妊娠中の夫婦喧嘩に関する記事

妊娠中は夫婦喧嘩を封印!胎児への悪影響とケンカの主な原因と予防法

妊娠中は夫婦喧嘩を封印!胎児への悪影響とケンカの主な原因と予防法

妊娠中にケンカが増えるのには原因があるんです!そして夫婦喧嘩は胎児への悪影響に…けんかを予防して幸せ家庭を築きましょう。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  妊娠中は夫婦喧嘩を封印!胎児への悪影響とケンカの主な原因と予防法

妊娠中の夫婦喧嘩で胎児が夜泣き!?ケンカが増える原因&予防法

妊娠中になぜか増えてしまう夫婦喧嘩。ちょっとしたことでも口論になってしまう日々。「大好きだった夫なのに、なんでこんなにイライラするの?」と気持ちの変化に戸惑い、「こんなにケンカばかりしていて、赤ちゃんは大丈夫なの?!」と心配するプレママも少なくありません。

はたして赤ちゃんには夫婦喧嘩が聞こえているのでしょうか?妊娠中に夫婦喧嘩が増える理由、夫婦喧嘩をしないための予防法をご紹介します。

妊娠中の夫婦喧嘩が及ぼす赤ちゃんへの悪影響

胎児が情緒不安定になる

お腹を触る妊婦

赤ちゃんは、ママのおなかの中ですくすくと成長しているので、へその緒を通してママの気持ちが直接伝わります
ママが心身ともに穏やかに過ごしていれば、赤ちゃんの情緒も安定します。ところが頻繁に怒っていたり、泣いていたり、ストレスを感じていたりする場合には、ストレスホルモンがへその緒を通して赤ちゃんに伝わってしまうのです。

声も聞こえていると言われており、大声で喧嘩をしていると、赤ちゃんもビックリしてストレスを受けてしまいます。
特に妊娠後期の夫婦喧嘩は、ママのおなかが張ってしまうこともあり、怒ることで心拍数や血圧も上がるため、赤ちゃんもドキドキしたり、酸素がうまくいき渡らなくなったりと悪影響を与えてしまうこともあります。

そのため赤ちゃんが情緒不安定になり、過度のストレスで精神疾患を患ってしまうことも考えられます。妊娠中の夫婦喧嘩はできるだけ避けましょう。

出産後赤ちゃんの夜泣きがひどくなる

妊娠中にケンカが多く、ママがイライラしたり不安定な状態のことが多かった胎児は、生まれてから夜泣きがひどくなったり、疳の虫や情緒不安定で育てにくくなると言われています。

妊娠中は心穏やかに、夫婦喧嘩をしても早めに仲直りをして、赤ちゃんにストレスを与えないようにすることが、赤ちゃんにとっても、これから子育てをする夫婦にとっても大切ですね。

そもそも喧嘩が増える原因は何?

新婚の頃は生活習慣が違う2人が一緒に生活するため、なにかと喧嘩が増えるものです。ところが妊娠中にも、妊娠したからこそ、夫婦喧嘩が増えてしまう原因というものもがあるのです。

女性のホルモンバランスの変化

腕組みして怒る女性

妊娠中のママの体の中では、急激に女性ホルモンの分泌量が増え、それまで分泌されていなかったホルモンも分泌されるようになり、体内のホルモンバランスが崩れます

赤ちゃんがママの体の中ですくすくと成長するために大切なホルモン分泌なのですが、あまりに急激な変化のため、ママは感情の起伏が激しくなったり、すぐにイライラしたり、怒りっぽくなったり、また反対に涙もろくなったりと情緒不安定になりやすくなります

人によっては、月経前や月経中に軽く情緒が不安定になる経験をしたことがあると思いますが、月経前のホルモンバランスの乱れより、妊娠中の乱れはより激しいものです。
そのため自分でもうまくコントロールができずに、いつもならスルー出来ることでもイライラしてしまったり、つい感情的になってしまったりして、一番近くにいる夫につい当たって喧嘩になったり、自己嫌悪したりすることも増えてしまうのです。

男性に父親の自覚が芽生えていない

お腹の中で胎児が育っていく様子がわかる女性は、母性も早くから目覚め、お母さんになる準備を少しずつ始めていきます。ところが、男性にはそれがありません。目の前に赤ちゃんが見えるわけではないので、自分が父親になるという実感が湧きにくいのです。

自分が父親になる自覚がないために、妊婦である妻の辛さを理解し、守ろうという感覚を抱けない男性も数多くいます。
また、妊婦の体内でどのような変化があり、妊娠は女性にとって肉体的、精神的に大変な状態であるという知識がない男性もまだまだ沢山います。

そのため妊娠前と同様の態度で扱い、妻のつらさや不安を理解しようとしなかったり、体調を気遣えなかったりする人も多いのです。そして喧嘩が増えてしまったり、ひどいケースでは産後クライシスや離婚に繋がってしまうことも…。

ケンカ0を目指そう!夫婦喧嘩の予防法

赤ちゃんのためにも、夫婦喧嘩はよくないということはわかっていただけましたか?それでは次にどうしたら夫婦喧嘩を予防できるかを考えていきましょう。
ちょっと気を付けるだけでも全然違ってきます。夫婦の仲がよければ赤ちゃんも嬉しいし、心も安定します。

気持ちを言葉にしましょう

肩を手で押さえながら悩む女性

男性は意外と鈍感です。「言わなくても伝わる」という考えは捨てましょう。妊娠中の体調不良など、男性にはピンときませんし、言われるまではただぐうたらしてなまけていることもあるでしょう。

男性の脳には女性の脳と違いがあります。女性はマルチタスクで物事を考えられますが、男性は一点集中型。そのため何かに熱中しているときに話しかけると、怒り出したりする人もいます。
また、洞察力に優れている女性と違い、圧倒的に男性は変化に鈍いのです。

自分の体調や、不安なこと、イライラしてしまうことは、きちんと言葉にして伝えましょう。妊娠の状態を理解してもらうことで、ケンカの要因がグンと減ります。そして、体をいたわってくれたり、家事をしてくれたりしたときには、素直に「ありがとう」と感謝の気持ちを、言葉に出して伝えるようにしましょう。

イラッときたら一人になろう

喧嘩になりそうだな、と思ったら一人になることも大切です。我慢してもストレスがたまるだけなので、イラッとした時には、その場から離れることが一番の喧嘩回避に繋がります。

妊娠中ですので、安定期であれば体調に配慮し、無理のない範囲でカフェへプチ家出したり、気分転換に買い物へ出かけたりするのも良いでしょう。
外出が無理な体調の時には、部屋に籠って本を読んだり、趣味にふけったりするのがおススメです。

気持を切り替えるには、楽しい別の世界に入るのが一番です!本やテレビ、趣味などの楽しく夢中になれることをすると、気持ちがそちらに向いて、早くイライラを落ち着けることができます。
また、赤ちゃんの服や小物を見たりするだけでも癒されますし、何より赤ちゃんのためにも穏やかに過ごすことができます。

夫と胎児のコミュニケーションを増やす

父親の自覚がない夫ヘは、胎児の成長を話したり、夫がお腹をさわったりすることで、自覚を促していきましょう。
また胎教の「キックゲーム」などもおススメです。胎児が自分のアクションに反応してくれることで、「今ここに命がある!赤ちゃんがいる」というのを実感しやすくなります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。