結婚して後悔…15の体験談に関する記事

結婚して後悔しかない!これが現実…結婚後の辛過ぎる体験談15

結婚して後悔しかない!これが現実…結婚後の辛過ぎる体験談15

旦那と結婚して後悔しかない!義両親の問題、子供が生まれてから知った夫の一面…みんなのこんなはずじゃなかった!エピソード

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  結婚して後悔しかない!これが現実…結婚後の辛過ぎる体験談15

「こんなはずじゃなかった…」旦那と結婚して後悔15

理想とまではいかなくても、想像していた結婚とは違う…これが現実か!義両親との問題や結婚後の夫の態度、子供好きアピールを鵜呑みにして結婚したばっかりに…などなどみんなが結婚して後悔したことやその理由を集めたら、辛いエピソードが山盛り集まりましたのでここにドンとご紹介します!主婦15人の結婚、こんなはずじゃなった…体験談です。

Q旦那と結婚して後悔していることを教えてください

義実家・義両親の問題

嫁に強く当たる頑固な性格の姑

レッド
40代前半

A義両親とうまくいかず結婚を後悔しています

私が夫との結婚を後悔してしまう点は、義両親のことです。結婚前はどんな義両親であろうが、夫を育ててくれた人なのだから大切にしようと思っていました。しかし、私が歩み寄ってもあちらは私の気持ちを踏みにじるだけでした。私だけに冷たいならば我慢できますが、生まれてきた子どもに対しても冷たい態度をとられた上に孫差別をする姿をみて、もう許すことはできいない、夫とは離婚をしたいという気持ちが頭をよぎりました。夫には全く非のあることではありませんが、夫の顔が義母に似ているため夫の顔を見る度に義両親にされてきた数々の嫌な言動を思い出してしまい、嫌な気持ちになることが度々あります。その度に結婚を後悔してしまう自分がいます。

みゆみ
30代後半

A同居で後悔しています。

夫と結婚して後悔していることは、義実家(義母)との関係を見抜けなかったことです。田舎の長男と結婚したので、結婚と同時に義両親と同居生活が始まり、2人だけの甘い新婚生活を夢見ていた私にとってはとても残念なスタートとなってしまいました。義両親と一緒に住んでいると何かと気を使い自由に生活できないのと、夫がいつも義両親の味方をするのがとても嫌です。

特に夫は義母には逆らえないという感じで、結婚してから夫がこんなにもマザコンだったということが分かり、今となっては結婚したことを後悔しています。実際に結婚してみないと相手の本心や性格も分からないのですが、結婚する前にもっと色々としっかり見たり考えたりして結婚を決めるべきだったと思っています。恋は盲目というのは正にその通りで、今となっては少し騙された気分です。

ポテト
30歳

A結婚したら姑の本性が…

結婚してわかりました。主人は自分の実の母に意見が言えない人であるということが…。姑は宗教とマルチ商法にはまっている人で、私自身にも結婚して以来、宗教の集まりやおまじないのようなものの勧誘、マルチ商品など、とにかく押し売りがひどいのです。しかし嫁の立場でなかなか姑にNOと言うのは難しく、主人から言ってもらうようにお願いしたのですが、主人は全然動く気配がありませんでした。

後で知ったのですが、姑はただでさえ厄介なのに、ヒステリックになると何をするかわからないこわい人だったのです。主人も子供時代にそんな姑から包丁をつきつけられたこともあったそうです。それを聞いてしまうと私も尚更主人を責めれず、姑にもNOが言えずで苦しい立場になってしまいました。結婚する前に相手の家族のことをもっとよく知っておけばよかったなと少し後悔しています。

らん
28歳

A結婚とは義母とも家族になること

結婚して3年目です。結婚には良いこともあるけど、嫌なこともあります。私が結婚を後悔するきっかけとなった嫌なことは、夫の母親である義母との関係です。私と義母は、はっきり言って性格が合いません。義母は物事をズケズケ言うタイプで、私がカチンとなることが度々あります。あまりにもひどい事を言われた時は、夫にも苦情というか愚痴を話すのですが、夫の態度は「我関せず」という感じで、取り合ってくれません。結婚したら、夫は全面的に私の味方をしてくれると思っていたので、正直ショックでした。

私と夫は好き同士で結婚しました。でも。結婚すればもれなく性格の合わない義母も、私の家族の一員になるわけです。幸い、現在義母と同居はしていませんが、今後月日が経って、介護や同居の話も上がってくるかもしれません。一緒に暮らした時のことを想像すると、頭が痛いです。このように、私の悩みは夫が直接の原因ではないので、離婚するほどではないのですが時々結婚を後悔しています。

永住先の気候が…

草原にある孤立した白い外壁の家

かまさ
31歳

A旦那のせいではないけれど、、

スピード結婚でしたので、あれこれと考えることもなく結婚してしまいました。結婚した今、まず一つ後悔していることは、長男ということです。やはり長男というのは将来的に同居、両親の介護などをするのであまり考えもせず結婚してしまったので今から少し心が重たいです。二つめは嫁いだ先がとても寒い土地だったということです。私の地元があたたかくて住みやすいところだったので、結婚して数年たった今でも気候に慣れません。

そして湿度も高いのですぐカビが生えてしまったり、お気に入りの家具も腐ってくるのでとてもストレスです。体調もどんどん悪くなっています。このまま生活していくのかとおもうととても心が重いです。もっとしっかり考えたうえで結婚すればよかったと後悔しています。

お金なさ過ぎ!!!

大量に散らばっている金の延べ棒

わかぞー
39歳

A持ち家があり小額でも貯金がある家庭の人と結婚すれば良かった

結婚前、夫の実家が団地住まいで借金があっても愛さえあればお金なんてどうでも良いと思って結婚しましたが、生活していると最低限のお金は必要なので結婚を後悔しています。夫の職場が倒産し、引っ越しを余儀なくされても夫の実家はお金がないので援助もしてくれないし、貸してもくれません。

結婚式費用は会計当日に払えないと言われて私の両親が負担しました。夫の親がどうであろうと関係ないと思っていましたが、相手も両親にお金がなさすぎるのも困りものです。玉の輿に乗りたいとは思いませんが、小さくても持ち家で小額でも貯金がある家の人と結婚した方が良かったと後悔しています。夫の親に新築の家の費用を援助してもらった友人を羨ましいと思います。

るいーじ
37才

A意外と世間知らず

主人は、仕事の関係で知り合い、年上でしっかりしている印象でした。結婚することを決める少し前に、10年以上勤めた会社をやめ、同業他社に転職すると言い出しました。もちろん、私は止めましたが詳しい理由を話してくれなかったのと、転職先は引き抜きの状態なので給料は変わらないと言っていたので、それ以上止めませんでした。

その後、結婚して一緒に生活を始めたら、何となく金銭的に余裕がないように思ったので話を聞くと、転職先に提示した1カ月の給料の希望額は、毎月支払っていた金額(家賃・光熱費など)+食費だと言ったのです。前に勤めていた会社は、生命保険・住民税も給料天引きになっていましたが、転職先は自分で支払わなければならず、結局、年収で100万円以上下がったみたいです。主人がその事に気づいてなかった事を知った時結婚した事を少し後悔してしまいました。

ドケチ夫

屋台が立ち並ぶ縁日の風景

うきわ
40代

A楽しみ事を楽しめない夫

40歳主婦です。主人はとても穏やかな人なのですが、とにかくケチです。家計簿チエックは勿論します。毎月銀行の引き落とし通帳を見ては何を買ったのか聞いてきます。外食もめったにしません。たまにしたとしても金額をみて選びます。なので、食べたい物も食べれません。大人はともかくとして中学生の娘に対しても価格の高い物を選ぶとこっちのほうが得だと言って変更させます。おかげで楽しい外食がいつもストレスです。

夏祭りの夜店も金額がぼったくりだと言って何も買いません。娘が焼きソバを食べたいとねだっても家で作ってあげるから我慢しなさいと言い、全くお祭り気分が味わえません。
お正月のおみくじも家族3人で一枚です。運勢で興奮したり出来ませんし、もはやおみくじの意味もわかりません。何かと手作りにこだわって安く済ませるので家の中が汚らしいです。極めつけに携帯はガラケーです。自分一人で我慢するのなら良いですが家族全員に強制するので正直めんどくさいです。それ以外はとても優しく何かあると飛んできて助けてくれたりと、長所も多いので長所の方がまだ勝っている状態です。言いなりばかりも面白くないので、主人が留守の時など娘と一緒に外食したりケーキを買ってお茶したりと適度にプチ贅沢して息抜きしています。

想像していた結婚生活とのギャップ

夫のことが嫌いになり今後について悩む妻

misye
40代

A私は主人の事をよく知って理解を深めて結婚を決めるべきだった

私が結婚して後悔していること…それは主人と結婚する前にじっくりと時間をかけてお付き合いをすべきだったととても後悔しています。この結婚があってから、相手の事をよく知って、理解を深めて結婚を決める大切さを知りました。結婚前のお付き合いの時点での主人の印象と結婚してからの主人の印象は、すごく違うというか知らなかった面が多くあり戸惑いました。

私は今の主人といても精神面で安らぐ気持が少なく感じます。一般的に愛情表現は人によって違いはあるかと思いますが、私はどんなに主人の愛情表現を理解をしようと努力をしても理解が出来ません。それが長い年月積み重なっていくなか、いつの日からか私の心の中は孤独と悲しみに変わり、パートナーの本来の愛情って普通こうじゃないよね、主人は一体どういう仕組みなのだろうかと本気で疑問を抱いています。

たんぱん
29歳

A理想と現実にギャップがある。

夫と結婚する前は、街を歩いていると仲良さげに手を繋いでいる夫婦を見ながらてっきり結婚というのは二人でのんびり幸せに過ごすことだと思っていました。好きな人と毎日一緒に居られるなんてそれだけで嬉しいし、楽しい生活となるに違いないと考えていたんです。しかし実際は違います。毎日会っていればお互い緊張感もなくなりますし、そこにいて当たり前のような、空気のような存在となっていきます。

一緒にいて楽しいと思うことは稀になっていきますし、結婚する前のように盛り上がる話をする機会も少なくなります。そして一緒に生活をしていくからには相手に合わせていかなければならないことも増えますので我慢の連続です。今すぐ離婚したいとは思いませんが、こういった現実を知っていたら結婚はしなかったかもしれないなと思います。

かりすけ
30代後半

Aゲーマーだったこと。(ドラクエ)

小学校の教員の免許を持つ旦那。結婚前、「俺、子ども好きなんだよね」とその辺にいる子どもに温かい視線を送り、知らない子にも優しく話しかけていました。「これは良いパパになるぞ」と思い、そんな家庭的な雰囲気の旦那に安心感を覚えて結婚を決意しました。

現在、うちには子どもが二人います。旦那は激務です。しんどいのは分かりますが、全く子供の相手をしません。激務と言っても週に一回は休みがあります。その貴重な休みの日にも、旦那は一日中、ゲームをしています(ドラクエ)。ゲームは休みの日だけでなく、平日の帰宅後もたっぷり2時間~3時間はやっています。その間、子どもたちの相手をすることはありません。本当に騙された思いでいっぱいです。
「子ども好きだったんじゃなかったの!?たまには子供たち連れて公園にでも行ってよ」とけんかになったこともありますが、「仕事でストレスたまってんのに、家に帰ってまで気を使うなんてことはできない。俺からゲームを取り上げたら、行き詰って死ぬかも」と脅され、今は放っておくことにしています。ゲームは麻薬と一緒だな、と思います。

きなこ
20代前半

Aおこちゃま

授かり婚をした私たちは、3人で旦那の実家に入ることになりました。初めての同居で嫌われては私と娘の居場所がなくなってしまうと思い、とにかく必死で家事、育児をしてきました。しかし、暮らしているとわかる旦那のお子ちゃま感。家でなにもしません。黙っていればご飯が出てきて、靴下は脱ぎ捨てておけばきれいに洗濯されていて、子育てもせずに寝たいときに寝るだけ寝て、なにかあればすぐにマミーに頼もう、と言います。

最初は我慢していましたが段々そのお子ちゃま感にがっかりしてきました。一人暮らしなどもしてしっかりと自立した人だと思っていたのですが、私自身が付き合っているときにそのおこちゃま感を見抜けていなかったということに後悔をしています。

reyun
30代主婦

A夫の変化

結婚5年目、子供が2人います。夫とは学生時代からの知り合いでしたが結婚する1年前に交際がスタートしました。付き合っている時は常に会いたいというようなとてもやさしい夫でした。変化があったのは結婚して子供が生まれてからです。私は子供のことが第一優先になってしまい、その頃から喧嘩が増え始めました。

今まであまり喧嘩をしたことがなかったので分からなかったのですが、夫は喧嘩をしたらどちらが悪いにしろ絶対に謝りません。そんな旦那を見ているとイライラし「この先やっていけるかな。世の中にはもっと優しい人がいるんじゃないか」という思いが頭をよぎってしまいます。しかし子供第一優先なので離婚は考えられません。離婚しないということはどうせ一緒にいるんだから喧嘩の時間がもったいないと思い、私が折れるようにしています。

結婚して後悔しかない最悪な夫

夫に愛想をつかし笑顔でダメ出しする妻

すずりん
30代前半

A夫の自己中何か性格が、子供が産まれてから嫌になりました。

結婚して後悔している事は、夫の自己中心的な性格が子供が産まれてからも全く変わらなかった事です。 もともと自己中な性格でしたが、子供が産まれてからその性格を嫌だと思うようになりました。夫は子供のために何かしたり、子供と遊ぶよりも自分の趣味ややりたい事に時間を使います。

仕事が忙しくて子供と触れ合えないとか、休日も疲れてしまって遊べない、休みたい、というなら良いのですが、うちの夫の場合は全力で自分の趣味に没頭して、朝から晩まで1人自分の部屋で楽しそうにしています。子供と顔を合わせるのはリビングに飲み物を取りにきたり、トイレへ入る為に部屋から出てきた時くらい。食事も自分の趣味のきりの良い時に食べるので子供や私達とは一緒に食べません。
当然家事も子供の世話もしないので、何の為に同じ家に住んでいるのかしら、と思う事も多々あります。 子供と触れ合う時間くらい取れないのかなと思いますが、自分の事が最優先なので、我が子を外に連れて行って何か見せてあげようとか、普段できない事を経験させてあげようとか、その為に時間を割くなんて無理だと思っているようですし、期待もしていません。

おかめん
30代

Aそうかぁ

遠距離恋愛6年、同棲話が結婚の話になり二人での生活が始まりました。二人の生活はそれなりに過ごしていましたが、すぐに不満を覚えるようになりました。不満は、義理両親の理不尽な言動に振り回されること、夫婦ケンカの要因はほぼ義理両親のこと。そして、次第に気付き始めた旦那の両親愛と私に対する適当な言動…。結婚して9年経ちますが、「これが性格の不一致か、私達夫婦はいつまで持つんだろう」と思いつつ、振り回されながらも頑張って生活していました。

しかし、結婚9年目を目前に子育てに奮闘してる私に「自分を構ってくれない!女を捨ててる!」とほざく旦那。事後報告ですが自分に好意ある子に声をかけ家族を捨てる覚悟をして楽しい時間を過ごしたようです。そしてその全ての原因は私という…。おまけに子供は早かった、一人でよかった等々自分の勝手ばかりを並べ立て、その子と何があったか知らないが私に綺麗になれ!自分に優しく!とバカすぎて呆れるレベルの注意ばかり。
挙句の果てにお付き合いしていた子の誕生日に時計をプレゼントしたらしいですが、1ヶ月後の私の誕生日も時計…。さすがの神経にイライラしてしまうのですが、私が変なのか?!旦那からしたら終わった話だから気にならないものらしく、時計をもらって大喜びする姿を期待していたという旦那には結婚して後悔しかありません。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。