子供の発熱で仕事を休む対処に関する記事

子供の急な発熱!仕事を休む時に同僚に嫌われないための事前準備5つ

子供の急な発熱!仕事を休む時に同僚に嫌われないための事前準備5つ

これさえ覚えておけば、子供の急な発熱でも仕事に穴を開けずに両立可能!働くママはきっと参考になりますよ♪

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  子供の急な発熱!仕事を休む時に同僚に嫌われないための事前準備5つ

子供の熱で仕事を休む時に職場や同僚に悪く思われないための準備

働くママにとって、子供が突然熱を出すなんてことは珍しくありません。とは言え、子供の病気によって会社を早退したり、欠勤したりしてしまうと、「上司や同僚に迷惑をかけてしまうのではないか…」と心配かと思いますし、どうしても休めないときもありますよね。

そんな悩めるママたちに、子供の急な発熱などで会社を休んでも、同僚に悪く思われないために普段からできること、いざという時に夫や実家以外に病気の子供を預かってもらえる場所をご紹介します!

子供の発熱で仕事を休む前にすべき5つの事前準備

仕事を前倒しで進めておく

パソコンを操作する女性

仕事には、「緊急性」と「重要性」によって優先順位がありますよね。今日締切の仕事を今日やっていると、いざ子供の発熱で早退!となった時に、必ず誰かに引き受けてもらわなければなりません。そうなるとその人に迷惑をかけてしまいますよね。

締め切りギリギリで仕事を行わず、1日分前倒しで進めておくように心がけましょう。急な早退などでも職場に迷惑をかけずに済みます。

「前倒しで仕事してますアピール」も忘れずに!

日頃から前倒しで仕事を進めていることを印象付けておけば、早退などを申し込んでも「○○さんなら問題ないよ」と快くOKしてもらいやすくなります!

立場の近い同僚と協定を結んでおく

スーツを着た女性が二人並んでいる。

同じママ社員の同僚や、何か事情があって定期的に欠勤する可能性のある同僚を見つけ、あらかじめ「ピンチヒッター協定」を結んでおき、仕事をカバーし合える関係を築くことも効果的です。

「情けは人のためならず」ということわざは、「同情心は相手のためにならないからやめておけ」という冷たい内容のものだと思われがちですが、「まわりまわって自分の情け」という続きがあるのです。他人へ優しくするといずれ自分にも返ってくるものなのです。

いざという時はお互い様を合い言葉に!

相手からピンチヒッターを頼まれた時は、笑顔で引き受けておきましょう。逆の立場になった時は、その同僚があなたのピンチヒッターを快く引き受けてくれるはずです

子供がストレスを溜めないよう心掛ける

母親の首に手を廻して抱きつく子供

仕事と子育てを両立する忙しい日々の中で、なかなか子供とのコミュニケーションの時間をとるのは難しいかもしれませんが、なるべく子供にストレスを溜めないように、一日1回子供と触れ合える時間を作るようにしましょう。

子供は親の状況に敏感で、何かを感じると情緒不安定になり、どうしても休めないプレゼンや会議の前夜や当日の朝に限って、図ったように発熱するなんてことも珍しくありません。

毎日寝る前のお話しタイムを作って、10分間子供の話しを笑顔で聞いたり、食後10分は絵本を読み聞かせたりするなど、ママが笑顔で子供と向き合う時間を作ることで、子供は安心感を得られ、急な体調不良の予防になります。

ライフスタイル改善で風邪予防!

「子供は風邪をひいて強くなる」とも言われますが、「早寝早起き朝ごはん」などの健康に良いとされる生活習慣や、子供の情緒を安定させる工夫によりライフスタイルを見直して、防げる風邪は防ぎましょう

駆け込み寺を作る

子供の急な発熱で仕事に穴を開けるとはいえ、それが欠勤なのか、もしくは遅刻や早退で済むのかで、上司や同僚からの印象も大きく違ってきます。日ごろから実家や親戚宅など、いざという時に子供の面倒を見てくれる駆け込み寺を確保しておきましょう。

そうすれば、駆け込み寺に預けていられる時間は仕事が出来ますから、開ける穴を最小限にすることが出来ます。

ピンチをチャンスに変える事もできます!

緊急時でも仕事に開ける穴を最小限にとどめておける社員は、会社にとって「有能な人材」です。子供の発熱があったからこその評価なので、まさにピンチをチャンスに変える方法と言えます!

同僚の仕事も把握しておく

同僚の男性と話す女性

職種や会社、仕事の状況によっても変わりますが、可能な場合は日ごろから仕事を手伝うなどして、同僚の仕事の内容を把握しておくと、子供の急な発熱で仕事を休んでも、会社に迷惑を掛けずに、同僚と仕事の交換などの取引がしやすくなります

あなたは同僚から突然「今日この仕事お願い!」と言われるのと、「あなたのあの仕事を、明日代わりにやるから、今日この仕事お願い出来ないかな?」と言われるのではどうでしょうか?後者の方が引き受けようという気持ちになりますよね。

どうしても仕事を休めない時の対処法

いくら子供の急な発熱とは言え、どうしても仕事を休めない時もありますよね。
パパに休んでもらえない、実家にも預かってもらえないなどの場合は、有料で病児保育を行っている施設を利用しましょう。

有料病児保育施設

事前に会員登録が必要ですので、まだ登録が済んでいないママは、いざという時のために早めに登録を済ませておきましょう。ぜひ参考にして準備を進めておいてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。