逆子はいつまでなら治るの?に関する記事

逆子はいつまでなら治る?逆子が戻る治し方を実践する時期

逆子はいつまでなら治る?逆子が戻る治し方を実践する時期

逆子はいつまでなら治る?逆子の治し方や治らない場合の出産方法など、逆子についての基礎知識をまとめました。

マーミーTOP  >  出産  >  逆子はいつまでなら治る?逆子が戻る治し方を実践する時期

逆子はいつまで大丈夫?知っておきたい逆子が治る時期

赤ちゃんは出産が近づくにつれて頭を下にした姿勢になるのですが、足が下になったままの逆子になることもあります。赤ちゃんが逆子の場合、自然分娩で出産するリスクが高いほか、帝王切開になる可能性も高くなるため、赤ちゃんが逆子になっていないか気になるママも多いのではないでしょうか。

妊娠中期になると、赤ちゃんがお腹の中でくるくると動き回る胎動が始まることから、赤ちゃんの体勢はいつも同じというわけではありません。それでは、赤ちゃんはいつ逆子になり、いつまでに治すと頭を下にした状態で産まれてきてくれるのでしょう?ここでは、出産を控えたプレママさんに役立つ、逆子の時期についての情報をお伝えします。

逆子はいつまでなら治すことができるの?

超音波検査を受ける妊婦さん

妊婦健診の超音波検査で赤ちゃんが逆子だと言われても、赤ちゃんが動き回ってたまたま正しい位置に戻ることもあります。このように、赤ちゃんがお腹の中で動いてくれるなら逆子が治る可能性もあるのですが、具体的にいつまでなら可能なのでしょう。まずは、逆子対策を行う時期についてみていきましょう。

自然に逆子が治る時期

逆子だったのが治って笑顔の妊婦

赤ちゃんが逆子と診断された場合、ズバリ妊娠34週までなら治る可能性があります。ちょうど妊娠9か月後半に当たるこの時期は、赤ちゃんがお腹の中で動くことができるギリギリのサイズなのです。

妊娠7~8ヵ月頃までは2割近い赤ちゃんが逆子だといわれていますが、まだ小さくて自由に動き回ることができることから、ほとんどが一時的に逆子になっているケースです。そして、逆子だった赤ちゃんも出産が近づくにつれて、自然と頭を下にした頭位の姿勢になるので、出産間近に逆子のままの赤ちゃんの割合は5%以下とぐんと低くなります。

しかし、赤ちゃんが大きくなってしまう34週以降には、お腹の中が狭くなって頭が下になるように動くことができなくないので、そのまま臨月を迎えるケースが多いようです。

逆子体操を行う時期

逆子体操をしてる妊婦

逆子であることが分かった時に、妊婦さんが自分でできる逆子の対策法として有名なのが逆子体操です。逆子体操は、逆子が治る可能性のある妊娠34週まで続けるのが良いですね。ただし、自己判断で行うのは危険ですので必ず医師に相談してから行いましょう。逆子体操にはうつぶせや仰向けなどの状態で行うため、寝る前に行うのがベストです。

自分に合った逆子体操を行ってみると、効果があるかもしれません。もし、逆子体操に不安を感じるという場合は「側臥位法」という方法がおすすめ。お腹の赤ちゃんの背中がママの左側にある場合は右向きに、お腹の赤ちゃんの背中が左側にある場合は左向きに、ただ横になるだけで赤ちゃんがくるりと正しい位置になることがあります。

外回転術を受ける時期

逆子を治す方法は他にも、医師の手で逆子を治す外回転術という方法もあります。これはお腹の外から力を加えて赤ちゃんの位置を正常に戻す方法で、お腹の中で赤ちゃんが動く余裕がある妊娠30週前後に行われます。

直接ママのお腹の力を加えることから、母体や赤ちゃんに影響が出ないよう安全に行うためには、熟練した医師による施術が必要です。赤ちゃんをスムーズに動かすために、お腹の張りを抑える薬を使用することも。外回転術で逆子が治ったとしても再び逆子になるケースもあるため、事前にリスクについての説明をしっかり受けることが必要です。

赤ちゃんが逆子になるのはいつ?

逆子と正常な向きの胎児のイラスト

ここまで、逆子を治す時期や方法についてお伝えしてきましたが、赤ちゃんはいつ逆子になるのかということも気になりますよね。ここからは、妊娠時期別の逆子の状態についてみていきましょう。

妊娠初期の逆子

妊娠初期の赤ちゃんは、ようやく人間らしい形になってきた頃でまだまだ小さい状態。超音波検査のエコー画面の中に小さく見える程度の大きさで、お腹の中を自由に動き回っているため、まだまだ決まった体勢はありません。

妊娠中期の逆子

妊娠中期になると赤ちゃんもだいぶ大きくなり、エコーの画面に全身が入りきらなくなってきます。お腹の中もだんだんと狭くなってきますが、まだ余裕がある時期なので赤ちゃんの向きもしょっちゅう変わります。妊婦健診にたまたま逆子だったとしても、次の健診の時には体勢が変わっているかもしれません。

妊娠後期の逆子

赤ちゃんが急激に成長するこの時期は、徐々に頭を下向きにした頭位をとるようになります。お腹の中はかなり狭くなり羊水の量も少なくなるので、赤ちゃんが大きく動くことは減ってくるため、頭を上にした姿勢のまま動かずに逆子の状態で臨月を迎える赤ちゃんもいますが、この時期に逆子が治るケースも少なくありません。

逆子による帝王切開はいつ決まるの?

妊娠34週を過ぎても逆子が治らないと判断された場合、ほとんどの病院が帝王切開を行います。あらかじめ手術を決めて行う予定帝王切開の場合、妊娠38週前後が目安となりますが、胎盤の位置が子宮口の近くに形成される前置胎盤と診断された場合は、さらに早く37週あたりに手術が行われます。

帝王切開に抵抗を感じるママは多いかもしれませんが、逆子のように自然分娩でのリスクが予想される場合、帝王切開は赤ちゃんにとって最も安全な出産方法だといえます。手術が事前に決まっていることから、しっかり入院準備を整えて、赤ちゃんと対面する記念すべき日を迎えましょう。

逆子が原因となる出産リスク

出産までに逆子が治らなかったとしても、すべての赤ちゃんが帝王切開になるとは限りません。頭を上にした状態の逆子の中でも、前屈のように腰を折り曲げた姿勢をした「単臀位」と呼ばれる逆子は、自然分娩が可能な場合があります。そして、それ以外の逆子だった場合に帝王切開が選択されるのです。

どちらにしても、胎児が逆子の場合は分娩方法ごとにリスクが伴います。自然分娩と帝王切開には、それぞれ次のような出産リスクがあるため、出産前にしっかり理解しておくことが大切です。

赤ちゃんへの負担が大きい

出産直後の赤ちゃん

単臀位の赤ちゃんを自然分娩で出産する場合、赤ちゃんの体がママの恥骨などにひっかかって、お産が長引く可能性が高くなります。通常は身体の中で一番大きい頭や肩から、身体をくるくると回転させながら下りてくるため、スムーズに外に出やすのですが、逆子の場合は頭が最後に出てくるため、どうしても時間がかかってしまうのです。

出産にかかる時間が長くなれば、赤ちゃんの呼吸が苦しいだけでなく、ママの体力も奪われます。そのため、自然分娩の継続が困難だと判断された場合は、途中で緊急帝王切開に切り替えることも少なくありません。

産前・産後の大量出血につながる

胎盤の位置が子宮口に近い寄前置胎盤が原因で逆子になっている場合は、妊娠中や分娩時の大量に出血する可能性が高くなります。本来ならば子宮の上の方にある胎盤が下に形成されてしまうと、胎児の成長により子宮が広がる際に胎盤がずれることで出血しやすい状態になるのです。

少量の出血が見られる場合は、安静にして経過観測が行われますが、お腹の赤ちゃんが大きくなることで大量の出血が起こった場合は入院が必要になるほか、できるだけ早く帝王切開を行ってお腹の赤ちゃんを取り出す必要があります。

逆子になりやすい妊婦さんのタイプ

逆子になる直接的な原因はよく分かっていませんが、ママが病気の場合や身体的な特徴がある場合に、赤ちゃんが逆子になりやすいと言われています。具体的にはどんな原因があるのか、逆子になりやすい妊婦さんのタイプについてみていきましょう。

羊水過少症

羊水の量が通常に比べて少ない場合、赤ちゃんの動きが制限されるため逆子になりやすいと考えられています。特に、胎児が飲み込む羊水の量と、おしっことして出す量のバランスが崩れてしまう羊水過少症の場合は注意が必要です。ただし、安静にしていると羊水の量が増えてくることもあるため、自然と逆子が治るケースもあります。

子宮筋腫

複数の子宮筋腫がある場合や筋腫が肥大してしまった場合、筋腫に邪魔されて赤ちゃんが思うように動くことができないことから逆子になることがあります。筋腫があるせいで、どうしても赤ちゃんの発育に悪い影響を与えてしまう場合は、安定期に入ってから外科手術による筋腫の摘出が必要になります。

狭骨盤(きょうこつばん)

通常に比べてママの骨盤が狭い狭骨盤の場合、子宮が横に広がることができないため、赤ちゃんが動きにくい状態となります。頭が重くなって頭位を取ろうにも、子宮の横幅が足りないため自然に頭が下がらずに逆子になってしまうのです。胎児の頭が骨盤を通過できないと判断された場合は、胎児が逆子でなくても帝王切開の可能性が高くなります。

子宮奇形

子宮に奇形がある場合、赤ちゃんの動くスペースが限られるため逆子になる可能性が高いといわれています。子宮奇形は生まれつきで、特に症状がないことから妊娠して初めて気づくママも多いようです。子宮の形が悪くても、無事に出産している人はたくさんいることから、ママの子宮のタイプに合った出産方法が見つけて元気な赤ちゃんを出産しましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!