共働き夫婦の家事分担の秘訣に関する記事

共働きの家事分担のコツ!揉めない家事分担が夫婦円満への道

共働きの家事分担のコツ!揉めない家事分担が夫婦円満への道

共働き夫婦の家事分担事情や上手く家事を分担するポイントをまとめました!夫婦円満の秘訣はふたりが協力することです♪

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  共働きの家事分担のコツ!揉めない家事分担が夫婦円満への道

共働き夫婦はすすんで家事分担!家事を上手に分担する方法3つ

共働き夫婦にとって、家事が全て妻の役割となってしまうのは心身共に負担が大きいものです。
女性の負担を減らすため、男性が少しでも家事が出来るようにしておくためにも日頃からの家事分担が大切なものとなります。ここからは上手に家事を分担する方法をご紹介します。

家事を手伝ってほしい妻の本音

共働き夫婦が一緒に夕食作り

今回この記事を書くにあたり行ったアンケートでは、家事を手伝ってほしい理由の1位がずばり「大変だから」という結果になりました。1位の割合は過半数以上を占めたのですが、次に多い理由として27%の人からは「自分が倒れた時に夫が心配」という意見も目立っていました。

出産時など女性が入院などで家を空けることは十分にあります。そのため、自分が家を空けた時に男性が何も出来ないのではないかと心配する女性も多く見受けられたのです。

現在の共働き夫婦事情と共働き家庭数の変化

家事を覚える第一歩の電子レンジ

1980年頃、男性が働き女性が専業主婦の家庭は約1100万世帯ありました。その頃共働き夫婦は約600万世帯で、およそ3組に1組が共働き家庭。しかし、2013年時点では男性が働き女性が専業主婦の家庭は約745万世帯、共働きの家庭は約1065万世帯と逆転しています。

女性の社会進出や不景気の影響を受け、この先共働き家庭はまだまだ増えていくと言われています。このことから現在は共働きの家庭が珍しいものではなくなり、女性が家事を全て担うというのは難しいものとなりました。

夫婦円満が続く家事分担!3つの揉めない方法

家事に挑戦する慣れない手つきの夫

役割分担を明確にしておく

新婚夫婦や同棲カップル、これから結婚するという人はまず始めに家事分担の役割を明確に決めておくことをオススメします。こうすることにより当初からその役割を自分のものだと認識させることが出来ます。

例えば、一緒に住む前に役割分担を明確にし、「洗濯物を干す、食器の洗い物、ゴミ捨て」は相手の役割、「炊事、洗濯物の取り込み、掃除」は自分の役割、買い物は休みの日にまとめて行う…などなど。相手の体調が優れない時や時間が余った時には、お互いがフォローし合ったりすることにより、上手く家事分担が出来るように工夫したいですね!

時間の余裕のある方が家事をする

休日に掃除機をかける共働きの夫

先ほどの方法とは間逆の方法になりますが、ある程度家事分担をするなかでもお互いの仕事の兼ね合いなどから上手くいかないことも多々あるはず。このように家事分担をキッチリとできないことが続く場合は、「仕事の都合などで早く帰れた方が料理を作る」、「掃除や洗濯は休みの日にまとめて」などお互いが相手の様子を見て家事を分担する方法もあります。

男性が元々一人暮らしだったなどである程度の家事能力が備わっている、お互いが全ての家事が一通り出来ることも前提にはなりますが、日々助け合う形を取れることはとても素晴らしいすね!
この方法は夫婦間の信頼関係がとても大切になってきますので、何かと理由を付けて家事を手伝わない…など、相手に甘え過ぎて家事の大半を押しつけてしまわないようにお互いご注意を。

少しずつ家事をやらせてみる

結婚してから共働きになったなど、当初女性が全ての家事を担っていた場合、突然男性に家事分担の役割を与えてもうまくいきにくいものです。

このような場合は、「仕事に行く前にゴミ捨てておいて」など、まずは子供でも出来るような家事から始めてみましょう。鍋物などはテーブルでカセットコンロを置いて作るようにして、材料を入れてもらうなど少しずつ手伝ってもらいましょう。どんな簡単な家事だとしても手伝ってくれた時は「ありがとう」と感謝の気持ちを忘れずに。

家事分担を継続させるために!

共働きでも家事を分担する家庭円満な夫婦

一度は始めてくれた家事も少しの出来事で手伝ってくれなくなってしまったり、忘れてしまっていたりするものです。分担を継続していくために大切なポイントをご紹介!

感謝の気持ちを忘れずに!

何よりも一番大切なのは「ありがとう」ときちんと伝えることです。男性は褒められたり頼られたりするとやる気が長続きします。子供のしつけのようですが、夫を育てるというのは子供を育てるのとよく似たようなものだったりします。
共働きなんだから分担は当たり前だと思わずにきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

相手のやり方に文句を言わないで!

例えば、洗濯物のたたみ方。自分とは違うたたみ方をして「結局二度手間になった(怒)」とイライラするかも知れません。しかし、それで文句を言っては逆効果になります。どうしても直してほしい時には「こうしてたたんでくれたらスペースがうまく使えてしまいやすくなるんだ」などと実践しながら少しずつ慣れていってもらいましょう。

円満夫婦は揉めない家事分担から

今回は共働き夫婦の家事分担の方法やコツについてお話させて頂きました。女性の負担にならないようにと書きましたが、男性の負担にばかりならないようにも注意が必要です。上手に家事を分担して、お互いが一緒に過ごしやすい素敵な夫婦になってくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。