つわりのピークの時期はいつに関する記事

つわりのピークと期間を教えて!症状別の妊娠悪阻の体験談15

つわりのピークと期間を教えて!症状別の妊娠悪阻の体験談15

つわりのピークについての体験談です。つわりの時期や期間のほか、症状別に軽減するための方法を先輩ママ15人に聞きました。

マーミーTOP  >  出産  >  つわりのピークと期間を教えて!症状別の妊娠悪阻の体験談15

つわりのピークはいつ?症状や対処法を教えて!先輩ママの体験談15

つわりでお悩みの妊婦さんにとって、いつまで続くのか先の見えないつわりとの戦いは大変なことでしょう。ピークはいつなのか、どれくらい続くのかが分かれば、何となく気持ちが楽になるのでは?と思い、つわりのピークについての体験談を募集してみました。

15人のママに聞いたところ、圧倒的に多かったのが妊娠3ヶ月前後で、ピークは1ヶ月ほど続くようです。症状で一番多かったのがやはり吐きつわりで、その後に匂いつわりや食べつわりが続きます。さらに、ママ達がつらいと感じた具体的な症状や対処法についてもチェック。

これからつわりが始まる妊娠初期の妊婦さんや、すでにつわりが始まった妊婦さんは先輩ママの体験談を読んで、これからやってくるつわりのピークを備えてください。

妊娠2か月がつわりのピークでした

Rukko
42歳

A終わりのない吐き気

私は体力にも自信があり、妊娠がわかった当時はワクワクした気持ちしかありませんでした。しかし、そんな気持ちも妊娠2ヶ月が過ぎた頃から様子がかわり、食事の支度をしている最中に漂う食材のニオイにトイレに駆け込み、吐きたいのにまったく吐けないつわりが始まりました。周りの子育て中の友人達に症状を伝えてみると、声を揃えて「辛いつわりはそんなに長くは続かないよ」と言うので、その言葉を信じていましたが、この辛いつわりは出産するまで一度も改善することなく続いたのです。

食べ物のニオイに一番反応するのですが、なぜか吐くことができません。果物の果汁を飲む日々が続き、栄養も十分にとることができなかったので、次第に体力がなくなって…。家事をしたくても動けない状態が長く続いたため、主人には惣菜やお弁当生活をしてもらうことになったのが申し訳なかったです。つわりの日々の中、少しでも症状が和らぐようにと、自身でアロマを嗅いだりしていたときが一番気持ち的には落ち着きました。

みかり
30歳

A寝たきり状態で泣きたくなりました

私のつわりは妊娠3か月から5か月の期間です。ピークは4か月頃で、1か月ほど続きました。吐きつわりと眠りつわりだったようで吐いては眠っての繰り返しでした。散歩に出かけると気分が紛れるよ、と友人から教えてもらいましたが、雪国の冬でしたので外に出るのは危険なのと、そんな気分にもなれずにずっと家に引きこもっていました。椅子に座っているのも辛かったので、1日のほとんどをベッドの上で過ごしていたと思います。起きていたのは、トイレとお風呂、食事の時くらいでした。横になっているのも辛く、眠っている時だけが楽でした。

横になる妊婦

そのため家の中のことが何もできず、仕事をしている夫に頼り切りだったので、とても申し訳なく思っていました。それでも、つわりのピークの時は諦めて何もしない方が楽だと思います。気を紛らわすために家事をしようとすると、とても身体が辛かったし、赤ちゃんに影響がないか心配になりました。つわりの時は安静にしているのが一番です。ずっと続くわけではないですし、つわりを乗り切れば楽しい妊婦生活を送ることができます。

青りんご
30歳

A毎日船酔い

双子を妊娠し、妊娠5週目からつわりがはじまりました。最初は、何となく食欲がないかもという程度だったのですが、6週目に入ると「何も食べたくない」「食べることを考えただけで気持ち悪い」という状態になり、全く食べられなくなりました。その後は、起きてから寝るまでずっと船酔いをしているような状態でした。

食べ物も色々とさっぱりしていそうなものを試したのですが、ほぼ食べれず。食べれても胃に入ったらすぐ吐いてしまい、なんとか食べれたのがつめたいご飯に梅干しだけでした。ひどい時には水を飲んでも吐いてました。あまりに吐き過ぎたのか、胃液も吐くようになり、血も吐くまでに…。あまりにひどかったので先生に相談して、吐き気止めの薬を処方してもらい、それで少し食べられるようになりました。つわりはいつか終わりが来ると信じ、時間が経つのを待ちました。

私の場合は、妊娠6週から13週までがひどかったです。その後、徐々になくなっていって、16週目に入るころにはピタリと終わりました。

なーまま
30代後半

A一日中むかむかだけど、いつかは終わります。

私の場合、つわりは妊娠6週目くらいから9週目くらいまででした。「あれ?つわり全然ないじゃん」と思っていたら、いきなり来たのです。つわりのピークは1か月ちょっと続きました。

特に、匂いつわりが一番ひどかったです。つわりのピーク時の困ったことは、とにかく、今まで大好きだった匂いが少しでもすると、気持ちが悪くなってしまうことでした。幸い、吐くことはなかったので、楽な方だったのかなと今は思えますが。炊飯器からのご飯の炊ける匂い、大好きなコーヒーのにおいなど。胃のあたりが一日中むかむかしている感じで、横になっていることも多かったです。

食事は、冷めたご飯なら匂いをきにせず食べられましたので、小さめのおむすびをいくつか作っておき、食べられる時に食べるようにしました。特に、サンドイッチやサラダなど、比較的冷たくて匂いのしないものを好んで食べていました。

妊娠3ヶ月がつわりのピークでした

かおり
30代後半

A毎日続く吐き気がつらかったです

私の場合、妊娠が発覚した7週頃からつわりが始まり、妊娠5か月の終わり頃にあたる19週頃までの約3か月の間続きました。特に、症状が重かったピークは妊娠3か月頃でした。一番ひどかったのは匂いつわりです。ご飯の炊ける匂いが本当にダメで、夫の食事の準備をしなければならないことが苦痛でした。他に、魚介類の匂いなど、いままで全く気にしていなかった食品の匂いが突然受け付けられなくなり、嗅ぐと吐き気をもよおしてつらかったです。

とにかく常に吐き気がするので、嘔吐してしまうかもしれないと思うとなかなか外出ができず、家にこもりがちになって、さらに気分が滅入るという悪循環に陥ったことがとても困りました。対処法は、とにかく寝ることです。寝ている間はつらい吐き気から解放されるので、その頃は1日9時間くらい寝て乗り切りました。

ママン
30代半ば

Aひどい乗り物酔いがずっと続く感じ

私のつわりのピークは妊娠3カ月の頃にはじまりました。その後、ピークは妊娠4カ月を過ぎる頃まで1カ月ほど続きました。私は吐きつわり・匂いつわり・眠りつわりがあったのですが、その中でも一番ひどかったのは吐きつわりでした。とにかく、眠っているとき以外ずっとひどい乗り物酔いをしているような感じで、常に吐き気があり実際に吐いていました。

外で吐いてしまうのが怖くて、公共の乗り物に乗れなれなくなったことが一番困りました。絶対に外出しなければいけない場合は、ビニール袋を10枚くらい持ち歩いていましたが、それ以外はとにかく家に引きこもっていました。つわりピーク時の対処法は、私はレモン味のキャンディを舐めること。気分が少しマシになったので、常備して常に舐めていました。

しっぽ
30代前半

Aつわりはつらい。でも、いつかは治まります。

つわりが始まったのは、妊娠2ヶ月頃からでした。最初は、胃がムカムカして、何か気持ち悪いなと思うくらいのもので、食事を食べても特に吐くわけでもなく、普通の量を食べていました。しかし、3ヶ月くらいになると、気持ち悪くて食べたいのに食べれない、食べたら吐くという感じでした。私は、吐きづわり以外に、匂いつわりとめまいの2つの症状がありました。

特に、他人の体臭が気持ち悪くて、主人の臭いもだめでした。吐きづわりとめまいは、1ヶ月程で治まりましたが、臭いに関しては妊娠後期まで続きました。電車や仕事場の人の香水やたばこの臭いが気持ち悪く、ずっとマスクをしている状態でした。つわりがひどいときはとにかく横になっていましたが、仕事中はそうはいかないので、どうしてもダメな時は休ませてもらっていました。休みの日は、とにかく寝ていましたね。ご飯ものど越しのよいものや消化の良いものにして、家事も主人に手伝ってもらい乗り切りました。

現在、つわりでお悩みの方はとてもつらいでしょうが、家族に協力してもらって、頑張って乗り切ってください。つわりがあるということは、赤ちゃんが育っている証拠なのですから。

ゆみたん
40歳代

Aひたすら食べ続ける日々

ピークは8週くらいでした。1ヶ月くらい続きました。完全に食べつわりで、他の症状はありませんでした。食べても食べてもお腹がすいて、食べていないと辛く、吐くことは全くありませんでした。一番困ったのは、仕事中に食べられないことで、トイレにパンやお菓子を持ち込んでこっそり食べていました。本当につらくて「恥ずかしい」とか「不衛生」という考えもありませんでした。

間食する女性

おかげで1ヶ月に5キロも太ったので、産院で看護師さんにきつく怒られましたが、吐きつわりよりはマシだと思うようにしていました。つわり対策は、いつも食べ物を常備しておくこと。食べないとか、ローカロリーのものを食べるとかいう選択肢はありませんでした。結局、仕事は一週間お休みしました。

らっこ
20代後半

A食べても食べても気持ち悪い

私の場合、つわりのピークは妊娠8週頃から12週頃までの1ヶ月ほどで、その後1ヶ月くらいは軽いつわりが続きました。つわりの種類は完全に食べづわりでした。

幸いにも吐くということはありませんでしたが、1時間30分おきくらいには食べ物を胃に入れておかないと、船酔いのような気持ち悪さに襲われました。食べ物を何か口にするといっても、私の場合は飴やグミのような軽いものでは治まらず、完全に胃を満たしてくれるようなクッキーやサンドイッチ、おにぎり等でないと気持ち悪さは軽減されませんでした。

特に辛かったのは、つわりは昼夜関係なかったこと。夜寝ている時でも、1時間半置きくらいに食べ物を胃に入れないと、気持ちが悪くて目が覚めてしまいました。常に枕元には飲み物と菓子パンのような食べ物を置いておき、気持ち悪さで目が覚めたらすぐ食べて横になる、という方法でつわりを乗り越えました。

ミルキー
30代後半

Aあらゆる匂いに吐き気がしました

2人目の子供の妊娠が分かり喜びもつかの間、妊娠6週目からつわりが始まりました。ピークは、9週目から11週目までぐらいでした。ちょうど年末年始で、クリスマスもお正月もほぼ寝たきりだったのを覚えています。とても辛い時期でした。

空気清浄機

一番ひどかったのは匂いつわりでした。初めはご飯の炊けた匂いから始まり、お風呂の時もシャンプーなど香りの強い匂いに吐き気がしました。上の子供が2歳過ぎで、オムツをしていたのでオムツ替えが一番困りました。なので、常にマスクをして、オムツを替える時はマスクを二枚重ねしていました。つわりが少し落ち着いてからも、ご飯を作る時は匂いに反応するので、常にマスクをして空気清浄機を使って対応しました。

ゆきママ
30代前半

Aつわりとの戦いの日々

2児の母です。一人目妊娠中は、悪阻が全くなく、何でも食べられて吐くこともなかったのですが、二人目は全く逆でした。妊娠9週目あたりから悪阻が始まり、安定期を過ぎた18週頃まで続きました。一番辛かったのが匂いつわりでした。今まで何でもなかったあらゆる匂いを受け付けなったのです。

料理を作ろうとしても生肉の臭いに吐き気を覚え、触ることすらできなくなりました。野菜は辛うじて調理できたので、野菜料理メインで安定期までやり過ごしました。さらに、湯気の匂いにも吐き気がするので、シャワーを浴びるのがとにかく毎日辛かったです。なるべく湯気の匂いを感じないように、口で息をするなどしていました。それと、シャワーの際にガムを食べると、気分が紛れて効果的でしたよ。一人目がつわりがなくても二人目もないとは限らないと、身を持って体験しました。

ルルママ
23歳

A何をしてても気持ち悪かった日々

つわりのピークはだいたい妊娠9週目でした。私の場合ピークは長めで、12週目くらいまで続きました。つわりにも色々な種類があるようですが、私はもっとも辛いと言われている吐きつわりでした。何を食べても吐き、何も食べられなくなっても吐き、一日の大半をトイレで過ごす日々でした。

家の外に出ようなんて気持ちは少しもわかないほど気持ち悪くて、毎日家に引きこもっていました。ただ、何をしていても吐きそうで気持ちが悪いのですが、何もしないとやりきれないくらい気分が萎えていたので、旦那にレンタルDVDを借りてきてもらい、片っ端から見ていました。DVDなら横になりながら見られるし、ストーリーが頭の中でいっぱいになると、吐きたい気持ちを一瞬でも忘れることが出来て多少は楽でした。

さっちゃん
27歳

A吐きつわりで8キロ減

私は、妊娠10週目頃から妊娠14週目からの1ヶ月がピークでした。つわりにもいろいろな種類がありますが、私の場合は吐きつわりがひどく、何も食べていないのに嘔吐してしまい、最終的には胃液を吐いている状態でした。ピーク時は、家事は一切やっていませんでしたし、入浴する際にでる湯気で嘔吐してしまっていたので、体もタオルで拭いて過ごすほどひどく、一日中ベッドとトイレの往復でした。

食事を前に頬杖をつく女性

食べ物は一切受け付けず、水しか飲めない状況で体重がどんどん減っていき、栄養失調の時に作られるというケトン体まで出てしまったので、病院で点滴を受けました。そうすると点滴直後にはゼリーやヨーグルトなどを口にすることができるようになり、3~4日はなんとか我慢できていました。ただ、点滴の効果が切れるとまた激しい嘔吐に襲われるので、病院に行って点滴を打ってというのを繰り返しでした。

妊娠4ヶ月目がつわりピークでした

みゆみ
30代後半

A食べつわりで辛かったです

つわりのピークは妊娠4ヶ月の時で妊娠6ヶ月まで約2ヶ月間続きました。私の場合は食べつわりで、胃が空っぽになるとムカムカしてしまうので、いつも食べ物を口にしている状態でした。つわりのピークの時は食べ過ぎて体重が増加してしまい、妊婦検診の時に医師からかなり怒られてしまいました。

それ以来、食事は和食中心にして、つわりの時はカロリーの低いドライフルーツを食べるようにしていました。炭水化物を減らして体重が増加しないように気をつけたり、サラダを多く食べるようにし、できるだけ外食は控えるようにしました。たまにですが、ガムや飴を口に入れているとつわりが落ち着いている時があったので、あまりにもつわりがひどい時に口にしていました。食べつわりの場合、食べ過ぎると太り過ぎてしまうので、体重管理には常に注意は必要でした。

DCママ
34歳

Aつわりに耐えながらの仕事が辛かった

私の場合、つわりで妊娠に気づいたほどひどいものでした。生理が遅れて5・6日目くらいから吐き悪阻がはじまりました。そこからは、妊娠5ヶ月に入る頃まで毎日吐きつわりでした。「本当に自分の体は大丈夫なのだろうか」「赤ちゃんは死んでしまわないか」と不安で病院にも通い、点滴も受けました。つわり期間はいつも辛かったですが、その中でも妊娠4ヶ月目あたりの1ヶ月かピークだったと思います。

私は第一子妊娠中は働いていたので、ピーク時は仕事との両立も大変でした。まだ安定期ではないのであまり周りにも公表できないので、トイレの個室に資料と携帯を持ち込んで、そこで仕事をしたこともありました。通勤電車も辛かったので、1週間くらいはタクシーで通勤していました。でも、つわりは大変したが、そのおかげでその変わり陣痛もその後の子育ても「つわりよりはマシ!」と簡単に乗り越えることができました。明けない夜はありません!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!