスーパーでは、必ずといってもいいくらい置いてある商品なので、定番中の定番ですね。風味もミルク感が濃く、満足感が高め。それでいてお手ごろ価格なのが素晴らしい!最近改良されてさらに美味しくなったのとの評判もあちこちで聞きますよね♪

https://www.morinagamilk.co.jp

モナ王 ミルク

モナ王ミルク

LOTTE

オープンプライス

モナ王はアイスミルクの分類されている商品です。モナカって、無性に食べたくなってしまう時ってありますよね!妊娠中なんで、体を冷やさないために、食べる量を制限したい時には、パリッと小分けして、パパなどに食べてもらいやすいのは、妊娠中には嬉しいですよね。

http://www.lotte.co.jp

牧場しぼり つぶつぶいちご

牧場しぼりつぶつぶいちご

Glico

オープンプライス

イチゴアイス大好きな方ならつい選んでしまいそうな商品。ピンクの美味しそうな包装に目を引かれてしまいます。つぶつぶいちごは「アイスミルク」なので、ラクトアイスよりは添加物抑えめで、美味しく食べられます。ミルク感の高い牧場しぼりシリーズでもイチゴが入っていることで割とさっぱりした味わい楽しめます♪

https://www.glico.com

ハーゲンダッツ バニラ

ハーゲンダッツのバニラ

ハーゲンダッツ

オープンプライス

50年以上、味の変わらないロングセラー商品。ダッツといえば、この濃厚なバニラですよね。特に良くない添加物なども入っていない「アイスクリーム」ですので、安心して食べられます。つわりで何も食べられないママには本当にオススメ。お値段は高めですが、少量でも満足感が大きい商品です。冷蔵庫の中に、入れておいて少しづつ味を堪能するという食べ方もいいですよね!

http://www.haagen-dazs.co.jp

あずきバー 65ml

あずきバー

井村屋

70 円 + 税 (メーカー希望小売価格)

甘いものが食べたい妊婦さんは、あずきバーなんていかがでしょうか?「氷菓」なので、乳成分にあれこれ不安に感じることもないですし、無添加無着色なので添加物の面でも安心です。6本入りのボックスタイプを冷凍庫に入れておけば、ちょっとした楽しみができますね。この65mlの小さめサイズがちょうどいいですよね。あずきは、むくみを抑える効果が期待できるとされている食材なので、その効果にもあやかりたいですよね。

https://www.imuraya.co.jp

GRAN ミルク 105ml

GRAN ミルク

明治

180 円 + 税 (メーカー希望小売価格)

ミルクの美味しさを極めたとのキャッチコピーでも有名なこちらのアイスクリームは、アイス好きならば、その味わいにふれてみたくなってしまいますよね。牛乳の美味しい成分がたっぷりと詰まっていながらも、クリーミーさだけではなくて、爽快感も楽しめると評判のアイスです♪

http://catalog-p.meiji.co.jp

ガツン、とみかん(棒)

ガツン、とみかん

AKAGI

130 円 + 税 (メーカー希望小売価格)

ガリガリ君で有名なアカギのアイスは、美味しいアイスがたくさん。ガツンとシリーズは「氷菓」なので、添加物などの心配もなし。甘いものよりも冷たくてさっぱりしたものを求めている方に合っているでしょう。濃いジュースを固めたアイスキャンデーのような味わいですので、暑い夏場のほてり解消にも。

http://www.akagi.com

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!