三歳児検診に関する記事

三歳児検診の目的&問診や検査の内容/おしっこの採り方

三歳児検診の目的&問診や検査の内容/おしっこの採り方

三歳児検診って何をするの?発達についてテストされるって本当?と心配なママ、検査内容のポイントをくわしくご説明します!

マーミーTOP  >  子育て  >  三歳児検診の目的&問診や検査の内容/おしっこの採り方

三歳児検診の目的とは?問診や検査の内容/おしっこの採り方

三歳児になると、体や心が大きく成長して一人で色々できるようになり、おはなしが上手になってくる子も多いですね。また、春になったら幼稚園に通うお子さんも多く、ママは手が離れていく我が子に寂しさを感じつつ、新生活を楽しみにしていることでしょう。そんな頃に受けるのが、「三歳児検診」。正確には、「三歳児健康診査(三歳児健診)」と言います。

三歳児検診は、国が各自治体にその実施を義務付ける、無料の検診です。今回はそんな「三歳児検診」について、目的や受け方や検診の内容、検診に必要な幼児のおしっこの採り方を詳しくご紹介していきます!

三歳児検診の目的

子供に話しかける母親

三歳児検診の目的は、地域の親子の健康を守ることです。これは、「母子健康法」という法律に定められていて、子供の健康を調べることだけが目的だと思っているママが多いのですが、実は育児上の問題や予防接種など、ママと地域を結び付け、相談に乗るなどして育児ストレスを軽減し、子育てをサポートすることも目的なのです。

また、子供に関しては、発達や病気の早期発見だけにとどまらず、健康増進、生育環境の整備なども目的としています。発達や病気は、身体だけでなく脳や心の発達も検査し、必要がある場合には専門機関の紹介を行うなどのアドバイスもしてくれますよ。

色々とテストされるようで心配かもしれませんが、「ママと子供を助け、より良い生活と未来のための無料サポートを受けられる権利があるんだ」とポジティブに捉え、リラックスして遠慮なく子育ての悩みを相談しましょうね♪

三歳児検診はいつ?義務なの?

三歳児検診は母子健康法により、満3歳を超え満4歳に満たない子供に実施することが義務付けられています。実際には、3歳0か月~2か月頃を主な対象とする自治体と、3歳6か月以降を主な対象とする自治体が多いです。検診の時期が近づくと、自治体から検査キットと合わせて実施の案内が届きますよ。

また、義務かどうかについては、自治体に対しては実施が義務づけられています。ただし、住民に検診を受けさせる義務はありません。ですので、受けなかったから何か罰則があるというわけではありませんが、対象となるはずの住民が参加をしていないと、自治体が心配して電話をかけてくることがあります。

三歳児検診を受けることをためらうような心配事がある場合は、思い切って自治体に相談してみましょう!子育て以外のママのお悩みでも、専門家が親身にアドバイスしてくれるはずですよ。

三歳児検診の流れ

当日の流れや実施項目は、自治体によって異なる場合がありますが、おおむね次のようなことを順番に実施します。自治体によって視力検査や聴力検査は、事前に家庭で検査しておくだけで終わる場合もあります。

事前準備として…

  • 自治体より視力検査キット、聴力検査キット、尿検査キットが送付された場合、家庭で検査して、当日提出します

三歳児検診の流れ

  • 身体計測
  • 視力検査(必要な子供のみ)
  • 助産師や保健師さんによる問診、発達のチェック
  • 医師による診察
  • 歯科検査&フッ化物塗布
ぬいぐるみを持って笑顔の幼児

また、検診の最後に、子供向けの栄養指導がある自治体もあります。人形や絵本を使うなどして、好き嫌いせずに食べることやしっかり噛むことの大切さを、子供に直接説明してくれるそうですよ。

集団実施で混んでいる場合などは、全体で3~4時間かかるという場合もあります。フッ化物は、塗布後30分飲食禁止となりますので、検診には食事と歯磨きをしてから行きましょうね。また、待ち時間にお子さんが飽きてぐずってしまった時のために、お気に入りの絵本など、周りに迷惑にならないオモチャを持参しておくといいですよ。

三歳児検診の問診内容

ここから検査内容をより詳細にお伝えしていきますね。まずは、保健師さん等から受ける三歳児検診の問診内容。事前に記入しておいた問診票の内容をもとに質問されたり、お子さん自身にその場でいくつかの行動をさせたりしてチェックします。それぞれの項目が、お子さんのどんな成長を確認するためのものなのか理解しておきましょう。(※検査項目は自治体によって異なる場合があります)

自分の名前や年齢がはっきり言えますか?

まず問診の冒頭で、お子さん自身に名前と年齢を聞かれることが多いです。その後、積み木やお絵かきなどをさせながら、「どっちが大きい?」「それは何色?」「眠くなったらどうするの?」といった質問がされます。この問診は視力の確認ではなく、「二語文が話せるか」「大人が理解できる程度の発音で、日常会話は可能か」など言葉の問題や社会への適応能力、自我の確立が順調に進んでいるかを診ています。

満3歳の幼児の場合、一般的に二語文は話せるようになっていますので、二語文が話せない場合には、難聴、発達障害などの要因を検討する必要があります。

自分で着替えができますか?

自分で上着を脱ぐ幼児

洋服を脱ぎ着するときの様子や、ボタンをかけるときの細かい指の動きなどがチェックされます。他にも、「食事は自分で食べていますか?」「日中トイレに一人で行けますか?」「自分で手洗いをできますか?」など、日常生活に関する質問がされます。これは、指先の器用さなどを見るのではなく、「自立して生活する意欲が育っているか」といった、精神面での成長を確認しています。

片足立ちや、ジャンプはできますか?

この質問やテストでは運動能力の軽度発達異常をチェックします。特に「目を空けたまま片足だけでバランスをとり、3秒以上動かずにじっと立っていられるか」をチェックする自治体は多く、「新潟県医師会 乳幼児健康診査の手引 改訂第5版」によると、成功確率は3歳~3歳3ヶ月では66%、3歳4ヶ月~3歳7ヶ月で83.6%、不合格の場合は経過観察や精密検査となります。

他にも、「階段をのぼれるか?」「速く走れるか?」「三輪車はこげるか?」「丸は書けるか?」といった質問がされたり、実際に行わせ子供が行う様子を医師や臨床心理士などが観察したりして、運動発達異常はないかを確認しています。

お友達と遊んでいますか?

これから先の幼稚園や学校生活に向けて、社会性や協調性の成長も大切ですよね。幼稚園に通う前の子供達も多い三歳児検診では、お友達への興味や関わり、協調性を確認します。「大人と会話ができますか」「人の物と自分の物の区別はついていますか?」等の質問や、実際に子供の様子を見てさらに突っ込んだ質問をされることもあります。

ただし、3歳では高い協調性は求められませんので、極端な偏りがなく他者との関わりへの意欲が見られれば、上手に出来なくてもOKです。

三歳児検診の計測内容

測定器の傍で用紙に書き込むスタッフ

三歳児検診の計測は、これまで同様に体重・身長・胸囲・頭囲を測定します。目的は、発育曲線に沿った身体の順調な成長が見られるか、脳の病気がないかのチェックです。

計測のときは、子供をパンツだけの状態にしなくてはいけないのですが、それを嫌がったり泣いたりする子が結構多いです。服を脱ぐのを嫌がったり、一人で体重計に乗るのを嫌がったりする場合でも、そういうケースには保健師さんたちも慣れっこなので、心配はいりません。

「ママが抱っこして一緒に体重計に乗り、後でママの分の体重を引き算した」とケースもあります。できるだけ順調にいくように、本人のお気に入りのパンツをはかせておくなど、できる工夫をしておくとスムーズに進みやすくなりますよ。

三歳児検診と肥満/低身長症

三歳児検診の計測で引っ掛かり易いのが、肥満と低身長です。ある地域の三歳児検診で、指導対象の幼児肥満100人に3~4人程度の割合だったそうです。また、低身長症の子供の割合は、100人に2~3人と言われています。

肥満

子供が肥満になると、入園入学後の生活や将来への深刻なダメージに繋がってしまうケースもあるため、親としては心配ですよね。これまで家庭内での活動が中心だった三歳児は、幼稚園に入園すると運動量が増えて身長が伸び痩せやすくなりますが、その反面、中には子供の成長に安心した親の行動が原因で、子供が肥満になってしまうケースも増えています。

自宅やデパートなどの身長体重測定結果で、子供の肥満を心配しているママは、夜更かしや運動不足、おやつやファストフードなどの高カロリー食品に注意しましょう。また、ファストフードの健康被害を知っておくことも大切です。

低身長症

低身長症とは、同じ性別、同じ月齢の子供でとった統計的な標準値と比べて、極めて低い身長となることです。低身長の基準は、厚生労働相により1ヶ月ごとに詳しい数値が示されており、満3歳のお誕生日の段階で、女の子は75.4㎝以下、男の子で86.3㎝以下だと低身長となります。

低身長症のほとんどは、原因不明で起こると言われていますが、成長ホルモンの分泌不足や、甲状腺機能の低下が原因の場合は、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの注射などで、成長を回復させる治療もあります。計測の結果、低身長の数値に該当する場合には、両親の体格やお子さんの出生時からの推移なども確認したうえで、必要なら別途専門医を受診して精密検査を受けるように指示されます。

三歳児検診の医師による診察内容

次に、医師による診察がどんな内容かをご説明します。

胸部~背部の確認

胸や背中の聴診をし、「心臓の雑音やリズムに異常がないか」「呼吸に異常がないか」などをチェックします。問題がある場合、精密検査を受けるように指導をしてくれますよ。また、腹部を触診して、胃腸や肝臓や脾臓などの内臓に、の病気がないか、特に3歳児に多い臍ヘルニアなどはないかもチェックしてくれます。

皮膚や手足、骨格など全身の確認

大部分は乳児期に発見されることが多いですが、これまで見落とされていたものがないか、最近になってできたものはないか確認されます。主に診られるのは、顔つき、頭の変形、斜頸の有無、姿勢や脊柱、手足の形態、皮膚の異常です

手足に関しては、O脚やX脚がチェックされます。一般的に乳児期のほとんどはO脚で、その後三歳児検診を受ける頃にはX脚になっている傾向があります。この時期に、X脚やO脚の程度がひどいと、膝を痛めやすかったり、歩きづらくなってしまったりするため、指導を受けることがあります。

他にも、全身の皮膚全般がチェックされています。感染症の疑いがあるような湿疹から、親の体罰など体の不審な傷の有無などもその対象です。背骨が曲がっているかなどもチェックしますよ。他の検査よりも短時間で終わる場合が多い内診ですが、実はこれだけたくさんチェックされているって驚きますよね!

三歳児検診の歯科医によるチェック項目

子供の歯を検査する歯科医

次に、三歳児検診の歯科の内容をくわしくご説明します。満3歳になると乳歯が生えそろい、虫歯チェックや虫歯対策がより一層大切になる頃ですよね。どんな項目がチェックされているかを知って、日ごろの対策にも役立てましょう!

歯の状態、虫歯の確認

まずは生えている歯1本1本を確認し、虫歯があれば、すでに治療した処置歯なのか、未処置歯なのか記録されます。虫歯の有無でA型、B型、C型、O型という4つの型に分類されます。

  • A型
  • 上の前歯もしくは、奥歯のみに虫歯があるが軽症

  • B型
  • 上野前歯と奥歯両方に虫歯があり、放置すると重症化

  • C型
  • 下の前歯のみ、または下の前歯を含む他の歯にも虫歯があり重症

  • O型
  • 虫歯なし

3歳で、自力で虫歯を作らないのはほぼ不可能!親の仕上げ磨きがなければ、どんなに子供が頑張っても細かい部分までは磨けませんし、大人と箸の共用で育てられている場合などは、親の虫歯菌が子供の歯に感染してしまいます。歯は一生使う相棒ですので、親が守ってあげましょうね。

歯肉炎、噛み合わせ

「歯肉に炎症や出血、発疹などの異常がないか」「不正咬合(かみ合わせが悪いところ)がないか」、母子手帳の三歳健康診査の欄に書かれている項目をチェックしてくれます。
あわせて、歯科衛生士さんによる歯磨き指導が行われる場合が多いです(この場合は歯ブラシ持参となります)。さらに虫歯予防のためのフッ化物の塗布を行う自治体もあります。

三歳児検診の眼科医による検査項目

次に眼科検診の内容をご説明しますね。斜視の子供は0.6~2%、弱視の子供は0.5~1%と言われています。三歳児検診での眼科検診の目的は、そういった遠視、近視、乱視などの屈折異常や斜視といった視覚機能の疾患を早期に発見することです。では具体的にどのようなことを、どんな方法で調べるのか、見ていきましょう!

視力検査

これは大人も受ける視力検査と同じです。2.5メートル離れた位置から、C等の文字のすきまが空いている方向を答えるという、一般的な方法でチェックされますよ。ドーナツの絵を見せられて、「虫さんが食べて穴が開いちゃった方を指差してね」と、言われたりします。また、前述したとおり事前に検査キットが配られて、ご家庭で検査しておく自治体も多いですよ。左眼、右眼、両眼で順番に行って視力を判定し、どれか一つでも0.5以下だと要精密検査となります。

立体視検査

最初に、鳥や犬などの動物などが描かれた絵カードを3枚見せられます。「この動物さんたち、おぼえといてね~」という感じですね。つぎに、さっき見たのと同じ動物がところどころに隠れている大きな絵を、40cmほど離れたところから見るように言われます。「さっき見た動物さんたちは見えるかな?ねこはどこにいる?」などと聞かれます。答えられない場合は、立体を目で捉えられていない可能性があり、次の眼位検査とあわせて斜視などの疑いが診断されますよ。

眼位検査

ペンライトで30cm離した位置から両眼を照らし、角膜の反射位置に異常がないかを見て斜視の有無をチェックします。また、人形などを顔の前で近づけたり遠ざけたりして見せ、眼の向き、動きが人形に集中し安定しているかどうかをみて、斜視の有無をちぇっくします。

三歳児検診と検尿

次に検尿に関して、事前に知っておきたいポイントをご紹介しますね。こうした定期検査で検尿があるのは初めての場合が多いですし、トイレトレーニングの最中だったりすると、「どうすればいいの?」と悩んでしまうママもいますが大丈夫ですよ。

おむつの場合の尿の採り方

  • 寝る前に、オムツの中に滅菌のガーゼなどをラップに覆った状態であてがっておく。
  • 朝、いつも子供が起きる時間の少し前に起こし、そのままトイレに連れて行って座らせ、ママが採ってあげる。
  • 2の方法で採れなかった場合は、ゴム手袋をつけて1の方法であてがっておいた尿で湿ったガーゼをとりだし、尿を絞って検尿の容器に入れる。

自治体によっては、事前に相談するとオムツで採尿するための専用キットがもらえる場合もあります。特に3歳になって間もなくの検査の場合、まだ夜のおむつがとれていない子が多いですので、遠慮せずに自治体に相談してみましょう

当日採れなかった場合

お子さんの機嫌が悪かったり、緊張から思うように出なかったり、という場合もありえます。どうしても当日採れなかった場合は、提出する時にそのまま伝えて下さい。「後日持参してください」と言われることがほとんどです。ただし、指定された日までに提出しないと、検査できないこともありますので気をつけましょう。

三歳児検診と聴覚検査

三歳児検診では、聴覚検査を行います。これは、中耳炎やおたふくによる難聴を発見するためのものです。難聴は音が聞こえにくいだけでなく、情緒など心の発達や言語能力の発達にも大きな悪影響を及ぼしますので、早期発見が大切ですね。

とはいえ、大人のように音が聞こえたらボタンを押すという検査を行うわけではなく、聴覚検査は事前に郵送された難聴検査の用紙にしたがって、親が家庭で行っておき、検診時に医師がアンケートをもとに問診と診察を行うケースが多いですよ。

三歳児検診による発達障害のチェック

三歳児検診で重点的にチェックするのが発達障害です。発達障害とは、対人関係やコミュニケーションがうまくいきにくい生まれつきの脳の障害で、自閉症、アスペルガー症候群やトゥレット症候群などの広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害などの種類があります。

発達障害は病気ではなく脳の個性ですので、早期に発見し、子供に伝わり易い方で自立に向けた療育を行うことが大切!そのため、三歳児検診では保健師や医師から親子のコミュニケーションの様子や、特定のものへの強いこだわり、注意欠陥、多動性に関する聞き取りなどを行い、様子も観察します。

発達障害は、発見が遅れると自我の発達と共に療育を充分に行えなくなることも多く、不登校やひきこもりなどの二次障害に繋がるケースもありますので、ふだん悩んでいる場合は、しっかり相談しましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!