本当に結婚してよかった!に関する記事

結婚してよかった!みんなが心の底から幸せを感じるとき15

結婚してよかった!みんなが心の底から幸せを感じるとき15

みんなが結婚してよかったと心の底から思うことをご紹介。家族を持つ結婚ってやっぱりステキなことですね!

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  結婚してよかった!みんなが心の底から幸せを感じるとき15

結婚してよかった!既婚男女15人が心からそう思うとき

縁あって結婚し見る見るうちに冷えていき、殺伐としてしまっている夫婦も多い中で家族の大切さ、妻や夫、子ども、家族の大切さをかみしめて日々を過ごしていらっしゃるご夫婦。素敵ですよね!

今回既婚男女15人に聞いた「結婚してよかった!と思うときはどんな時?」…この質門への回答は、どれも結婚という日常の中で忘れかけていた思いやりや家族の大切さを改めて認識させてくれそうなエピソードがそろいました。結婚してよかった~!そう思えるときを増やしていきたいですね!

Q結婚してよかったと思うときってどんなとき?

家族を持つって素晴らしい!

結婚式を上げた幸せそうなクマのカップル

さんばりん
31歳

A幸せを噛みしめる日々

結婚をするとひとりではないという実感がわきます。そして子どもを授かり家族ができると二人だけの生活から子ども中心の生活に変わります。子どもに振り回され、子どもを叱り、そして子どもの笑顔に全てのしんどさや辛さが消えていきます。夫婦の会話は子どもの話ばかりですが、それがとても幸せなのです。子どもの話し声、子どもの笑い声、全てが楽しみと喜びです。結婚をしてなければこの幸せはありません。

結婚をすると自分だけの時間はなくなりますし、子どもを授かると夫婦の時間はほとんどなくなります。それが苦痛だと思うことはありません。むしろ子どもがいないと寂しさを感じます。子どもは成長しいつか巣立つ日が来ます。その時まで子どもを一生懸命育て自分自身も成長したいと思います。子どもが「結婚っていいな」と思うような夫婦、家庭を築きたいと思います。結婚は幸せだと噛みしめる日々です。

ぶんくん
37歳

A子供が出来て分かった結婚の素晴らしさ

結婚して子供が出来ることで、非常に大きなメリットがありました。子育てをする事で、自分の成長にも繋がり人生を生きる意味を見出せているし、家族を持つ事の大切さは、今までのどのような経験よりも素晴らしく感じることが出来るものです。

家族をもつことなんて結婚する前は全くイメージが湧きませんでしたし、子供が出来ると自分の自由が無くなるかも?と考えている面もありましたが、実際は自分の大切な時間がさらに増えていると感じ、子供に時間を取られたとしても全然苦になりません。むしろ子供といつまでも一緒にいたいと感じるほど、家族の愛とはこのような事なのかと実感している次第です。また妻への愛情や感謝も年々深まるばかりです。結婚はいいものですね。

まゆみ
30代後半

A家庭を築き、子育てを経験できてよかった

夫と結婚して子どもにも恵まれたので、自分の家庭を築くという体験ができたこと、そして子育てというものを体験できたことが結婚してよかったなぁと思う一番の理由です。ありきたりですが、家庭を築いて子育てをするということは想像していた以上に大変で、そして素晴らしいものだと感じています。

また、私は特別容姿に恵まれているわけでもなく、特別な取り柄がある人間でもありません。そんな私を夫が生涯の伴侶として選んでくれたことはやっぱりうれしいですし、感謝もしています。社交性があまり無く内向的で、友達も少なくてどちらかというととっつきにくいタイプである私との結婚生活をうまくやっている夫と巡りあえて、本当に良かったと思います。

あんぱん
29歳

A子供を産んだ時

自分で言うのも変ですが、私はとても現金なタチなので、旦那から贈り物を貰えれば一瞬だけ結婚してよかったと思ってしまいます。けれども結婚生活を続けてきた中で一番結婚してよかったと思ったのは子供を産んだ時です。子供はかわいいと噂には聞いていましたが、自分の子供をこんなにもかわいく思うようになるとは考えていませんでした。なによりも大切で、とても愛しいです。

出産後、子供のお世話をしていくうちに結婚してよかったと心底思いました。旦那と結婚しなければこの子に出会えませんでした。育児は本当に大変で、睡眠時間は短いし家事の合間に泣かれるし遊びに連れて行くのも疲れます。けれどこの子を出産した事を後悔した日はありません。こんなに素晴らしい宝物を授けてくれた旦那に感謝しています。

はな
20代後半

A二人はこれからも一緒

結婚して2年目、現在育児中の主婦です。私は結婚して良かったことは、毎日誰かと気持ちやその日の出来事を共有できることです。結婚する前は、都内へ就職したため5年ほど一人暮らしをしていまいした。現在の夫とは遠距離恋愛をしていたので、会うのは多くて一か月に1度程度でした。

仕事が終わって一人で夕食をとっていて、悲しみのあまり涙がポロポロと落ちたことは何度もありました。友達と時々会うことはあっても、それは毎日会うわけではありません。「結婚すればこの寂しさが終わる」、そう信じて毎日を頑張っていたのを今でも覚えています。今、私は結婚をしていてとても幸せです。朝起きた横に夫と自分の子どもがいるのを見ると、私にも守るべき大切な存在ができたことを実感します。生活は決して裕福とは言えませんが、たわいのない会話などささやかな幸せで毎日があふれています。結婚して本当に良かったと思っています。

笑子
38歳

A私が結婚してよかったと思うこと

現在結婚して14年目になります。私が主人と結婚してよかったな~と思うのは、食事をしたり買い物に行ったりといった何気ない日々の生活を家族と一緒に笑顔でできることです。私は昔気質な頑固な父親とそれに従うしかない母親とのあまり笑顔のない子供時代を過ごしました。そんなですから家族みんなでレジャーに出掛けたこともなければ、買い物にも行ったこともありません。家庭で食事は一緒にするもののそこには会話らしい会話がありませんでした。

そんな私にとって、裕福ではなくても毎日家族皆笑って過ごせる毎日はこの上ない幸せに思えます。主人も私思いの優しい人ですし、一緒に様々な趣味を共有できます。子ども素直な良い子たちで、こんな家庭を築けた日々こそ私の幸せであり、結婚してよかったと思える瞬間なのです。

優しい旦那様

結婚して良かったと思うラブラブな夫婦

R13
33歳

A私を支え、大切にしてくれる旦那

旦那とよく小さな喧嘩をすることはありますが、彼にはとても感謝していますし、結婚して良かったなと心から思います。なぜなら、こんな短気で怒りっぽい私をいつも支えてくれますし、私の願いを彼の願いよりも優先してくれるような、私思いの旦那だからです。

例えば、地域のことから喧嘩が勃発したときでは、お互いにキレて口をきかなくなってしまいました。私はそういう時、自分から絶対に折れることはないですが、旦那は必ずどんな時でも自分から謝ったり、その場の空気を直してくれようとします。それに私がワガママでもあると思うとですが、ちょっとムリのある願いも旦那は何とかして叶えようとしてくれる、私思いの旦那なので、結婚して良かったと思います。

まいちん
30代後半

A何気ない一言でほっこりします

結婚して9年ほど経ちますが、主人と結婚して良かったと今でも思っています。たまに、つまらないことで喧嘩はしますが、大抵主人の方から謝ってくれます。結婚して良かったと思う瞬間は、やはり私が体調を崩して寝込んでいるときにお粥を作ってくれたり、酢の物を作ってくれたりと献身的に看病してくれる時です。人はピンチの時ほど助けてもらえると忘れないものです。

もうひとつ挙げるとすれば、グルメ番組を観ているときに、「今度二人で行ってみたいね」と言ってくれる時です。子供がまだ小さいのでなかなかゆっくりと二人で食事をする機会が持てないので、そんな風に言ってもらえると未来が明るくなるし、子育てや家事を頑張ろうと思えます。主人はあまり深くは考えてはいないと思いますが、そんな何気ない一言やピンチの時に一生懸命になってくれる主人と結婚して良かったなと心から思っています。

さたろー
30代前半

Aステップファミリーですが

今の夫とは、上の子が小学校1年生の時に再婚しました。同じ学校の友人で卒業以降も皆で集まったり、仕事の相談をしたりと親しくしていました。夫のダメなところも沢山知っていたので、結婚を考えたことはない関係だったのですが、離婚が決まった後から親に頼れない私を何かと親身に助けてくれたのが夫でした。一緒にいないことが不自然なほど身近な存在になり結婚しました。今までの私の生活もよく知っているので、元夫と子ども達との面会も快諾してくれています。

お蔭で、子ども達は二人の父親に懐いています。結婚する時に夫に頼んだことは、私が叱った時は子どもにフォローをしてあげて欲しいと言うことでした。夫はよく理解してくれているのか、謝れない子どもを諭してくれたり、私の代わりに事情を聞いてくれたりしています。何か問題があった時にも考え方が違う夫の意見も聞けて、一人での閉塞感を感じることもなく相談出来るので本当に良きパートナーだと思っています。子どもの長期休みに合わせて、家族みんなが楽しく旅行をしている時などに幸せな家庭だなと実感しています。

自分の親を大切にしてくれたとき

毎日コミュニケーションを欠かさない円満な家庭

fu
38歳

A親を大事にしてくれてありがとう

主人は長男なのにうちの養子にはいってくれ、私の両親の面倒を一緒にみてくれるといってくれました。一ヶ月ほど前に、母親が階段から落ちて意識を失った時、おろおろしてなにもできない私は主人に電話をかけました。すぐに救急車をよびなさいと指示し、すぐに帰ってきてそばについていてくれました。救急車がつく前に帰ってきて、救急隊員の対応をテキパキとこなしてくれました。すごく頼りになる主人で本当によかったです。

母は2週間くらいの入院になったのですが、毎日病院に付き合ってくれ母にも声をかけてくれました。退院の日も会社を休んで、つきあってくれました。親を大事にしてくれる人は、結婚相手として本当に最高だと思います。

はなこ
40代前半

A夫の優しさ

私は兄弟がなく一人っ子で育ちました。主人も長男だったので結婚する時、どちらの籍に入るかで悩みました。しかし両親が「自分の幸せだけを考えなさい」と背中を押してくれて、主人の姓を名乗ることになりました。その後は特に何の問題もなく月日が過ぎましたが、去年、母が体の調子が悪くなり入院しました。

一人っ子の私は、兄弟など他に頼れる人もいません。自分の親の事は全て私一人で面倒を見なくてはと思い不安でいっぱいになりました。しかし、そんな時主人が「俺だってちゃんと手伝うよ。俺の親でもあるんだから」と言ってくれました。病院での付き添いや、先生からの手術説明も一緒に聞いてくれて本当に心強かったです。私の親を、本当の親と同じように扱ってくれて、こんな心の温かい人と結婚できて私は幸せだと思っています。

安心感が違う

親子でドミノ遊びをする仲良しな家庭

たやま
32歳

Aさびしくない!

寂しがりな上に毎日毎日不眠がちなため、結婚するまでは寝るのがとても苦痛でした。そのため睡眠導入剤や、精神的にも不安定だったので数年メンタルクリニックに通っていました。薬と無縁の生活だんなて程遠いものでした。しかし、いまの主人と出会い、結婚してからは精神的な不安なども一緒にいることで改善され、どっしりとした安心感がでてきて、だんだん薬もやめられ、今では薬に頼らなくても毎日精神的にも安定した幸せな日々を送っています。

もし結婚しなかったら、薬との生活は逃れられず薬を絶つこともできませんでした。本当に結婚してよかったです。毎日一緒で孤独感もありません。今では子どもにも恵まれさらに幸せで結婚して本当によかったです。

けっつん
25歳

A結婚してよかったこと

結婚は人生の墓場とか言ってるひとがいますが、私の場合は逆でしたね。結婚してよかったことのほうが多いです。私が結婚前にひとり暮らししてる時は、料理ができず外食やコンビニ弁当で済ますなんてことが多かったです。炊事洗濯は全般自分でやらなければいけないし大変でした。仕事から家に帰っても誰も出迎えてくれず暗い部屋へ入っていかなければいけませんでした。

結婚後は妻が美味しい料理を作ってくれるし、家事全般担当してくれいます。私もゴミ出しなどをしますがその程度しかやっていません。仕事から家に帰った時に部屋の明かりがついてるっていうのは本当に幸せなことだと思いますね。早く家に帰りたくなりますから。帰宅後に妻と夕食を食べながらの一時は最高です。

恋人のときとはやっぱり違うけど…

幸せを感じている母親の手料理

クリスマス
30歳

A本当の自分をさらけだせることの幸せ

結婚当初は恋人気分で、ただただ好きな人を自分のものにしたという喜びでした。しかし、子供ができて家族らしくなったことで、結婚した本当の喜びを感じることができました。子供ができると、妊娠中の心の不安定さや体調不良によるだめな嫁っぷりを散々さらけ出しました。立ち会い出産では主人が引くんじゃないかと思うほど取り乱しました。産後は産後でまた心が不安定になり、主人に当たり散らし、育児も家事も手伝ってもらい、これまただめな嫁っぷりをさらけ出しました。

ただ、これは恋人気分ではできないことです。「こんな自分を見せたら嫌われるかも…」なんて心配せずに、心から安心している「家族」だからこそ辛いことがあっても、甘えて自分をさらけ出すことができる。これほど心を支えてくれる存在は他にありません。つらいことも幸せなことも全て分かち合える、結婚してそんな相手ができて本当に幸せです。

きい
35歳

A共感できる喜び

毎日キラキラした恋愛期間と結婚生活はやっぱり違いますが、結婚して良かったと思います。子供が生まれる前は二人きりの生活で、恋愛期間に近かったです。夕食を食べている時に無言になった時もつい相手の顔を見つめてしまったり、横に座っているだけで幸せだったりしました。子供が生まれてから、さすがに隣に座っているだけで緊張してドキドキということはなくなりましたが、同じものをみて笑ったり悩んだり共感できることがとても幸せだなと思います。

子供が生まれてから、子供をどうやって育てていくか、どういうことが子供にとって幸せかどうかをちょこちょこ夫婦で話し合う機会がありますが、自分のためではなく子供のためを思っての行動を二人で出来ている実感があると日々も頑張れますし、この人と家庭を築けて良かったと思います。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。