仮面夫婦の修復方法に関する記事

そろそろ離婚かも…仮面夫婦を修復できた体験談・事例2

そろそろ離婚かも…仮面夫婦を修復できた体験談・事例2

「一緒に居ても一切口をきかない」、「このままでは離婚!?」と、人には言えない仮面夫婦に悩んでいる、ママとパパに読んでほしい、仮面夫婦を修復するための、目からウロコの体験談!相手を変えるためには自分から!冷静に話すためには第三者が必要です!

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  そろそろ離婚かも…仮面夫婦を修復できた体験談・事例2

このままでは仮面夫婦?!仲良し夫婦に戻り不仲を修復する方法

うつむき悩む男性

他人から見るとごく普通の仲の良い夫婦が、実は家庭内では別居状態というのは、現代では珍しくありません。
どんな夫婦でも、愛し合って結婚したはず。どうしたらあの頃の二人に戻れるのか悩んでいる人に、経験者の話も含めてアドバイスします。

1とにかく相手が悪い?!でも相手を変えることはできないのです

手をつないでいる夫婦の後ろ姿

仮面夫婦になってしまう人の特徴は、目の前のトラブルは相手のせいだと思ってしまうところにあります。つまり「夫(妻)さえこうしてくれたらいいのに…」といつも不満を抱えている状態なのです。

その上、夫婦生活が長くなってくると不満の原因はひとつではなくいくつも複雑に絡み合っているからやっかいです。

子供のため、世間体など理由は様々でも、離婚は避けたいのが仮面夫婦です。どうせ一つ屋根の下で暮らすのなら、夫婦仲良く暮らしたいものですよね。

危うく仮面夫婦、家庭内別居を続けてしまいそうだったご夫婦の経験談から仮面夫婦修復のヒントがあります。

○ケース1・姉のひと言が夫婦円満につながりました

スーツ怒りながら指を指すスーツ姿の女性

結婚後どんどん夫婦仲が悪くなり、ついに「いってらっしゃい」「お帰りなさい」
すら言わなくなったとき、妻のAさんは2歳の娘のためにも、このままではいけないと気付きました。

でも、悪いのは夫なのだから、どうしようもない…。

たまたま実家に帰ったときに会った姉が、Aさんの悩みを訊いて言いました。

「他人には言えないけど、妹だと思ってキツいこと言うね。旦那さんへの不満はわかったけど、相手を変えることはできないんだよ。人は自分を変えることしかできないよ」

はじめは愚痴くらい聞いてくれてもいいじゃない、とカチンときたAさんですが、確かに相手を変えることはできないけれど、自分が変わることはできると思い始めました。

「最近あなたがあまり家にいても楽しそうじゃないから、心配なの。私に悪いところがあったらすこしずつ直していくから、言ってね」

これは何度も練習して、姉に言われてから3日目にようやく口にだせた台詞です。本当は、夫の悪いところを言いたい気持ちをぐっとこらえて、そう言いました。

夫は「Aの方こそ、毎日つまらなそうにぶすっとしてたじゃん。育児が大変なのはわかるけど、夕飯くらい作ってもいいんじゃないの?」

自分が折れて話しかけたのだからと、夫からの優しい言葉を期待していたAさんはがっかりしましたが、それでも「そうなんだ。じゃあ今日は頑張って、ハンバーグ作って待ってるね!」と笑顔を見せたのです。自分を変えることはできる、と姉の言葉を信じて。

今までならば言い返してくるAさんが素直にそう言ったことで、夫も「Aの作るハンバーグはうまいからなあ!最初につくってくれたのもハンバーグだったよな」と会話になったのです。

2絶対喧嘩になるし、離婚に発展しちゃう!!法律家を入れて話し合い

○ケース2・司法書士の先生に同席してもらうことで冷静になれました

夫の両親とのトラブルを帰宅した夫に話すと、とたんに夫が不機嫌になることの繰り返し。夫の帰宅は遅くなり、夫婦の会話はすっかりなくなってしまったB夫妻。

これから先の介護を考えても、今、ちゃんと話し合っておきたいと考えた妻は、自分の貯金を使って司法書士の先生を依頼し、夫との話し合いをしました。
弁護士費用よりは安いと思って依頼した司法書士の先生は、とても親身になってくれて、忙しすぎる弁護士さんにお願いするより良かったと言います。

「私は離婚するつもりはありませんでしたし、夫婦でいるなら仲良くしたいと思っているので、それを素直に伝えると夫の態度は変わりました。どうやら彼も離婚を恐れていたみたいです」

ふたりは、これから先訪れるであろう両親の介護について、どこまでは妻が引き受け、どうなったら介護施設にお願いするのかなど、司法書士の先生のアドバイスに従い、具体的に書面にしていきました。

「夫の両親の悪口を言いたかったわけではなく、どうしたら仲良くなれるかを訊きたかった」と言う妻の言葉を聞いた夫は、両親の話となるといつも不機嫌になってしまう自分を反省しました。

それまでなんとなく両親に遠慮して、二人だけの旅行はしばらく行ってなかったこともあったので、夫は妻を誘って2泊3日の温泉旅行にでかけたりもするようになり、仮面夫婦になってしまう危機は逃れました。

マンネリ化した考えを捨て仮面夫婦修復を

いかがでしたでしょうか。
元々は他人だった二人が、結婚という制度によって家族になる。素敵なことであるはずなのに、その制度にしばられて不幸になってしまうのは避けたいものです。 自分の心がけを努力して直す、まったく話にならない夫には法律家を入れて話しをするなど、仮面夫婦になってしまう前にできることがあるはずです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。