共働きの洗濯の負担軽減!に関する記事

共働きの洗濯テク5つ!汗ジミ・汚れを落とし乾燥時間も短縮

共働きの洗濯テク5つ!汗ジミ・汚れを落とし乾燥時間も短縮

共働きだと家事にかけられる時間が限られますよね…。この5つのポイントを取り入れれば、洗濯の負担減!頑固な汚れをシッカリ落として、大事な洋服を傷めずに、楽チンでキレイにお洗濯できます♪乾燥時間を短縮する方法って超簡単なんですよ!

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  共働きの洗濯テク5つ!汗ジミ・汚れを落とし乾燥時間も短縮

共働き夫婦に捧ぐ!お洗濯が楽になる5つのポイント☆

洗濯バサミ

家族が増えると、同時にお洗濯の回数も増えてきますよね。夫の大きなシャツや子供の体操着など…一日であっという間に洗濯槽いっぱいに汚れ物が溜まってしまいます。さらに、手洗いが必要なガンコな汚れも付いていることもありますし、お洗濯は大きな負担になりますよね!?

「共働きなのに家事負担は圧倒的に妻の方が多い」という人も多いですし、毎日のお洗濯にお困りの人も多いと思います。
そんな共働き夫婦のために、毎日のお洗濯の負担を軽減出来る5つのポイントを大公開!明日のお洗濯から早速取り入れてみて下さい!

 汗じみをスッキリ落とすには「洗濯のり」

洗濯のりをYシャツに吹きかける

汗じみは一回ついてしまうとなかなか取れません。しかし、洗濯のりをスプレーするだけで、簡単に防ぐことができます。

1.衣類の首周りやエリそでなど、汗じみ・黄ばみが付きやすい部分に洗濯のりをスプレーします。

2.使ったら、普段通りに洗濯します。

これだけです。洗濯のりが汚れから衣類を守ってくれるんです。洗濯のりは、通常のお洗濯で落ちますから、使う前にスプレーしておけばOK!

洗濯のりが汚れをブロック!普段通りの洗濯で汗じみ・黄ばみを防げます。

 ストッキングの伝線を防ぐには「靴下」

靴下のイラスト

ストッキングを洗う時は、伝線しないようにネットに入れて洗っていますよね!?でも、他にネットの中に洗濯物を入れた場合、ネットの中で他の衣類とからまって、伝線の原因になってしまいます。
ストッキングの伝線を防ぐには、ネットに入れれば良いというわけではないのです。

そんな時はネットではなく、一緒に洗う靴下の中にストッキングを入れて洗いましょう!負担をかけずに、ストッキングの伝線を防げます。

ネットより入れる手間が省けて、さらにストッキング長持ち!

 血液には「大根おろし」、墨汁には「ご飯粒」

大根おろし

衣類に血液や墨汁などをうっかりつけてしまった場合、通常の洗濯ではなかなか落ちません。そんな時は、汚れに合ったアイテムを使って楽チンきれいに落としましょう!

汚れの特徴に合わせた、適切な落とし方をすることが大切です。何でもかんでも、強力な洗剤を使用すれば良いという訳ではないのです。

ガンコな汚れはキッチンにあるものでスッキリ落とせます!

  • 血液汚れ … 大根おろし(大根おろしを乗せて布などでポンポンと叩けばOKです)
  • 墨汁汚れ … ご飯粒(ご飯粒を汚れにこすりつけると、汚れが落ちます)

 柔軟剤が切れたら「お酢」や「コンディショナー」で代用

お酢の瓶

洗濯をしようとしたら、柔軟剤が切れていることに気付いた…という経験はありませんか?仕方なく柔軟剤なしで洗ったことがある人もいるかもしれません。

そんな時は、焦らなくても大丈夫です。お酢やケアコンディショナー(リンス)で充分代用できます。仕事をしていると、買い物できる日が限られている人もいるでしょう。柔軟剤がなくて困った時でも、慌てて買い物に行かなくても大丈夫です。

お酢やコンディショナーでもふわふわに仕上がります!

 乾燥時間の短縮には「バスタオル」

乾燥機に洗濯物を詰め込む

乾燥機に衣類を入れて、乾燥するまで待っていられないこともあると思いますが、衣類は乾燥したまま放置するとシワの原因になってしまいます。

時間がない時には、乾燥にかかる時間を短縮しましょう!乾燥機に乾いたバスタオルを1枚入れるだけなので簡単です。バスタオル1枚入れるだけで、通常よりも短時間で衣類が乾きます。

乾いたバスタオルを1枚いれるだけでぐんぐん乾燥!乾燥にかかる時間がグッと短く☆

これで共働き家庭でもお洗濯は楽ちんキレイ☆

共働きで忙しいからこそ、負担を減らすための工夫が必要です。もちろん、旦那様の助けを借りることも一つの方法ではありますが、同じ家事でもやり方次第で負担を減らしたり、かかる時間を短縮したりすることが可能なんです。

お洗濯が楽になっても、キレイになっていなければ意味がありません。上手にキレイに楽に!工夫していきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。