妊娠中の体重管理の体験談に関する記事

妊娠中の体重管理どうしてる!?増加時の対処/ダイエットなど体験談

妊娠中の体重管理どうしてる!?増加時の対処/ダイエットなど体験談

妊娠中の体重管理がストレスになってしまうことも…。みんなはどうやって乗り越えているのか、ぜひ参考にしてください。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中の体重管理どうしてる!?増加時の対処/ダイエットなど体験談

【妊娠中の体重管理】検診で注意された?ダイエットした?

妊娠していると「二人分食べなさい」なんて言われることもあると思います。しかし、二人分も食べていては、太ってしまうのが実状です。
妊娠中は、あまり体重を増やしすぎてはいけないので、検診のたびに増えた体重のことを指摘される人も少なくないでしょう。

体重の管理が、妊娠中の最大の悩みとなっている人も少なくありません。みんなはどうやって体重管理を行っているのでしょう。

Q 妊娠中の体重管理はどのように行っていましたか?

ぽのぽの
30代

Aうまくできなくて怒られてばかりでした

「つわりが終わった途端に食欲が激増してしまい、最終的には13キロ増えていました。
その間は、検診のたびに体重について指摘されてはいたのですが、どうにもこうにも食欲を抑えることはできていませんでした。

妊娠中に太りすぎると良くないということは頭でわかっていたのですが…今となっては、特にそのことが原因でトラブルが起きることもなくて良かったと思っていますが、二人目も考えているので、今度は体重管理をしっかり行って、妊婦検診がストレスにならないようにしたいです(笑)」

りおん
30歳

A便秘改善を意識した食事をとりました

「吐きつわりのせいで3kg減ったけれど、つわりがおさまるとともに食欲も復活!
それと同じタイミングで便秘がちにもなってしまいましいた。
それからは検診の度にプラス1~2kgずつ増えていき、先生にも注意されてしまいました。

体重の増加をセーブしたいけど、私と赤ちゃんの栄養のためにもいきなり食事を極端に減らすわけにはいかないし、もともと脂っこいものは苦手だったのでヘルシーな食事内容はそのままにして、便秘改善を目指しました。

いつものご飯に押し麦を混ぜたり、スープやお味噌汁には野菜をたくさん入れるようにしました。
また、間食にはバナナやオールブランなど食物繊維の多そうなものを意識してよく食べていました。

そのおかげでみるみる便通がよくなって、体重の増えるペースも落ち着いてきましたよ。」

りんりん
29歳

Aこまめに体重計に乗る!

「つわりが終わってから、少しずつ増え始めたので、なるべく歩いて買い物へでかけたり、散歩へ行ったりしました。上に2歳半の子がいたので、一緒に公園に行ったりと体を動かすようにしました。動くとおなかがすくので(笑)、食べ過ぎに気を付けていました。

あとは、こまめに体重計に乗り、体重チェックをしました。上の子の世話もあり、初めてのときよりもゆっくり過ごせなかったのがよかったのか、体重は+9キロでした。産後はすぐ戻ると思いきや、全然戻りませんでしたが・・・。」

まこ
24歳

Aお医者さんに褒められました

「初めての妊娠で、いろいろと勉強して妊娠中の体重管理に気を配りました。身長と体重の割合から、「出産までに8㎏増える位でもいい」と助産婦さんに言われていたのですが、6㎏増に抑えて出産に望んだところ、初産なのに陣痛から3時間でスルっと生まれてくれました。

お医者さんからは「産道に肉がついていないから、早く生まれましたね。」と褒められたのが自慢です。生まれた男の子は2800ℊとちょっと小さめでしたが、沢山オッパイを飲んでスクスク育ってくれたので、「小さく生んで大きく育てる」を実践しました。妊娠中の体重は増やさない方が、赤ちゃん産むとき楽ですよ。おススメです。」

ひなっちママ
29歳

Aウォーキングが一番

「元々痩せているため、体重を気にしたこともなく、体重計を持っていなかった私。妊娠して初めて体重管理というものに挑戦しました。たしかに妊娠中は新陳代謝も悪く、体重は増える・増える・増える!それなのにつわりが治まった途端、食欲は増える一方。食欲を無理に抑えるよりは、運動しようと思いついたのですが、根っからの運動音痴の私にはマタニティダンスたるものに参加する勇気はなく、ひたすら歩くことを心がけました。

無理にウォーキングする時間を確保したわけではなく、普段ちょっと買い物に行くとき、銀行に行くときに車を使わず歩くように心がけました。私の場合、1月出産予定だったので、つわりがおさまった妊娠5か月以降が、秋くらいのちょうど良い気候だったのもラッキーでした。」

チィちゃんのママ
26歳

A職場のトラブルで痩せてしまいました

「待望の赤ちゃんを妊娠し、出産後も仕事を続けるつもりでいたのですが、職場の上司からの風当たりが強く、心労からか痩せてしまいました。特につわりもひどくなかったのに、妊娠8ヵの頃になって、急激に体重が減り始めてしまい、心配してくれた助産婦さんに親身になって相談に乗ってもらいました。

当時は妊娠のホルモンバラスの変化もあって、本当に精神的に参ってしまい、食事も喉を通らない状態。結局はドクターストップがかかって早めに産前休暇に入り、職場のストレスから解放された状態で体重管理をしつつ、出産にこぎつけました。妊婦にストレスは厳禁です!生まれる子供の命にもかかわることなので、皆さんも極力ストレスを減らして、おおらかな気持ちで妊娠生活を送るよう気を付けて下さいね。」

さっちゃん
20代後半

A楽勝と思いきや・・・

「つわりがひどく、体重が減っていたのでつわり後は普通に食べていました。体重管理なんて楽勝♪と思っていたら後期に入ってどどーんと増えてしまいました。検診の日の体重測定が怖かったです(笑)案の定、注意されてそこからは和食中心の生活を意識しました。
でも、すぐおなかが減るので甘いものもやっぱり食べてしまい、恥ずかしながら食の誘惑に勝てませんでした。運動も後半ウォーキングを少しした程度で、結局+14キロで出産しました。体が重かったです・・・。」

ぴー助
28歳

A野菜ばかり食べていました

「食べづわりだったので、妊娠した途端に食べてばかりの生活…。食べづわりが治まっても、食欲は変わらず…(笑)
ダイエットを参考にして、野菜を多く食べるようにしました。食べないわけにもいかないので、野菜を食べて満足させるようにしたら、少し体重の増え方も落ち着きました。
野菜をたっぷり食べて、それからご飯やおかずを食べるようにしました。食べる順番ダイエットというのがありますが、私の場合 肉・魚⇒ご飯 という食べ方がどうしてもできなくて、野菜を先にたくさん食べるということだけを取り入れました。(ごはんとおかずを一緒に食べたいので)

…と言っても、しっかり体重は増えていましたよ。体重が極端に増えることはなくても、ギリギリお医者さんから注意されないラインを維持したという感じでした。
軽くでも体を動かせば良かったのかもしれませんが、何もしていませんでした。ウォーキングでもすれば良かったのかな…。」

かのんまま
32歳

Aむくみのせいで体重増加!?

「体重管理には結構気をつかっていたのに、短期間で急に増えるようになってしまいました。
食生活も運動量も変わっていなかったので、もしかしたらむくみかな?と思い、むくみ解消にいろいろ試しました。
飲み物はあたたかいルイボスティーを飲んだり、キュウリやスイカなどのむくみにいいといわれる食材は積極的に食べるようにしました。あとは、塩分の多い調味料を使うのも極力さけて、ポン酢やレモンを活用しました。

食事以外では、半身浴をしたり足を高くして寝たことが足のむくみに効果的だった気がします。結果的に体重も減ったし、妊娠中はむくみやすいっていうのは本当なんだなと思いました。」

ポッチャリン
25歳

A旦那だけが痩せた!

「夫婦そろってポッチャリ体型の私と旦那。妊娠したときには当然お医者さんから、「出産までこの体重をキープするつもりで体重管理をしなさい」といわれてしまいました。そこで、食事は極力油を控えて野菜中心、薄味を心掛けて献立を作り、嫌がる旦那を巻き込んで、一緒にダイエットするつもりで体重管理をしたのです。

ところが、妊娠8ヵ月過ぎに急にストレスが溜まってドカ食いをしてしまい、私は結局パッツン、パッツンに!それどころか妊娠中毒症だと診断されて、入院しながら出産まで病院食のお世話になってしまいました。トホホ・・・・。ところが旦那の方は妊娠メニューのおかげでダイエットに成功して、ポッチャリ体型におさらばすることに成功しました。あれから数年たちますが、いまだに「あの時のお前は根性がなかった」といわれてムカついています。」

こうちゃんママ
28歳

A大好きなスイーツを我慢しました

「元々甘いものに目がなく、妊娠前は毎日のようにチョコやケーキや和菓子を食べていたので、それを控えるだけで、体重管理には充分でした。でも、それだけスイーツを食べていた私が、我慢をしなくてはいけないことは、本当につらかったです。なんせ、10時と15時におやつを食べていたのですから、一日3食だけじゃまず物足りない。どうしても口さびしいときは、キシリトールガムを噛んだり、りんごやふかしイモを食べたりして、何とかこの辛さを克服したものです。

週に一回くらいはスイーツを解禁しましたが、朝に食べるとか、食後にスイーツを予定している時は食事を少しだけ減らすとか、きちんと考えて食べるようにしました。
妊娠中にスイーツを我慢したおかげで、産後もスイーツを控えることができました。産後ダイエットも少し意識しましたが、母乳に良くないと聞いたので、極力スイーツはガマンしました。妊娠中に良い食事の習慣を身に付けておけば、産後も楽な気がします。」

まめぞう
26歳

A妊娠後期は油断禁物!

「もともと太り気味だったので、安産のためにも体重増加は最小限にとどめようと、先生や栄養士さんによく相談していました。

炭水化物をとりすぎないように、パンやパスタを控えて主食は玄米や雑穀米にしました。
お肉のメニューにはヘルシーな鶏胸肉やササミを使うようにしたり、野菜は茹でたり蒸して量をたくさんとるようにすると、ドカ食いや間食が抑えられたような気がします。好物の果物には果糖が多いので、あまり食べないようにしました。

先生の指示があってから、1日1時間以上は散歩をして、真夏でもお風呂にもゆっくりつかるようにしました。結果、プラス7kgで出産できたのでよかったです。
産後も食生活はこのままにして、妊娠前より痩せられるように頑張りたいと思います!」

ひょろりん
20代前半

A和食中心!

「体重管理のためにも和食中心に」と母親学級で言われ、育児書にもそう書かれていたので、とにかく和食の鬼になりました。
メニューはほうれん草のおひたしや胡麻和え、冷奴、ヒジキの煮物、かぼちゃの煮つけが特に多かったです。タンパク質は納豆や魚でしたが、肉は鳥ささみに塩コショウして、片栗粉をつけて茹でるといいと教わって、それで我慢していました。

元々洋食好きだったので、それで体重管理はバッチリだったのですが、妊娠9か月の時に油断して、ハンバーグを300g食べたら、翌朝足が象のように膨れ上がり、産婦人科で「節度をもった食事を」と注意されて、1週間自宅安静になりました(笑)
結局安産で体重も10kg増で済み、産後もスルスル痩せましたが、体重管理は母体にも大切だと実感しました。

Kyoko
33歳

A仕事が食べ過ぎ防止に

「ギリギリまで仕事をしていたので、体重増加はそこまで気にならなかったです。人の目もあるし、仕事中は食べられないしで、日中は食べ過ぎることがなく過ごせたからかなと思っています。
ただ、仕事から帰ると疲れてしまってぐうたらしてしまいましたが・・・。一人の時間が増えるとつい食べてしまいそうで私の場合は仕事があったほうが気もまぎれて楽でした。おなかが大きくなってくると、一回に食べられないのでこっそりと小分けにしたおにぎりなどを食べていました。」

くりこ
30歳

A仕事が食べ過ぎ防止に

「どちらかというと痩せ気味の私でしたが、2人目妊娠中は、1人目よりもつわりも軽く、体重が落ちなかったので、安定期に入ってからの体重管理に苦労しました。
2人以降は、お腹の伸びも良いのか、妊娠5か月くらいで急にお腹が目立つようになり、なんと一か月で2キロもアップ。当然、検診で注意を受け、猛省。その後、普通に食事量を減らすと、妊娠6か月の検診では、お腹が大きくなっているのに、1キロ減。自分では「やった!」と思っていたのに、助産師さんに「減らせとは言ってない」と、これまた注意を受けてしまいました。

体重管理って体重を減らすことに気を取られたらいけないのですね。それからは、甘いものなどのおやつを控えたり炭水化物を減らしたりして、栄養はきちんと摂ることを心がけました。すると理想的にグラフ通りの体重増加を実現しました。」

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪