マタニティヨガはいつから?に関する記事

マタニティヨガの効果とは?呼吸法を覚えて安産を目指せ!

マタニティヨガの効果とは?呼吸法を覚えて安産を目指せ!

マタニティヨガの効果は絶大!?基礎代謝を向上させ、体重管理に良いのはもちろん、ヨガの呼吸法は、出産時にも役立ちます!妊娠中~産後の心身のケアのために、ヨガがおすすめな理由とは?いつから~いつまで実施できるのか、服装などの注意点もご紹介!

マーミーTOP  >  出産  >  マタニティヨガの効果とは?呼吸法を覚えて安産を目指せ!

マタニティヨガの効果とは?体重管理はもちろん、呼吸法で安産に!

出産を迎えるために、妊娠期に何か始めたいという新米ママさんも多いはず。そんなあなたにおすすめなのが、マタニティヨガです。名前くらいは聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

妊娠期でもできるマタニティヨガを行うことで、妊婦さんにも赤ちゃんにも嬉しい効果がたくさんあります!体重増加を抑え、呼吸法を学べば安産になることも期待できますよ。
今回は、そんなマタニティヨガの簡単なやり方や、嬉しい効果などを詳しくご説明していきます。

マタニティヨガとは?

マタニティヨガをする妊婦さんのイラスト

マタニティヨガとは、妊娠期にも安心して行えるヨガのことです。お腹の赤ちゃんや妊婦さんの体に負担をかけすぎないような体勢で行えるのが特長です。ゆっくりとした動きで行う有酸素運動を中心に、呼吸法を学んだり、緊張した筋肉をほぐしたりできます。

また、通常のヨガと異なり、妊娠期に起こりがちな冷え性、便秘、こむら返り、体重増加などの問題に焦点を当てた妊婦さん向けのプログラムが用意されています。体幹を鍛え、インナーマッスルを強化するというヨガの根本を崩さず、妊婦さんに適したプログラムや無理のない体勢だけで組み立てられていることから、マタニティヨガと呼ばれています。

妊娠中は外に出る機会も少なくなりますので、気晴らしに教室に通ってみるのも手段のひとつです。また外出すること自体が面倒だという方には、お家でできるマタニティヨガのDVDなども販売されています。
最近では、口コミ効果も影響し、ショッピングセンター内などさまざまな場所で開催されているので、気になる方は一度プロの方にレッスンしてもらえる体験コースに参加してみてはいかがですか?

マタニティヨガの効果~妊娠中・産後の心と体のバランスを整える

マタニティヨガをすることで、どのような効果がもたらされるのでしょうか?妊娠中はもちろん、出産時も出産後の生活にもプラスになるマタニティヨガの「スゴいところ」をご紹介いたします。

基礎代謝を向上させ、体重増加を抑える

マタニティヨガを習慣化することで、インナーマッスルが鍛えられて、基礎代謝が向上し、体重増加を抑える効果を期待できます。ヨガは基本的に体幹を鍛えるために行われます。体幹が鍛えられると基礎代謝が向上し、産後太りを予防することもできるのです。

運動不足の妊婦さんは特にそうかと思いますが、妊娠中はどうしても体重が増加してしまい、あまりに増加率が激しいと、妊娠のリスクが高まってしまうので、医師から注意される場合もあります。そんな時に、妊娠中でもできる運動のひとつとしてマタニティヨガを選択する妊婦さんも少なくありません。

血行を促進し、マイナートラブルを予防

マタニティヨガは血行を促進し、冷え性などを防ぐ効果があります。妊娠中は、赤ちゃんに栄養や血液を多く与えるために、ママさん自身の血流はどうしても悪くなりがち。血が不足することで、体の各器官の働きが鈍くなってしまって、便秘や腰痛、足のツリ(こむら返り)などの妊婦特有のマイナートラブルに見舞われることもあります。
マタニティヨガは、そんな妊婦さんが陥りやすいマイナートラブルに焦点を当てたヨガなので、妊婦さんの悩みを的確に解決するのに効果的です。

情緒不安定になりがちな妊娠中の精神ケアに役立つ

マタニティヨガのイラスト

マタニティヨガではゆっくりとした動きで、有酸素運動を行います。そのため、リラックス効果が高く、心身ともに軽やかな状態になることが期待できます。また、ヨガと瞑想は切り離せない関係。心を無の状態に近づけて、悩みや不安から離れてリラックスすることで、赤ちゃんの胎動をじっくりと感じることができると話すママも多いようです。

妊娠中は出産の痛みや今後の生活などを考えて、どうしても不安になってしまうものです。そんな時にマタニティヨガでリラックスできれば、精神ケアとしても役に立ちます。

運動嫌いでも気軽に始められる

妊婦さんは安産のために体を動かしなさい、と言われることがしばしばあります。しかし、運動嫌いの妊婦さんや、普段から体を動かす習慣のない妊婦さんにとって、いきなり運動をしろというのは、なかなかハードルが高いものです。

しかし、ヨガならば気軽に始めることができますし、実は普段全く運動をしないという人ほど、向いているのがヨガなのです。マタニティヨガのポーズは運動の習慣がない人でも行いやすく、気持ち良いだけで痛みなどは全くありません。また、ヨガは自分に向かい合うことが大切なので、「できる」「できない」といった価値観は不要ですし、他人と比べる必要もありません。少しハードルが高いと考えている方でも、まずは気軽に体験するところから始めてみましょう。

マタニティヨガが安産にも良いと言われる理由

マタニティヨガは、妊娠中だけでなく出産時にも良い効果を与えます。安産のためにマタニティヨガを始めたというママさんも少なくありません。ではなぜマタニティヨガが安産のために良いと言われているのでしょうか?その理由を解説していきます。

ヨガの呼吸法は、出産にも応用できる

出産をしている妊婦さん

ヨガにおいて重要なのは「呼吸法」です。ゆっくりと息を吸ったり、吐いたりしつつ、心身の緊張をほぐします。出産時、陣痛の痛みをやわらげたり、いきみを逃すためには、なにより呼吸が大切。マザーズ法、ソフロロジーなど、出産の形式には多数ありますが、どの方法でも呼吸法に重きを置いている点は変わりません。出産が不安だという方は、妊娠中にヨガの呼吸法を学んでおけば、いざ出産の場面でも落ち着いていられるかもしれませんよ!

骨盤まわりの筋肉を鍛えられる

ヨガのポーズは、柔軟性を鍛えられますし、骨盤周りの筋肉も鍛えられるので、数時間に及ぶ出産に耐えられる体を作るために役立ちます。適度な筋肉があった方が、産後の回復も早いと言われていますよ。無理な筋肉トレーニングをするよりも、マタニティヨガで安全な運動を習慣化しましょう。

マタニティヨガはいつから始められる?臨月まで続けてもOK?

マタニティヨガは、基本的にいつでも行うことができます。しかし、妊娠初期は、ママの体調も赤ちゃんも不安定な時期のため、妊娠15週以降が望ましいでしょう。ただし、妊娠経過に問題がなく、医師の許可があることが条件になります。妊婦検診の時に、マタニティヨガを始めたい旨を、担当医師に相談してみると良いですね。

マタニティヨガをしている妊婦さん達

マタニティヨガは、臨月まで続けても問題ありません。ただし、マタニティヨガをダイエットや体重管理のために行う妊婦さんもいらっしゃいますが、ヨガは基礎代謝を上げる効果はありますが、スイミングやマタニティビクスに比べると、消費カロリーはそこまで多くありません。習慣として継続することで、効果を実感できるのがマタニティヨガの特徴といえるでしょう。
体重管理のみを目的としているのならば、臨月直前にはじめても効果は薄いと考えられます。出産予定日まであまり日がない場合は、リラックスや呼吸法を学ぶため、くらいに思っておきましょう。

マタニティヨガの注意点

マタニティヨガには、いくつか気をつけるべき注意点があります。お腹を圧迫する恐れがあるため、食後2時間は間隔を空けるようにしましょう。服装は圧迫感がなく、動きやすいものならばどんなものでも大丈夫です。貧血を感じた時やお腹に張りを感じた時など、体調に不安がある場合には無理に行わないようにしましょう。

また、立ったまま行うポーズは、通常時と比べて重心のバランスが取りづらく、転んでしまう危険性があります。必ずヨガマットを引いたり、周りに何もない場所を確保したりして、安全な環境で行うようにしましょう。

マタニティヨガで安産を目指そう!

笑顔の妊婦さん

マタニティヨガは、妊娠時にも無理なく行えて、妊婦さんのマイナートラブルを解決するのに適したプログラムが用意されています。リラックス効果もあり、骨盤を整えたり、呼吸法を学べたりと、妊婦さんに嬉しい効果がたくさんありますよ。また教室に通わなくても、やり方さえ教われば自宅でできるので続けるハードルも低く、実践している方も増えてきているようです。

一方、安全かつきちんとした効果を得るためには、ヨガを行う時期や体調、環境などさまざまな条件が揃っている必要があります。心身ともに健康な状態で出産を迎えられるよう、マタニティヨガにチャレンジしてみては?

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!