楽ちん!?アメリカ式子育てに関する記事

子育てで悩むのは日本だけ!?アメリカ式に学ぶ育児を楽にするコツ7つ

子育てで悩むのは日本だけ!?アメリカ式に学ぶ育児を楽にするコツ7つ

「私って子育て向いてないのかな?」と悩んでいるママさん、日本式が合わないなら、アメリカ式の子育てはいかがですか?アメリカの子育て術からママの育児を楽にし、子供の自立心と自主性を育て、産後クライシスを吹き飛ばす子育てのコツをご紹介!

マーミーTOP  >  子育て  >  子育てで悩むのは日本だけ!?アメリカ式に学ぶ育児を楽にするコツ7つ

アメリカの子育てはこんなに楽!?日本と違う子育てのコツ7つ

アメリカの映画やドラマによく出る子供のいる家庭でのワンシーンにちょっと驚いたことはありませんか?
アメリカ人の子育て事情は、日本人とは大きく異なるところが多くありますよね。

文化や法律が違うので、子育てに関しての考え方や方針が違うのは当たり前のことですが、その中からアメリカの子育てでいいな~」と思ところを取り入れて、自分の子育てを楽に乗り切る工夫をしてみませんか!?

.生まれたときから自分の部屋を与える!

横になって部屋の中を見ている赤ちゃん

アメリカでは子供の自立心を養うために出産前に子供部屋を準備し、生まれた時から自分の部屋をもたせます。赤ちゃんはそこで一人で寝かせられるんです

夜泣きが聞こえるように部屋にトランシーバーのような物を置き、赤ちゃんの泣き声が聞こえるたびに、ママはわざわざ自室から赤ちゃんをあやしに行き、また寝かしつけします。
多少のグズリくらいでは結構放っておかれることもあり、赤ちゃんの夜泣きの回数もだんだんと減ってくるそうです。

添い寝をした方が子供の自立心を育むのによいそうですが、アメリカでは治安の関係もあり、昼間は学校や習い事・友達の家への送迎など、大人が子供を監視しなければ親にペナルティが課せられます。そのため自立心を育てるためにも、夜は一人で寝かせるそうです。

アメリカ流子育てのメリット

ママがゆっくり眠れ、産後の体力を早く回復できる

.お風呂は一緒に入らない!

アメリカでは、子どもと親が一緒に裸になってお風呂に入るという習慣はありません。
親は服を着たまま子どもをお風呂に入れるのが一般的です。

そのため6歳以上の子どもが異性の親と一緒に裸でお風呂に入れば、誤解を受けて養育権を剥奪されることもあります。

アメリカ流子育てのメリット

ママが一人でお風呂に入れる

.赤ちゃんを預けて親が頻繁にデート!

赤ちゃんをだき上げる父親

アメリカでは子どもをベビーシッターや託児所などに預けて、出産後パパとママ二人きりで外出すことがよくあります。日本ではあまり考えられないことですね。

パパとママが幸せに楽しく過ごせることが、子どもにとっても一番の幸せとなるという考え方なのです。

アメリカ流子育てのメリット

パパとママが恋人気分を保て、産後クライシス(産後の離婚危機)の回避につながる

.自分の子供を他人にも褒める!

自分の子を褒める父親

アメリカでは何に対してもうちの子天才!子供を褒め、自分の子供の出来の良さを人に話します。ボールが少し上手に蹴れたら「うちの子サッカーの天才~」と会社の同僚たちに話し、クレヨンで絵を描き始めたら「信じられない!なんて素晴らしい絵なの」と子供にキスしたり…。

日本では他人に自分の子どもの優秀さや自慢話をしたら変な目でみられがちなため、多くの親は謙遜して悪いところや至らないところばかりを伝えますよね。
最近は褒める育児が定着し始めましたが、「恥ずかしい」「子供が思い上がるから…」と子供が上手に出来ても、親がスルーしてあまり褒めないことがまだまだ多いです。

アメリカ流子育てのメリット

褒められて育つので自分に自信があり、何にでも積極的に取り組む子どもになる

.思いっきり泣かせる!

泣き顔の赤ちゃん

アメリカではイヤイヤ期の対処法も違います。子どもが泣いても日本のように機嫌を取ったり、怒鳴ったり、叩いたりして無理に泣きやませたりしません
親が軽くお尻をパシッと叩けば、「野蛮な人だ」「虐待だ」と言われて警察に通報されることもあるんです。

人に迷惑がかかりそうな場所で泣かれたら、車の中や人がいない所に連れていき、思い切り泣かせます。「反省したら声をかけなさい」と言い、その間親は知らん顔をして話しかけもしません

「そうやって泣こうが癇癪をおこそうが、私達はあなたの言いなりにはならない!泣いても無駄よ」と態度で示すのです。こうして泣きたいだけ泣いて、癇癪を起しても無駄だとわかれば自然と泣き止み、話し合いで解決することを学んでゆきます。

アメリカ流子育てのメリット

泣き叫ぶと交渉できず、冷静に話し合うことが大切だと子供が自然に学ぶ

.子供に金銭管理をさせる!

ドル紙幣を前に置いて考える子供

アメリカでは小学生になったら、まとまったお金を渡して自分でやりくりさせるそうです。学用品もおやつも、家庭によっては衣類まで自分でやりくりさせます

お金が足りなくなっても翌月のお小遣い日までは絶対あげないようにすることで、子どもは家事や庭掃除などを手伝って賃金を得ようとします

アメリカ流子育てのメリット

子供が自分で計画したり管理することを覚え、自立心が養われる

.トイレトレーニングがゆる~い!

ベッドに横になる外人の姉と弟

アメリカではオムツの取れる時期に関してはとってものんびり構えています。
どうせいつかは取れるんだし…」といったスタンスのようで、周りからのプレッシャーもないそうです。

日本では周囲の子がパンツに変わると「幼稚園でいじめられる」「発達が遅れてるのかも?」と心配したり、おばあちゃんや周りに「まだオムツとれないの?」などといったプレッシャーを受けて、「私の育て方が悪いからかも…」と軽くノイローゼ気味になる場合も少なくありませんよね。

アメリカ流子育てのメリット

トイレトレーニングのプレッシャーから解放される!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪