出産時の臍帯血に関する記事

【臍帯血】あなたは捨てる?役立てる?提供や保管への注意

【臍帯血】あなたは捨てる?役立てる?提供や保管への注意

臍帯血について知らない妊婦さんも多いのですが、医療分野で注目され、病気で苦しむ人や将来病気になった我が子に役立てることができますので、知らずに捨てるのはもったいない!提供方法や民間保存への注意についてご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  【臍帯血】あなたは捨てる?役立てる?提供や保管への注意

臍帯血を出産時にどうする~提供?保管?食べる?施設や注意点

赤ちゃんを出産する時、妊婦さんから採取できる臍帯血。あなたが赤ちゃんを産む病院では、献血することができますか?白血病治療でお馴染みの臍帯血バンクを始め、海外から若返り治療を望んで富裕層が押し掛けるほど貴重で役立つ、出産時にしかとることができない臍帯血。何も知らずに捨ててしまうなんて、なんだかもったいないですよね。

こちらでは、近年注目されている臍帯血とはどのようなものか、何に利用できるか、産後の臍帯血や胎盤処理、臍帯血提供時の痛み提供や保管の方法、民間臍帯血バンクによる保管への注意、臍帯血の血液型についてご紹介いたします!

臍帯血って何?

産院

産院に貼られているポスターやCMで「臍帯血(さいたいけつ)」いう言葉を聞いたことがある人は結構多いのですが、何がそんなにいいのか、あまり知られていないですよね。白血病治療以外にも、利用効果が高い臍帯血について、詳しく見ていきましょう。

臍帯血とは

臍帯血とは、臍帯の血。臍帯とは赤ちゃんとお母さんをつないでいるへその緒のことですので、臍帯血とはへその緒や胎盤の中に含まれている血液のことを指します。

実はこの臍帯血、出産のときにしか取れない大変貴重な血液。この臍帯血に含まれる幹細胞こそが、白血病をはじめ多くの病気治療や美容などの医療分野で、大変役立つのです。

臍帯血に含まれている幹細胞とは?

ママのお腹の中の赤ちゃんのイラスト

幹細胞とは、体のもとになる細胞です。赤ちゃんには初めからは手足や肺、脳、心臓などがあるわけではありませんよね。初めは受精卵だけだったのに、細胞分裂を繰り返して手や足などの器官を作り出していきます。これは、幹細胞に「自分以外の器官に変わる」という特徴と「自分と同じ器官を生み出す」と2つの特徴があるから。

幹細胞には、血液をつくり出す造血差幹細胞、神経系をつくり出す神経幹細胞などの様々な種類があり、1つの幹細胞が分裂して2つになると、片方の細胞は元の幹細胞と同じ幹細胞に。もう片方は決まった種類の器官の細胞となります。こうして細胞分裂を繰り返して元の幹細胞を残しつつ、血液の細胞、神経の細胞、皮膚の細胞…と様々な器官となる細胞を生み出していくわけです。

ですから、病気で正常な血液がつくり出せなくても、造血幹細胞を移植することでドンドン正常な血液をつくることができるようになりますし、赤ちゃんのようにハリのある美しい肌細胞だってつくれるのです。

また、臍帯血は免疫系がまだ充分に発達していないため、移植しても拒絶反応を起こしにくいという特徴もあり、医療現場で必要とされているのです。

人の体の細胞は、基本的に数十回細胞分裂を繰り返したらもう分裂できなくなってしまいますが、幹細胞は何度でも分裂できますよ!

幹細胞とiPS細胞

京都大学

2012年には京都大学山中教授がノーベル賞を受賞し、日本国内でもiPS細胞(人工多機能性幹細胞)が話題になりましたよね。iPS細胞は人工的につくった幹細胞。臍帯血や人体に備わっている臍帯血幹細胞や生体幹細胞とは違い、体内のどんな細胞にも変化できる能力を持っているものです。

他にも、人工的に作られた代表的な幹細胞としてES細胞がありますね。iPS細胞の元が人体の細胞であるのに対し、ES細胞は受精卵の細胞が元となり作られるため、倫理上の問題などが課題となっています。いずれにせよ、人工幹細胞は細胞を若返らせ不老不死を実現する可能性を秘めた人類待望の細胞。臍帯血からとれる幹細胞の数には限りがあるため、更なる研究と実用化が期待されているのです。

臍帯血は何に利用できるの?

臍帯血の幹細胞は、さまざまな種類の細胞になる能力を持つことから、血液の病気だけではなく、中枢神経、自己免疫や虚血性障害などの修復も役立つとされ、研究や臨床試験が行われています。近年では白血病の治療で有名ですが、他にも、脳性まひなどの脳神経障害の治療に利用できるとして、将来的に多くの治療に役立てるとして期待されているのですよ。

白血病患者などへの移植

患者さんと医師のイラスト

臍帯血を使った治療法として最も有名なのが、白血病など血液の疾患を持つ患者さんへの移植ですね。臍帯血バンクへ産婦さんが臍帯血を提供することで、白血病などの病気を持つ第三者への提供が可能となります。

血液のガンといわれる白血病の他、悪性リンパ腫、赤血球がなくなる再生不良性貧血などの患者さんの体に、臍帯血から生成される幹細胞を移植することで、正常な血液を作ることができるようになるのです。また血液だけでなく、脳性麻痺への最先端再生医療の臨床研究などにも用いられています。

若返り美容

臍帯血から生成した幹細胞は、美容の世界でも役立てられています。傷を目立たなくさせるといった治療以外に、若返り治療などアンチエイジングのために、中国の富裕層が日本に押しよせるほど人気があります。「他人のアンチエイジングに使われるくらいなら、自分に使いたい!」というママも多いのでは?

将来への備えとして保管

遊んでいる子供達

近年、将来の備えとして自分の子供が万が一難病に侵された時、いつでも引き出して利用できるように、民間の臍帯血バンクを利用するママも増えています。一般的に公的臍帯血バンクを利用する場合は、第三者への提供のためですので、いざ子供や家族が病気になったときに利用することができません。しかし、民間の臍帯血バンクを利用すれば、治療の可能性を広げてくれる備えになることもありますよね。

臍帯血を使った幹細胞移植のメリットとして、血縁が近い人ほど、拒絶反応が出にくいと言われています。もちろん血縁の人すべてがそうだとは言えませんが、生まれてきた赤ちゃん本人は拒絶反応のない安全な移植と言われているんですよ。

宗教目的?食べる

多くの動物達は、出産時に出た胎盤を栄養源として食べていますよね。世界には地域によって、宗教や古くから伝わる風習によって胎盤を食べさせるところもあると言われています。日本でも、自宅出産や助産院での出産の際に、こっそり食べさせてくれる助産師さんがいるそうですよ。気になる方は、助産師さんに問い合わせてみてもいいかもしれませんね。

出産後、通常胎盤や臍帯血はどうなる?

妊婦さんが何も言わないと、出産後にでてきた胎盤や臍帯血はどうなってしまうかご存じですか?出産した経験をもつママの中には「出産がきつくて胎盤なんていつでてきたのかわからない!」という人も多いのですが、昔と今ではその扱いも変わってきているんですよ。

日本の胎盤処理!昔と今

古代の日本をイメージのイラスト

胎盤は現在、医療廃棄物として処理されています。つまり、ゴミとして捨てられているわけです。もったいないですよね。

今はその多くが処分されている胎盤ですが、古代日本では神聖なものとされ、胞衣(えな)と呼ばれていたんですよ。平城京において上流貴族が壺に納めていた言う記録が残っていて、胎盤を妊娠~出産、成人するまでのその子の分身としてみなしていたほど。その子の成長や運命に影響を及ぼすと信じられていたんですね。

海外セレブはカプセルに!

豚のイラスト

日本ではプラセンタといえば、豚の胎盤から得られる化粧品の材料で有名ですが、最近アメリカでプラセンタといえば、自分の胎盤アンチエイジングのサプリメントとして取り入れているセレブが増えているのですよ。アメリカでは有名女優がプラセンタをカプセルにして飲むことで、産後トラブルが軽減したということで話題に火が付き、プラセンタカプセルのサービスを利用したり自分で作ったりしている人が増えています。

プラセンタカプセルを取り入れることで、産後の回復が早くなり、母乳が出やすくなるとのこと。特に身体の回復や気分の波もなく順調に育児ができることからアメリカではポピュラーなものになりつつあるのですよ。胎盤を食べる文化にも、こうした効能からきているのでしょうね。

臍帯血の提供や保管は痛い?

出産時での「臍帯血」の採取は、ママや赤ちゃんへの痛みや、危険性のない安全なものです。採取するときは、赤ちゃんを出産した後、胎盤がまだママの体の中にある状態の時に、臍帯の血管に針を刺して採取します。そのため、出産時における分娩の経過や、赤ちゃんのその後の経過にも影響を与えません。

臍帯血の提供方法は?誰でもできる?

臍帯血の提供を希望するプレママは、日本赤十字の公式サイトにアクセスして、提供できる産婦人科を確認してくださいね。その際、産婦人科の医師に臍帯血の提供について説明を受け、その内容に同意できる場合のみ採取できます。しかし、妊娠時の経過や、出産時の状況によって採取できない場合もありますので、病院を決める時はバースプランで確認しておきましょう。

公的臍帯血バンクへの提供医療機関

現在は「日本赤十字」が、日本で唯一造血幹細胞提供支援機関に指定されています。臍帯血を公的臍帯血バンクへ提供したい場合は、以下の地域ごとに掲載してある最寄りの産婦人科に問い合わせてみてくださいね。

公的臍帯血バンクのデメリット

輸血用血液のイラスト

公的臍帯血バンクは、国からの助成金や健康保険金からの費用で維持されています。そのため、提供する側の妊婦さんは臍帯血を無償で提供できますが、自分や家族に何かあった時に利用できるというわけではないというデメリットがあります。

一般的に知られている輸血用血液のように、必要な患者さんの治療に利用されることを目的としていることを知っておきましょうね。

民間臍帯血バンクでの保管方法

民間臍帯血バンクを利用する場合、保管する民間臍帯血バンクと契約することで利用できます。しかし、公的臍帯血バンクと違い、高額な費用がかかります。利用の際には、出産を予定している産婦人科の担当医に相談するといいでしょう。こちらでは民間臍帯血バンクの相場やデメリットについてご紹介します。

民間臍帯血バンクの相場

民間臍帯血バンクを利用する際、初期費用や処置費用を含め20万円前後が相場とされています。また、保存期間も長期間になることも見据えた利用を前提としているので、1年間ごとに約1万円の保管費用が必要となります。無償の公的臍帯血バンクと違い、費用が高額になることを念頭に置いておきましょうね。

民間臍帯血バンクのデメリット

医師と相談する夫婦のイラスト

民間臍帯血バンクで保管するデメリットは以下の3つあげられます。ご家族、医師と相談し、十分考慮した上で民間臍帯血バンクを利用するようにしましょう。

  • 高額な費用がかかり、10年で25万円以上もの費用がかかる
  • 臍帯血を採取できるのは、提携する一部の医療機関や協力が得られる医療機関に限定
  • 将来医療技術の進歩により、臍帯血移植の治療法に代わる新たな治療法の開発の可能性あり

民間臍帯血バンクを利用する時の注意点

現在、民間臍帯血バンクによる保存について、日本造血細胞移植学会は、10年間程度臍帯血を保存することにたいして、品質管理に疑問があるとして注意を促しています。

臍帯血の検査だけでは、感染症検査は不十分です。もし細胞が細菌感染していたり、移植時に細胞数が不足していたりといったトラブルがあったとしても、いざ移植をしようとなると手だてがない可能性があります。

臍帯血の採取は、出産時といった特別に限られた機会です。また、高額な費用も必要となるため、民間臍帯バンクを利用する際は、会社の保管や管理体制をしっかりとチェックしましょうね。

臍帯血で調べる血液型

ママの中には、臍帯血を採取する時に血液型も調べたいと考える人もいますよね。ママと赤ちゃんをつなぐ臍帯血は赤ちゃんのもの。そのため臍帯血で調べた血液型は赤ちゃんの血液型となりますが、中には赤ちゃんの免疫が未熟なのでママの抗体が強くでてしまい、確かな血液型の検査ができないこともあります。

そのため、大きくなって「血液型が違った」ということがみられることもありますので、正しい血液型を知りたいならば、4歳を過ぎてから血液型の検査を行いましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪