妊娠中のタバコの影響に関する記事

妊娠中のタバコ・喫煙が胎児に与える影響を知って禁煙!

妊娠中のタバコ・喫煙が胎児に与える影響を知って禁煙!

妊娠中のタバコが引き起こす怖いトラブルとは?妊娠中や出産後に起こる影響と禁煙するための効果的な方法についてまとめました。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中のタバコ・喫煙が胎児に与える影響を知って禁煙!

妊娠中のタバコは1本でもダメ!煙草が胎児に与える影響とは

妊娠中にタバコを吸うのはよくないので、妊娠をきっかけに禁煙する人がほとんどです。でも今まで吸っていた人にとって急にやめるのは辛く「一本でもいいから吸いたい」と思ってしまう時があるのではないでしょうか。でも欲望に負けて吸ったタバコで、赤ちゃんの成長に影響を与えてしまうことがあります。

ここでは妊娠中のタバコについて、赤ちゃんや母体に与える影響を中心に、確実に禁煙するための方法もご紹介していきます。妊娠中の喫煙について正しい知識を身に付け、赤ちゃんを煙草の害から守りましょう。

タバコを吸うとお腹の赤ちゃんはどうなるの?

妊娠中のタバコが赤ちゃんの体に悪いとよく言われていますが、具体的にはどのような影響が出るのでしょうか。妊婦さんがタバコを吸うことで赤ちゃんに与える影響についてまとめました。

低出生体重児

寝ている赤ちゃん

ママがタバコを吸うことで、赤ちゃんが生まれた時の体重が少なくなり、低出生体重児として生まれるリスクが高まります。

煙草の煙に含まれる有害物質として良く聞くのがニコチンですよね。ニコチンが体内に入ることにより、妊娠していない人でも、血管が収縮し血流が悪くってしまいます。もしママがタバコを吸った場合には、本人だけではなく赤ちゃんに流れる血液量が減るため、成長に必要な栄養素や酸素の量も減少してしまいます。これは妊娠初期の段階から言えることです。
タバコにはニコチンの他にも猛毒の一酸化炭素が含まれており、血流を悪くし血管や内臓に負担を与えます。そのため赤ちゃんの体重がなかなか増えず、低出生体重児となってしまうのです。

厚生労働省の発表では、一般的にタバコを吸う妊婦さんの赤ちゃんは、吸わない妊婦さんから生まれた赤ちゃんに比べると、体重が200g少なく低出生体重児として生まれるリスクも2倍になると言われています。ヘビースモーカーになると、赤ちゃんの体重減少はさらに増加するとされており、お腹の中で成長が遅れていることがはっきりと分かります。

乳幼児突然死症候群(SIDS)

元気だった赤ちゃんが、寝ている間に突然亡くなってしまう乳幼児突然死症候群も、妊娠中のタバコが原因の一つと考えられています。

乳幼児突然死症候群は、生後6ヵ月までの赤ちゃんが発病しやすい病気で、何の前触れもなく寝ている間に亡くなってしまうのが特徴です。この病気は両親の喫煙との関連性が指摘されていて、厚生労働省の研究報告では妊娠中に母親がタバコを吸っていた場合は乳幼児突然死症候群のリスクが約5倍(4.67倍)にも跳ね上がることが知られています。

乳幼児突然死症候群で突然我が子を失った両親の悲しみは計り知れず、タバコを吸ったことを後で後悔したとしても子供の命は戻ってきません。我が子の命を守るためにも、タバコは絶対にやめなければならないのです。

肺機能の低下

ママの喫煙により赤ちゃんの肺機能が低下すると言われています。タバコに含まれる有害物質が肺の成長を妨げ、生まれつき肺が弱くなったり、気管支ぜんそくを起こしやすくなると言われております。
子供がぜんそくになると頻繁に発作を起こすことが多く子供の成長にも悪影響を及ぼしますし、病院通いや発作時の吸入など両親の負担も大きなものとなります。丈夫な体を作るためにも妊娠中のタバコは危険なのです。

先天性指異常

タバコが原因で指の奇形が現れることがあり、指の数が少ない少指症、指の数が多い多指症、指がない無指症、指の一部がくっついている合指症などがあります。妊娠初期の赤ちゃんの体が作られる段階から、煙草の影響が伝わってしまうということです。アメリカで行われた調査では、妊娠中のタバコで先天性指異常が起こる確率は吸わない人に比べると1.33倍に上がることが分かっています。

口唇裂・口蓋裂

赤ちゃんの唇

唇が裂けた状態で生まれてくる口唇裂や、口の中の上側が裂けている口蓋裂も、妊娠中のタバコによる影響が指摘されています。

タバコを吸っていない妊婦さんに比べると、口唇裂や口蓋裂になる割合は1.2~1.3倍と高くなるという調査結果も出ています。この病気になると見た目にもはっきり分かるどころか、ミルクをうまく飲めないなど機能面での影響が大きく、赤ちゃんの発達・成長にも悪影響を与える可能性が。

口唇裂や口蓋裂で生まれた赤ちゃんは、大人になるまで手術を繰り返すことになります。生後半年ほどで手術を受けることもあり、小さな赤ちゃんには大変負担の大きいものとなりますし、裂け方によっては手術をしても見た目に違和感が残ったり、食事が鼻から流れてきたりすることもあるようです。

妊婦の喫煙が母体によくない理由

妊娠中のタバコは、赤ちゃんだけでなく母体へも重大な悪影響を与えることが分かっています。妊娠中の喫煙が母体によくない理由について3つにまとめました。

早産や妊娠期間の短縮につながる

妊婦が喫煙することで、早産や妊娠期間が短くなってしまうことが知られています。タバコによる早産の確率はタバコの本数と比例していて、タバコを吸わない妊婦さんの早産率は6%程度に対し、タバコを一日に31本以上吸うヘビースモーカーの場合は早産率が33%になるという日本産婦人科医会の調査結果があります。

前置胎盤が起こりやすい

妊婦さんのイラスト

喫煙している女性が妊娠した場合、胎盤の位置が子宮の出口に近くなる前置胎盤が起こりやすいです。通常であれば子宮の上の方にある胎盤が、子宮口の上にできてしまうと妊娠中や出産時に大量出血の恐れがあります。前置胎盤が治らない場合は、早めに入院して予定帝王切開となることがほとんどで、いつ起こるか分からない出血にビクビクしなければなりません。
また、前置胎盤での出産では大量出血に備えて自分の血を保存しておいたり、胎盤の状態によって子宮を全摘出しなければならなくなる場合もあります。

常位胎盤早期剥離の発症頻度が高まる

常位胎盤早期剥離は、出産前に子宮の中で胎盤がはがれてしまう病気です。この病気になる確率は0.9%以下とそれほど高くはないのですが、妊娠中の喫煙によりリスクが高まると言われています。常位胎盤早期剥離になると赤ちゃんに障害が残る可能性あったり、子宮全摘出となってしまうなど母子共に危険な状態となる可能性が高まります。

妊娠中に確実に禁煙するための方法

妊娠中のタバコは有害なので絶対やめた方が良いのですが、嗜好性が高いので急にはやめられないという人もいるでしょう。妊娠中に確実に禁煙するためにはどのような方法を取ればよいのでしょうか。妊娠中のタバコを確実に止めるための方法を7つにまとめました。

1家族も一緒に禁煙をはじめてもらう

禁煙のイラスト

家族もタバコを吸っているなら一緒に禁煙を始めましょう。本人の健康はもちろんですが、妊娠中の妊婦さんへの副流煙や、出産後の赤ちゃんへの影響を考えると、家族みんなでやめることをおすすめします。

ママがタバコをやめようと頑張っていても、隣でパパが吸っていたら「私は我慢しているのに」とイライラしますよね。それに家族が吸うタバコの副流煙を、ママが吸うことでも赤ちゃんに影響が出る可能性があるため危険です。
現在は健康志向も高まってきてタバコをやめる人も増えてきています。タバコの値段も上昇しているので、家族全員でタバコをやめればお金の節約にもなり、その分を子育てに回すことができるというメリットもあります。

2TASPO(タスポ)を退会する

タスポは自動販売機でタバコを購入する時などに使うICカードです。タスポがなければ自動販売機でタバコを購入することができなくなるので、誘惑に負けないためにもタスポを持っているなら退会するのがおすすめです。

タスポの退会方法

タスポを退会する場合、タスポのホームページに記載してある「taspoダイヤル」に連絡して手続きすることになります。本人が連絡をすれば提出書類などは必要なく電話で手続き完了となります。退会後のタスポは悪用防止のためはさみで細かく切って処分しましょう。

3家の中にタバコや関連するものを置かない

禁煙を決めたら灰皿やライターなどタバコに関連するものを処分してしまいましょう。タバコそのものを処分してもライターや灰皿が残っていると、見るたびに吸いたい気持ちが湧き上がってきます。意思がぶれないよう、タバコ関連のグッズは思い切って処分してしまったほうが無難です。

4喫煙につながる行動パターンを断ち切る

赤ちゃんとお母さんの手

自分がどんなときにタバコを吸っているかを思い出し、吸いたくなるタイミングで違う行動を取るなどして喫煙につながる行動を断ち切ってしまいましょう。

タバコを吸いたくなるタイミングには決まりがあり、食事の後やドライブの途中、仕事が終わった時などに吸う人が多いと思います。そのタイミングで全く違う行動を取り入れることで、吸いたい気持ちから離れることができるので試してみてください。

例えば食後にタバコを吸っていた人なら喫煙所を避けて散歩に出かける、仕事終わりの一服が習慣になっている人ならおいしいコーヒーで一息つく習慣に変える、といった感じです。吸いたいタイミングで、タバコを吸わない家族や友達と一緒に過ごすようにするのもいいですね。

5タバコが赤ちゃんに与える影響を紙に書き出す

これまでご説明した通り、タバコが赤ちゃんに与える悪影響はたくさんあります。それを紙に書き出し、キッチンやトイレなど目に付く場所に貼っておくと吸いたい時の抑止力になります。また、家族が紙を見ることにより、あなたの行動を監視する効果も期待できるでしょう。

6喫煙者がいる場所や喫煙スペースは避ける

タバコを吸っている人の近くに行ったり、喫煙スペースに入ったりするのは止めましょう。

タバコをやめたあとでも喫煙所に立ち寄りたくなる人がいるようですが、これでは受動喫煙となるためタバコをやめた意味がありません。赤ちゃんと自分の健康を守るためにも、他の人のタバコの煙を吸わないように気を付けた方が無難です。

7タバコの替わりになるものを見つける

タバコをやめるにあたり、タバコの替わりになる物や行動を見つけておくと少し楽になるかもしれません。
定番の飴やガムといった嗜好品、歯磨きをするのも良いですし「吸いたくなったら深呼吸をすると肺がすっきりする」という人もいます。体調の良い時には気分転換を兼ねて散歩をするのも良いですね。

編み物で喫煙対策

集中力の必要な編み物や裁縫は、タバコを吸いたい気持ちを忘れられるのでおすすめです。タバコをやめられて赤ちゃんグッズを作れるので一石二鳥の効果があります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!