産後は腱鞘炎になりやすい!に関する記事

産後の腱鞘炎の原因と対処法!手首の負担を軽くするには?

産後の腱鞘炎の原因と対処法!手首の負担を軽くするには?

産後は腱鞘炎を発症しやすく、ママは注意が必要です。赤ちゃんを安全にお世話するために、腱鞘炎を防ぐポイントをご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  産後の腱鞘炎の原因と対処法!手首の負担を軽くするには?

産後の腱鞘炎が辛い!ママを悩ませる原因と予防・対策方法は?

可愛い赤ちゃんを抱っこしていると、ついいくらでも抱き続けていたいと思ってしまうものですが、手首に鈍い痛みを感じる場合は注意が必要です。
「赤ちゃんが成長して重くなったから仕方がない…」いいえ、それは産後の腱鞘炎による痛みかもしれません。

産後は妊娠・出産によるダメージの影響が大きく、赤ちゃんへの授乳やお世話で休む時間もないこともプラスして、ママの身体には様々なトラブルが起こりますが、産後の腱鞘炎もそのひとつとして挙げられます。

今回は、産後の腱鞘炎の原因と、赤ちゃんとの生活の中で気を付けたいこと、対処法などについてご紹介します。

そもそも腱鞘炎ってどんな病気なの?

女性の掌

「腱鞘炎」とは、筋肉と骨を繋いで関節の曲げ伸ばしをすると、その腱を覆っている腱鞘と呼ばれる部位の両方に炎症が起こる、関節の腫れや強い痛みを伴う症状のことを言います。

腱鞘炎というと、仕事でパソコンを使う人などに多い肘や手首の関節に症状が現れる「ドケルバン腱鞘炎」を思い浮かべる方が多いのですが、腱鞘炎は膝や足首、手指の関節などで発症することも多いようです。

フィンケルシュタインテストで腱鞘炎チェック!

痛む側の手の親指を反対の手で握り、小指側に引っ張ってみて親指から手首にかけて痛みがある場合、腱鞘炎を引き起こしている可能性が高いと考えられます。

腱鞘炎では外見的に目立つ変化は見られず、大きな部位の痛みではないので治療を先延ばしにしがちなのですが、油断は禁物です。
放っておくと、物をつかんだり握ったりすることができなくなるほどの痛みにより、家事も赤ちゃんのお世話も出来なくなることもあるので、ママは積極的な予防を心がけることが大事です。

産後の腱鞘炎はなぜ起こりやすいの?

一般的に手首の腱鞘炎は毎日パソコンを使ったり、調理などで手指を頻繁に酷使したりする人に多く発症します。

産後は赤ちゃんとの新生活での手首への過剰な負担や、産後特有のホルモンバランスの乱れなど、様々な原因が絡み合って腱鞘炎が起こりやすくなるため注意が必要です。

赤ちゃんの抱っこ

赤ちゃんを抱っこする女性

赤ちゃんを育てていると、起きている時間の大半は赤ちゃんを抱っこしているような状態になりますね。
時には、眠らない赤ちゃんを寝かすために、抱っこをしながらママもウトウトしてしまうこともあって、ママの手首に疲労が溜り、腱鞘炎を引き起こしてしまいます。

特に新生児期は赤ちゃんの首が座っていないために、手首にも必要以上に力が入ります。
赤ちゃんを大事にしようとおっかなびっくり抱いていることで、腕の余計な部分の筋肉が凝って手首に負担がかかってしまうのです。

赤ちゃんのお世話

生まれたばかりの赤ちゃんは、自分で動くこともできず生活の全てをママに依存しています。おむつ替えも沐浴も、全てママがお世話をしてあげなくてはいけません。
赤ちゃんのお世話は初めて出産をしたママにとっては不慣れなことですし、出産経験のあるママにとっても久しぶりのことで、「赤ちゃんに負担をかけないように…」と緊張することで、過剰な力により手首等に負担がかかってしまいがちです。

特に、赤ちゃんの沐浴中は、目や耳に水が入らないよう特別の配慮をしなくてはいけないので、ママの無意識のうちに手首に無理な力がかかっています。

赤ちゃんの授乳

母親の胸に抱かれた赤ちゃん

生後間もない赤ちゃんは自分自身の体を支えることは出来ず、自発的に乳房に吸い付くことも難しいので、生後しばらくは、ママが授乳中、赤ちゃんの後頭部を支えてあげなくてはいけません。

授乳にかかる時間は個人差が大きいのですが、一般的に1回の授乳は10~20分前後かかり、新生児期は1日で8~10回前後の授乳が必要になります。
頻繁に無理な姿勢で赤ちゃんを支えながら授乳を続けると、ママの手首を過剰に酷使して腱鞘炎を引き起こしてしまいかねないのです。

産後の家事負担が増えるため

産後は外出もままならず家庭にいることが多く、食事や洗濯、掃除などの家事の一切をママが引き受けてしまいがちです。
家事・炊事は想像以上に手首に負担をかけているため、手首を酷使することで腱鞘炎を発症しやすくなります。

「家事なんて普段からやっているのに…」と感じる方も多いのですが、産後のママの身体には、普段通りの生活ができるまで休息が必要です。
産後は様々な要因で手首に疲労がたまりやすい時期。産後すぐに普段通りの生活ができるものと安易には考えず、充分体を休めるようにしましょう。

産後のホルモンバランスの変化

腱鞘炎を発症する患者に女性が多いのは、腱鞘炎と女性ホルモンが密接に関係しているためとも言われています。

産後に分泌が増える女性ホルモンのプロゲステロンには、出産で広がった子宮や骨盤を元に戻そうと促す作用があるのですが、同時に全身の腱鞘を収縮させてしまいます。

また、同じく女性ホルモンのエストロゲンも、妊娠・出産に重要な働きをするホルモンとして良く知られていますが、このホルモンは腱や腱鞘をやわらかくし、関節の動きを滑らかにして弾力を保つ働きがあります。
しかし、エストロゲンは産後を機に分泌量が減っていき、関節部の弾力は衰えていきます。

これらのふたつのホルモンの分泌の変化が重なることで、産後は腱鞘炎を発症しやすくなると考えられています。

産後の腱鞘炎の改善/予防策は?

腱鞘炎は、一度発症するとなかなか治らない厄介な病気です。まずは悪化させないことを第一に、手首に痛みを感じ始めたら、できるだけ手首に負荷をかけないように注意して、早期回復につとめましょう。

極力手を休めましょう

両手を伸ばして気持ちよさそうな女性

日常生活で一切手を使わないというのは不便極まりないですが、腱鞘炎を直す一番の早道は、極力手を使わずに関節付近の炎症を早いうちに抑えることです。

重い物を持たない、必要以上に文字を書かない、手指に負担をかける箸を使うのをやめて、スプーンやフォークを使用する、携帯電話やスマホの操作を控えるなど、手を使わないためにできる工夫はたくさんあります。
軽い痛みでも手首を使うのはできるだけ控えましょう。

抱っこの仕方を見直しましょう

抱っこも産後の腱鞘炎を引き起こす一因ですが、ママが抱っこをやめることはできませんから、抱っこの姿勢や方法、時間などを見直していくことが大切です。
長時間の抱っこをする場合は、月齢にあったスリングや抱っこ紐、ベビーカーなどを活用し、手首への負担を減らしましょう。

また、抱っこの時はどうしても腕や手の平で赤ちゃんの身体を支えてしまいがちですが、赤ちゃんの身体を胸やお腹にしっかりつけて支えると、手首への負担が減ります。
抱っこしている間も、長時間同じ手の形を維持するのではなく、時々手の平を反したり外側に向けたりと、適度に姿勢を変えて手首を休ませるよう工夫しましょう。

授乳クッションを使いましょう

クッションに赤ちゃんをのせて授乳

いくら手首が痛んでも、赤ちゃんに授乳をしないわけにはいきませんよね。
授乳中は、赤ちゃんに乳首を含ませるために手首に力を込めてしまいがちなので、赤ちゃんの下に授乳クッションを入れて体を支え、少しでも手首への負担を軽くするとよいでしょう。

授乳クッションを上手に使うと、縦抱きやフットボール抱きなどいろいろな姿勢をとることができるので、長時間同じ手の形をとらずに済みます。
授乳中に時々姿勢を変えてあげると、あらゆる場所の乳腺を刺激することができるので、母乳の出をよくする効果も期待できますよ。

育児や家事は周りと協力しましょう

赤ちゃんはママとパパの愛の結晶、家族の宝ですから、ママ一人で面倒を見ようと気張る必要はありません。
手首に痛みがあって赤ちゃんの世話が辛い場合には、どんどんパパや家族に助けを求めて協力をしてもらいましょう。
色々な人に育児に参加してもらうことで、赤ちゃんも良い刺激を受けて伸び伸びと成長することができます。

全てを自分でやろうとすると手首を酷使してしまいますから、パパや周りの家族、地域の子育てサポーターや産後ヘルパーさんなどのサポートを上手に活用し、積極的に休んで体の回復を図りましょう。

家事に使う道具や方法を見直しましょう

家事の手間を省いて休む時間を確保できれば、手首だけではなく、産後の体力や筋肉の疲労を速やかに回復させることができます。

家事・炊事も細かい作業が多く手首に負担をかけますが、生活をしている以上全く家事をしないというワケにはいきませんから、少しでも家事が楽になるように調理道具や掃除の道具や方法を見直していきましょう。
包丁を使うのを減らしてピーラーを利用する、菜箸をやめてトングを活用するなど、ちょっとした動作や道具を見直すだけでも、腱鞘炎の痛みは楽になりますよ。

テーピングやサポーターを使いましょう

手首サポーター

産後の腱鞘炎になると、痛みのために関節を曲げ伸ばす動作がスムーズにできなくなるので、テーピングや市販の手首サポーターを患部に使いましょう。

テーピングは筋肉や筋に沿って貼るのが難しい面があるので、女性にはサポーターの方が手軽かもしれません。サポーターは適度に締め付けることで筋肉の動きを補助し、腱鞘炎の痛みを緩和する効果があります。

サポーターはドラッグストアなどで購入できるので、自分の手首のサイズに合ったものを選びましょう。テーピングやサポーターは無理な動きを制限する効果も高いので、腱鞘炎の予防にも効果的です。

ただし、間違った使い方では産後の腱鞘炎を悪化させかねないため、できれば整形外科の先生に正しい使用方法を教わることをおすすめします。

中には腱鞘炎によく似た病気も!

「手首の痛み=腱鞘炎」と思い込んでしまいがちですが、同じような症状が現れる病気は少なくありません。
普段使っていない部分が急に痛み出したり、一度に複数の関節に痛みや腫れが現れたりした場合には「いつものことだから」と油断せず、早めに病院を受診するように心がけましょう。

腱鞘炎と間違えやすい病気

・糖尿病
・リウマチ
・痛風
・ばね指 など

病院ではどんな治療を受けられるの?

病院を受診すると、まずレントゲンで関節の状態を確認するのが一般的ですが、産後の腱鞘炎の治療は痛みの程度や症状によって違います。
痛みが軽ければ鎮痛・消炎効果のあるボルタレンクリームやロキソニンテープで炎症を抑えますが、痛みがひどいようであればステロイド注射で炎症を早急に抑えるといった対応もあり、人ぞれぞれです。

ステロイド注射には痛みを抑える効果がありますが、ステロイドが母乳に移行する可能性があるため、リスク回避のために授乳中であることをあらかじめ医師にきちんと説明をしておきましょう。

中には元々腱鞘の形状により腱鞘炎を起こしやすい方も少なくなく、その場合には腱鞘の炎症部分を切除する外科手術をすすめられることもあるようです。

腱鞘炎の手術は日帰り可能ですが、数日間は赤ちゃんのお世話に支障をきたしてしまう可能性がありますので、産後の腱鞘炎は軽いうちに直すことを一番に考えていきましょう。

腱鞘炎は治癒後のケアも大切に

育児中は赤ちゃんのお世話に忙しく、せっかく痛みが治まっても無理をして腱鞘炎を再発させることも多いため、直った後にもこまめなケアや予防策を続けることが大事です。

産後の腱鞘炎は妊娠・出産に起因するものですから、ママの身体が回復して赤ちゃんが成長していくにつれて、手首の負担も軽くなりだんだんと良くなっていきます。
無理に痛みを我慢せず、早めの治療を心掛けて子育てを快適に楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
はたこ

はたこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!