妊婦は紅茶を何杯飲める?に関する記事

妊婦は紅茶を1日に何杯まで?紅茶のカフェイン計算のコツ

妊婦は紅茶を1日に何杯まで?紅茶のカフェイン計算のコツ

妊婦さんは紅茶をどのくらい飲めるのでしょう?珈琲よりはカフェインも少なそうですが、赤ちゃんのことを考えると迷いますよね。茶葉やペットボトル紅茶のカフェイ量や1日の摂取量目安を解説。おいしいデカフェ、ノンカフェイン紅茶もご紹介します!

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦は紅茶を1日に何杯まで?紅茶のカフェイン計算のコツ

妊婦が紅茶でティータイムはダメ?1日に何杯まで飲めるの?

紅茶が大好きで、毎日飲んでいる女性もいるでしょう。紅茶の香りに包まれながら、ちょっと一息の時間はとっても幸せですよね。でも、そんな方が妊娠した場合、カフェインが心配で、紅茶を飲めなくなる…なんて考えたら、結構なストレスでしょう。

なぜ、妊娠したら、カフェインはダメなのでしょうか?絶対にNGというほどでないなら、1日に紅茶は何杯くらい飲めるでしょうか?
妊娠中の紅茶との上手な付き合い方、カフェインや紅茶、デカフェについて、また、妊婦さんにもおすすめの紅茶をご紹介します。

妊婦さんや赤ちゃんにとってカフェインはどんな影響があるの?

不眠の妊婦さん

妊娠すると、カフェインの摂取を控えるように、指導されると思います。赤ちゃんに悪影響があるからだろうなとなんとなく想像はつきますが、詳しい理由は知らない方が多いのではないでしょうか?
カフェインは、中枢神経を刺激する作用があります。ですので、カフェインを摂取すると、興奮したり、不眠、心拍数の増加、震え、不眠などを引き起こす恐れがあります。

通常、大人1人が一般的に摂取している量だと、このような副作用はでません。しかし、カフェインは胎盤を通して、胎児へ移行するのです。胎児は、まだ多くの器官が未熟なため、カフェインを分解するのには時間がかかりますし、体に負担もかかります。その結果、低体重など、発育に影響が出るリスクが高くなると言われています。

また、紅茶には、カフェインの他、タンニンという物質も含まれています。タンニンは、鉄分の吸収を阻害するので、胎児にたくさんの血液を送り、通常より貧血気味になっている妊婦さんには、あまり有り難くない存在です。めまいや立ちくらみを頻繁に起こしているような貧血気味の妊婦さんの場合、カフェインに限らず、紅茶は飲まない方がいいでしょう。

カフェインは1日どのくらいまでOK?イギリスの妊婦さんも紅茶は制限?

イギリスの妊婦さん達

では、カフェインは一日、どのくらいまでなら摂取していいのでしょうか?実は、日本には明確な基準がないのですが、WHOや各国の保健機関が基準値を出しているのは、1日に300ミリグラムのカフェイン量が摂取の上限のことが多いです。

紅茶の本場、イギリスの英国食品安全庁は1日に200ミリグラムという基準で、意外にも慎重ですね!イギリスの人は、毎日、何杯も紅茶を飲んでいるイメージがありますが、妊婦さんは例外的に、紅茶を制限しているようです。

紅茶に含まれるカフェイン量

では、紅茶には、どのくらいのカフェインが含まれているのでしょうか?
茶葉の種類や、温度によっても、カフェインの抽出量が異なってきますが、平均的な数値を知っておきましょう。

茶葉でいれた紅茶1杯

実際に、1杯の紅茶にはどのくらいのカフェインが含まれているのでしょうか?
もちろん茶葉の種類や抽出方法によっても違うのですが、紅茶1杯が100mlとすると、30mgカフェインが含まれています。

ペットボトル紅茶

ペットボトルの紅茶のイラスト

また、紅茶の市販のペットボトルなどは、どうでしょうか?
ペットボトル紅茶100mlの紅茶のカフェイン量は、メーカーの成分表示には以下のように記されています。

  • 午後の紅茶ストレート 12mg
  • リプトンアップルティー 10mg未満

あくまで100mlの保有量ですから、500 mlのペットボトルを1日で飲み切った場合は、5を掛けることになりますね。
上の2商品だと、50~60mgのカフェインを摂取したことになります。

その他の商品も、成分表示などを確認すると、カフェインの含有量が分かります。だいたいの傾向としては、「茶葉2倍」「濃厚」などの商品はストレートティーよりカフェイン量が高くなります。
また、ミルクティーの場合、紅茶の風味をしっかり出すために濃く抽出するので、ストレートティーよりもカフェインが多く、100mlあたり30mgと、茶葉でいれた紅茶と同じくらいのカフェイン量の商品も多いようです。

紅茶とコーヒー、どちらのカフェイン量が多い?

コーヒー

一般的には、紅茶よりも、コーヒーの方が、カフェインが多いという、イメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?ですが、最近、「実はカフェインは紅茶の方が多い」という意外な話が主にネット上で見受けられたりします。結局どっちが多いの?と混乱してしましますが、この「コーヒーよりも紅茶の方がカフェインが多い」という話には、あるカラクリがあるのです。

実は、コーヒー豆に含まれるカフェイン含有量は、インスタントコーヒー等でお馴染みのアラビカ種は、豆の重さに対して1%程度のカフェインです。対して、紅茶は茶葉の重さに対して、約3パーセント。同量の豆と茶葉を比べると、紅茶は、コーヒーよりもカフェインが多いのは事実です。

しかし、1杯の紅茶やコーヒーを抽出するのに、必要な豆の量と茶葉の量は違います。また、茶葉は豆に比べれば当然軽いですよね。結果、抽出された1杯の紅茶とコーヒーを比べると、コーヒーのカフェインの方が多くなるのです。ドリップコーヒーは100mlに、60mgのカフェイン量で、紅茶の約2倍ですね。

妊婦さんの1日の紅茶摂取量~1日カフェイン200mgまでとした場合

1杯100mlと規定すると、紅茶は30mgカフェイン量なので、1日のカフェイン摂取上限を200mgと定めたとしても、6杯くらいは飲める計算です。しかし、紅茶1杯100mlというのは、かなり少ない印象です。ティーカップの場合、最低でも150mlは入りますし、マグカップで飲むような場合、200mlぐらい一度に飲んでいる方も多いでしょう。

その他、緑茶やチョコレートなどにも、カフェインは含まれていますから、やはり、1日2~3杯くらいが適度なのではないでしょうか?

ミルクティーや水出ししてカフェインカット

カフェインは、水出しの方が、お湯よりも抽出量が少なくすみます。ですので、夏場などは、水出し用の紅茶などを用意すると、よりカフェイン少なく、紅茶を楽しめます。また、あえて濃く抽出せず、普通の紅茶にミルクを混ぜて、ミルクティーにして飲むのもおすすめです。ただし、砂糖の入れすぎには注意しましょう。

「デカフェ」と「ノンカフェイン」の違い

それでも、やっぱりカフェインが気になるという方には、ノンカフェイン紅茶やデカフェがおすすめです。実は、ノンカフェインとデカフェは微妙に意味が違うのですが、普段はあまり意識していませんよね?せっかくですので、この機会にご説明しましょう!

デカフェ=カフェインレス・ローカフェインという意味

カフェインゼロのお茶を飲んでいる妊婦さん

デカフェは、カフェインを特殊な製法で抜いたもののことを言います。
正確には、ローカフェインやカフェインレスという意味で、カフェインが少し含まれているものもあります。

デカフェは、大きく分けて、薬を使う方法と二酸化炭素を使う方法があり、二酸化炭素を使った方が衛生面や健康面で安全だと考えられています。日本では、薬を使ったデカフェ商品の販売はできないので、安心してください。完璧ゼロではありませんが、デカフェである以上は、あまり気にしなくていいでしょう。

ノンカフェイン=カフェインゼロ

ノンカフェインというのは、つまり、カフェインゼロ。そもそもカフェインが入っていないという意味です。
ただし、デカフェの場合でも、「ノンカフェイン」と記されている場合もあります。そこまで神経質になる必要はないと思いますが、一応覚えておいて損はないでしょう。

紅茶ではないですが、ノンカフェインの飲み物に、ルイボスティーやタンポポ茶もありますね。気分転換に、そういって飲み物をもんでみるのもいいかもしれません。

妊娠中もおいしい紅茶が飲みたい!おすすめノンカフェイン、カフェインレス紅茶

妊娠中にも紅茶が飲みたいという方におススメの美味しいカフェインレス(デカフェ)ノンカフェイン紅茶をご紹介します。妊娠中だけでなく、授乳中も活躍してくれるでしょう。プレゼント用にも最適ですよ。

デカフェ・アップルティー ティーバッグ10個

デカフェアップルティーティーバッグ

ルシピア

770円(税込)

アップルティー好きさんには、ぜひ飲んでほしいルシピアの紅茶。ティーバッグ
以外に、袋や缶入りの茶葉でも購入可能ですので、こちらでお試しして、気に入ったら缶入りに移行してみては?林檎の爽やかな香りが、妊娠して不安定になりがちな気持ちを癒してくれます。普段の一杯におすすめです。

http://www.lupicia.com

ノンカフェイン紅茶 (ティーバッグ) プチギフト

ノンカフェイン紅茶(ティーバッグ)

Nuage

613円(税込)

アールグレイ、ダージリン、セイロンの定番3種を2個ずつノンカフェインで!ストレートでもミルクティーでも、楽しめます。やっぱり紅茶好きなら色々味わいたいですよね。気に入った茶葉は、ティーパックや缶等で買うこともできますよ。ギフトして、プレママ友に贈っても喜ばれますし、プレゼントしてもらえたらうれしいですよね。

http://www.nuagetea.com

水出しオーガニック アイスティー ジェントル イブ 10p

水出しオーガニックアイスティージェントル

カルディ

1,404円(税込)

水出しにすると、カフェインの抽出が抑えられます。デカフェ、ノンカフェイン紅茶とは別に、たまの1杯として水出し紅茶のお気に入りがあるといいと思いませんか?こちらは、水出し用のオーガニックの紅茶です。ベルガモットで香りづけしているので、夏に飲みたい爽やかなお味ですよ。パーッケージもキュート!

http://kaldi-online.com

カフェインレス アールグレイ 20袋

カフェインレスアールグレイ

トワイニング

648円(税込)

愛飲している方も多いトワイニング。カフェインレスなのに、香りがよく、コクも深いアールグレイティーです。渋みも抑えてあるので、紅茶が少し苦手な方にもおすすめです。コスパが良いのもうれしいポイントで、普段の一杯に買っておいて損はないでしょう!

http://www.twinings-tea.jp

カフェインレスミルクティー

カフェインレスミルクティー

日東紅茶

350円(税抜)

手軽にミルクティーが楽しめて、カフェインレスだから、なお嬉しいですね。一回分の個別パックになっているので、お湯を注いでら、すぐに完成。飲みたいときにすぐ飲むことが出来ます。職場で、気分転換したい時にも、ピッタリです!

http://www.nittoh-tea.com

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!