回旋異常の原因と対処法に関する記事

回旋異常の原因~なぜ出産で胎児の回旋異常がおこるの?

回旋異常の原因~なぜ出産で胎児の回旋異常がおこるの?

回旋異常って何?その原因や処置法についてなど、お産トラブルについて知っておくことは、安心してお産を迎えるために必要です。突然の事態に対処できるよう、回旋異常はいつわかるのか、回旋異常が引き起こす問題などをまとめました。

マーミーTOP  >  出産  >  回旋異常の原因~なぜ出産で胎児の回旋異常がおこるの?

回旋異常になるとどうなるの?知っておきたい回旋異常の原因

誰もが何のトラブルもなくお産を迎えたいと思っていることでしょうが、思いがけないトラブルに見舞われることも少なくありません。赤ちゃんが産道を通るときに起こる回旋異常もその一つであり、突然の事態にパニックにならないように、ここでは回旋異常について、その原因や処置法など前もって知っておきましょう。

そもそも「回旋」って何?

妊婦さんとお腹の赤ちゃんのイラスト

お腹の赤ちゃんは狭い骨盤や産道を通り抜けるために、回転をすることで体の向きを変えながら外に出てきます。それを回旋と言い、胎児の回旋は次の4つの段階に分けられます。この4段階の回旋がうまくいくことによって、お産がスムーズにすすむのですが、逆に回旋がうまくいかないと、お産トラブルを引き起こしてしまいます。

第一回旋

お産が始まる前は、胎児は頭を下にした状態で、ママの体に対して横向きになっています。陣痛とともに子宮収縮が始まると、胎児はあごを引いて胸にピッタリとつけ、小泉門(しょうせんもん)と呼ばれる頭の後方部分を先にした状態で、ママの骨盤の中に入っていきます。

第二回旋

第二回旋では、第一回旋からさらに、横向きから後頭部がママのお腹の方を向くように、回旋しながら骨盤の中に入っていきます。頭が骨盤の出口にきた時に、完全にママの正面に後頭部を向けた状態になっていると、正常に回旋しているということです。

第三回旋

後頭部が恥骨の接合部にまでくると、会陰から胎児の赤ちゃんの頭が少し見えてきて、赤ちゃんとの対面が近づいてきます。第三回旋では、恥骨の接合部につけた後頭部を支点にした状態で、赤ちゃんが胸につけていたあごを上げると、おでこ・顔・あごの順に外に出てきます。

第四回旋

いよいよ最後の段階では、赤ちゃんが首まで外に出た状態で、さらに90度回旋して横向きになります。横向きになるように回旋しながら、片側の肩が外に出るのに続いて、もう片方の肩が引き出されると、肩から下の全身が出てくるのは容易であり、無事にお産を終えることができます。

回旋異常とは

生まれたばかりの赤ちゃん

出産の際に赤ちゃんが正常に回旋することが、お産をスムーズに進行させる鍵となりますが、何らかのトラブルによって回旋しない状態を「回旋異常」と言います。回旋異常には、具体的に次のような4つのケースがあるので、詳しくみていきましょう。

1反屈位

第一回旋の段階で、赤ちゃんがあごを上げて頭部が胸から離れたままの姿勢を続け、骨盤に引っ掛かってしまった状態のことを反屈位と言います。この反屈位は、程度の軽いものから深刻なものまであるのですが、程度の軽い前方前頭位がお産全体の1.5~2.5%の割合で起こっています。

2後方後頭位

第二回旋のときに逆方向に回旋したため、後頭部がママのお腹の方ではなく背中の方に向いてしまうことがあり、このような骨盤を進む時に、赤ちゃんの頭の向きが違う状態を後方後頭位と言います。後方後頭位は、お産全体の1~5%の割合で起こると言われており、そのうちの約7割は、お産の進行中に前方後頭位になります。

3定位異常

第一回旋や第二回旋を行わないため、赤ちゃんが胎盤の入り口で止まってしまうことを高在縦定位と言います。さらに、第二回旋が起こらないため、赤ちゃんの頭が胎盤に入った状態で止まってしまうことを低在横定位と言い、このように、回旋異常は第一回旋と第二回旋で起こることが多いのです。

4進入異常

赤ちゃんが外に出るまでに通る道筋を「骨盤誘導線」と言いますが、赤ちゃんの頭の角度が骨盤誘導線に対して、前方や後方に傾いてしまったりずれてしまうことがあります。このような状態を進入異常と言い、赤ちゃんがスムーズに出てくることができなくなってしまいます。

回旋異常の主な原因

座っている妊婦さん

回旋異常が起こる原因としては、赤ちゃん側に原因がある場合と、母体側に原因がある場合とがあります。回旋異常は決して避けられないものではなく、出産前に気をつけることで改善できることもあるので、なぜ回旋異常が起こるのかを知っておくことが大切です。

赤ちゃんが巨大児

大きい新生児の赤ちゃん

巨大児とは、出生時の体重が4000g以上という、まさに巨大な赤ちゃんのことなのですが、遺伝性のものと、ママが糖尿病などの子宮内環境によるものとがあります。お腹の赤ちゃんが大きいと、ママの骨盤を通ることが難しく、うまく回旋できなくて回旋異常になることがあるのです。

低出生体重児出産

低出生体重児出産とは、巨大児とは逆に、赤ちゃんが2500g未満と小さく生まれてくる赤ちゃんのことですが、早産で生まれた場合や、お腹の中で赤ちゃんが発育不全だった場合に低体重になります。赤ちゃんの頭が小さいと、回旋の時に、赤ちゃんの頭が正常な方向とは違う方に向いてしまうことがあり、回旋異常になってしまうのです。

児頭骨盤不均衡(CPD)

寝ている赤ちゃん

児頭骨盤不均衡とは、赤ちゃんの頭がお産の時に通るママの骨盤よりも大きく、骨盤を通過できない状態のことを言います。赤ちゃんの頭が大きいことだけが原因ではなく、赤ちゃんの頭が標準でも、ママの骨盤が小さい場合は児頭骨盤不均衡になります。児頭骨盤不均衡の場合、物理的に赤ちゃんが骨盤を通ることができないため、回旋異常が起こるのです。

低置胎盤

低置胎盤とは、正常な状態では子宮の上側に付着している胎盤が、子宮の下側である子宮口付近に付着している状態のことです。子宮口に胎盤がかかっている状態の前置胎盤よりはリスクが低いものの、低置胎盤ではお産の時に赤ちゃんが子宮口から出てくるのを妨げてしまい、回旋異常が起こってしまうのです。

子宮筋腫

妊娠してお腹が大きくなったり出産のときに陣痛が起こったりするのは、子宮の壁を形成している平滑筋が作用しているからであり、この平滑筋が異常に増殖して筋肉層にできた良性の腫瘍を子宮筋腫といいます。子宮筋腫があると、お産の時に子宮を収縮させて赤ちゃんを押し出すのを妨げ、回旋がうまくいかなくなります

回旋異常はいつわかるの?

回旋異常になる原因については上述したとおりですが、では、回旋異常であるということはいつ分かるのでしょうか。

出産前の妊婦健診で

健診をうけている妊婦さん

巨大児や児頭骨盤不均衡が回旋異常の原因になることは分かりましたが、妊婦健診の際に、巨大児や児頭骨盤不均衡と診断された場合、回旋異常が起こりやすいことが伝えられます。あくまで回旋異常になる可能性が高いということであり、実際にお産が始まってからでないと分かりませんが、心構えをしておくといいですね。

実際に出産が始まった状態で

陣痛が始まっているのに第一回旋や第二回旋がうまくいかず、赤ちゃんがなかなか降りてこない場合に、レントゲンを撮ったり超音波検査をしたりして分かることもあります。いざお産が始まった時に、回旋異常であることが分かると不安でしょうが、慌てずに気をしっかりと持ちましょう。

赤ちゃんの頭が出てきた状態で

第三回旋や第四回旋がうまくいかないことで、頭が出てくる段階になってから回旋異常に気付くこともあります。ママの骨盤の大きさが、赤ちゃんの頭の大きさに対して余裕がある場合には、回旋異常があっても普通に出産できることが多いので、出産後に回旋異常であったことを伝えられるママもいます。

回旋異常が引き起こす問題とは

回旋異常が起こることで、母体や赤ちゃんにどのような影響を及ぼすのかということも気になるところだと思います。回旋異常が引き起こす問題を知っておいて、心構えをしておきましょう。

難産になりやすい

陣痛でお腹をおさえている妊婦さんのイラスト

回旋異常によって、赤ちゃんがうまく産道を通れずなかなか出てこられないと、通常よりも時間がかかってしまい難産になってしまいます。お産が長引くと、ママや赤ちゃんの体力も限界になり、母子ともに危険な状態になってしまうこともあり、早急な対処が必要となってきます。

赤ちゃんが回旋異常により産道の途中で止まってしまうことで、陣痛が弱くなってしまうことがあります。この微弱陣痛が続くと、陣痛の痛みはあるのに一向にお産が進まないので、ママも体力を消耗してしまいます。さらに、赤ちゃんも産道に圧迫された状態が長時間続くことになるので、窒息などの恐れがあるのです。

膣裂傷

正常な回旋が行われないと、赤ちゃんがスムーズに産道を通ることができないため、ママの膣の表面を傷つけてしまい、膣裂傷を起こすこともあります。膣の一番奥は子宮と直腸の間にあり、膣裂傷が深くなると、直腸粘膜まで傷つけてしまうこともあるのです。

重度の会陰裂傷

膣裂傷と同様に、赤ちゃんの体が外に出る際にママの会陰の無理がかかってしまうため、通常の出産よりも会陰裂傷がひどくなる恐れもあります。会陰裂傷がひどいと、縫合にも時間がかかり、出産後も管理が必要になってくるので、ママの負担も大きくなってしまいます。

回旋異常が起きた時の処置

お産の時に回旋異常が起こることもあるということが分かりましたが、ここでは、回旋異常が起きた時にどのような処置をするのかをみていきましょう。

出産の姿勢を変える

横向きになっている妊婦さん

第二回旋の異常の時には、赤ちゃんの後頭部がお腹の中で下の方向を向くようにするために、ママが横向きになったり四つん這いになったりと姿勢を変えることで、正常な回旋を促していきます。さらに、陣痛が弱い場合には、陣痛促進剤などで増強させ、赤ちゃんを外に押し出す力を加えていきます。

帝王切開

帝王切開とは、自然分娩で赤ちゃんが出てくるのが難しい状態の時に、外科手術によって直接赤ちゃんを出すことです。さまざまなお産のトラブル時に、リスクを減らすためにとられる処置ですが、回旋異常では、赤ちゃんがスムーズに産道を通れずにお産が長引くのを防ぐために、帝王切開の処置をします。

鉗子分娩

生まれたての赤ちゃん

回旋異常により赤ちゃんがスムーズに出てこられない時に、金属製の物を挟む器具で、赤ちゃんの頭を挟んで引っ張り出して、赤ちゃんが出てこられるように助ける処置のことを鉗子分娩(かんしぶんべん)と言います。「赤ちゃんを挟むなんて!」とびっくりするママもいますが、赤ちゃんを助けるための処置なので安心してくださいね。

吸引分娩

吸引分娩は、鉗子分娩と同じように、赤ちゃんが出てくるのを助ける処置です。回旋異常によって赤ちゃんがスムーズに出てこられない時に、金属製またはシリコン製のカップを赤ちゃんの頭に合わせて、吸引圧によって赤ちゃんを引っ張り出します。赤ちゃんの頭の形がいびつになるのを心配するママもいますが、元に戻るので大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。