手足口病妊婦への影響は?に関する記事

手足口病の妊婦と胎児への影響&感染予防の為にできること

手足口病の妊婦と胎児への影響&感染予防の為にできること

子供に多い手足口病は実は妊婦さんにも感染します。子供の特有の病気と油断は大敵!手足口病の胎児への影響や予防法をチェック。

マーミーTOP  >  出産  >  手足口病の妊婦と胎児への影響&感染予防の為にできること

子どもに多い手足口病に注意!妊婦への影響

子どもが保育園や幼稚園に通うようになると、様々な病気をもらってきます。その中でも夏場に多い感染病が手足口病です。子どもに多い病気のイメージが強い手足口病ですが、大人も感染することがあるんです。特に妊娠後期の妊婦さんや臨月の方は要注意?!

子どもが手足口病に感染した時、ママが妊娠中だったら「うつったらどうしよう?赤ちゃんへの影響はあるの?」って不安になりますよね。
現在妊娠中で上のお子さんが幼稚園や保育園に通う年齢であれば感染の可能性は高いです。病気を予防するためにも、あらかじめ手足口病についての知識を身に付けておきましょう。

手足口病の原因と症状とは?

まずは手足口病についてどのような病気なのか確認しておきましょう。文字通り手や足、口の中に発疹ができやすい病気なのですが、どんな菌が原因で発疹以外にはどのような症状が起こるのでしょうか。

手足口病の原因となるウイルスは?

手足口病を診断するドクター

手足口病はウイルスが原因の感染症です。この病気のやっかいなところは原因となるウイルスがたくさんあること!主にコクサッキーA群ウイルスやエンテロウイルス71型が原因となります。コクサッキーA群ウイルスは数種類の型があり、その年によって流行するウイルスの型が違うこともあります。

そのため一度手足口病にかかっても、違う型に対しての免疫がないため再びかかる可能性も。例えば「インフルエンザのA型にかかって治ったけれど、今度はB型にかかった」場合と同じような現象が起こるわけです。

同じく夏に流行するヘルパンギーナもエンテロウイルスが原因となります。高熱が出て口やのどに水ぶくれ状の発疹ができるので、食事の時に痛みを訴える子も多いようです。手や足には発疹が出ないので簡単に見分けることができます。

手足口病の主な症状は?

病気の症状を確認する妊婦

子どもが手足口病にかかった場合、次のような症状が現れます。

  • 発熱(微熱や38度以下の場合が多い)
  • 大小さまざまな水ぶくれ状の発疹ができる(口、手のひら、足の甲や足の裏、お尻、ひざ、ひじ)
  • 口の水泡がつぶれて痛み、飲んだり食べたりがしにくくなる
  • 発疹のかゆみ、痛み
  • 頭痛、筋肉痛

発熱もそれほど高くなく、できた水泡もほとんどが軽症で一週間以内には治ります。まれに重症化する場合もあり、原因ウイルスが脳に入った場合には急性脳炎、心臓に回った場合には心筋炎などを起こすケースもあります。

こんな時は迷わず受診

口の痛みで水分も取れていない場合には脱水症状を起こす恐れもあります。
続く吐き気、高熱、顔色が悪い場合もすぐに病院を受診しましょう。

妊婦さんが手足口病にかかった場合の影響と予防法

もし妊婦さんが手足口病にかかったら一番気になるのがおなかの赤ちゃんへの影響ですよね。胎児への影響や予防法などについてまとめました。

お腹の赤ちゃんへの影響は?

妊婦さんが手足口病に感染した場合、過去の患者データから胎児への影響はほとんどないと考えられています。影響が出たというはっきりした報告がないので妊娠初期から後期、臨月とどの期間で感染してもあまり悩む必要はなさそうです。

大人が感染すると子どもよりも重い症状が出るためママの方が大変かもしれません。手足口病には予防接種がなく、治療法も対処療法となります。熱などの症状で母体に悪影響を及ぼす可能性もあるのでしっかり予防し、万が一感染した場合は早めに病院を受診しましょう。

手足口病の予防法は?

手足口病の予防法を考察するお母さん

排泄物や水ぶくれに触った時やくしゃみのしぶきから感染する恐れがあります。お子さんが感染した場合は次のことに気を付けてしっかり予防しましょう。

  • マスクをして看病する
  • 排泄物から感染するので使用済みオムツはビニール袋で密閉するなどしっかり処理!
  • おむつ替えなどのお世話はビニール手袋を使う
  • おむつ替えのあとは手洗いうがいをする
  • 空気中のウイルスを減らすためこまめな換気をする
  • 食事の時に同じ食器を使わない
  • ママの免疫力を落とさないよう、食事や睡眠をしっかりとる

手足口病は一週間ほどで完治しますが、治った後でもウイルスは1ヵ月ほど排出されることもあります。子どもの発疹が治ったあとでも油断せずしばらくは予防に徹した方がベターです。
また、妊娠中は病気への抵抗力が落ちやすい時期です。お子さんの看病で大変かもしれませんが、栄養と睡眠をしっかりとって免疫力を落とさないような生活を心がけましょう。

感染した子供とお風呂に入ったらうつるの?

赤ちゃんを抱き上げる優しいお母さん

手足口病はつぶれた水泡からも移る可能性があるので、体を洗ってあげた時や一緒に湯船につかったときなどに感染する可能性もあります。感染した子どもと入浴する時には次のことに気を付けてください。

  • 発疹がひどい時は入浴を控えるか、シャワーだけにする
  • 同じタオルを使わない
  • 洗い桶を共有しない

上の子が手足口病に感染したら

入浴中は直接体に触れる機会が多いので、お風呂はパパにおねがいするなどできるだけ接触しないようにしましょう。

家族に協力してもらって乗り越えよう!

妊娠中に子どもの看病をするのは体力的にも非常につらいもの。妊娠中はママだけの体じゃないですから、手足口病の感染を避けるためにもぜひ周りの人に協力してもらってくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪