破水に気づかないとどうなるに関する記事

破水に気づかないと起こるトラブル4~破水したらどうなる?

破水に気づかないと起こるトラブル4~破水したらどうなる?

破水に気づかないとどうなるのか不安に感じている妊婦さんは多いはず。破水を見逃してしまうと、胎児の状態に影響を与えることから注意が必要です。特に、高位破水は尿漏れに似ていて気づきにくいことから、しっかりと違いについて知っておくことが大切です。

マーミーTOP  >  出産  >  破水に気づかないと起こるトラブル4~破水したらどうなる?

破水に気づかない可能性は?破水と尿漏れの見分け方

臨月に入るとお産の兆候を見逃さないようにしたいものですが、その中でも破水がどのようなものなのか気になる人も多いでしょう。

「破水に気づかなかったらどうしよう」「尿漏れと間違えやすいって本当?」など、特に初産婦さんは破水に関する不安でいっぱいかもしれませんね。

そこで、今回は、破水の種類や原因、尿漏れとの違いについてチェックして、破水に関する不安を解消していきましょう。

破水に関して正しい知識を備えることで、いざという時に慌てず対処することができるという自信がつくはずです。そして、穏やかな気持ちで、出産の本番を迎えてくださいね。

破水に気づかなかったら…破水を放置してはいけない理由とは

生まれたばかりの赤ちゃん

お腹の中で赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れて、中の羊水が排出されることを破水といいます。破水は出産の時に必ず起こる現象で、逆に破水しなければ赤ちゃんは外に出てくることができません。

スムーズに赤ちゃんが出てくるためにも破水が必要なのですが、起こるタイミングによっては、次の4つのラブルにつながることから、早めの処置が必要となります。

1細菌感染

卵膜が破れて水が流れ出てくる部分から、細菌が侵入することで子宮内が細菌に感染する恐れがあります。

特に、細菌感染によって羊膜や絨毛膜で炎症が起こる絨毛膜羊膜炎は、早産のリスクを高めてしまうだけでなく、子宮内で感染が進行すると、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすので注意が必要なのです。

2常位胎盤剥離

破水によって子宮内圧が低くなることで、子宮内膜から胎盤が剥がれる常位胎盤剥離のリスクが高くなります。通常は、お産の後に剥がれて排出されるはずの胎盤が、出産前に剥がれてしまうことで胎盤機能不全に陥るのです。

そうなると、赤ちゃんに充分な酸素や栄養が行き渡らずに、発育不全や低酸素状態を引き起こすことがあります。

3子宮壁による圧迫

破水すると、羊水が流れ出た分の量が減ってしまい「羊水過少」の状態になります。

羊水過少になっても母体には直接影響はないのですが、お腹の赤ちゃんは羊水が減ることで、子宮内で過ごせるスペースが通常よりも狭くなるため、次のようなトラブルが起こりやすくなります。

肺低形成(はいていけいせい)
お腹を触る妊婦さん

胎児の肺が圧迫されることで、正常な胎児よりも肺が小さい「肺低形成」という、肺の発育形成不全が起こる可能性があります。

通常、胎児は出生と同時に肺呼吸を行うようになるのですが、肺低形成が起こると、重度の呼吸障害になり命の危険に晒されてしまいます。

関節拘縮(かんせつこうしゅく)

子宮内のスペースが狭くなることで、お腹の赤ちゃんは行動を制限されて自由に手足を動かせなくなってしまいます。

それにより、出生時に手足が変形していたり、関節が固まってしまい自力で手足の屈伸をするのが難しくなる「関節拘縮」という状態になるなどのリスクが高まります。

4臍帯脱出・臍帯圧迫

破水によって、卵膜の破れた部分から臍帯が膣に飛び出す「臍帯脱出」や、羊水が少なくなることで子宮なのスペースが狭くなり、胎児によって臍帯が圧迫される「臍帯圧迫」などの、臍帯トラブルが起こりやすくなります。

臍帯の血流が悪くなると胎児に酸素が供給されないことから、胎児機能不全が起こる可能性もあるため注意が必要です。

タイミング別の破水の3つの種類と原因

破水はすべてのお産で起こることなのですが、起こるタイミングによって3つの種類に分けられます。

もちろん正常なタイミングで起こる破水もありますが、それ以外の場合はその後の経過や処置も変わってくるので、タイミング別に破水が起こる原因や問題点について知っておきましょう。

1.適時破水

適時破水とは、正産期に入ってから起こる正常な状態の破水のことで、陣痛が始まった後、子宮口が最大に開いた頃に起こる破水のことをいいます。

お産につながる破水なので、まったく心配ありません。適時破水が起こったら、無事にお産が進行していると安心してくださいね。

2.早期破水

出産を終えたばかりのママと新生児

早期破水とは、陣痛が始まってから、子宮口が最大に開くまでの間に起こる破水のことをいいます。早期破水が起こると、お産がスムーズに進行するために必要な子宮頚管の熟化や、子宮口の開大が遅れる可能性があります。

早期破水が起こるのは、お腹の赤ちゃんの位置や動き、母体の体質などによって、子宮口が開くタイミングと破水するタイミングとが合わないためで、必ずしも異常があるというわけではありません。

早期破水は、特に次のような原因で起こりやすくなります。

早期破水の原因

  • 卵膜が破れやすい
  • 子宮頚管や子宮口が固い
  • 胎児と子宮下部の大きさが合わない

3.前期破水

陣痛が始まってから起こる適時破水や早期破水と違い、陣痛が始まる前に起こる破水のことを前期破水といいます。正産期に入る妊娠37週よりも前に破水してしまうと、早産となる可能性があるため注意しなければなりません。

前期破水は、全妊娠の5~10%に起こると言われていることから、決して少ないわけではありません。前期破水は、子宮が刺激や負荷を受けることによって、卵膜が破けて起こると考えられています。

前期破水は、特に次のような原因で起こりやすくなります。

前期破水の原因

  • 感染症
  • 外部からの刺激
  • 羊水過多
  • 多胎妊娠

破水の量は?破水と尿漏れの違いは?

破水は卵膜が破れる位置によって、主に次の2つに分類されます。

  • 低位破水:卵膜が子宮口に近い部分で破れる通常の出産で起こる破水
  • 高位破水:卵膜が高い位置で破れて起こる破水

低位破水は、羊水の重みによって勢いよく流れ出るのに対して、高位破水の場合はチョロチョロと少量ずつ流れて出てくるのが特徴です。さらに高位破水は、時間が経つと止まることもあるため、破水に気づきにくいこともあります。

破水の量が少量で、さらに痛みなどの自覚症状がなければ、尿漏れと勘違いして破水を見逃してしまうことも…。破水が起きたらすぐに受診する必要があるため、次の破水と尿漏れの見分け方を知っておくことが大切です。

破水と尿漏れの見分け方

尿漏れの場合は自分の意思で止められるのに対して、高位破水は体を動かすと羊水が漏れ出てくることがあります。また、羊水は無臭または独特の生臭さがあるため、においによっても判断できます。

先輩ママの体験談「私が破水に気づいた理由」

量・出かた・においなどによって、破水と尿漏れを見分けることができるとはいえ、破水が起こった時に気づくことができるかしら…と不安に感じている妊婦さんは多いかもしれませんね。

そこで、実際に突然の破水を経験したママたちに、どのようなことが決め手となって「破水した!」と判断したのかを聞いてみました。

それでは、先輩ママ達の破水の体験談をみていきましょう。

たかぴー
28歳

とりあえず病院に電話しました

女性医師のイラスト

初めての出産でした。「破水=病院に連絡」というイメージが強かったので、臨月に入ってからは、ちょっと出かけるだけでも「破水が起こったらどうしよう」とビクビクしていました。

39週目の健診で、「異常はないですが、まだまだ出産の兆候はありません。」と言われ、ちょっと安心したのも束の間…。

その翌日、朝ごはんを食べた後にソファで横になっていたら、股間のあたりにじわーっと温かい感触がしたのです。

急いでトイレに駆け込むとしばらくして止まったので、破水なのか尿漏れなのか判断できず。破水じゃなかったら恥ずかしいけど、とりあえず病院に電話してみました。

すると「間違えていてもいいので、病院に来てください」と言われ、病院へ行ったところ、検査の結果やっぱり破水だったので、電話してよかったと思いました。

カピバラ3姉妹
34歳

3人目の出産での初めての経験

3人目を妊娠中のこと。上の2人の時は、陣痛の後で破水したので、思いがけず破水が起こるという経験がありませんでした。

でも、まぁ一応破水を経験しているのだから、尿漏れと間違えたりはしないだろうと安心しきっていました。3人目の余裕ってやつですね(笑)。

ところが、出産予定日が近くなったある晩、夜中にトイレに行くと、尿が出終わった後もチョロチョロと何か出ているのです。

この時は破水とは思わなかったのですが、便座から立ち上がってみた瞬間、それまでより多めの液体が出てきて、この時初めて破水だと確信しました。

とりあえずナプキンをあて病院に電話すると、「すぐに来てください」とのこと。すやすや寝ているダンナを叩き起こして、病院に行きました。

その後、内診を受けたところその刺激で陣痛が始まり、あれよあれよという間に出産。無事元気な女の子が生まれました♪

破水したかどうかはどうやって分かるの?

BTB試験紙で破水の色変化のイラスト

陣痛が始まる前に破水したら、長時間放置しておくとお腹の赤ちゃんが危険な状態に陥る可能性があるため、すぐに受診する必要があります。でも、破水か尿漏れか自分で判断できないという場合ありますよね。

破水したかどうかは、BTB試験紙法というpH6.2から7.8まで測定できるBTB試験紙を使って、膣内のpHを調べる検査で分かるので、自信がない場合でもとりあえず受診してみると安心ですね。

通常の膣内はpH4.5~6.0の弱酸性のため、黄色のBTB試験紙は色が変化しないのですが、破水によって羊水が検出された場合は、膣内がpH7.0~8.5のアルカリ性のため、BTB試験紙が青色に変化することで破水と判断できます。

破水したらすぐに産院に連絡しましょう

破水は、いつどこで起こるか分かりません。それに、破水が起こってから、時間が経てば経つほど母体や胎児へのリスクは高まります。

臨機応変に対応するためにも、破水についての確かな知識を持ち、自分では破水と判断できない場合には、かかりつけの産科医に必ず連絡するようにしましょう。

医師の指示によっては、破水後そのまま入院というケースもあります。臨月に入ったらいつでも入院できるように準備をしておくと安心ですね。

さらに、病院に行く方法も家族と話し合っておくことも大切。破水が起こった時に自分で運転していくことは避け、陣痛タクシーや家族の運転で病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。