妊婦の焼肉の美味しい食べ方に関する記事

妊婦の焼肉事情~レバーや食べ放題に注意し下痢や腹痛対策

妊婦の焼肉事情~レバーや食べ放題に注意し下痢や腹痛対策

妊婦さんは焼肉禁止?いえいえ、トキソプラズマ食中毒対策のポイントを押さえれば、安心して食べることができますよ。おすすめの部位やレバーの摂取目安量から、焼肉と陣痛のジンクスは本当?煙は大丈夫?などの疑問もクリアにします。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦の焼肉事情~レバーや食べ放題に注意し下痢や腹痛対策

妊婦の時期は焼肉の食べ放題は止めよう~胃もたれ・腹痛・下痢を防ぐための秘訣

妊娠中には、生肉を食べてはいけませんから、そこから連想して、焼肉も禁止なのかもと思ってしまう妊婦さんもいらっしゃるかもしれませんね。ダメと言われると無性に食べたくなってしまうという方もいたりして、焼肉に行きたい気持ちを必死に抑えているというプレママさんは大勢いらっしゃるはずです。

妊娠中の焼肉は行ってもいいのか、安全のためにどのような点に気をつけるべきなのかについて、詳しく解説していきますよ!

妊婦の時期でも普段以上に気をつければ焼肉を食べることができます

お腹を触る妊婦さん

そもそも、妊娠中には、焼肉を食べても大丈夫なのでしょうか?
外食といえば、焼肉!という方もいるくらい、焼肉は男女ともに大好きな食べ物ですよね。お肉1枚で、どれだけのお米が進むでしょうか…?想像しただけでお腹が空いてきてしまうとは、焼肉のパワーは強力ですよね。

ズバリ言うと、妊娠中の焼肉は特に禁止されていません。しかし、妊娠中は、いつも以上に食中毒には注意が必要な時期でもあることは、確かですよね。だって、妊婦さんの大事な命が宿っているんですから。

まずは、政府のガイドラインを確認しておきましょう!

政府広報オンラインの「ご注意ください!お肉の生食・加熱不足により食中毒」によると、近年増えている食中毒の原因であるカンピロバクターは、牛や鶏とった動物の腸にいる細菌であり、それらの動物の生肉や肝臓の内部に付着しているといいます。肉に触れた手やまな板、野菜などからも感染してしまう恐れもあり、感染すると、発熱、吐き気、腹痛などの症状が伴います。

カンピロバクターは、腸内細菌のため、販売されている肉に付着する菌の数を、ゼロにすることはできません。
食中毒を防ぐためには、生肉を食べない、焼き加減の弱い肉は食べない、手やまな板の消毒、生肉に触れた恐れのある野菜は生で食べないように注意が必要であるそうです。

引用元:政府広報オンライン

次に、このカンピロバクターが妊娠に与える影響についてですが、まず妊娠中は免疫力が低下しているために、通常よりも食中毒に感染しやすい状態にあると言えます。妊婦さんが食中毒に感染してしまうと、母体に症状が出るとともに、全体の1割ほどの割合で、お腹の中にいる胎児にも影響が及んでしまうとされております。報告事例として、脳に障害が残ってしまったというケースもあるようなので、妊娠期間中には生肉を食べないように指導されているのには、そういった理由があります。

また、バーベキューなど、自分たちで用意して行う焼肉には、食材管理、調理過程などにもさらに注意しましょう。お肉を切ったまな板や包丁は丁寧に洗い、原因菌がその他の生野菜などの食材を経由して、お口に入らないように気をつけることが大切ですね。

焼肉をよく焼かないとトキソプラズマ感染症になってしまう恐れも

国立感染症研究所の「妊婦さん及び妊娠を希望されている方へ」によると、先天性トキソプラズマ症とは、妊娠中に初めて、母体が原因菌に感染してしまうことによって起こる病気の事を言います。妊娠後期になるほど、胎児へも感染してしまう確率は上がりますが、初期の方が重症化しやすいと言われています。最悪、妊娠を継続できないこともありますので、十分な注意が必要であると呼びかけられています。

主な感染源は、生肉を食べたり、よく加熱していない肉を食べたりしたこと、生肉を切った包丁やまな板を消毒せずに、生野菜をカットしてそのまま食べてしまったことが挙げられます。

引用元:国立感染症研究所

手を洗っている妊婦さんのイラスト

その他の、トキソプラズマの主な感染源は、公園の砂場です。近所の野良猫が、公園の砂場をトイレとして利用していることも多く、砂場には猫の糞が含まれていることも考えられます。妊娠中には決して触れないように注意が必要です。

上のお子さんがいるご家庭は、公園遊びを避けることは難しいとは思いますが、せめて、公園から帰る時にはしっかり手を洗い、消毒をするようにしましょう。飼い猫の糞にも注意が必要で、糞のお世話はパパなどに任せるようにしましょう!

妊婦の時期は焼肉を食べすぎることに注意をしよう!

加えて気をつけたほうが良いのが、食べ過ぎです。体重管理や血液検査などがありますから、すべてきちんとパスできるように保ちたいですね。検査をパスすることで、安全に出産につながっていきますよ!

食べ過ぎてしまうと妊娠高血圧症になってしまうことも

焼肉のたれ

つわりの反動で食が進むからとはいえ、食べ過ぎは良くありません。焼肉は、お肉の旨味やタレ、塩などでついつい白米が進んでしまいますが、焼肉のメニューは本来塩分濃度の高いものです。

日常的な塩分の取りすぎは、妊娠高血圧症候群のリスクをあげてしまいます。ママの体にむくみや頭痛などの高血圧症状が出るだけではなく、赤ちゃんに十分な栄養がいき渡らずに、発育不全が起きることもあります。
たまになら焼肉も大歓迎ですが、食べ過ぎや、しょっちゅう行くのはやめましょうね。食べ過ぎを防ぐ意味でも、食べ放題よりも、自分でお肉をチョイスする方が食べる量を制限できます。

レチノールを多く含むレバーは食べ過ぎないようにする

鉄分が豊富で、妊娠中のママが率先して食べるべきと思われているレバー。実は、近年、レバーはそんなに頑張って取り入れなくても良い食品だという認識に変わりつつあります。

鶏レバー

その理由は、レバーに含まれるレチノールです。レチノールは、動物性のビタミンAに含まれている成分で、尿として排出されにくく、過剰に摂取してしまえば、体内にどんどん蓄積しまいます。

特に、妊娠初期と後期においては、動物性のビタミンAが体に蓄積してしまうことによって、ママの体に中毒症状が起こるリスクが高まるだけではなく、お腹の赤ちゃんに目や耳の異常などの影響を及ぼしてしまう恐れが指摘されています。

妊娠中の女性がお腹の子に影響を与えないようするためのレトノールの上限値は、個人差も伴いますが国立健康・栄養研究所の報告によると、1日4500μgとされております。一方、レバー100gあたりのレチノール含有量は食品安全委員会の資料によると、鳥のレバー(生)は14000μgです。加熱すれば、レチノールの量はある程度は失われるとはいっても、それでもレバーに含まれているレチノールの量は多いですよね。つまり、レバーは少量でいいのです。これが、近年、貧血対策にレバーがあまり勧められない理由なのです。

それでも、確かにレバーは鉄分などの栄養価も高いので、絶対食べてはいけないものでもありません。過度な摂取は控え、日常的にレバーを食べる習慣がなければ、問題はありません。

体重が増えてすぎてしまう

体重計

ただでさえ多くの妊婦さんが悩む体重管理。全く食欲が増さず、あまり体重も増えなかったという方も中にはいらっしゃるかと思いますが、多くの方々は体重増加と格闘していますよね。目安以上の体重増加は、難産の原因ともなり、母体にとっても、赤ちゃんにとっても、決して良いこととはいえませんよ。

外食は開放的な気分になりますし、美味しいものがたくさん。ついついいつもより多く食べてしまいます。良質な栄養を摂ることを第一に考え、過度な食べ過ぎは妊娠期間中には気をつけましょうね。

妊娠期間におすすめしたい焼肉の部位

高カロリーな焼肉。カルビに塩タン、ミノなどのホルモン…どれも人気の高い部位です。妊娠中に焼肉を楽しむには、高カロリーなお肉を避けて、あっさりといただくのもポイントです。

モモ ~ 脂身が少なくて食べても太りにくい

こってりではなく、あっさりとした部位です。でもその分、硬くなりやすいので、さっと焼いて、色が変わったらすぐにいただきましょう。外モモより内モモが焼肉向け。「ヒウチ」は霜降りもあり、とても美味しい部位です。

ヒレ ~ 柔らかくてよく噛まなくても食べられる

焼肉用の牛ヒレ肉

ヒレは、1頭の牛からごく限られた量しか取れない、貴重な部位。お肉が大好きで、詳しい方ならご存知かもしれませんが、シャトーブリアンは、ヒレの最高級部位を指します。お店では、「ヘレ」「フィレ」「テンダーロイン」などの名前で置いてありますね。

お家でとんかつを作る時にも、とんかつ用豚肉よりも豚ヒレ肉を使うと、さっぱりと食べられるのでオススメです。

鶏肉 ~ 牛や豚に比べるとヘルシー

牛、豚と鶏のイラスト

動物は皆、自分よりも大きな動物の肉の消化には負担がかかると言われています。感覚的にもわかるかもしれませんが、牛肉よりも豚肉、豚肉よりも鶏肉の方が、あっさりしていると思いませんか?

セセリなども、脂が乗っている割に、カルビよりもヘルシー。妊娠中こそ、牛肉以外の選択肢に挑戦してみては?

妊婦の時期に焼肉を楽しむための秘訣

まず何よりも、生肉に付着している菌類を体内に入れないことが重要になります。以下のポイントを押さえておけば、安心して焼肉を楽しむことができるでしょう!

お店ではトングを上手につかう

お肉を焼く時には、絶対トングを使いましょうね。トングを使うのは、お肉を網にのせるところから、お肉を裏返すまで。そして、焼けたお肉は、自分のお箸で取るようにすると、原因菌がお口の中に入る可能性は極力少なくなります。そういった、最善の注意をはらうことで、トキソプラズマやカンピロバクターから身を守ることができます。

家で楽しむ時には食べる箸と裏返す箸は分ける

焼肉セットのイラスト

お家でホットプレートを使って焼肉パーティをする時にも、口に運ぶ箸とお肉を焼くお箸は別にします。途中でわかりにくくなるので、お肉を扱う箸は菜箸や色の全く違う箸にしておくと安心です。焼肉を一緒に楽しむメンバーにも、ルールを守ってもらいましょう。

肉は重ねないようにして焼く

お肉がはけると、空いたスペースに新しいお肉を乗せたくて、うずうずすることでしょう。でも、菌から身を守るには、ここでも一つ注意点が!
せっかく加熱されたお肉も、生肉が重なってしまっては意味がありませんよね。焼けているから、大丈夫だとは思っていても、焼けきっていない肉と接触してしまうことで、原因菌がくっついてしまうかもしれません。そういった事を防ぐためにも、加熱されているお肉と生肉が触れないように気をつけましょう。

キムチなどの刺激の強いサイドメニューは抑え気味で

禁止されているわけではありませんが、妊娠中の刺激物はよくないという考え方もあります。本当かどうかは誰も確かめる方法がありませんが、羊水は、ママの食べたものや普段の日用品などの影響で、味や匂いが変わったりするともいわれています。
キムチなどの辛いものには、同時に塩分も多く含まれていますので、こちらも食べ過ぎには注意です。

焼肉を食べると陣痛が起こるってジンクスの真相は?

焼肉を食べている妊婦さん

巷でまことしやかに囁かれている噂が、これ。「焼肉を食べると、陣痛が来る」というもの。焼肉とオロナミンCの組み合わせは、有名ですよね。正期産の時期に入ると、怖いモノ見たさに、このジンクスを試してみるママもたくさんいらっしゃいます。

でも、本当のところ、このジンクスに医学的な根拠はありません。焼肉を食べた後にたまたま陣痛がおこってしまった妊婦さんのウワサ話が、徐々に広がっていき、それを試してみた妊婦さん達の中にもたまたま陣痛がおこってしまった女性がいて、どんどん噂の力が強くなっていったものと思われます。

出産にはスタミナが必要です。下手をすると1日近く何も食べられない!なんて事態もありうるので、陣痛前の景気付けに、パパに焼肉をおごってもらうというのもアリかもしれませんね。それに子どもが産まれたら、その子が聞き分けのできる年齢になるまでは、火元が危ないんで、うかうかと焼肉店にも行けなくなります。今のうちにゆっくり満喫しておきましょう。

焼肉の煙って大丈夫なの?

タバコの煙を避けるのと同じように、焼肉の煙もよくないのかと考える方もおられるかもしれませんね。
結果から言うと、焼肉の煙は問題がないそうです。有害なダイオキシンなどが出ることもなく、焼肉店には席ごとに強力な換気扇が付いているので、そんなに心配することはありません。
しかし、喘息もちの方は、煙が気管支を刺激して発作を誘発することもあるそうなので、注意しましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!