出産の立会いで良かったことに関する記事

出産の立会い体験談15!先輩ママが感じたメリット・デメリット

出産の立会い体験談15!先輩ママが感じたメリット・デメリット

出産は立会いだったという先輩ママに、立会い出産のメリットとデメリットを聞きました。良かったことや嫌だったことは何?

マーミーTOP  >  出産  >  出産の立会い体験談15!先輩ママが感じたメリット・デメリット

出産の立会いはおすすめですか?先輩ママ15人の体験談

立会い出産をすべきか、それともすべきではないのか、出産を控えた妊婦さんにとって頭の痛い問題です。お産の時にそばにいてほしいけど、恥ずかしいから何となくイヤ…というママは多いのではないでしょうか。そこで、実際に立会い出産を体験した先輩ママ15人に、立会い出産のメリットとデメリットを聞いてみました。

ご意見を伺ったママの中で意外と多かったのが、夫から立会いたいと希望したパターンです。パパ達も出産に立ち会うことで、父としての自覚や覚悟を持ちたいと感じているのかもしれませんね。また、少数意見ではありますが、お母さんに立会ってもらったというママも。頼りになるお母さんがそばにいることで、安心して出産に臨むことができるようです。

それでは、ここから16人の立会い出産の体験談をみていきましょう。

ママからの提案で立会い出産に

カミコロ
40歳

A緊張で夫の親知らずが折れました

妊娠したときから夫に立会い出産をお願いしていました。理由は妊娠・出産・育児と、これからの重大なイベントを夫にも一緒にいて見てほしかったからです。妊娠出産は女性だけが経験することであり、男性はあまり関係ないことだからこそ、10ヶ月間お腹の中で育んだ結果を見てほしかったのです。夫はあまり何も考えていなかったようで、意外と気軽に了承しました。

予定日を過ぎても陣痛がこなかったので計画分娩になり入院。促進剤の痛みと初めての出産という緊張から食事も水も睡眠も採ることができず、翌日の夜に陣痛らしきものがきて分娩台にいきました。夫も来てくれて、分娩台に上がった私の手を握ったり背中をさすったりしてくれました。先生や助産師さんがきて1人は私のお腹の上に乗り、赤ちゃんを押し出し、出口では2人の先生がタイミングを見て吸引機をつけて引っ張ろうとしますが、うまくいかず、何度もそれを繰り返し、やっと赤ちゃんが出てきました。

夫はその様子をじっと見ていて、力が入りすぎたのか親知らずが折れたと後で言っていました。私はもともと人見知りで、痛みと緊張でわけがわからない中、夫が冷静に見ていてくれたことが心強かったです。旦那さんが出血や妻の悲鳴などが大丈夫な方なら、立会い出産はいいと思います。

夕日
32歳

A夫の立会いはメリットが多かったように感じました

友人の体験談を聞き、私から夫へ立会い出産を希望しました。病院によっては立会い不可なので、できるところを事前にリサーチして、いい病院が見つかってほっとしたのを覚えています。立会い出産のメリットはいくつもありますが、私が感じたのは「出産は大変だと分かってもらえる」「赤ちゃんが生まれた瞬間の感動を共有できる」「テニスボールで抑えてもらったことで痔にならずに済んだ」の3つです。

ただし、「痛い痛い」と騒ぐのを見られて恥ずかしかったのと、いざという時に夫が病院にいなかったため、陣痛でつらい時間を一人で待っているのがつらかったというデメリットもありましたが…。立会い出産をしようか悩んでいる人には、漏れなく夫婦の一大イベントとしておすすめします。

なこ
40代前半

A夫がずっとそばいてくれました

夫に立会い出産にしようと、私から言い出しました。一人で不安だから一緒にいてほしいと頼んだところ、最初は「血が怖い」と渋っていましたが、出産が近づくと立ち会いしてくれると言ってくれて、正直ほっと一安心しました。初めての出産でとても不安だったのですが、そばにいてくれると思っただけで気持ちが少し軽くなりました。

妊婦の妻を見守る夫

立会い出産のメリットは、やはり安心感だと思います。また、分娩の最中は痛くて怖いとか不安とか考える余裕はありませんでしたが、二度とない出産の瞬間を夫と共有できたこともメリットだと思います。デメリットは、どんなにつらくても夫は何もできないという「イライラ感」でしょうか。仕方のないことなのですが、出産直前の痛みがあまりにも強烈だったので、何もせずにオロオロしている夫に思わず当たり散らしてしまいました。後から考えると、せっかくいてくれたのに申し訳なかったです。

それでも、立会い出産はやっぱりおすすめです。子どもが生まれてきた瞬間の気持ちは、夫婦で忘れることのできない大切な宝物です。

パパの希望で立会い出産に

みゆみ
30代後半

A夫のおかげで落ち着きました

出産の時、夫が自ら立会い出産をすると言い出しました。最初はかなり驚きましたが、心強くもあり嬉しかったです。

立会い出産のメリットは、一人じゃないと思えることで頑張れることです。夫が横にいてお茶を飲ませてくれたり、手を握ってくれたりしたので落ち着いて出産することができました。逆に、立会い出産で赤ちゃんが出てくるのを実際に夫が見てしまっているので、その後しばらくは、私のことを母としか見れなくなったことがデメリットだと思います。

ただ、一人での出産も可能ですが、できることなら旦那さんに立ち会ってもらった方が精神的に落ち着いて出産することができるので、迷っている人にはぜひおすすめしたいと思います。

凛子
20代後半

A感謝をされた立会い出産

立ち会い出産は、妊娠が発覚したときに主人から提案されました。立会いができる機会はまずないと思うので、私も快く了承しました。立ち会いたいと言ってくれたのは素直に嬉しかったです。私の病院では立会人は一人と決まっていましたので、主人のみの立ち会いになりました。タイミングが合わない場合は、仕事の都合で立ち会えないということを覚悟していましたが、出産当日は破水から始まったので、主人は出産休暇を使ってずっと付き添ってくれていました。

分娩室の時には痛みがピークだったのでうろ覚えですが、娘が生まれてきた時に「ありがとう、よく頑張ったね」と泣きながら言われた時には、やっぱり立ち会い出産をしてよかったなと思いました。しかし、やはり陣痛の痛みは想像をはるかに超えるものだったので、主人にきつく八つ当たりをしてしまったのは、申し訳ないなと思っています。立会い出産は賛否両論ありますが、命が誕生する瞬間の感動を夫婦で分かち合える、またとない機会ですので、ぜひしてもらいたいと思います。

アンパン
32歳

A夫が頼りになりました

夫が立ち会いました。最初は血が無理だから立ち会うことはできないと言っていましたが、まわりに絶対立ち会ったほうがいいと言われて決心したそうです。陣痛の波がきたときはもうビックリするぐらいめちゃくちゃ痛いです。そんな時に旦那さんのおっきくて温かい手で腰をさすってもらうと、気休めかもしれませんが傷みが和らいだ気がしました。呼吸法も横で旦那さんもやってくれていたので、私も落ち着いて吸ったり吐いたりできました。

やはり、旦那さんが立ち会ってくれるのとくれないのでは、全然辛さが違うと思います。私はひとりしか出産していないので、立ち会っていない辛さは分かりませんが、第二子のときも絶対立ち会ってもらい、そばで腰をさすってほしいです。

とろみ
30代前半

A立ち会い出産は心強い

主人は妊娠が分かった時点で「絶対に立ち会い出産をする」と言っていました。主人は、仕事が医療関係なので、立ち会うことに対しての怖さなどは全くないし、むしろは自分の子どもが生まれる瞬間には絶対に立ち会いたいという考えの持ち主。立ち会ってくれた方が心強いなと思いました。

そして、いざ出産。陣痛の時は腰をさすってくれ、出産時は動画を撮影し、助産師さんに言われる通りに行動して私を支えてくれました。更に、へその緒を切らせていただき、助産師さんが記念撮影までしてくれました。陣痛と出産はかなりの痛みを伴います。一人で出産に臨むのは非常に心細いです。なので頼りになる主人に立ち会ってもらえるのは、特に初産の場合は心強いはずです。

私にとって立ち会い出産は、メリットはあってもデメリットはありませんでした。人によると思いますが、立ち会い出産は母親と父親が生まれる瞬間に出会える大切なことです。母親はお腹に赤ちゃんがいるときから、徐々に親になる準備はできますが、父親は立ち会い出産でしっかりとした自覚がわくと思います。幸せな瞬間に立ち会えるというのは本当に幸せだと思うのでおすすめですね。

あや
40歳

A最初はイヤだったけど・・・

もともと私自身は立会い出産をしたいとは思っていませんでした。やはり出産後の夫との関係などから、立会出産をしない方がいいと思っていたからです。ですが、主人が立ち会いたいと要望したこと、私自身が高齢であるということから、立ち会ってもらうことになりました。

妊婦の妻のお腹に手を当てる夫

実際、出産時には立ち会ってもらったことで心強く、安心感をもって出産に臨めたことがメリットだと思います。また、主人も立ち会ったことで、父親としての実感が少し芽生えたようでした。デメリットは今のところは感じていないのですが、今後もしかしたら私のことを「女性」としてみられなくなるというようなことが出てくるのかもしれません。もともとは立会出産に否定的だった私ですが、やはり立ち会ってもらうことでのメリットを強く感じたので、おすすめだと思います。

夫婦2人で立会い出産を決めました

ゆりか
30代後半

A夫の呑気さにイライラしつつ・・・

夫婦で出産について話している時、立ち会うかどうか夫に聞いたところ、立ち会いたいということだったので、2人で立会い出産することに決めました。初産で不安も大きかったので、夫が立ち会うと言ってくれたのは嬉しかったです。実際に経験してみると、やはりずっとそばにいて励ましてくれる存在は心強く、夫にも親になった実感を感じてもらえたことがメリットだと思いました。

しかし、いよいよ産まれそうな状態になると、痛くて苦しいので夫に構っている余裕がなくなり、ただオロオロしたり呑気にビデオカメラを用意したりしている夫が視界に入ると、ついイライラ。その点がデメリットだと思います。出産するのは妻ですが、夫婦の子供であるので、誕生の喜びを分かち合うという点では立ち会い出産は大きな意味のあることだと思います。なので、検討している人がいたらすすめたいと思っています。

はちみつ
30代半ば

A夫が居てくれるだけで心強かったです

一人目の妊娠がわかった時から、私は絶対に夫の立会いを希望していました。また、夫も希望していたので、特に話し合い等もなくすんなりと立会い出産が決まりました。もちろん立ち会ったのは夫のみです。

初めての出産で不安の方が大きかったので、隣にいてくれるだけで心強かったです。旦那は私のあまりの痛がりように、どうして良いのかわからずオロオロという感じでしたが、それでもそこに居てくれるだけで、安心できました。立会い出産のデメリットをあげるなら、私の場合は、陣痛の波が来て苦しんでいる私の気を紛らわせようと、夫に話しかけてくれた時に、思わず「頼むから黙って!!」と強く言ってしまったことくらいです。

夫にとっても私にとっても、そして、生まれてきた子供にとっても良い選択だったと思います。産まれたばかりの子供を看護師さんから受け取った夫が涙を流していたのは、今でも忘れません。立会い出産を友人から相談されたら、もちろんお勧めします!

なっち
30代

A主人の涙にジーンとしました

もともと、私自身が姉の出産に立ち会ったことがあり、ぜひ主人にも経験してもらいたいと思っていました。主人も、友人から立ち会い出産の話を聞き、是非立ち会いたいと言っていたので、お願いしました。お互い予定が合えば立ち会うのが当たり前だと思っていたので、決まったときもそれが当然のように受け止めていました。

立会い出産のメリットとしては、出産の大変さを少しでも主人に感じてもらえたことではないかと思います。デメリットは、強いて言えば、いきんでいる最中にガスが出たりした時に、気が気じゃなかったくらいでしょうか。後日主人に聞いたら、全く気付いていなかったようなので安心しましたが…。出産直後、私自身は産み落とした開放感でいっぱいでしたが、ふと主人を見ると感動して涙を流していて、とても嬉しかった記憶があります。男性が『父』になるきっかけとしても非常に有用なので、ぜひ立ち会い出産はオススメします。

フクロウ
40代

A頼りになる夫と共に

私は二人子供がいますが、二人共立会い出産を経験しました。出産した病院で立会い出産ができると言われ、どちらからともなく自然に立会い出産することを決めました。立会い出産が決まった時は自分たちの子供を夫婦揃って迎えられると思い、ワクワクしました。

二人とも出産に時間がかかったので、何度もくる陣痛の時に腰をさすってもらったり、トイレに付き添ってもらったりしました。特に、二人目の出産の時は、上の子が気になってナーバスになったのですが、話し相手にもなってもらって、だいぶ気分転換になりました。また、体力を消耗した私に代わって状況説明を助産師さんにしてくれて、いつしか助産師さんも確認は夫にするようになりました。

出産は壮絶ですが、赤ちゃんが産まれると感動です。その瞬間を共にできるので、是非立ち会ってほしいです。

なりゆきで立会い出産に・・・

ぱんだ
30代前半

A夫に手を握ってもらって安心感がありました

夫が出産に立ち会ってくれました。というのも…立会い出産の申請や準備などが必要ない産院で、意外にもお産が早く進んでしまってバタバタとしている間に、気が付いたら立ち会い出産になっていたのです。

手を握る

夫はもともと立ち会い出産には前向きでしたが、その時が来たらどうするんだろうとずっと心の中で思っていました。陣痛がきた時、分娩室にいる夫の姿を見て「あぁ、立会いを決心してくれたんだ」とちょっと嬉しかったです。初めてのお産で不安だったので、夫が付いていてくれて手を握っていたくれたことにすごく安心感があり、頑張れて良かったと思います。でも、お産で苦しんでいる時にとんでもない顔をしていたんだろうなと思うと、ちょっと恥ずかしいなと感じました。

どんなシーンがあっても大きな心で受け止められる人ならいいのですが、旦那さんが繊細だという場合は血や出産シーンがトラウマになりそうなので、やめておいた方が無難かなと思います。

実母の立会いで安心して出産できました

ななちむ
27歳

A里帰り出産で実母とともに

里帰り出産で、実母が立ち会ってくれました。夜中の3時に破水してしまい、母が病院に連れて行ってくれました。一眠りして朝になり、担当医が出勤してきて陣痛促進剤を9時と10時で飲み、12時半に分娩台へ。それから1時間半後の午後2時2分に、息子が無事産まれました。

その時、父も来ていたのですが、私の苦しんでいる姿に目も当てられなかったようで、病室の前をウロウロしていたそうです。母はずっと私の手を握り、励ましてくれました。「お産に男の人はいらん!」と言い放っていたのでおかしかったです。赤ちゃんが降りてきて、息んでいるときに、「もう頭が見えてるよ!」と声をかけてくれたので、頑張ろうと思えました。自分では赤ちゃんがどうなっているのか状況が全く分からないので、そう言ってもらったことで自分を奮い立たせることができたのです。

主人も駆けつけてくれましたが、到着したころにはすでに産まれていたので立ち会うことができませんでした。旦那は血が苦手なので、部屋の外で待っていてくれれば私は満足でした。それに、あまり苦しんでいる姿を見せたくないというのもあります。

なっちゃん
30代後半

A4人を出産した実母は強し!

主人が立ち会う予定でしたが、急遽抜けられない仕事が入り、付き添っていた実母がそのまま立ち会うことに…。陣痛室から分娩室へ移る際に、「お母さんはどうしたらいい?」と聞かれたので、心細さから「いて欲しい」と即答しました。陣痛のあまりの痛さに、とにかく側にいて欲しいと感じたのです、

兄弟姉妹4回の出産を経験していて、養護教諭をしている母は「もっと痛くならないと赤ちゃんは産まれないよ?」と余裕をみせていましたが、内心では自分の時以上に緊張していたそうです。立会い出産のメリットは、産まれたその瞬間の喜びを共に分かち合えること。デメリットは特にありませんでした。産まれた瞬間は、赤ちゃんの声と自分の喜びの悲鳴、それに続く母の声をはっきり覚えています。立ち会い出産はオススメ!あんな感動を自分1人で味わうなんてもったいなさすぎます!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!