陣痛の痛みを和らげる方法に関する記事

陣痛の痛みを和らげる方法8つと痛くなかったママの体験談

陣痛の痛みを和らげる方法8つと痛くなかったママの体験談

陣痛の痛みには個人差もあるけれど、痛いことに変わりはない!そんな痛みを乗り越えるコツって何?先輩ママはどうしたの?

マーミーTOP  >  出産  >  陣痛の痛みを和らげる方法8つと痛くなかったママの体験談

陣痛の痛みを和らげる方法8つと/先輩ママの痛くなかった体験談

陣痛の痛みって「男性なら気絶する」「巨大な便秘」「鼻からスイカが出る痛み」なんて、色々な噂を聞きますよね。初めて出産するプレママさんは、陣痛の痛みを自分なりに想像して、不安になってしまいがちです。いくら大好きな赤ちゃんに会うためとはいえ、痛いものは痛いし、怖いものは怖い!

そこで、陣痛の痛みに不安を覚えているプレママさんに、陣痛の痛みを和らげる方法8つと、「実はあまり痛くなかった」「陣痛の痛みを和らげる方法の効果があった!」という、先輩ママの体験談をご紹介します。陣痛の痛みや恐怖は「案ずるより産むが易しということわざ、本当だったんだ~」と、実感するママがほとんどなのです。8つの方法で安心して、素敵なお産にしましょう。

そもそも陣痛の痛みはなぜ起こる?

エコーで胎児を見る妊婦

陣痛の痛みの感じ方には個人差があり人それぞれなのですが、計画分娩で帝王切開をするママ以外は、多くのママ達が出産時に経験することになりますよね。

陣痛の痛みは、赤ちゃんを外に押し出そうとして子宮が収縮する刺激と、赤ちゃんの頭が通れるくらいに骨盤や子宮口が広がっていくときの刺激で起こります。つまり陣痛は、赤ちゃんがママのお腹から外に出ようとして、頑張っている証拠なのです!赤ちゃんも小さな体で、狭い産道を通るために頑張っていますよ。

つらい陣痛を和らげる方法8つ

痛みの感じ方には個人差があるように、それを和らげる方法の効果もママによって個人差があり、効果があるものがさまざま。ポイントは、色々試して自分に合った陣痛の痛みを和らげる方法を見つけることです。

ボールなどを使ったマッサージ

テニスボールやゴルフボール、自分やパパの拳などを使って、陣痛の痛みを和らげる効果のある部位を、強く押してマッサージましょう。マッサージすることで、痛みがかかりやすい腰の負担が軽減されたり、緊張がほぐれたりして楽になります。マッサージすると効果的な、痛みを和らげる部位とは…

マッサージで陣痛の痛みが和らぐ部位

  • 腰まわりで痛む部位
  • 腰骨の左右(左右から挟むと楽になります)
  • 肛門のあたり
  • 太ももの付け根
  • 三陰交(足の内くるぶしから指4本分の幅の上の部分のツボ)

三陰交は、痛みがあるのに中々お産が進まず、長時間苦しんでいる妊婦さんにおすすめです!お産を早めてくれますよ。

自分にとって楽な体勢になる

お産がスムーズに進行するように、次のような体勢になると良いでしょう。自分に合った楽な体勢を見つけましょう。

横になる妊婦

  • 抱き枕を使って横になる

片膝を曲げて枕を足の間に挟んで横になったり、枕に抱きつくような体勢で横になったりすると、腰の負担が軽減され、リラックスできます。

  • 四つんばいの姿勢

床と平行に、四つんばいの姿勢が腰の負担が軽減されて楽なこともあります。膝が痛くならないように柔らかいカーペットなどやベッドの上、座布団を敷いても良いですね。

  • あぐらをかく

あぐらをかいた姿勢は、股関節が開き、産道が広がりお産が早く進みます。また、その体勢のまま股関節を手で抑えてみるのも良いでしょう。

  • 椅子に逆向きに座る

椅子の背もたれを前にしてまたぐようにして座ります。腰の負担も軽減され、股関節が開いてお産もスムーズに進みます。

  • ベッドの頭の高さを40度上げる

産院が電動式昇降ベッドの場合、頭の高さを40度くらい上げることで、腰の負担がらくになり、痛みが軽減されますので、ぜひ試してみましょう。

リラックスする

ソファにゆったりと座る妊婦

陣痛真っ只中は、痛みのことばかりが頭の中にあり、身体も緊張状態になってしまいがちです。ところがその状態が、逆に陣痛の痛みを強くしていることがあります。陣痛が始まったらリラックスすることが大切です!

リラックスすることで緊張がほぐれ、痛みも和らぎます。それに、常に力が入っている状態は、いざ分娩になり「いきんで!」と言われても、いきむことが難しくなったり筋肉痛になったりして良くありません。出産前から、自分がリラックスできる方法を考えておくと良いですよ。

リラックスしやすい方法

  • テレビを観る
  • 甘いものを食べる
  • 数を数える
  • 好きな音楽を聴く
  • お気に入りの香りを嗅ぐ

陣痛の痛みをや和らげる呼吸法を行う

「ラマーズ法」や「ソフロロジー」などの呼吸法がありますが、大切なのは、ゆっくりと息を吐くこと。深呼吸するように、ゆっくりと息を吐くことで緊張が和らぎ、痛みの感じ方も軽減されます。また、呼吸に意識を集中することで気を紛らわすことができ、痛みがかなり和らぎますよ。

  • ラマーズ法

「ヒッ・ヒッ・フー」のリズムで知られる呼吸法。鼻から息を吸って口から吐く胸式呼吸で、陣痛の始まりと終わりにするのがポイント。

  • ソフロロジー呼吸法
あぐらをかく妊婦

背筋を伸ばして、あぐらをかく姿勢になり、ゆっくりと息を吐き出します。吐く息がなくなったら、すぐに息を吸い込み呼吸をつなげます。さらに息を止めてから、またゆっくり吐き出すという呼吸を繰り返すのです。

大声を出す

痛いとつい叫びたくなりますよね。大声を出すと体力を消耗するのでダメだと思われがちですが、実は、大声を出すことは良いことなのです。「大声を出す=息を吐いている状態が続くこと」であり、気も紛れます。周囲の人に迷惑がかからない状況であれば、痛みを一緒に出すつもりで恥ずかしがらずに声を出しましょう。

腰やお腹をあたためる

腰やお腹のまわりなど痛みを感じる部位を、カイロや湯たんぽを使ってあたためましょう。痛みの部位が自分の手の届かないところであれば、ダンナさんに手伝ってもらいましょう。さすってもらうだけでもあたたまります。痛い部位をあたためると、筋肉がほぐされ、痛みが和らぐのです。

顔まわりを冷やす

陣痛の痛みに懸命に耐えているため力が入り、顔にはたくさん汗をかきます。また、室温を赤ちゃんが冷えないためにあたたかめに設定されている病院が多いので、暑いと感じる人も少なくありません。冷たいタオルで汗を拭いたり、保冷剤やアイスノンで頭を冷やしたり、うちわで煽いだりすると気持ちが良いですよ。

また、冷たい飲み物を飲むなど、顔まわりが冷やされることで、力も抜けてスッキリします。スッキリして気分が変わることで、陣痛の痛みを和らげることができますよ。

ラズベリーリーフティーを飲む

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフは「安産のお茶」と呼ばれ、陣痛の痛みを和らげる効果があります。即効性のある方法ではありませんが、ラズベリーリーフティーは、子宮や子宮の周りの骨盤と筋肉に働きかけてくれます。

ラズベリーリーフに含まれる「フラガリン」という成分が、子宮筋を正常な状態に保ち、陣痛を和らげてくれる効果があるのです。また、収れん作用もあり、美容効果も期待できます。

産前産後に飲むと良いのですが、子宮収縮作用があるため、妊娠初期から中期にかけては禁忌とされていいますので、飲まないようにしましょう。また、大量に飲むと副作用があるので、一日1~2杯程度にしておきましょう。

陣痛の痛みは個人差あり!痛くなかった体験談

「陣痛は必ず痛い!」と思っているママも多いですよね。ところが、「意外と痛くなかった…」「陣痛の痛みを和らげる方法が効いた」「子供を産むのは育てるよりずっと楽だよ」というママも結構いるのです。

はなまる子
26歳

A痛くなかった!

初めての出産で、陣痛に対する想像はめくるめく広がっていて…。実際陣痛が始まってからも、「もっと痛いはず!」と何度も思い、結局、「もっと痛いはず!」のまま無事出産を終えました。
自分でもかなりの痛みを想像していた分、終わってみれば「こんなもんか」って感じです。痛くないことはないと思いますが、とにかく私の想像の方がはるかにすごかったのと、無我夢中だったので、陣痛を痛いと思わなかったみたいです。

ころころり
32歳

A体勢をいろいろ変えてみた

私のときは出産ラッシュで、分娩室や陣痛室が埋まっていたため、入院する予定の個室でずっと待機。その部屋が畳の部屋だったのがラッキーでした。
ベッドよりも体勢が好きなように変えることができて、痛くなったら変えることを繰り返していると気も紛れ、姿勢によっては股関節も開き、お産がスムーズに進行したように思います。そのため、陣痛の痛みはあまりつらいとは思いませんでした。

ゆうか
29歳

Aハーブティー好きがよかったのかも

もともとお茶が好きで、家でのリラックスタイムにはハーブティーを飲んでいました。
ただし、妊娠中のハーブティーは危険と隣り合わせですので、ネットで検索して、妊娠中に良いものやダメなものもしっかりと調べたうえで飲んでいました。
その中でも、安産になると言われていたのがラズベリーリーフティー。妊娠初期から中期は飲むとダメなので、予定日の2か月前くらいから毎日飲んでいました。
その効果なのか、陣痛も思ったより痛くなくて。産後も良いと聞いて、今も飲み続けています。

にゃんママ
33歳

Aパパの手が大活躍

陣痛に耐えているとき、パパが手を拳にして腰を押してくれたり、手を握ってくれていたりと、パパの手が大活躍でした。自分の拳よりも、やっぱり男の人の拳の方が効くみたいで、痛みも和らぎましたよ。
それに、緊張し過ぎると力が入り、お産がスムーズに進行しないと言われていましたが、パパが手を握ってくれていたので、リラックスできたのも良かったのかもしれません。
痛みに耐えるときに手を握り返す私の握力はかなりのものだったらしいですが(笑)

カレンダー
29歳

A超痛がりの私だけど…

子供の頃から「陣痛の痛みが怖いから子供は産まない」と、心に固く誓ってきた私ですが、2回も陣痛を経験しました。
そもそも妊娠自体が恐怖で、毎月血液検査はあるし、帝王切開や会陰切開の説明を聞いて怯えていました。でも、妊娠生活も体重管理や食事管理など、我慢が多くて私にはとてもつらかったんです。
だから、いざ陣痛がきたときは、正直「やっと赤ちゃんに会える~」「妊娠生活終了だ!」とかなりテンションが上がっていました。

すぐに病院に入院することになったんですが、その後も生理痛程度の痛みで、しかも、生理痛に比べて30秒~1分程度で痛みが止むし、私にとってお産は痛みが止んで一息つく暇があるので、生理痛や下痢よりずっと楽でした。
一日入院して、ちっとも痛くならない分、ちっともお産が進まず、既に予定日を10日過ぎていて「このままでは赤ちゃんが危険だから、陣痛誘発剤を使うよ」と言われ、点滴してから激痛が襲ってきました。
でも、そこからがあっという間で、「いきんで~」と言われても上手くいきめず、結局吸引分娩でスルッと生まれ、「鼻の穴にスイカが挟まる痛み」も「巨大な便秘の痛み」も感じませんでした。

二人目は、やっぱり微弱陣痛であまり痛みを感じず、1日入院して翌日の朝突然破水!そこで急に痛くなったけど、痛みを我慢する間もなくあっという間に産まれました。会陰切開なんて麻酔をするし、バタバタ忙しくて、ちっともわからないうちに終わっていました。

自分に合った陣痛を和らげる方法をみつけましょう

陣痛の感じ方は人それぞれですから、自分に合った痛みの逃し方をみつけることで、少しでも楽に出産に望むことができます。もちろん強い痛みで「それどころじゃない!」という人も多くおりますが、出産まで時間がかかる人は、色々試してみるのがオススメです。
陣痛の痛みを和らげる方法と同様に、出産の方法も色々あるって知っていましたか?帝王切開や誘発分娩のように、そのままの出産だと危険と判断された場合に、選択される出産の方法もありますが、病院以外にも助産師さんにお願いする自宅出産や、出産時の格好、海外では結構多い水中出産や、最近流行りのソフロロジー出産などありますから、バースプランを考える時に、出産の方法も医師に相談して選んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
りんりん

りんりん

40代、趣味は付箋集め、晩酌が欠かせないのんべえですw