離婚時の借金問題を解決に関する記事

【離婚と借金】住宅ローンなどの借金問題を解決する方法

【離婚と借金】住宅ローンなどの借金問題を解決する方法

離婚時に借金があった時の解決策!また夫がつくった借金も支払わなければならないのか?!離婚時の借金にまつわる疑問を徹底解説!

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  【離婚と借金】住宅ローンなどの借金問題を解決する方法

離婚で借金トラブルが起きる前に!知っていきたい対処法

離婚をする時、心配の1つがお金に関することです。お金が絡むことで、なかなか離婚の話も進まず決着がつかないため、何年にもわたって話し合いをすることも稀ではありません。特に、離婚時に借金がある場合は、離婚後のリスクを考えてどう対処したらよいかをしっかり考えて決める必要があります。今回は、離婚時の借金問題で多い住宅ローンなどについて詳しく解説していきます。

離婚時の借金分担方法と財産分与

財産分与の対象となる持ち家

婚姻後、夫婦が共に暮らしていくために不動産や家具、家電を購入したり、貯金をしたりと夫婦で共有しているものは沢山あります。婚姻から離婚までの間に夫婦で築きあげた財産は、共有財産とみなします。離婚する際にはどちら名義かは関係なく、合計した金額を夫婦で折半します。それを財産分与といいます。財産分与は、専業主婦であっても原則2分の1ずつの配分になります。

婚姻前に貯めた貯金や、結婚する際に実家から持ってきた家電や家具、自分の親から相続した財産、個人の洋服などの持ち物は、共有財産とみなしませんので、財産分与の対象にはなりません。

しかし婚姻期間中に生活のために生じた借金は、財産分与と同じく夫婦で折半し返済していかなければなりません。

しかし、これも婚姻前の借金、その他相手が相談なしに借りたお金や生活に関係ない個人の娯楽のための借金は、個人の借金とみなされるため対象にはなりません。財産分与は、プラスの共有財産-マイナスの財産=残りの財産を分配することが一般的です。

離婚後の車のローンの返済方法

マイカローンをこれから組むための書類

車の車検証には、所有者と使用者の覧があります。離婚後、車の所有者と使用者は、車を所有する方に名義変更する必要があります。

しかし、車のローンが残っている場合、所有者は夫でも妻でもありません。ローンを払い終えるまでは所有権留保ということで所有者は第三者になるため、ローンを払い終えるまでは車の名義人は勝手に変更できません。

車のローンが残っている場合、離婚後に車を所有する方がマイカーローンの名義人になりローンを支払っていくのですが、実際は収入の関係上妻の名義に変更することが難しい場合も多いので、その際はローンの名義人は夫のままで実際にローンの支払いをしていくのは妻、というケースが多いようです。

離婚後の住宅ローンの返済方法4つ

離婚時に住宅ローンを払えず任意売却された家

住宅は、家族が長い年月住むために購入し、30年や35年と長い年月をかけて高額なお金を支払っていきます。長い年月の間に夫婦関係が破綻し、離婚に至るケースは少なくありません。そのため、住宅ローンをめぐっての問題はとても多いです。

住宅ローンは高額な借金です。ケースバイケースで住宅ローンの返済方法は違ってくるため、事前にどのような選択肢があるか、リスクがあるかなど、知っておくことが賢明です。

自宅を売る

任意売却といって、住宅ローンを支払っている銀行に相談後、ノウハウを持った不動産会社に依頼し住宅を売却する方法があります。売却して、利益がある場合は、財産分与できます。しかし、売却しても借金が残る場合もあるので、しっかりと相談しながら決める必要があります。

名義は夫のままで、夫が住み続ける

元々住宅の名義人が夫で、離婚後もそのまま夫が住み続け夫が住宅ローンを支払っていくのであれば、ローンを契約している銀行的には何も問題は生じません。財産分与は、離婚時の住宅の時価から住宅ローンを引いた金額を夫婦で折半します。これは、プラスでもマイナスでも同じです。

例えば、住宅時価3000万円-住宅ローン2000万円=1000万円 であれば、1000万円を財産分与することになり、一人500万円が財産分与の対象となります。夫が住み続けるため、妻に500万円支払わなくてはなりません。

住宅時価1500万円-住宅ローン2000万円=-500万円となり、500万円の負債があれば、一人250万円の借金が残ることになります。

名義を妻に変更し、妻が住み続ける

元々、住宅ローンの名義人が夫でも、住宅ローンを妻名義に変更し離婚後妻が住宅ローンを払いながら住み続けする場合もありますが、この場合も銀行的に問題はありません。

ただし、夫名義の住宅ローンを妻名義に変更するには、新たに妻名義で住宅ローンの申し込みが必要となります。そのため、妻が安定している仕事に就いており経済的に返済できる収入があることが条件となり、その上で銀行の審査に通れば名義変更は可能ですが、現状は難しいことが多いです。

名義は夫のままで、妻が住み続ける

子供の親権が妻で、離婚後子供のために夫名義の住宅に妻と子供が住み続けるケースも少なくありません。専業主婦やパートだった妻が、離婚を境に一家を支えるための収入を得る仕事に就くことは難しく、住宅ローンを返済していくことができないのです。そのため、名義人を変更することができず、名義人は夫のままで、そのまま住宅ローンも夫が返済していくパターンが多いです。

夫が住宅ローンを支払っていくかわりに、養育費を少なくし、財産分与を夫の方が多めに貰うようにするなど調整します。ただし基本的に住宅ローンは居住者が住むことを条件とし銀行が高額を低金利で貸してくれるため、名義人である夫が住んでいないことがわかった場合、一括返済を求められる可能性があるため、銀行対策が必要になります。

また離婚後に夫がローンの返済をしなくなったりすると、最悪の場合は自宅を手放すことになりかねないため、予め公正証書を作成し、夫が返済を滞った場合に対策しておくことも必要です。しかし、妻が住宅ローンの連帯保証人になっている場合、離婚後夫が住宅ローンの返済を滞ったら、連帯保証人である妻が住宅ローンを支払わなくてはなりません。

借金の連帯保証人になっていたら

借用書の連帯保証人に妻の名を書く男性

離婚したからといって、連帯保証人からはずれることはできません。連帯保証人の契約は、夫婦間での契約ではなく、銀行と保証人との契約だからです。離婚するという理由だけで保証人を外れることを銀行はゆるしてくれません。

ではどうやったら保証人から外れることができるか、それは別の保証人を立てることです。離婚後に元夫の借金の保証人でい続けたくない場合は、夫と銀行と話し合い、新たな保証人を立て手続きを行いましょう。

離婚後に借金のある夫に養育費を払ってもらうには

離婚問題の親権で揺れる勉強熱心な子供

親である以上、借金があっても子供の養育をしていくのは当たり前のことです。離婚したからといって養育の義務を逃れることはできません。とはいえ借金のある夫が養育費を素直に支払うかと言うと、借金の返済を優先し、養育費を支払わなくなるケースも多いです。

子供のために生活を維持するには、なんとしても養育費を支払ってもらうしかありません。方法は調停離婚、裁判離婚をして毎月養育費を払うように決定する。もしくは、協議離婚でも支払いが滞ったら強制執行してもよいという内容の公正証書の作成が重要です。

養育費の支払いが滞ったときは、強制執行し、毎月相手の給料の保険料等を引いた2分の1までを得ることができます。また、夫が破産手続きをしても、離婚の際に決めた養育費の支払い義務を免れることはできません。

離婚理由が借金の場合は夫からの慰謝料は期待できない

離婚原因が夫の借金で離婚した場合、夫に慰謝料を請求しても、支払う資金がないため要望額の慰謝料を貰うのは難しいです。また、夫が自己破産した場合は、免責つまり、夫は責任を免れることができるため、慰謝料を貰うことができないのです。

借金があっても親権を得ることはできる

借金がある場合でも、親権は得ることができます。借金と親権にはあまり関係性がなく、子供への愛情を証明し、子供の年齢が低いほど母親が有利になります。また子供の意思、子供との時間を確保できるか、自分自身の健康状態や精神状態、経済的な余裕などがあげられます。借金はあっても、養育費で補填できるなど、収入源は確保できるのであれば問題ありません。

離婚後に後悔しないため離婚時に借金問題を解決

離婚は精神的にも肉体的にも疲弊します。話がまとまらず、長い年月をかかればかかるほどストレスになり、投げやりになることで離婚自体を諦めたり、借金があることで将来への不安や焦りから精神的に不安定になってしまうこともあります。

だからこそ、離婚後しっかりとした生活基盤がつくれるように、借金があるときはなおのこと事前に対策を練る必要があります。離婚してから遅かった…などとならないよう子供のため、自分のために知っておく必要があります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。